筋肉少女帯ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯バイオグラフィー(私設)

1979〜前身バンド「ザ・ドンズ(ドテチンズ)」結成
1982〜「筋肉少年少年隊」結成、その後「筋肉少女帯」に改名
1983、1984ヤマハ渋谷店主催「中高生バンド合戦」に出演
1985〜ナゴムレコードからEP「とろろの脳髄伝説」発売
1986〜イベント「子どもたちのCity」参加
1987〜ナゴムレコードからEP「ノゾミ・カナエ・タマエ」「高木ブー伝説」発売
1986年・1987年の出来事

1988【メジャーデビュー】

1988年の出来事

1989【三柴さん脱退、本城さん、橘高さん加入】

1989年の出来事

1990【初の武道館ワンマン】

1990年の出来事

1992【結成10周年】

1992年の出来事

1993【トイズファクトリーからMCAビクターへ移籍】

1993年の出来事

1994【4度目の武道館ワンマン】

1994年の出来事

1995【オフィシャルサイト開設】

1995年の出来事

1996【マーキュリーMEへ移籍】

1996年の出来事

1998【デビュー10周年、活動停止】

1998年の出来事

1999【X.Y.Z.→A結成】

1999年の出来事

2000【特撮結成】

2000年の出来事

2002【「筋少の大海賊Vol.1」発売】

2002年の出来事

2003【「筋少の大海賊Vol.2」発売】

2003年の出来事

2005【橘高文彦デビュー20周年】

2005年の出来事

2006【復活】

2006年の出来事

2008【デビュー20周年 武道館ワンマン】

2008年の出来事

2011【仲直り5周年】

2011年の出来事

2012【結成30周年】

2012年の出来事

2013【デビュー25周年】

2013年の出来事

2016【再結成10周年】

2016年の出来事

2017

2017年の出来事


これまでのあらすじ
※参考資料:「HYP」フールズメイト刊 1990年「筋少新聞vol.3」1998年「筋肉少女帯自伝」2007年

(はじまり)
1978年、中学校の同じクラスで大槻さんと内田さんが出会います。後に大槻さんのエッセイ等で何度も出て来るエピソードの「内田の家の火事」は、中学入学直前の春休みのことでした。(1978年3月14日か19日だそうです)

結成〜インディーズ
1982年2月、東京で「筋肉少年少女隊」としてバンド結成されました。中学の同級生でそれぞれ別の高校に進んだ大槻さん、内田さんを中心にメンバーが集まりました。(当時16歳)大槻さんは当初ベースとボーカルでした。内田さんはキーボードでした。
同年4月6日、新宿JAMにて、内田さんの高校の先輩(既に卒業)であったKERAさんのバンド「伝染病」解散ライブ兼「有頂天」結成ライブに呼ばれて共演したのがライブデビューでした。KERAさんのバンドには、内田さんと同じ高校で1つ学年上の本城さんが在籍していました。
その後、大槻さんはベースを弾きながら歌えないため、ベースは内田さんになり、大槻さんはボーカルのみになりました。
同年11月、本城さんが筋肉少女帯に加入し、有頂天と掛け持ち時期もありました。
1983〜1984年、ヤマハ渋谷店主催「中高生バンド合戦」に出演。同じコンテストでは、橘高さんが「スリージーラスター」で参加していました。84年に「アルージュ」と改名してメジャーデビューします。(86年解散)
1985年4月、本城さんが脱退します。同年8月、三柴さんが加入します。
同年9月、KERAさん主宰のナゴムレコードよりEP「とろろの脳髄伝説」を発売します。ナゴムレコードはインディーズブームで注目されます。
1987年3月、EP「ノゾミ・カナエ・タマエ」同年8月「高木ブー伝説」発売されます。

