筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

過去の雑誌記事読み直しメモ

筋少が掲載された昔の雑誌を89年から全部とってあるんだけど、出産を機にこんどファンの友達に全部譲ることにしました。筋少博物館作りたいくらいあるのだが(笑)それは無理だから。
家でゆっくりできるあと残り少ない間に、読み直してきづいたメモを書こうと思う。

デビューのツアー名が「筋肉現象'88」

  • PULM「SISTER STRAWBERRY」曲解説

イメージはイザベル・アジャーニの少女時代
「夜歩く」の仮タイトルは「寿司人間」。フレットレスベースは内田弾いてない。「日本の米」は中学時代は2番の歌詞が米のところがネギ

  • パチロク88.7

4/26 PITライブ「あっちの世界」前説がニッポン放送のうえやなぎさん。2度目のアンコールでオーケンが「もう当分メンバーチェンジはしません!」

  • ニューズメーカー「猫のテブクロ」

ジャケットは橘高さんが見つけた「猫の手帖」に載ってた絵から

  • パチロク「猫のテブクロ」

「これでいいのだ」内田さんが先に曲をもってきて「これをガキ刑事の『死刑』って歌にしてくれ」と言った

  • PLUM 89.11

猫テツアー 岡山のオフでメンバーみんなで温泉、善光寺に行った。
日本印度化計画のコーラスは1番は「サモサ」2番は「ラッシー」3番は「ムルギー」です

  • PLUM 90.3「サーカス団パノラマ島へ帰る」

「詩人オウムの世界」で「眉を剃って」は「空手バカ一代」から。「元祖高木ブー伝説」はシングルと違ってNYでトラックダウンしたリミックスバージョン。シングルは48チャンネルで録音したけど、NYでは機材が24チャンネルだったので、ドラの音が入らなかった。

  • PLUM 90.6

オーケン映画についてインタビュー。「ビッキー・ホリディの唄」は「ディア・ハンター」から。「電波Boogie」は「ファントム・オブ・パラダイス」から。
内田さんインタビュー。子供の時は直毛だったのに、中学から曲がってきて「鳥の巣」とからかわれてたのでコンプレックスだった。