筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

水戸華之介&3-10 chain、穴場@CLUB251

【プロ野郎スピリッツ2010】
 [出演]
水戸華之介&3-10 chain
・穴場(杉本恭一&上田健司)

10月から始まった合同ツアーの最終日です。今回私はこの日しか行けなかったのですが、ツアーの様子は澄田さんのブログや上田さんや恭一さんのマネージャー・まんぢゅうさんのtwitter、それから各地参加されたファンの皆さんのtwitterで楽しみました!ありがとうございます。
私は3-10のライブも久々で今年3月の不死鳥ライブ以来だったかな。251では扇さんのライブ(うっちーと恭一さんがサポートで)以来だったと思うけど、この日は人がいっぱいでびっくり。穴場のお二人も、水戸さんも251にこんなに入ったの見たの初めてだって言ってた(笑)
穴場は恭一さんと上田さんのアコースティックユニットです。お揃いのグレーのスーツとハットで決まってます。登場SEに尾崎紀世彦の映像が流れるのだが(ゴットファーザー愛のテーマで)それに上田さんと恭一さんの写真が亡霊のように映り込むっていうネタで最初っから笑わせてくれるw 上田さんはアップライトベースを主にギターも弾かれてました。iTSで売ってたアルバムを買って聴いてきたのですが、同じのが会場限定CDで売ってたのですね。今後は配信のみになるそうです。アイヌ語を取り入れた曲の「テケルイルイ」歌詞の意味を知るならCDで買うしなかったようで残念(笑)
上田さんが今回水戸さんとツアー回った中で、水戸さんが「エクレア」を食べると面白いことが話せるからと言って食べるので、自分も食べてみたら吐いた(笑)って。今日は水戸さんがさらに甘いコーヒー牛乳まで飲んでて、そこまで甘いものを食べないと面白いことがいえんのか。俺らは微糖でね。と恭一さんが言うとうまいっ!と声がかかりました(笑)
今回の会場はツアーによっては椅子も出てたそうですね。穴場は椅子に座ってじっくり聴きたい感じの曲もありました。今回はスタンディングだったので盛り上がる曲を…ということでanalarsの名曲を、と言ってたかな?analarsはかなり前から恭一さんがレピッシュと平行でやってたユニットで、レピッシュファンにはおなじみなんですね。往年のレピファンと思われる皆さんが主に中央から恭一さんの立ち位置である右側で盛り上がっていました。曲が終わった後に上田さんが、かけ声のところ「便所!」ってきこえたと思いますがその通りです(笑)って言ってた。「便所」っていう曲だったのですね。