メジャーデビュー
1988年6月21日、シングル釈迦アルバム仏陀L」でメジャーデビュー。全国ライブハウスツアー、イベント出演など。ドラムのみのすけさんが俳優転身のためメンバーチェンジして、太田さんが加入しました。
同年12月、アルバムSISTER STRAWBERRY」発売。ギタリスト不在だったため、サポートで横関敦さんが参加しました。
1989年2月7日、日本青年館ライブをもって、三柴さん脱退します。当日は、すでに加入を打診していた本城さんと橘高さんも見に来ていたそうです。
同年2月22日、大槻ケンヂオールナイトニッポンにて、本城さん、橘高さんの加入が発表されました。
同年4月、オールナイトニッポンは終了しますが、折からのバンドブームの波が起こったおかげで筋少が注目されることになりました。ラジオから生まれた曲「ボヨヨンロック」は大槻さん、内田さんのユニット名「まんが道」として発売されてチャートインを果たしました。
(※私がファンになったのは、ラジオがきっかけでこの頃になります。)
同年7月5日、アルバム猫のテブクロ」発売。全国ホールツアー、8/17,18は渋谷公会堂2daysでした。
1990年2月5日、アルバムサーカス団パノラマ島へ帰る」発売、2月7日、初の日本武道館ワンマンライブが行われました。
同年11月21日、アルバム月光蟲」発売、全国ホールツアー、1991年3月6日日本武道館ワンマンでした。
同年7月21日、アルバム「断罪!断罪!また断罪!」発売。この頃あたりから、バンドブームが下降線になったようです。全国ライブハウスツアー、学園祭など。
1992年、結成10周年記念企画として「筋少ちゃん祭り」ライブが始まりました。4月4日は10周年記念の野音ライブでした。5月21日、アルバムエリーゼのために」発売。初めて本城さんの曲が入りました。9月12日、NHKホール。その後事務所を辞めてしばらく所属がない状態でした。
1993年、事務所移籍して、4月25日アルバムUFOと恋人」発売。同年8月、レコード会社移籍しました。11月2日、日本武道館ライブ。
バンドブームが去っても、固定ファンを掴んで活動をを続けてきました。
1994年4月21日、アルバムレティクル座妄想」発売。12月2日、日本武道館ライブ。大槻さんと橘高さんはソロ活動を始めていました。
1995年、1月に阪神・淡路大震災、3月に地下鉄サリン事件がありました。
5月は「筋少ちゃん祭り」、8/7,8はクラブチッタでアコースティックライブでした。その後ワンマンライブでもアコースティックコーナーが導入されました。
12月に筋少オフィシャルサイトが開設されました。
(※96年4月、ファンサイト開設しました)
1996年、3月「ステーシーの美術」発売。9月、橘高さんの披露宴がパワステでありました。
11月、レコード会社移籍して「キラキラと輝くもの」発売。12月から年またぎでツアーでした。
1997年、1月19日渋谷公会堂でツアーファイナル、3月から「筋少ちゃん祭り」パワステ4daysと、大阪でも2days行われました。
10月15日「最後の聖戦」発売。12月の赤坂ブリッツまで全国ライブハウスツアーでした。
1998年、デビュー10周年記念として3月にビデオ、6月にベストアルバム発売。ツアー名古屋・大阪、ファイナルに7月31日渋谷公会堂でした。これが活動停止前最後のライブでした。

活動停止中
1999年2月、橘高さんはXYZ結成しました。5月ごろ、筋少オフィシャルサイトのBBSで炎上しました。
7月1日、オフィシャルサイトにて大槻さん、橘高さん脱退と活動凍結の発表がありました。
2000年、大槻さんは特撮結成しました。
2002年12月8日「筋少の大海賊サミット」本城さんと内田さんが開催されました。「筋少の大海賊」ライブアルバムが続いて2003年にもvol.2が出ました。

若い世代から筋少ファンが増えたり、かつての筋少ファンが年を経て作家や漫画家や、様々なサブカル方面に進出して、筋少ファンであることの影響を広げていることが分かりました。インターネットが普及したことで、動画サイト等で聴かれだしたようです。
2004年は三柴さんのライブに本城さんがゲストに出て筋少曲を演奏しました。
2005年1月、橘高さんデビュー20周年ライブで内田さん、本城さんが集まって筋少曲を演奏したり、「のほほん学校」や大槻さんのライブ等で、周辺で筋少復活への外堀が埋められていきました。大槻さんは筋少の資料を公募して、2006年雑誌連載で「筋肉少女帯物語」を開始しました。
そして7月22日、「大槻ケンヂと橘高文彦リキッドルームライブにて筋肉少女帯の復活が発表されました。

