筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

「最後の聖戦…その後は養蜂と読書の日々」新潟CLUB JUNK BOX

今回のツアーは、唯一地方で、新潟に足を延ばしてみました。しかも婚約者を置いて一人で(笑)(ごめんよー。)
前日からあまり体調が良くなく、パワーブック持ってくのやめようと思っていたのですが、そこで見た筋少ホームページ、本城さんのツアー日記の仙台編で、太田さんがパワーブック持ってる写真が載っているのを見て、やっぱり持ってくことにしてしまったのでした〜(^^;
…というわけで、パワーブック持参で現在、大宮発新潟行きの新幹線の中で書いています。
今日、新潟は大雪らしい、と天気予報。ガーン。どうするんだー新幹線遅れたら〜ライブ間に合わなかったらどうしよう〜(;_;)でもライブ見れても翌日帰れなかったらどうしよう〜(;_;)
期待と不安をかかえながら、、新幹線は現在高崎を過ぎました。まだ晴れてます(PM3:20)
一眠りして起きたら、長岡に到着。雪だーっ。でもそんなに積もってなく吹雪いてなくて安心。新幹線も遅れずに、新潟に到着(PM4:30)やっぱり寒いっ(^^;


今回の会場は、繁華街のファッションビルに入っているライブハウス。かなり狭く、東京でいうと、ロフトみたいな感じかな?ステージのあちこちに「山と渓谷ペナント」が張ってある(笑)私も思わず買ってしまった〜。
SEがはじまり、「カーネーション〜」が始まったところで見やすい場所を物色。後ろだとメンバーの顔しか見えないので、前のほうにいかないとこれは面白くないでしょう。東京に比べると、前のほうも比較的込み合っていなく手もあげやすいです。
続けて「トキハナツ」を演奏、終わったところでオーケンMC第1声、「なんかさ、近いよ!照れるよ!」という(笑)ステージの幅がせまく、客との距離も近すぎてなんだか照れてしまう様子(笑)
「なんか照れるなー。ご趣味は?とか(笑)」客が口々に「筋少〜。」「筋少カード集め〜」とか答えていると、「おもしろくないー。もっとおもしろい趣味はないのかー。」それで間があいてしまうと、「間をあけるなあ〜照れるだろー!」という(笑)
「全員の顔がよくみえるんだよー。ひげのそりあとまで見えるよ。てれるなー。」ここで客からなにか声が。「…えっ?俺のそりあとも見える?…あっ、橘高、今日はメイク濃くしたほうがいいよ。長嶋さんみたいに見えるよー(笑)」橘高さん、それ以上どう濃くしようと(笑)
オーケン、このあとも曲のあいだあいだに終始照れまくり。そして会場全体がなごやかムード(笑)「メンバーも近いなあ〜やあ〜」とおいちゃんとあいさつしたりして、こういう感じもめずらしくて面白いですね。
「ダイブしちゃおうかなあ〜。一度だけやったことあるんだけど、みんなよけるんだもん。」「…もう酒飲んでもいい?(笑)ビールある?」
と、にこにこなオーケン、はやばやとビール一気。
照れるので早く曲にいこう〜ということで「日本印度化計画」「青ヒゲの兄弟の店」「タチムカウ」とライブモードへ。筋少にはなんだかちょっとステージが狭すぎて、近くて嬉しい反面、力をもてあましている感じなので、ちょっとさみしかったりもします。
曲が終わると、オーケンがヌンチャクを出してきて、「こないだのライブでねー、ヌンチャクで股間を打ってしまったー」という話を(笑)
「今日はこういう感じだから、何でも聞いてくれ。何か聞きたいことあるかー?」“何で新潟に来てくれたのか?”との問いに、「新潟に最近どんなバンドが来た?TMレボリューション、シャズナ?今回ツアーやってて、筋少のあとにシャズナが多いんだよ。もしかして追っかけ?(笑)」
「ビジュアル系とかってさ、こんな感じで…『ありがとう…(とぼそぼそとしゃべる)』曲名とかが、『禁断の……水族館』なんで水族館なんだよー(笑)とお客さんが笑うと、「いや、あるかもしれないじゃん〜。でさあ、『それでは…次の曲は…、禁断の水族館。うはー。うー。禁断の〜うー。水族館ー。』」これはバクチクのまねだよー(笑)「いいね、こういう曲作ろうか(笑)」この後もMCで「水族館」はなぜかひきずることに(笑)

