読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

橘高文彦【Fumihiko Kitsutaka Presents「 club DREAM CASTLE」】@八王子 Live Bar X.Y.Z.→A(ゲスト:本城聡章)

橘高さん主催の「筋少拡散波動砲」企画ライブは、筋少メンバーを一人づつ呼んでトークあり演奏ありのスペシャルな内容でした。内田さん、オーケンと続いて、おいちゃんの番です!
私はオーケンの回は行かなかったのですが、橘高さんがギターソロアドリブをオーケンに伝授する「公開ギター教室」が、オーケンの特別企画だったそうです。
内田さんの時は「内田家の不要品処分救済ビンゴ大会」だったわけですが(笑)。
その時の感想はこちら。
8/30 ゲスト:内田雄一郎

さて、おいちゃんのための企画はどんな内容なのでしょう?最初の予想は思いつかなかったのですが、開演前に仲間数人と集まって話したら「今日はもちろん、"パフィー"を見に来たんだよね?(笑)」「勿論!」「当然でしょう!」と意気投合したのが、予想通りに…というか、予想を超える展開になろうとは誰も予想しなかったはず。

また盛りだくさんすぎて、細かい内容や順番は覚えられないため、ざっくりと印象を振り返ります。
伝説の一夜になってしまいましたね〜(笑)。今後、筋少の歴史の中で重要になる出来事だったんじゃないかな?と思いました。

デビュー25周年記念の一環として始まった、各メンバーの個別活動とコラボする「筋少拡散波動砲」企画の序盤には、おなじみ「オーケンののほほん学校」ゲストに筋少メンバー一人づつ呼ばれるものでした。
簡単に振り返るとこんな内容でした。

7/10のエントリより。


6/30(日)
場所:名古屋・栄タイトロープ
内容:オーケンののほほん学校
オーケン/ウッチー
・ウッチー、ドラクエXネトゲ廃人手前になる。名古屋にまでゲーム本体ごと持ち出す
・カラオケで野口五郎の「きらめき」を歌う

7/1(月)
場所:豊橋・HOUSE OF CRAZY
内容:オーケン弾き語り
オーケン/ウッチー
・地元の皆さんからあつい歓迎をうける。ちくわが有名。けっこう高い1本100円。
・ライブ後、泊まったホテルのフロントでカップルに間違えられる(※これが豊橋事件 HOTSTUFFエッセイ47回参照http://www.red-hot.ne.jp/o-ken_esy/130712.php
・ウッチー、ホテルでドラクエXがネットに繋がらずキレる

7/4(木)
場所:ロフトプラスワン
内容:オーケンののほほん学校
オーケン/ふーみん
・ふーみんのHR/HMミュージックビデオ講座
・カラオケでヒデキのローラを大大熱唱する

7/6(土)
場所:Asagaya-Loft
内容:オーケンののほほん学校
オーケン/おいちゃん
・おいちゃん、ドラマの東ちずるさんにはまる
・カラオケでヒロミゴーの「2億4千万の瞳」を歌う

この日は行ったので合わせてブログの感想
7/6 オーケンのミニミニのほほん学校(ゲスト:本城聡章)@Asagaya-Loft

オーケンがその後ブログで「カラオケ三部作見事完結!!それがやりたかっただけなのか?」と書いてます。

これを踏まえて、ずっとストーリーが繋がっているのだと知ると、より一層筋少というバンドの楽しさが増すことと思います(笑)。そんなマニアックな筋少ファン、多くはないけど自分を含めてほんの一部がいるはずで、それに今の筋少がいいなと思うのは、古くからのファンだけじゃなくて、復活後からのファンとも同じくらいの温度で楽しめることだと思います。
それは現在ネットで速い情報を交換できることや、資料が残っていることで当時をリアルタイムで体験していなくても、知って楽しむことができるからでしょう。
それを、改めてこの日のライブで実感して、とても嬉しかったです。