復活後
2006年の後半から、のほほん学校や「リハビリバンドK」など準備期間を経て、12月23日のリキッドルーム、12月28日の中野サンプラザで完全復活を果たしました。三柴さんがサポートに参加されました。
2007年、ベストアルバム「大公式」発売、春にリキッドルームワンマンや、7月はすかんちCCレモンホール対バンライブ。
9月5日「新人」発売。復活後のオリジナルアルバムが出ました。
「新人」ツアーを経て、2008年ベストアルバム「大公式2」発売。「大公式新人大公式2ツアー」東名阪ツアーでした。フェス参加、8月27日シングル「ツアーファイナル」発売、9月21日、日本武道館ワンマンでした。
2009年5月20日「シーズン2」発売とツアー、9月デビューアルバムから8枚目までアルバム再発で限定曲ツアーでした。年末はライブ,PV集もDVD再発されました。本城さんはtwitter開始されました。
2010年1月よりレコーディング、6月「蔦からまるQの惑星」発売、舞台「アウェーインザライフ」と、東名阪ツアーでした。秋は後期曲中心の東名阪ZEPP座席ありツアーでした。
2世代ファンも増えて世代幅広くなり、復活からの新しいファンも次々と増えました。再結成バンドではなく進化したバンドになったと思います。
2011年、3月震災のためライブ延期になり、「チャリティのほほん学校」でメンバーが揃いました。5月ツアー、7月振替ライブでした。10月は「仲直り5周年」ライブでした。12月ワンマンは「完売御礼!」
2012年、「筋少動画01」DVD発売、結成30周年記念ツアーが行われました。
2013年はデビュー25周年でした。公式セルフカバーベストアルバム「4半世紀」発売、6/22中野サンプラザライブは完売しました。
2014年、オリジナルアルバム「THE SHOW MUST GO ON」発売。オリコンウィークリー初登場10位に入りました。
2015年、ユニット「筋肉少女帯人間椅子」シングルリリースと対バンライブ開催、アニメ主題歌シングルリリースされました。オリジナルアルバム「おまけのいちにち(闘いの日々)」発売。
2016年、メンバー全員50歳以上に。アニメ主題歌シングル第二弾リリース。オーケンが喉ポリープ除去手術のため4月のライブ後から夏ごろまでライブ活動休止。秋に新曲シングルと再結成10周年記念ベストアルバム発売。
会員制チケットメンバーズ発足の告知がされました。
2017年、公式twitterアカウント開設。「猫のテブクロ」アルバム完全再現ツアー開催。オリジナルアルバム「Future!」発売。カバーやリメイクの入らない全新曲。ツアーファイナルの赤坂ブリッツはソールドアウト。オーケン仮面ライダー映画のラスボス役で出演して話題に。

広告を非表示にする

2018年の出来事

1月1日 ニコ生放送 筋肉少女帯 ライブ独占放送前夜祭〜「猫のテブクロ」完全再現+11(赤坂版)LIVE〜[再]
1月2日 ニコ生放送 筋肉少女帯ライブ独占放送 New Album「Future!」発売記念
「一本指立ててFuture!と叫べ!ツアー」ファイナル公演

1月20日 新宿 BLAZE(チケットメンバーズ限定ライブ)

3月10日 新宿 BLAZE
大槻ケンヂ生誕祭!ロックLIVE編!! オーケンナイトニッポン」
大槻ケンヂ 52nd バンド:Piano.三柴 理、B.高橋竜G.日下部”BURNY”正則、Dr.ナカジマノブ
お祝いゲスト:団長(NoGoD)、ぶう(えんそく)、橘高文彦本城聡章内田雄一郎


