筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@赤坂BLITZ(追加公演)

「サーチライト! 後期曲(レティクル〜San francisco)を大量に、お座席も入れての2010年大感謝ツアー」

いよいよツアー最終日、追加公演の赤坂BLITZです。12月も半ばにさしかかり、すっかり冬で寒い〜。赤坂サカスのツリーやイルミネーションをちょっと見て楽しみました。
この日は日本ロック史に伝説に残るであろう(笑)爆風スランプの5年ぶり1日限定ライブと聖飢魔 IIの5年ぶりミサ最終日と、 さらにLOUDNESSのFCライブ、人間椅子のインストアライブとぶつかっちゃって(苦笑)ファン被りの多いこのゾーンは悩んだことでしょう。いつも筋少行く方がミサ参加する話を多く聞いたので、こちらの動員が心配ではありましたが、当日券は出てましたが入っていたようです。私は前方にいて前しか見ていなかったので、後ろはわかりませんでしたが、ツアー最終日にふさわしく盛り上がりました!また記憶が曖昧なのですが、印象MCや感じたことなど書きます。

SEは今回ツアーで使ったのとは別だったみたい?颯爽とメンバーが登場するとフロアの押しがきます。今日はお座席ではなくスタンディングです!まずは「トゥルーロマンス」から。今ツアーではウッチーと橘高さんが並んでのフリが完成してて楽しかった思い出です。オーケンが杖を出して振って、一昨年かぁ、足をけがして本当に杖ついたのは。今元気でよかった(笑)2曲目「タチムカウ」今ツアーで披露されました。ウッチーの「ウォー!」かけ声とおいちゃんの弾くイントロのカッティングの音が好きで印象に残りました。おいちゃん前に居たからだと思うんだけど、全体的においちゃんのギターの音がすごく心地よくていいな!って改めて思いました。立つ位置によって聴こえ方違うと思うんだけど…。全体バランスよく聴くなら中央なんだろうけど。橘高さんのギターソロの音色もいつものまろやかな美しい感じで大好きなのだけど、おいちゃんの弾く音は筋少の曲メロの中心を形作ってるんだな、好きだなって思います。
最初のMC、ツアーファイナルだぜ、ツアー中いろんな事があったぜ〜とオーケン、楽しそうな様子です。今回のツアーでやった「お酒一気」をやらせようと手拍子からさせるけど、ビールが持って来られたらまだだった、ついだ後からだというけど、そこから飲み始めるまでが長い、変なキメ顔?みたいのしてドヤ、ドヤ〜みたいにあちこち向いて見栄を切るだけで飲もうとせず、早くしろ!ってふーみんから顔と手の仕草でツッコミ入ります。歌舞伎のマネなのかな?この後もちょいちょいと海老蔵の例の時事ネタを挟んできてました。「灰皿にテキーラ入れて飲んでません」(だっけ?よく知らない)とか、「歌舞伎の話をしろよ!って怒られる」これは筋少ちゃん名言とのコラボ(笑)ふーみん苦笑い〜。
「ハッピーアイスクリーム」後半においちゃんが中央より前に出てきて激弾きするところがあるんだけど、険しい顔して口を開いてて、下から見る奥歯までよく見えたなぁ〜って印象に残りました。「パリ・恋の都」今ツアーでもずっとやって、フロントの3人が出す音の骨太さっていうのかな、うねってる感じとかリズムよく揺れるところがより大好きになりました。さらにエディがここだったかなー?後ろで面白い動きとネタをちょいちょい入れてきて、笑い取ってました。袖の黒幕に半分隠れてチラッっと見てるだけとかw 前で4人がすごいカッコイイ演奏してるのにエディが視界に入ってぶはっ!って笑ってしまって(笑)曲終わって、おいちゃんがギターをしゅぱっ!って外して取り替えるのが早業でかっこよかった。(前半、どの曲の時か忘れたけど)
エレアコに替えて、オーケンが「おいちゃん、歌ってくれよ!」と言ったのでこれきたっ!って思った(笑顔)「青ヒゲの兄弟の店」水戸さんゲストの時はオリジナルのツインボーカルのほうが近年あったけど、水戸さん居ない時はおいちゃんが歌ってたのね。久々で嬉しかった!コーラスではないおいちゃんボーカルを楽しみました。ソロでも歌が出たらいいのになぁ〜。