さて、今回も入場時に「質問用紙」が配布されて、質問を考えながら飲み食いして1時間ちょっとの間、開演を待ちました。
事務所社長の注意事項の前説があって(うっかり大事な事を言うの忘れそうになってたが(笑))、「城主」を呼び入れます。出てきた橘高さんの格好でまず騒然になる!眼鏡なんだけどー!それにスーツがなんていうかこの、ステージ衣装ともまた違うコスプレっていうか(笑)、ロングジャケットで。それまではゲーム「龍が如く」に出て来るぼったくりバーの男みたいなスーツだったり、オーケンの日もまた勘違いしてたらしく違う意味のホストだったので、城主ってそうじゃないだろうと、ふーみんの考える「城主」のイメージで服を選んだと説明がありました。ふーみんは老眼じゃないと何度か断りがあったが、目はいいのでダテ眼鏡なのだそうです。

まずふーみんからの挨拶では、ウッチーの回でも同じような内容の話があって、これも3回目にして話芸が完成した感じになってて、最初から爆笑しまくりでした。クラブは「文彦と母かずことの夢」という話とか。おいちゃんを呼ぶということでラーメンに例えて、筋少は大槻と内田が中学の時に始めたバンド(たしかここで、引きこもりだった自分に対してあの二人は中学から「リア充」だとか言ってた(笑))で、例えるならメインの麺とスープだと。でも今日ここに集まってるのは俺たちのファンしかいないから、どのライブに行くと他人に説明するのが大変(会話再現形式で話すふーみん)25年やってこれたのは、皆さんのおかげですよ!ともり立てます。
おいちゃん呼ぶのやめよっかなー、俺だけみてくれよーっていうことでブーイングされてから(笑)、おいちゃん登場時にBGMが「ワインライダー」でした。「バーX.Y.Z.→A名物、プロレス入場!」客席の間を通り抜けるからですね。
おいちゃんは、のほほん学校のゲストの時と近い、黒スーツ上下にリストバンドという見慣れた出で立ちで、髪は軽くセットしてました。ステージについてマイク取って開口一番「ちかっ!」(笑)。
八王子には今年のレコーディングなどで「ファンキースタジオ」には来た事はあるけれど、ここは初めてだよね?とふーみん。バーだから本当はあっち側(客席)で呑みたい。今日は演奏するからお酒呑まないけどね、とおいちゃん。ふーみんはお酒をやめたので、ほんとはここでやるのはイヤなんだよ!(笑)だって。呑むためのお店だからね。
ふーみんはノンアルコールビールを持ってきてもらい、おいちゃんは烏龍茶にて、全員でかんぱーい!しました。

筋少拡散波動砲」の主旨説明はもういらないでしょ?する?とか言って、なんだかんだと長い話をするふーみん。ファイナルの「中2病の神ドロシー」ライブも完売して、みなさんのおかげですとお礼しました。このライブではエディは参加せず、ギターでのアレンジを楽しんでもらいたいということです。
止めないと一人で話し続けるふーみんなので、おいちゃんがやんわりと軌道修正するのが面白い。おいちゃんがふーみんの話で笑い過ぎて「目が痛い〜(泣)」とタオルでなんども拭ってた。
最近どうしてるかという話では、DDTプロレス両国国技館でエア演奏した。でもやってる事いつもと変わらないよね。とのこと。「新田恵利さんみた?」「リハ見たよー」と嬉しそうなおいちゃん。リハの後国技館の隣の東京江戸博物館に行って、入場料が高いので無料のゾーンだけ見ようとしてたら、大道芸の南京玉すだれの人がいて、ちょっと見て立ち去ろうとしても「お兄ちゃんちょっと帰らないで!」と声かけられて、見てるうちにチップを払わなければいけないように、巧みにもっていかれるんだそうで(笑)。仕方なく100円払ってきたのが「だまし取られたー」と悔しかったそうな。100円かよ!とふーみん呆れツッコミ。あの、払わないとならないように持って行く話芸を習得したほうがいいよ。とおいちゃん力説してました。
この流れで「おひねり」の話になったのかな?昔バンドブームの時は、ライブで女性が下着を投げ入れることがあって嬉しかったけど(嬉しかったのか(笑))、今は「おひねり」欲しいね、演歌の人っていいよね〜などと話してました。ふーみんの話では、バーX.Y.Z.→Aでもたまに「投げ銭」形式ライブをする方もいるそうで、考えついた末吉さんすごいなと思ったそうです。
それで両国の日、ふーみんはというと衣装のまま外に出て、「ここで写真撮りましょう」と沼澤(ステージ端にしゃがんで映像が入ったPCをコントロールしてた事務所社長)に言われたんだよ、東京タワーを後ろにしてだよ(笑)と、FBページに載せたおもしろ写真の裏話をしてくれました。