3月21日 LIQUDROOM
春の筋肉少女帯ワンマンフルライブ!! GO!筋肉少女帯!!

www.excite.co.jp

6月8日 ロフトプラスワン
筋肉少女帯メジャーデビュー30周年突入記念
ハイストレンジネス・チケットメンバーズ会員限定集会 「貸切!」

6月20日
筋肉少女帯 メジャーデビュー30周年記念リリース
筋少シングル盤大戦対SP映像大戦 Blu-ray、DVD
・LPアナログ盤 「Future!」「おまけのいちにち(闘いの日々)」「THE SHOW MUST GO ON」「公式セルフカバーベスト 4半世紀」
・ユニバーサル期 デジタルリマスターSHM-CDレティクル座妄想」「ステーシーの美術」「キラキラと輝くもの」「最後の聖戦」
・「science fiction double feature~筋肉少女帯 Live & PV-clips~」VHSがDVD化再発

6月21日 Zepp DiverCity TOKYO
筋肉少女帯デビュー30周年記念日スーパースペシャル・突入!

7月29日 TSUTAYA O-EAST
ART POP ENTERTAINMENT PRESENTS『CRUSH OF MODE-PREMIUM HOT SUMMER'18-』
メトロノーム筋肉少女帯

9月1日 Zepp DiverCity Tokyo
「ついに対バン祭2018 ~13年目の検証~」打首獄門同好会筋肉少女帯

9月2日 夏の魔物2018 in TOKYO お台場野外特設会場J地区

広告を非表示にする

筋肉少女帯@LIQUIDROOM

春の筋肉少女帯ワンマン フルライブ!! GO! 筋肉少女帯!!

1. モーレツア太郎
2. 混ぜるな危険
3. レジテロの夢
4. 僕の歌を総て君にやる
5. 中学生からやり直せ!
6. イワンのばか
7. 地獄のアロハ
8. 愛の讃歌
9. ベティーブルーって呼んでよね
10. 航海の日 (Inst)
11. パノラマ島へ帰る
12. ワインライダー・フォーエバー
13. ロシアンルーレット・マイライフ
14. 釈迦
15. 機械
<ENCORE>
1. 恋の蜜蜂飛行
2. ディオネア・フューチャー

完売で当日券なし。満杯だった。開演前から詰めている。
入場BGMくるくる少女、流れてるときからライブのように掛け声があがる。

モーレツア太郎からスタート、続けて混ぜるな危険。
最初のMCで、デビュー30周年ライブの前哨戦じゃないぜ、デビュー30周年ライブの1曲めにモーレツア太郎にすればよかったなぁー。
デビュー29周年ラストデー、じゃなかったラストライブ。
30年の間にTMネットワークとかーチャゲ&飛鳥とかー米米クラブとかー 聞いてきただろうみたいな話とか、29年前生まれてない若いファンは、前世は木根さんだったんだよ
ハードなロックは今日やったら疲れてもう無理だってことになったら、6/21はフリッパーズギターやりますと(笑)

レジテロの夢、僕の歌を全て君にやる、中学生からやり直せ

おいちゃん、うっちー、ふーみんがはけてオーケン残ってMC
筋少の曲いっぱいあってこんなのあったかと忘れてたオーケン、調べたら出てきたから。CDは家にないんだよ。貸したら帰ってこないんだよ!お前たちだってそうだろう、筋少のCD、UFOと恋人貸したら帰ってこないし筋少ファンにもならない。取り返しに行こうぜ!って話になり。あの日本の漫画が原作で韓国の映画、トンカチもって襲うやつ、おいちゃんなんだっけ?いなーい。その後おいちゃん戻ってきて「オールドボーイ」ね。怖いから見なくていいよ。そう言われると見たくなるってオーケン。メンバー戻ってきてふーみんきがえてくる。
その後コントみたいになって、貸したやつの家を襲いにファンと筋少メンバーが揃って、「兄貴ここですぜ」とかだったかな。「ドンドンドン、居ないようだ」そこで内田くんが「いや、電気メーターが回ってるぞ」というのをオーケンがやる