MC、オーケンが先日近所を歩いてたら、"老いたる母"にばったりあって、言われたのが「ケンヂ、あんたも老けちゃったわねー」と言われたそうで(笑)お母様は70代くらいなのかな。それでびっくりしたのだそうだ。そこから、そんなんじゃダメだ、若さを見せろ!て流れになったのかな?みんな若さを見せてみろ!って言ったときに、すかさずおいちゃんが「ウォーイ!」って感じで気合い入れて拳出してて、オーケンがびくぅ!ってなって(笑)おいちゃん若さを見せてるね、と笑ったのだけど、おいちゃんのはじけっぷりはここからさらに加速してくのでした(笑)見てる回りのファンもみんな、今日はおいちゃんすごい!ニコニコだしはじけてるし。って言ってました。
そしてオーケンが、ファンも16歳の気持ちで〜、体と心の年齢は違うんだ〜とかなんとか言ってた?今現在16歳もいると思うけど、この中期〜後期の曲出たころに16歳だった人もいると思うし、バンドブームの20年前に16歳だった私と同じ人もいると思います(苦笑)ライブ見てると、気持ちが戻りますね〜。なにしろ筋少のライブは今もそれだけ楽しいのだから。
若さを見せろと言って煽っておきながら、「さらば桃子」の最初で声が出せなくてヘロヘロ崩れるオーケン、おいちゃんがペダルに足をかけてスタンバってるのに、苦笑いして力抜く。オーケン仕方なくヘーイヘイヘイとコール&レスポンスして調子を戻します。おいちゃん側だけどヘドバンがんばるよ〜。今回は回りにヘドバンする人多めで嬉しかったです。やらなくてもいいのだけど、長谷川さんのツーバスドコドコ聴くとやらんでか!と思ってしまいますw 密集ゾーンなので椅子ありみたいにはうまく振れないし途中でうまく合わなくなっちゃうんだけど、橘高ファンから見ると下手レベルかな?さらに!続いて始まった曲が一瞬分からなかった。オープニングの一節を省略バージョンだったのだ「再殺部隊」入るときにオーケンがタイトルコールするのが好きだったのに〜。でも本編がんばって腕挙げてヘドバンしますっ。ウッチーが足を開いてふんばって弾くポーズがかっこよかった。ヘドバンしておいちゃんの弾く姿がゆれゆれしてた記憶ばかり(笑)
続いておいちゃんが前に出て一発弾き!「モコモコボンボン」あーこのストラトの音めっちゃ好き〜!かっこいいー!って思ってみてたら後方でウッチーがゴソゴソ何かしてて…??何、ナニコレ?!ベースじゃあ〜ない?!右手にハンドマイク、左手に謎の弦楽器を指でびょんびょん抑えながら歌っててすごーいー!オーケンがスタッフに携帯持って来させて、ひざまづいてウッチーを映してんの(笑)そしたら、前に出て弾いてたおいちゃんが後ろに下がろうとしてモニターに足をひっかけてスッテーン!後ろに一回転しちゃったみたいで、おいちゃん!大丈夫!?って思ったけどすぐに戻ってニコニコ弾いてくれてよかった。ほっ。オーケンは退場してからまた例の金閣寺金ぴか衣装で戻ってくる。カオス(笑)おいちゃんも弾けてるし、うっちーは中央でおいちゃんと並んでウォー!と顔を見せてくれました。終わってオーケンが、「ああっ!それはクリムゾンが〜で使ってた」「スティック」という楽器なんだそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF
「ちょっと弾いてみてくださいよ」とオーケンが言うと、ウッチーが弦にふれてボーンボーンと音がする。おおー。オーケンがすかさず「楽屋ではうまかったのに、まるで僕のギターと同じですね」みたいな事をいってちゃかす。ウッチーが、新しく使う楽器はどれも弾けるのに時間かかるんですよ、言い訳だけど…て言ってたのかわいい。そして、スティックをそでにしまうときに、ローディさんに橘高さんがやるみたいに投げる仕草を一瞬して渡してたのもかわいかった(笑)