・ライブの個人別カメラ、おいちゃんの場合
中野サンプラザライブのDVDシューティング、カメラ16台で撮った中のメンバー個別に追ったカメラの映像を特別に披露しました。オーケンの回はボーカルで普通なので、珍しい映像といえばとふーみんが選んだのが「じーさんはいい塩梅」でオーケンがお客さんに歌わせて自分は歌わないっていうものにしたそうです(笑)。
これまでウッチー回とオーケン回でこれを披露したところ、「売って欲しい」というファンからの要望がいくつも来たそうな。そこでV系バンドでは実際売ってて、どのメンバーの個別映像が入ってるか買わないと分からないいじわるな売り方を説明したあとで、筋少も次回は考えますよ、もちろん全員の個人映像を入れますからと話してくれました。
おいちゃんの場合、よくステージを動くのでどの曲も全体が映り、普通のライブ映像と変わらないことになってしまうそう。おいちゃんだけ映る曲はないかと探したところ、立ち位置から動かない曲があったと「香菜」が選ばれました。でも、おいちゃんファンはいつも見てるアングルでしょう?だからと先に俺を見てくれよと、ふーみんは「香菜」を演奏するふーみんカメラの映像から流しました。椅子に座ってエレアコを弾くのですね。ふーみんが「こんなことしてるの知らなかっただろ!たまには俺のことも見てくれよ!」って見ながら言うのが可笑しい。中盤でウッチーが寄ってきて映像に入り込みます。「俺が動けないから、内田が来てくれるんだよ。バンドっていいな!」ウッチー回では「ダメ人間」で構ってほしいと寄ってきたふーみんが、今度はウッチーからかまってきてくれて嬉しいふーみんでした。
続いておいちゃん映像。黒レスポールを弾く映像かっこいい!ふーみんが「弾いてないところもいいんだよなー、この笑顔!」「はいここでキューンとさせる(ピックを弦にスライドさせる)」とか言うのが面白い。おいちゃんファンの気持ちを代弁してくれる感じです。

・質問コーナー
のほほん学校をぱくったわけではなく向こうがマネしたんだよ、と言って笑わせるふーみんの話から、おいちゃんへの質問をいくつか選びます。
のほほん学校と違って?ギター関係の質問が多い、みんなマジメだーと感心するおいちゃん、のほほんの時は好きなアイドルの話から東ちずるさんの話になったり、ラーメンの話になったけど詳しい話にまで至らなかったとか。「大槻がギターの質問は選ぶときに握りつぶしてるんじゃないの?」とふーみんの推測でした(笑)。
例えば「ギターをはじめたきっかけは?」では、おいちゃんのお兄さんがレスポールを持っていて、お兄さんの彼女が白いギターを持っていたからという、おなじみのエピソードから「ギターの他にパートチェンジするなら」の質問では、本当は中学生のころ、ギターじゃなくてドラムを始めようと思って、高校に入ってブラバン部に入ろうとしたのに、軽音部の部長に首ねっこつかまれて(笑)ギター弾ける?と言われて「ちょっとやってます」と言ったら無理に入れさせられたとか。ケラさんがいた軽音部ですねー。
また、ギターを始めたころの話が出て、指から血が出ると練習したなって気になるという流れから、おいちゃんはよくステージで怪我して血を出してたねって話になって、おいちゃんは血を見ると燃えるタイプだけど、俺は血を見ると力が抜けてお腹がいたくなっちゃうとふーみん、実は血を見るのが苦手なのですね。対照的で面白い。
「健康を保つ秘訣は?…ただしラーメン以外で!」濃いおいちゃんファンならではの質問ですね!(笑)「い・が・い・で!」とふーみんが強く言ってたのが可笑しかった。健康診断に行って「お酒飲み過ぎ以外は」健康ですよ!とのことですが(笑)、結局ラーメンの話になって、忙しくてしばらくラーメンを食べれないと弱ってくるとか、ラーメンはマルチビタミンですよ!と力説するおいちゃんでした。
この後、ふーみんから「ラーメンの主役は麺なのかスープなのか」と聞かれたおいちゃんが「主役なんかないですよ、ラーメンは全部で主役なの」と即答、ラーメンも筋少と一緒で全員が主役でセンターだよねと綺麗にまとまってました(笑)。
それから、おすすめのラーメン店を教えてよ!どこに行けばおいちゃんに会えるの?とふーみんの強い要望で(笑)、地方とかさぁ〜というリクエストに、教えませんよ!大阪で行ったラーメン屋を教えたらみんな行ったでしょ?行けなくなっちゃったじゃない。とおいちゃん。すいません、私も行きました(苦笑)
でも1つだけと教えてくれたのが、最近扇愛菜さんもオススメの渋谷の「真武咲弥」という北海道みそらーめんのお店。「純すみ系」の流れの説明をざっとして、その系統では一番美味しいと思ってると太鼓判でした。私もテレビでも見たし、前を通ったことあるので気になってました。
「でいつ行けばおいちゃんに会えるの?」どれだけの頻度で行くのかしつこく聞くふーみん(笑)に、おいちゃんが「5ヶ月おきぐらいかな」と答えると「じゃあ5ヶ月ずっと店で待つよ!」どんだけおいちゃんファンなんだよ!(笑)と笑わせてくれるふーみんでした。
質問コーナーで印象的だったのが、ウッチー回のときよりもアットホームな感じでした。質問者のお名前を呼ぶところで、誰だかだいたい観客みんなが知ってる割合が高くて(笑)、あだ名でばれちゃうし、自分からハイ私ですー!と手を挙げる方もいて、最初はふーみんが「こういうのって、誰が質問したか言わないよな」と言っててウッチー回ではその通りだったのが、おいちゃん回では違ってて、恥ずかしがるファンの子に、おいちゃんとふーみんがよく見て話しかけてたのが良かったです。
「今日のライブで楽しみにしていることはありますか?」という質問では、おいちゃんが「すごく楽しみにしてきたことがあるけど今は言えない、終わったあとで話します」と、これから何が起きるのか期待を持たせることを言っていました。