若いV系みたくクルクル回れっていってもやらないでしょ?ダメジャンプはするのにね。あと真ん中からモーゼみたいに割れて、衝突するやつ。やってみない?ふーみんも乗ってやろうと煽る。少しだけ開いたようで拍手。でも衝突するのは危ないからやめよう。
ステージのお立ち台をやろうと思ったけど、オーケンが乗る前に絶対おいちゃんが乗ってくると思った(笑)のでやめた。「浮かぶよねー」とふーみん

春だけど今日は寒い。北の国からあいつがやってきたフリでイワンのイントロで騒然としてフロア前方雪崩れた。完売でぎゅうぎゅうだと大変だ。
おいちゃんふーみんがウクレレ持ってきて地獄のアロハ。ボーカルがオーケンの出番なしで3人で回すので、オーケンがとぼけて退場。
そのままイントロが愛の賛歌。オーケン血のり白スーツで登場。久しぶりー。
ふーみんから告知タイム。リリースでレコード会社さんがお祝いしてくれます。君達わかってるよね!?
うっちーがビデオカメラ持ってくる。ふーみん映す。その後そっちのけでおいちゃんとオーケンではしゃぐ。
オーケンは何がでるんだか忘れちゃう。物販出します。カルト化します。レティクル座妄想のCDで50肩が治りました。水道水を「筋少波動水素水AQUA」って名前つけて松竹梅で、46000円のところを16000円で、的なトークで笑わせる。結構長い。

久しぶりにやりますといって椅子もってくる。椅子も自分でもってくる。前に演歌歌手がタンス担いでテレビに出てドン引きされたって話しってる?
おいちゃんとふーみんは椅子もってきてもらう。内田くんはいないのね。
ベティーブルーって呼んでよね
オーケンエレアコ持って、4人並んで航海の日。素敵でした。
パノラマ島へ帰るは、リメイクバージョンでしっとりと。

エディが若いころのオーケンを語る。たいていの音は音符で聞こえるけどオーケンの歌は聞こえない、ディスってないよほめてる。すごいよ。モーレツア太郎、釈迦も。50過ぎて歌えてるのがまたすごい。モーレツア太郎といえば、前に赤塚不二夫先生の何周年かのライブイベントの最後にやったんだって。

オーケンは携帯が壊れてアドレスがふっとんだのでスタッフに頼んで芋づる式にミュージシャン仲間のアドレスに一斉送信した。2分でポンプさんが一番最初に返してきた。ポンプさんが携帯壊したのかもね(笑)おいちゃん教えたけど返してこない。受け取るだけでアドレスがわかったからとおいちゃん、でも後で返すよ。ライブ中に送ろう。ドキドキするねとオーケン筋少メンバーで一番早かったのは内田くん。でもついさっきね。
これから盛り上がるんだろうって煽ったところで、モーレツア太郎を歌ったのはローリーさんだったと思い出して、ずっこけさせる。

ワインライダー・フォーエバー
ロシアンルーレット・マイライフ
釈迦
これで終わりかと思ったのだが、機械やってくれて嬉しかったです。

アンコール
前振りがなく演奏始まる
恋の蜜蜂飛行
もう一度筋少波動水素水AQUAの話をして(笑)デビュー30周年ライブで会おう、未来へ進むというふりで
ディオネア・フューチャー