転換のあと3-10 chainです。ステージが低くて柵からも近いのでウッチーの足元機材も見えました。筋少だと見えないのでね〜。ベースはスペクターのチェリーレッド1本だったかな?
SEは不死鳥の時と一緒で、MJのスリラー風?の曲にのせて水戸さんが決めポーズ(笑)そして一曲目は「ロケットが飛ぶだろう」わーい!フロアがぎゅうっと詰まります。「こんにちわーワレワレです!」と水戸さんおなじみ挨拶から。こんなにぎゅうぎゅうで見たの初めて!筋少みたいだー。続いて「ファンタジック」高く高く〜って手を挙げるの大好きです。ウッチーのコーラスも間近で見られて感激!「愛に愛はあるのかい?」でもヘイ!ヨー!って間の手コーラスをウッチーがやるのに一緒にかけ声かけたりして楽しい楽しい♪水戸さんの後におっかけるような感じで入る澄ちゃんのコーラスもきれいで大好きな曲です。
水戸さんが何度か言ってたのだけど、今回のツアーではカップリングツアーというよりか「一座」って感じで楽しかったと言ってました。
順番は正確に覚えてないのだけど、久しぶりのバラードですと言って「犬と夕暮れ」静かに水戸さんの歌から始まって、ウッチーが入るところではっとした。体全体で揺らすように動くの。足の先から頭の上まで、全身がベースも含めて音を鳴らしてるんだなぁ〜って感じた。全身ベースなうっちーなんだなって(笑)この日はいつもの蝿ポイントのジーンズ、ずっとこれですね。お気に入りなんだなぁ〜。上はグレーで網?薔薇のツタのようにも見えた模様のついた薄手のぴったりした長袖シャツでした。
続いて「銀の腕時計」私の中でもお気に入り中のトップに入るくらいの大好きな曲です。水戸さんの声に聴き入ったあとからの「生きる」はもう〜ぐっときまくってしまった。水戸さんの拳に触れたかったけど、またしても届かず(ウッチー側にいるからしょうがないんだけどね〜)ほんとライブで聴くのが最高で大好きなのです。水戸さんがここにいて歌っているのを聴くことが、私が生きる支えであります。
「100万$よりもっとの夜景」聴けてよかった!3-10でももっとも好きな曲のうちのひとつ。前回の不死鳥ではやらなかったし、聴きたいなぁって思ってました。シャラララ〜♪って手を振るのです。好きな曲はまだまだいっぱいあるのだけど。
「すべての若き糞溜野郎ども」はアンジー曲、ジャッジャジャッ!って気持ちがいいギターの音に、両手を交互に挙げるのだけど、フロアの中央付近がよりぎゅうぎゅうに詰まってきて、ウッチー側は左に押されちゃって、このフロアの左側だけメンバーが通る通路との境がロープなので不安定で、倒れそうで体勢がうまく取れず大変だった。これもサビで手を振るのが楽しいですよね。糞溜野郎!って思い切り叫ぶとスカっとします。
この後かな、イントロに乗せて恭一さん登場!「サイクリング」セットがもう組まれてたから、恭一さんが出てくるの最初から分かってたけど(笑)現ちゃんトリビュートの筋少カバー版でオーケンが歌うところ思い出しました。「猫を〜」の言い方の恭一さんとの違いを(笑)「一本!」ってウッチーがかけ声するところ一緒にできて嬉しい!恭一さんはさっきのスーツとは変わってTシャツにジャケットで、ギターもエレキになっていつもの恭一さんが来た!って感じで嬉しかった。
続いて「俺の持ち歌!」と水戸さんが言えばおなじみのこれ「リックサック」(笑)上田さんがばーっと出てきて澄ちゃんの隣に行って、ラッパが電子ラッパ?初めてみた〜。サビに入るともうお祭り騒ぎ状態です!その場でジャンプしたくてもぎゅう詰めでできない(笑)
恭一さんが入っての水戸さんのMCがさらに楽しかった。恭一さんの地元(熊本)に今回のツアーで行ったときに、姪っ子さんが来ててAKB48くらいの感じの子で、後ろで見てたのだけど、あとで会って聞いたら「激しいおばさんばかりでびっくりした」って嫌みでもなくて素直に言ってたんだと(笑)これは先日のオーケンののほほん学校に水戸さんが出た時に話したエピソードだそうで、先に話は聞いてたんだけども。ファンも一緒に歳を取ってるからねと水戸さん。ライブでわーって盛り上がってるおばさん(笑)考えてみたらお祭りでもそう見ないもんね〜と言ってた。この調子で60歳になって激しいおばあさんとおじいさんになろうぜ、止まった生理もまた来たみたいな(笑)とか。ほんと50、60歳でも元気でいたいですw(ここでXYZ-Aの皆さんを思い出した)
それから「恭一の家族全員に会ったけど、誰一人としてゴリラじゃなかった」って話もウケました。ゴリラってw 恭一さんはかっこいいゴリラです(笑)
この後ずっと恭一さんでずっぱりで、ほとんどメンバーの一員のようでした。ここで私がしくじったのは、恭一さんのソロ曲を予習してこなかったことだった。水戸さんが、恭一と作った曲をということで「華恭」(水戸さんと恭一さんのユニット)でやった「沈没船」、リックサックはパヤパヤのあとだろ?って歌ってた曲、恭一さんのソロから「Welcome to Wonderland」て曲だったの後で調べました。゛(濁点)て曲も「華恭」でやってた曲だったのねー。次回あったらちゃんとおさえとかないと。恭一さんファンのためって感じでした。
私はもっと3-10曲もいろいろ聞きたいので、ワンマンもまたあったらいいな〜。アンジー曲も大好きなのですが!たくさんあって一度じゃ全部できないものね。12/24はウタノコリ(水戸さんアコースティック)があるのだけど、こちらも泣く泣く断念です(泣)
「天井裏から愛をこめて」でさらに盛り上がる激しいおばさん(若い子もいるよー)でも、気持ちは水戸さんとうっちーに出会った頃の16歳だもん(笑)水戸さんに大好き大好きコールもやりました。今度またバンドブームリターンズイベントがあって(筋少とかぶるから行かれないけど)水戸さんが歌うかもしれないけど、やっぱりこうやってライブハウスでもまれながらみんなで手を挙げて振って歌うのが、一番楽しいです。