・橘高結婚式出し物映像
ウッチーは自作オケでマイウェイ、オーケンは当時のマネージャーと友達ミュージシャンと「嫁に来ないか」を歌う(MCで地方妻のマップを出すといじわるを言ってた)と、それぞれ個性の現れたメンバーのお祝い出し物、最後はおいちゃん。何をしたかというと…。
おいちゃん本人は何をしたかすっかり忘れてたそうです。ほんと?私は覚えてたよ〜。また見れるとは思わず感激でした!そして記憶を上回る衝撃、いや笑撃映像で(笑)、会場が大爆笑の嵐になりました。
当時は今よりも髪が長いドレッドで、黒いスーツ上下にネクタイ、サングラスしたおいちゃんがマイク持って左手はズボンのポケットにつっこんだままで、お祝いの言葉を言ってカラオケを歌い出す。演歌デュオの曲なのですが(当時流行った、ノリさんとジョージ山本の歌)を1コーラス歌うと、白い和装の新郎が立ち上がっておいちゃんと肩組んで歌いだして、残されたお嫁さんがポカーンという図に(笑)。さらに、歌詞カードを持って動くおいちゃんを、歌詞が見たくて追いかけるふーみんが、コント状態で可笑し過ぎました。

ここで笑い過ぎて疲れたぐらいのところ、休憩ですとのこと。(たしかここで休憩だったはず)橘高披露宴での筋少の演奏を見ながら、いったん下がるので、呑んだり食べたりして下さいーということで二人が退場しました。
4曲やって、前半2曲をオーケン回の時に流したそうで、今日は後半2曲を流しますということで、たしか「小さな恋のメロディ」と、最後が何故か「愛のリビドー」でした(笑)。珍しいですね!