オーケンが、今回のツアーは席ありで静かな曲もあったけど、そんな曲でもコールアンドレスポンスできましたねという事を言って、うっちーとおいちゃんは手ぶらでスタンドマイク前に立ってて「あなたたちも残ってくれるんですか」とオーケン嬉しそう「愛のためいき」おいちゃんとうっちーが間の手の合図を手ぶりでやってくれます(笑)オーケンは座って、橘高さんもエレアコを座って弾きます。今回はオーケンが、ラストでオリジナルのセリフ(少女との会話)をやってくれました!裏声でアハハ、ウフフって(笑)ウッチーだけそのままフェイドアウトするように退場、代わりにおいちゃんに椅子とエレアコが届きます。オーケンが、アコースティックでこの曲をやりますと言って、次は何かな〜と思ったらまさかの!「ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ」わー!この曲はアコースティックでは初めてですよね。オリジナルではラララ〜の女声コーラスをおいちゃんが。声がよく聴こえてうっとり〜。おいちゃんばっかり見てた(笑)けど、後半の転調からのところが泣けるんだよね。オーケンとおいちゃんの優しい声にうるうる来ました。手拍子も入れて和やかに。
続いてセッティングを替えて、ウッチーが戻ってきて、何も言わずに始まったシンセ音。照明が暗めになってボワ〜って感じの音。今回のツアーで聴いた事ない、なにこれ、まさかこれ、これって!!間近のファン仲間と目をあわせて、「…だよね!」と囁いた。静かに始まるシンセのメロディ。オーケンが声を落として歌いだす「ノゾミ・カナエ・タマエ」ですーーー!やってくれるんだね、ありがとうー!(感涙)息を飲んで、両手を合わせてぎゅっとにぎって、目を見開いて。腕を挙げたり掛け声したりする曲じゃないけど、暗いけど、すごい曲。詩が持ってる物語の世界と、揺るぎない濃くて深くて厚いギターとベースの音。後半の熱さ、聴きながら感情をこめて声ださず歌い、受け止めるように手を前に出した。このために練習したってZEPPの時に言ってたんですね。ありがとう〜!ほんと来れて良かった。歌い終わってオーケンが「いい曲だね〜!」と自画自賛(笑)「歌い上げるところ、中森明菜みたい、難破船の」だって(笑)久しぶりにやると、新しくいい所に気づいたのかなって思います。使ってた楽器がおいちゃんが白ストラトで、ウッチーが白ベース、ふーみんが遠かったけどたぶんキャパリソンの黒FKVだったかな。他の曲とは違うセットな気がしました。


MC、「物販コーナー」ってこの辺りだったかな?レジかごに入った物販セットを持ってきたオーケンが、演劇やお笑いも物販の宣伝コーナーがあるんだよ。うちもやらないと!てな事を言ってウッチーにどの物販が一押しかむちゃぶりさせて困らせてた。マウスパッドを出したウッチーが「マウスがなめらかに動く!」って言ってた(笑)着替えて出てきたおいちゃんにTシャツ(白)を渡して、「生地がいいです」とおいちゃんが着てる色違いの紫Tシャツの襟首のあたりをつかんでアピールしてました。
レジかごと一緒に、何やらパネル(50cm〜1Mくらいあるかな?)を持ってきて、パネルを裏返してエディと長谷川さんに見せるオーケン。前のお客さんはもう分かってたですが。橘高さん個人のコーナーにある生写真付きのパネルなんですね。アルバムを買うと選べるらしいです。オーケンが、こういうのアイドルの隠し撮りで原宿とかで売られてるのあったよね、筋少も昔あって、8年前まで中野ブロードウェイに2枚だけあったよ、って言ってた。ほんと?とびっくりするふーみん、オーケンが「友達が面白いからって買ったけど捨てちゃった」のだそうだ。写真には筋少と違うバンドがいますよ(XYZ-Aの全員写真)しかも撮影場所が笑えるとオーケンがつっこむ(どこなんだろう(笑)末吉さん家の庭なのかな)「筋少がないのはうるさいからな」とふーみんが言うけど「別にいいよー、いややっぱり」とか煮え切らんオーケン、「でも真似しよう」と言ってた(笑)弊社(オーケン企画)で真似するかも?