アンコールで出てきたみなさん(恭一さんもふつーにいる)今回のツアーで好評だったというトレーディングカード。好評だったので他のバンドがマネするね!スキップカウズとかキャプテンズとか。と水戸さんが言ってたがなんでそのチョイスなの(笑)これは3枚セットで300円で売られてて、筋少でも「最後の聖戦」ツアーの時にあったんだけども…こっちが市販品のクオリティに対して、このプロスピカードは手作り感いっぱい(笑)袋も茶封筒の半分で、カードの写真もパソコンで作ってカラープリントで出したって感じの。でも遊び心いっぱいで良かったです。メンバー写真2種と楽器カードがあります。(水戸さんはカズーなの)レアカードもいくつかあって、外れ扱いのうちに藤原プロ(水戸さんライブでキーボードの方、今ツアーではいないのに)があって、アンコールの時にステージ上でみんなでひいてプロを当てたら罰金1000円を皆に払おうということで、それぞれ封筒をひいて披露してました。ウッチーが喋ったのここだけだった(笑)澄ちゃんカード出してたかな?みんな通常カードが出たので、罰ゲームになりませんでした。その前に、水戸さんがこの日だけに今回のツアーでnintendoDSが壊れて、それが貰える当たりカードを入れておいたそうです。その場であげるので見てねということで、終演後8セット買ってみたんだけど出なかった(笑)うっちーカードが出たからいいか〜と。
で、アンコール曲にはたしか「Welcome to Wonderland」「゛(濁点)」どっちかだったかな?
最後はアンジー曲の「アストロボーイ・アストロガール」ウッチーが中央前に出てベースのイントロから、これが後半の伏線になってたとは…(笑)さらにフロアが前につめてぎゅうっとなります。こうなるともうウッチーと恭一さんしか視界に入らなくって、首を横にむけて水戸さんがやっと見える感じで、澄ちゃんが何やってるかあまり見えなかった〜。
自分の見える範囲内がみんな狂乱になってるの、めったにない(笑)酸欠になってたかどうかもさだかじゃないけど、意識がどっかいってた。曲の終わりでそろそろ終わり?って思ったらベースのイントロで戻ってくるやつ出た(笑)(しつこいのがアラフォーロッカーてオーケンがフェスで言ってた映像を見たの思い出しw)このパターンかっ!と思ったらもう興奮して思い切り解放するしかないでしょ。ウッチーがベースを下ろして、崩れ落ちるように足元の機材を手でうごかしてた。そのあと降りていない?って思ったらベースを上田さんが弾いてて、ウッチーが拡声器持ってきた!(オーケンが使ってるスターリンのステッカーがはってあるやつだったと思う)そして前のモニターに足をかけて叫ぶ!前のめりになって倒れそうになるのを、スタッフさんが支えたり、前のお客さんたちがわーってウッチーにタッチして興奮状態です。私もさわっちゃった〜(〃ノ∇ノ)
澄ちゃんはプラカード持ってきてて「Astro Boy! Astro girl!」て書いてあるの(手書きで)あとでブログを見たら、澄ちゃん手づくりだったとか(上手である)今回のツアーに参加した方に話を聞いたら、初めてやったんですって。澄ちゃんの気合いを感じました(笑)しかも裏面に「宇宙的少年!宇宙的少女!」って書いてある芸の細かさ。
※澄ちゃんブログに写真あり。
http://ameblo.jp/jaguar1126/entry-10699554600.html
http://ameblo.jp/jaguar1126/entry-10699554695.html
いつのまにか矢野さんやら恭一さんバンドのみなさんも乱入してきて大騒ぎ(笑)みのるさんも水戸さんに引っ張られて前に出てくるし。上田さんが前に出てきてたので、ウッチーが見えなくなっちゃったと思ったら、後ろの方で倒れてて、転んじゃったのか最後に出て行く時にスタッフさんに抱えられて、肘のあたりが血がにじんでたので怪我しちゃったみたいでした。ちょっと心配です〜。でもなんだかすごいドキドキしちゃいました。なんか、興奮して崩れるウッチーって官能的なのね…と思ったりして。
※澄ちゃんブログに写真あり。
http://ameblo.jp/jaguar1126/entry-10700039013.html
来年のツアーはぜひ、水戸さんの地元山口や、言った事のない地方にも足を伸ばしてみたいものですね。筋少とはまた違う魅力がみられる3-10chainのウッチーです。まだ見た事ない方はぜひチェックしてみてください!

広告を非表示にする