・休憩のあと、スペシャル企画!
今までの2回で休憩がなかったから、長くやるのかな?と思って油断して席を外してたら、その後出てきたのが本日の目玉だったわけです(笑)。
事務所社長からアナウンスが流れて、呼び出しで流れたBGMがきゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」これは、これは、これはまさかー!と思ったらやっぱりだ!
二人が後方から現れたと同時に、観客の喜びの悲鳴が!全身着ぐるみを着て小走りで来た、筋少ツインギターなのだった。その着ぐるみときたら、ピカチュウ(ふーみん)とガチャピン(おいちゃん)という。それか、それやったか!!!
曲は変わって、ピンクレディーの「モンスター」になったってところが、世代ですよね(笑)。
しかし私は、休憩時間で油断してお手洗いから出られずに歌うところがほとんど観れませんでした(泣)
その後、着ぐるみのままで座ったおいちゃんが「今日楽しみにしてたのは、これだー!!!」やりたかったのは、コスプレで振り付けするカラオケだったのね(笑)。ふーみんが、このためにおいちゃん回だけリハに入って練習したそうです。しかも、振り付け指導がウッチーだったっていうのがさらにビックリ。ウッチーは実はピンクレディー曲をカンペキに踊れるそうです。それも見たいー!

・伝説の「筋少ちゃん祭り」カラオケツインギター映像
そんな筋少ツインギターは、昔から変わらないのでした(笑)。元祖「ゴールデンボンバー」かというくらい、(ただし演奏ができて上手い)ふざけてはしゃいでた。これも見せましょうということで、昔の「筋少ちゃん祭り」カラオケ映像です!
2年前に「のほほん学校」で特別に一部だけ流した本城橘高カラオケ映像、この時は「もう止めて!」と恥ずかしがってた二人でしたが(笑)。また見れてしかもフルでとは思わず、嬉しかったー!
そもそもは、92年の筋少ちゃん祭りでセット転換時の繫ぎということでチェッカーズをやったのが始まり。チェックの衣装をボ・ガンボスに借りたそうです。
(1994年7月1日 パワーステーション「ノーマンベイツ・ナイト」)

次にやったのが97年で、しかも1日に2回別のネタをやってたんですね(笑)
1997年3月25日 パワーステーション「筋少ちゃん祭り マッハ!ファンの集い『オーケン、バンドブームを歌う!ラバーソウルはいてこいっ』の他、マッハな出し物&ゲスト多数」
※この当時書いた感想です。

まずは当時流行った、とんねるずタカさんと工藤静香のデュエット曲から。「俺たちとんねるず好きだな(笑)」のほほん学校の時は前半で止めてたけど、ここが見たかったんですよー。曲の中盤でキスシーンがあるの(笑)。でもやろうとしてやらないんですね。「キスしないところが俺たちがヴィジュアル系じゃないところだな!」ふーみんがヴィジュアル系じゃないと認めた(笑)。それからふーみんが工藤静香のモノマネで「嵐の素顔」の有名なフリしてウケを取る。「出ました伝家の宝刀」とツッコミするふーみん。
次はあの「パフィー」のコスプレする二人がツインテールしてるやつです。\可愛いー!可愛いー!/観客から喜びの歓声が飛び交います。きれいにツインテールしてるのがおいちゃんも気に入ってた様子でした。
フリがぐだぐだな二人に、ふーみんが「俺のフリ、ビートたけしみたいだな!おいダンカンこのやろう〜」ってツッコミ入れてたのが可笑しかった。
映像は、歌の後でオーケンからの「伝令」と書かれた文章をおいちゃんが読み上げるところまで流してました。この時二人とも結婚したばかりなので、新婚さんと呼ばれていました。
「その翌年は活動休止しちゃったんだよね」そのままパワステも閉店してしまったんですよね。

・まだまだ着ぐるみでカラオケやっちゃうよ!
これだけでは満足できないツインギターは、着ぐるみでもう1曲カラオケを。最初の筋少ちゃん祭りで披露した同じ曲でチェッカーズの「ジュリアに傷心」をノリノリで歌ってくれて、盛り上がりは最高潮に!
すごく楽しそうな表情でした。おいちゃんが「再始動後の筋少の足りなかったのはこれだよ!」と(笑)、昔の筋少ちゃん祭りでお相撲さんの着ぐるみきたりとか、あんなノリが欲しかったんですね。復活してからは二の線だったから、というおいちゃんに、「二の線?(笑)」とちょっと首かしげるふーみんでした。
おいちゃんがそう思ってくれてて、嬉しいな。復活後もちろんもっと素敵になって大好きで、足りないなんて事は私は思ってないけれど、楽しいことをして皆に喜んでもらえる事を、大事にしてくれることが嬉しいです。