オーケンがパネルをドラムセットの前に立てかけるので、「やめろー!PLUMで俺が欠席した時みたいじゃないか」なつかしいw 一部しか知らない古いネタを言うのはよせとオーケン。さらにおいちゃんが写真を持って抱えるように前に出してくる。「やめろー!(苦笑)遺影みたいにするな!」ここからおいちゃんの暴走がw マーシャルの壁に付けようとして「だから、やめろって!」さらにまたドラムセット前に立てかけて、写真を向いて膝まづいて、ウッチーがそっとペットボトル水を写真の前に置く(笑)「俺を偲ぶなっ!」すかさずつっこむふーみん。この流れ最高に笑った。しかし、すっかり物販を紹介になっていない!(笑)あまりのぐだぐだ加減に「次はもっと考えて来よう」と反省するオーケンだった。

今回のツアーでどんな事があった?という話題になって、「ジプシー男爵」は流行ったけどすぐ飽きたよね。とふーみん。「星座の名前は言えるかい」をやったときに最後の♪ちゃらっちゃ〜(とオーケンがよくわからない口ぶり説明)と鳴ってるところでありがとう〜!♪ちゃらっちゃ〜ありがとうー!ってやってたのはカックラキンみたいで(80年代のTV番組ね)真面目なところで笑えるのは辞めようと思ったとか。オーケン的には笑いのツボだったらしいが、私は良かったと思いますよー。「それは後の前振りなのか?」とふーみんが言ってたが、結果はいかに?
あと大阪で、オーケンは一人で知り合いがやってるロックバー?に行ったらしいのだけど、そこで年配のオーナー(だったか?)が「ロックとは何だ?」と聞くので「ロックとはなんだ?」マネして客に問いかけるオーケン。????と困ったところで、言われたのは「ロックやって、友達が見に来るとかそんなんだめだ(関西弁だったかも?)ロックとは、ライブが終わったあとに…キャバ助がどんだけいるかだ!」「…!!!キャバ、すけですか?」なんじゃそれは?「40代のキャバ助が」「それは元キャバ助だったってことですよね」そんな話だったか。エッセイで詳細を期待しよう(笑)謎すぎるが結局女にモテればいいってことだよね。この話にふーみん笑いのツボに入ったらしいw それでキャバ助とバンドマンが「持ちつ持たれつ」なのだから、我々はオーディエンスと持ちつ持たれつだ!って結論に繋げてたよーな。
ここで「なまけもの ぬるぬる」の話、言ってない人に説明すると…とオーケンが、前回のライブで話した、タクシーに乗ったら大槻さんの曲がヘビーローテーションされていた「なまけもの ぬるぬる」って曲でしたと、でもそんな曲は無い、何か別の曲と間違えてるのではと仮説を2つ立ててみた。1つは絶望少女達の「人として軸がぶれている」は、ニートの曲だからニートはなまけもの、そして「ぶれぶれ」は「ぬるぬる」に聞こえてきたということ。もう1つは、「ダメ人間」はニートだからなまけもの、ダーメダメダメを「ぬーるぬるぬる」に聞こえてきた…というすごいこじつけ(笑)で、やるんですか?おいちゃんがペダルに足掛けてスタンバイしてるから、やるんだね「踊るダメ人間」今ツアーで入れてきたの初めてだよね。オーケンが、今回は中期曲だけど初めて来たお客さんでも楽しんでもらえるように、定番もやります〜と言ってました。ダメ人間のおいちゃんのアクションがかっこよくてもう!言うまでもないのだけど。腰落として右手の指をびしっと前に指したりね。
続いて「カーネーション・リインカーネーション」エディが前に出てきてステージに座りながら睨みつけてコーラスしてました!後ろに見えるおいちゃんとの図がまたかっこ良かった。続いてセッティングが素早く変わって、今回もやっぱり「サーチライト」今ツアーが最後、終わったらもうしばらくライブで聴けないかもしれない…と思うと、思い切り楽しまなきゃ!って思って身を音に預けるような気持ちで乗りました。すごかった…!後半のフロント3人が前に出て演奏するところ、そのあとのオーケンがセリフを入れるところ、なんでこれが映像にも何にも残らないんだろうって思うと歯がゆくて、もったいなくて。その儚さもいいのかもしれないけれど。この場所この瞬間でしか味わえない貴重な体験だった。