「(筋少が)元祖ビジュアル系だからなー」というと、お客さんから突然「ゴットオブビジュアル系!」という声が(笑)「ゴットオブビジュアル系かあ〜 (笑)」と妙にうけたオーケン、お客さんにも言わせようとしたがあまりうけず、「いいよ!もう言わなくたってー」とすねて後ろを向いたときに、ためいきまでお客さんに聞こえてしまったようで、「あっ、聞こえたー?(^^;」と苦笑い。

「静まるな〜俺をてれさせるなあ〜!盛り上げろ〜!」としょうがなく無理やり盛り上げる(笑)
「おまえら何をしにきたんだ?ロックを聞きにきたのか?俺のムダ話を聞きにきたのか?」とするとすかさず客から「両方〜!!」オーケン「両方っていうなあ〜(;_;)」そうだよねえ〜(^^;筋少はロックバンドなのに(笑)
「あ、お母様。なんで来たんですか?」本城さん側の最前列に40代前後と思われるお母様がいらっしゃったらしく、「東京でも会いましたよ」とどうやらファンの様子。オーケン「いくつですか?」お母様「あなたと同じよ」オーケン「それはないでしょう〜〜(笑)」しかし、まだなにかを話しつづけていて「え、なになに?『もう疲れたから後ろに下がりたい』?」という(笑)後ろに下がらせてあげる為に、道をあけてあげることに。「どいてやれー!お母様に拍手〜!あたかもモーゼの十戒がごときわれめがー。今までロックのライブでこんなの初めてだよ(笑)」

「俺一人じゃロックはできねーぜ。TMレボリューションは1人だけどロック?だめだこりりゃ(笑)でも俺一人じゃロックはできねーぜ〜。メンバーを呼んで欲しいかと問うならばー!」ということではじめに内田さん登場。ステージはしに登場し、ガッツポーズをつける内田さんに、「内田おまえも妙な間を作るなあ〜!」というオーケンのつっこみが(笑)この後少しうっちー&オーケンのMCタイム。
オーケン「前にいつ新潟来た?」
うっちー「あのさー、…飲んで…」(何を言っていたか不明)
オーケン「そうだっけ???」すると、お客さんから声が。
オーケン「えっ93年?」
客「2月8日〜!」
オーケン「(お・も・ひ・だ・し・たぁ〜〜)」←と口パク。本当に思い出したようなリアクションのオーケン(笑)
いつかのツアー(月光蟲かな?)の新潟で、内田さんの誕生日にワインを飲んで酔っ払いすごいことになったという逸話ですな(笑)*1
「たしかさー、バーみたいな楽屋があるライブハウスでやった覚えがあるなあ〜」
しかしそれは内田さんはあまり覚えていない様子(笑)
またオチがつかずに?内田さんギター&コーラスの「哀愁のこたつみかん」

「こたつみかん」が終わると、他のメンバーも登場。ステージに男5人横に並ぶと、みんな肩が付くくらいになってしまう(笑)
オーケン「近いよおぉ〜(笑)」とやはり照れまくり。こんな近くに5人寄るなんてことあまりないからおもしろい(笑)
「じーさんはいい塩梅っ!」というやいなや、…ボテッ!!と大きな音が。何だあ〜と思ったら、太田さんがマイクを落としていた(笑)「ごめん〜」といって苦笑いする太田さんがかわいらしい(^_^)なんかほのぼのしまくりだあ。