着ぐるみがお客さんたちに可愛い可愛いと言われて、ご機嫌なふーみんが「可愛いってよ!沼澤よかったなー!ドンキで買ったかいあったな!」と社長に言う(笑)。ここでだったかな?記念撮影したいとおいちゃんが自分のiPhoneで、ふーみんとツーショット撮ってから、お客さんを全員集めて社長さんに撮ってもらいました。

・次は何やる?カラオケリクエスト
着ぐるみコスプレ振り付けを今度は何をやろうか、ファンの皆さんからリクエストを募りました。最近の曲で2人で出来るものって何かある?という問いに、チャゲアスとか、狩人とか声がかかる。AKB!という声には、大勢いるからCGで後ろに増やそうかとふーみんがサービストークを(笑)。
ももクロちゃん!と無理を言うと「バカなこと言ってんじゃないよ!(笑)」と即おいちゃんに一蹴されてしまいました。ふーみんが「5人だから筋少で?」エディと長谷川さんも入れて、あじゃん様でもいいよ〜。オーケンも踊った労働讃歌ならいいかも?と思います。
思いついてそうだ、あまちゃんの「潮騒のメモリーズ」が旬じゃないかと。おいちゃんは「いいね〜!」と言うがふーみんは知らないそうで「あまちゃんは今、世界の中心的な感じなの?」「まあ、ある意味中心的な」おいちゃんが「頭にこんなリボンつけて、スカートで…」説明してあげて、「それは年末ライブで俺が付けてたようなやつか?」たしかに似てますね。これは今年のヒットだから、ウケるんじゃないかな〜と思いました!

これ自分の文章では表現しづらいのですが、ピカチュウの着ぐるみふーみんがその後何かにつけて「ピカー」って付け足して言うのが可笑し過ぎて瀕死だった(笑)。素で言っちゃうから止めてくれよと言うのだが、誰も止めない。暴走しだすふーみんピカチュウだった。10万ボルトー!ってやりだすし(笑)。

・やっとここでギター弾き語り
暑いので脱いでいいですか〜と着ぐるみを脱いだ二人、でもちゃんと上着も着直すところがステージの上に立つギタリストなのだなぁと思います。
やっとここで端っこに置いてたエレアコギターを取り出して、演奏コーナーへ。おいちゃんの日ということで、おいちゃん曲で珍しいものを選びましたと、「キラキラと輝くもの」に入ってる…というと「ピカピカ?」ふーみんまた笑わせるの(笑)。
おいちゃんの曲を、おいちゃんが歌うのを聞けるのが念願だったので、すごく嬉しかったです!
「ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ」
「星座の名前は言えるかい」
それから、復活前の「大海賊サミット」でしかやってないんじゃないかな?という前ふりがあって
「お散歩ネコちゃん若き二人の恋結ぶ」
これは珍しいですね!うっとり聴きました。さらに続けて「世界中のラブソングが君を」まで。
次にふーみん曲からは「青ヒゲの兄弟の店」は、水戸さんとオーケンのデュオボーカル曲。筋少ライブではおいちゃんとオーケンで歌うのですが、オーケンがふーみんとだけ一緒のときは二人で歌うこともありました。オーケンがいないということで二人のかけあいです。かっこいいです!
ふーみんが、25周年記念で最初はおいちゃんと二人でアコギユニットでライブやろうかって話してたのだそうです。これ、私がずっと念願だったのですよー。去年までおいちゃんの筋少外の活動が無かったから、ふーみんみたいに25周年ライブとかアルバムとか、おいちゃんはそういう事自分からやらないから。
ふーみんがおいちゃんを引っ張り出して、アコギデュオやって欲しいってずっと思ってました。おいちゃんももうすぐデビュー25周年だし、来年はふーみんデビュー30周年なので(笑)、ぜひまたやって欲しいです!アルバム出して欲しいですー。
ふーみんがGACKTのモノマネしたのってこのへんだったかな?「水…くだ…さい。」とタメの間が長い(笑)「俺だったら0.5秒で言うのに」って。観客一同バカウケでした。
続いてふーみん曲から、「僕の歌を、総て、君に、やるぜ。」とGACKT風にセリフ言って、ふーみんボーカルで「僕の歌を総て君にやる」でした。終わった後、じゃあ次のライブまでに返してねってオチ付き(笑)。