この後のつなぎが覚えてないなぁ…。オーケンのギターが出てきて、「SAN FRANCISCO」を歌うと、橘高さんがいなたいメロディを弾いてカントリーな感じに。からの、「サンフランシスコ!」やるんだ!わー!私の回りのファンが揃って、ふーみんのマネしてエディのソロで捧げポーズしたり、ウッチーソロでも手を出したりして、やっぱり楽しいですね。で、曲終わるとエディがさっとはけていったので、終わっちゃうの〜と寂しかった。みんなはけていって、後もう少しでおわっちゃうものね。
アンコールで出てきたオーケン一人。ギターを持っている。ジャンジャンと弾きだして「SAN FRANCISCO」のイントロ、またやるの?(笑)さわりだけ「GURU」を弾いて、それから「香奈、頭をよくしてあげよう」の弾き語りをやりだす。歌ってると他のメンバーがぞろぞろ入ってきて、おいちゃん、うっちー、ふーみんがオーケンに寄ってって弾くところを凝視する(笑)ふーみんが一番覗きこんじゃって、どんな嫌がらせw  めげずにオーケン引き続けて、他のメンバーはセッティング、オーケンギター巧くなったよね。嬉しそう(笑)全部歌い切って拍手。「じゃあ次はプロの人の演奏で、『香奈、頭をよくしてあげよう』」もう一回やるんかい!アコースティックではなくてオリジナルバージョンで。プロの人の演奏 (笑)おいちゃんのギターの音がいいのよね。手もとをだいぶ見てました。どうしてこんな音が出るんだろうね。私は演奏しないから分からないけれども、演奏する人も、こういう音はどうやって出すのだろうって思ってるかも。他のライブ、そんなに見れないけど、私が好きなギタリストはそれぞれ特徴の違う音を出すし、それぞれ好きなのね。筋少は前と復活後で、おいちゃんの音がこんなんだったかなー?って変わったような気がして、より今が好きになったと思います。
続いて、オーケンがマイクをしっかと握って足をふんばった(笑)マイクを落とさないようにって、「小さな恋のメロディ」大丈夫ですよ〜。ちょっと思い出して笑うかもって思ったけど。続いて「機械」に!今回のツアーで3曲続けた「僕の歌〜」は外してきたようです。空高く飛んでいきそうな高揚感が好き。またしばらく聴けないのかなって思うと切なくて、祈る様な気持ちだった。「星座の名前は言えるかい」オーケン、ありがとうとは言わないで揺れてて(笑)こらえてたのかも?だけど、これで終わりかな?まだあるかな、終わって欲しくないなぁって思って。なんで楽しい時ってあっという間なんだろうね?
オーケンが、最後の最後は限定解除で定番って、ツアーの最後だから後期曲から選べばよかった?ってちょっと後悔してた。それでもいいけど、おいちゃんがギターをボルドー色のキャパリソンのに替えてたから、きっとそうかなって思った。タオルをウッチーが用意してきて(笑)「これで、いいのだー!」最後にもうひとはじけですよね。ふーみんがやっと下手側に来てくれて、ギターのネックを突き出して前の皆んなに触らせてくれました。私もわーいとちょっと弦に触れました。さらにドラムセット前に行くと右手でシンバルをばんぱん叩きながら弾いてるのも見えて可愛い。おいちゃんも最後とばかりにステージ所狭しと動き回り、ペットボトル水を撒く!スタンディングはこれがないとね。ウッチーも前に出て、オーケンはヌンチャク振り回し。若さを見せるという今回のテーマだったけど(笑)2年前に足を痛めて動けなくなったこともあったけど、今は元気に動いててよかった。みんな元気でね〜。激しいのは体的には大変だけど、ベテランなりに無茶せずに(笑)私も、めいいっぱい楽しむために調整がんばってる。筋少ライブはあんまりメディアに載らないし、今回だって爆風スランプ聖飢魔IIなどのもっとベテラン、XやLUNA SEAの動員がでかいところや、若手の注目バンドのほうが話題を集めてて、歯がゆいなって最近ちょっと思ってた。