全員ポジションに戻ったあとは、後半戦。本城、橘高両名がアコースティックギターを持ち、曲は「きらめき」橘高さんは「最後の聖戦」のファー付き衣装から金ラメのコートへ着替えています。オーケンは曲のはじめに上着を脱いでTシャツに。曲が終わったかと思ったら、前のほうのお客さんがなにか叫んでいる。
「ほっかいろ〜」
オーケン「ええーっ!!」と、見ると腰にカイロが張られていたのがばっちり分かったようだ(笑)(私はよく見えなかったが)
それをおいちゃんが取って客に投げる(笑)オーケン「恥ずかしい〜〜。」を連発(笑)「カイロを張っていてもいいかー!」腰痛なんだからいいよー(笑)
「この恥ずかしさを脱するには、バトルだー!」と強引に次の曲へ(笑)「バトル野郎」
続いて「小さな恋のメロディ」「境目のない世界」
このあたりになると、やっとこのライブハウスに慣れてきたかなーという感じ。自分がやっと見やすくなったこともあるが、普段あまりよく見られない太田さんの表情、手さばきもじっくり見ることができて感激。フロントのメンバーも狭いながら右に左にと動きまくっています。橘高さんはピックをまいたり、タオルも投げたり、本城さんもいつものように水をまき、モニタの上に乗っかり客をあおるなど、ライブハウスならではの良さを生かしていました。

今日のお客さんは、男性が少ないながら、なかなか元気でアニキコールを連発してました。今日は逆に女性のほうがおとなしかったな。それを見てオーケンのMCでは、
「男はみんなわけのわからない格好をしてるなあー。気になるんだよー。昔の俺みたいで(笑)俺昔ね、カルメンマキ&オズのライブとかに初めて行ったとき、何を着ていいのかわからなくって、英字Tシャツにボウタイとかしていったんだよ。でもトゲトゲのメタルバンド(手に巻いているやつ)で(ここでお客さん爆笑)それで『マキー!!』とかいって手あげてたよ(笑)」
「みんな俺と目をあわせてみないか〜!!」ってなあ(笑)目をみひらいてきょろきょろするオーケンに、私ちょっと笑いのツボ入りました(笑)

早くも終盤にさしかかり、曲は「サーチライト」「これでいいのだ」
今回地方のツアーでは、聞くところによると「○○(その土地名)に無農薬農場をつくり、筋少コミューンを作ろう」というMCネタがあったらしいが、今回は新潟だけあって、「無農薬米を作ろうぜー!!」となっていました(笑)この「コミューン」ネタいいですねー。これでイエー!と一致団結したところで(?)本編最後に「トゥルーロマンス」で一度退場。

アンコールでメンバー登場。オーケンネルフのコスプレ衣装。本城さんは物販のご自分デザインのちびTシャツ(赤)を着用してます。
オーケン「16日にパワーステーションでライブがあるから来てくれ〜。ここから近いだろー!」
客「遠いー!」うーん遠いですなあ(笑)でも大阪から東京よりは近いですよ。赤坂ブリッツビデオシューティングをやり春に発売することも宣伝し、「必ずまた来るからなー!!」と嬉しい言葉。「221B戦記」では、ここで引き締めるように内田さんと橘高さんが並んでそろって頭ふります。最後の橘高さんソロも今日一番かっこいかったです。
「これが筋少力だ!筋少力を受け取ったならば、筋少の素晴しさを、面白さを、伝えるんだ、伝道するんだ!今日帰ったら、今日はいいから帰って寝ろ、明日から伝えるんだー!ここが筋少の拠点だー!」
というような、オーケンの力強い言葉がきけ、最後は「釈迦」でしめくくり。
ライブ後の物販もゆっくり買え、新潟まで来てやっぱり良かったです(^.^)でも、全体的に少しお客さんの盛り上がりに欠けていて、それでちょっと物足りなくて前のほうに行ってはりきってしまったですし、それにツアーを何度か見ているらしいお客さんがけっこう落ち着いて見ている様子なので、地方ではやはりあまり筋少を見ることができない地元のお客さんがたくさん前のほうで見て盛り上がって欲しいですね。

*1:※1991年2月8日 新潟県民会館

広告を非表示にする