ウッチー回の時はふーみんの歌う「中2病の神ドロシー」で終わりだったし、おいちゃん回もこれで終わりかなぁ〜と思ったら、ふーみんが立ち上がっておいちゃんへ、(10日が誕生日なので)今日が48歳ラストライブですよねと話して、じゃあここでやろうじゃないですかと「あれもってこーい!」とカウンターに声かけると、奥からバースデーケーキが運ばれてきました!
みんなにクラッカー配りますのでお祝いしましょう!と、ふーみんがケーキに火をつけて、ギターテックさんにCでお願いしまーすと声かけて音を出してもらいます。段取りテキパキで素晴らしい。
立ち上がってみんなで合唱してハッピーバースデーディアおいちゃん♪おめでとー!!!
今年もライブでお祝いができて、とても嬉しかったです。ふーみんありがとう〜!やってくれると信じていました。
それで、ふーみんがこれからも末永く元気でということでと「じーさんはいい塩梅」をニコニコ歌いました。
本当にこれでエンディングだと思ってたら…

・まだまだ歌うぜー!
「まだまだ終わりじゃないぜー!!!」やったぁー!!!と大歓声!
曲が流れ出して、これはまさかのーー!!!
ヒデキの「傷だらけのローラ」のカラオケだぁぁー!!!(笑)ふーみんがノリノリでヒデキになりきって「ローラー!」歌い出すとおいちゃんがすかさず\ローラ〜!/(裏声)コーラスして観客激大爆笑!
オーケンのほほん学校でも歌ったという、その後オーケンが「橘高君、絶対練習してるよね」と言ってただけある熱唱っぷり聴かせてもらいました。
そんで終わりなのかと思ったら、「これで終わるわけねぇだろー!歌うぜ48歳ー!」ふーみんが振り切れてる(笑)。
イントロが始まると観客の熱狂はさらに、さっきの振り付けカラオケを超えるほどの盛り上がりに!
やっぱり出ましたヒロミ・ゴーの「二億四千万の瞳」で\おっくせんまんおっくせんまん!/観客のコールも拳上げてスタンディングライブ状態です(笑)。
さらに、おいちゃんが「♪視線のレーザービームで〜」歌うとふーみんの合いの手が\レーザービームで/タイミングよく入るのが、ショーパブ状態かっていう!「♪恋人達を載せた青い飛行船」\ツェッペリン!/(やめて笑い過ぎて死んじゃう〜!!!)
間奏でギター音が入るとふーみんが本当に手ぶらのエアギター始めちゃうし(笑)、2番入りのカッティング風ギター音ではちゃんとおいちゃんがエアギターするので、リズムギターとちゃんと役割分担になってるという(笑)。
エンディングはふーみんのかけ声で「もっと声だせ!」と言われて観客一体となり\おっくせんまんおっくせんまん!/最高潮を迎え、狂乱の一夜はこうして終わっていきました〜。

(退場時におひねり用意すれば良かった(笑))

バースデーケーキの写真が、おいちゃんのブログに載ってます。

※おまけ
・妖精は存在する
復活後からレコーディングでPCを使うようになった話から、橘高さんは弾いてからPCで聴くとなんか上手くなってる?ような気がするので、PCの中に妖精さんがいて弾いてくれるんじゃないかって思うらしい(笑)。
そこで思い出したのが、復活前の昔にファンレターで「橘高さん、ブーツの中に妖精がいます」という内容が三回届いたそうな(こわー)その事をおいちゃんに話したら、「妖精って、いないの?(真顔で)」と答えたらしい。「……ああ、妖精いるよな!(汗)」と返したふーみんだった。おいちゃんは本当に妖精を信じているのか?「あのときは疲れてたのかな(笑)」えっ。という顔のふーみん。でも、妖精はいるよ!とのことでした。
・セーラー服はグラムロック
序盤のトークで、ふーみんがまだ筋少に入る前で、おいちゃんが最初に筋少に参加してた頃は、おいちゃんとウッチーの衣装がセーラー服だったという話で、ふーみんは「セーラー服はグラムロックだよな」と解釈してたそうだ。おいちゃんは、ちょっと違うかな?という表情しつつも「セーラー服はグラムロックだよ」化粧をしたのは、忌野清志郎さんの影響だそうです。

広告を非表示にする