活動休止前ほどではないけどね。それでも、復活してこんなにいい調子でとても楽しいのに、残って伝えられるものが無いんじゃないかって思ってた。だけど、筋少はバンドもファンもどんどんいい感じになってると思います。(全てのファンがそう思うわけじゃないけれど。)新曲を出して勢力的にライブやって、昔の曲も新曲も愛されてライブで楽しく盛り上がっている。映像や写真やプロの文章で残らなくったって、筋少の音楽があるだけで、耳に入って届くところにはいつまでも届くんだなって思います。若い世代に受け継がれるんだって。私が20年前に感じたこの楽しさを、同じように、それ以上に楽しいって思ってファンになる人が途絶えることはないんだって、なんだかそう感じました。
今回、復活前の一定の時期の曲を中心にライブをやって、ただ懐かしいだけじゃなくて、20年以上やってきて、復活後も新しいことにチャレンジして進化し続けてきているから、新しい発見や楽しみ方が生まれて多くのファンを楽しませたのだなと思いました。ありがとうございます。


※おまけ
・エディの衣装
ベレー帽を斜めに被って、髪は下ろして、服がペルーの民族衣装だというなんだか山ガールならぬ山おじさん(笑)な今回のエディ。オーケン大久保清みたい〜って言われてた(私は詳しく知らなかったが、昭和の犯罪者の格好が画家に扮してた姿が似てたらしい)
エディは今回調子を戻して、あれこれ楽しい動きをしてました。エディ固定カメラで後でじっくり楽しみたいよー!衣装の袖を伸ばしてフリフリしたり、腰フリフリしてたなぁ。
・おいちゃんメモ
アンコールでオーケンが、登場SEにヤマトの曲にしたらウケたのにねー。映画誰か見た?見てない?とメンバーに聞き回る。おいちゃんこないだtwitterでヤマト見たって書いてたのに、しらんぷり(笑)話が長くなりそうだからスルーしたのでしょうね。
使ったギターはたしか、メインの白黒ストラト、白ストラト、キャパリソンのデリンジャー、黒とボルドー。今回はフレットに「時計」の絵があしらわれてるの確認できました。エレアコはいつものタカミネ。
衣装前半は今回共通だった黒のジッパーがアクセントになったスーツ、2曲目終わって脱いでヴィヴィアンの半袖Tシャツ。twitterで教えてもらったあのボンテージふうのだまし絵の柄は、パラシュートのベルトだったのですね。ケラさんデビューの衣装を思い出した(笑)ギター弾いてるおいちゃんにすごく似合ってると思いました!
※さらに追記
ツアー中何があった?という話の時に、おいちゃん何かあったでしょう食べたとか?とオーケンが言うと、ふーみんが「これとか」とラーメン食べるジェスチャーする(笑)しかしおいちゃんが話したのは、名古屋のデパートに行ったら突然全館停電してしまい、その間に店員が何もせず、しばらくして復旧すると何事もなかったように音楽が流れて「いらっしゃいませ〜」と言ってた。という話でした。
・ウッチーのカールコード
オーケンがMC中においちゃんとふーみんがはけて、ウッチーも下がろうとするとオーケンが行かないでよ〜ひもでも付けておこうか?と言うと、ベースについてるカールコードを持って「付いてる」と言ってた(笑)さらに、最後の曲終わったときにカールコードを両手に持って伸ばしてびょんびょんさせてたのが可愛かった。

トゥルーロマン
タチムカウ
ハッピーアイスクリーム
パリ・恋の都
青ヒゲの兄弟の店
さらば桃子
再殺部隊
モコモコボンボン
愛のためいき
ザジ、あんまり殺しちゃだめだよ
ノゾミ・カナエ・タマエ
踊るダメ人間
カーネーション・リインカーネーション
サーチライト
SAN FRANCISCO (be sure wear flowers your hair)
サンフランシスコ
(アンコール)
香奈、頭をよくしてあげよう
小さな恋のメロディ
機械
星座の名前は言えるかい

広告を非表示にする