広告を非表示にする

筋肉少女帯@新宿BLAZE

筋肉少女帯 ハイストレンジネス・チケットメンバーズ会員限定ライブ

入場BGM KISSの雷神
サンフランシスコで通常ライブ同様にスタート。続けてバトル野郎
ハイストレンジネスー!と叫ぶオーケン
最初のMCからこのライブはありませんという設定を話し出して??となるファン
やるはずじゃなかった。入会金とライブ代をたくさん振り込ませて、当日来たらライブがやってない。メンバーはお金をだまし取って、計画倒産ならぬ計画解散をして、引退して箱根か小田原(なぜそんな近場に)
ボックスシートに向かい合わせで座ってトランプで大貧民をして、悠々と暮らすはずだったのに、予想外にお金があまり集まらなかったので、もうちょっとライブをやろうってことになりました。ということらしい。物販ならぬ集金袋を売ってそれにお金を入れて持ってこさせるとか、集金袋をもって隠れファンを見つけてドアをドンドン叩いて「筋少聞いてるでしょう」「筋少なんて変な音楽聞いてませんミスチルとかワニマとかしか聞きません」「ワダチ聞いてるのは分かってるんですよ!」ミニコントやりだす。
最近時事ネタの引退やら計画倒産やら、さらにこれから我々は筋肉コインっていう仮想通貨を作って高騰するんだよ。的なネタもノリノリで話し出して面白すぎた。
オーケンは最近ラジオも始まったしトークがさらに乗っている。だがオーケンだけでなくFCイベントってことで他メンバーにも話させようとオーケンがふってまわすところも嬉しいしファンサービスをしてくれる。

ファンキーファンキー鬼ファンキー!でバッキーに入る。
ニートラップ、わけありと続けて新曲から。ツアーの感動もまだ浸りたいところで嬉しい。わけありは本当に聴くたびすごい楽しくなる。折りたためーってオーケンが最初に声かけたりして。

ふーみんが、FCの成り立ちについて真面目に説明してくれて、最初はチケットを優先的に取れるサービスをしてから、トークイベントを経て今回はライブできることになったと。それで今後はふーみんの年末抽選会だけじゃなくって各メンバーもファンを乗せてドライブを(笑)無線で連絡しあうの?みたいに(タクシーではない)

ふーみん歌唱で小さな恋のメロディ。愛してるぜー!ってストレートに言うふーみんかっこいい。 オーケンではやらない。
オーケンは下がったままで、ふーみん歌い終わってエディのピアノソロ。このムーディーな流れは、うっちーのセクシーなボイスが響く(笑)そして出てきたうっちーが物販のトートを肩にかけて、取り出したiPhoneX、「サングラスかけてると顔認識できない」操作しだすと「あれ、あれ」スムーズに出てこないこのパターンまた出た。おいちゃんが「そうなると思ってた」ふーみん「トラウマになってる(笑)」
自動音声でフランス語で聞こえる「カラテバカボン」やらiPhoneで出して、「北極星の二人」
おなじみうっちーの持ち歌。ソロライブと同様に光る造花をふって歌ううっちーかわいい。

オーケン戻ってきて、これでいいのだ。今年初のタオル回し。
MCでメンバー紹介を内田くんにやってもらおうとオーケンが指導。うっちー言われるまま。
夢中になったライブの思い出は?というテーマで一言もらうんだっていうことで。
ソロライブやるようになって、トークうまくなったねとほめるオーケン
おいちゃんは小学生のときにとしまえんプールで見たフィンガー5、ふーみんは高校生のときに友達とレイジーのラストコンサートに新宿厚生年金に行って、9割9分客は女子だった。高崎さんと目があったよ!って話から、アイドル当時の名前で呼んだふーみんが「今言ったら高崎さんに殺される(笑)」って言ったら「コロス!」ってうっちーが即言ってたのが可愛くて笑いが起きたら、オーケンが意外って顔をして思いがけないところでお客さんが受けるっていうのあるよねと。
あまりうっちーの進みが遅いので、オーケンが通常のライブだと時間かかりすぎてだめだよとサポート2人に行こうとしたのを止める。

全員楽器持ってないところでオーケンが「これは久しぶりのレア曲やります」って言ったらじーさん。
それからアコギが出てきておいちゃんが椅子に座って、「冬の風鈴」はわりと久々でした。真冬に聴けてまたじんわり。
続けてアコースティックセットのままでサイコキラーズラブ。うっちーが手拍子しだして後半がもっと盛り上がるところが一体感あって暖かいけど歌詞は切ないところが今の筋少らしさ。

じゃあ今度はおいちゃんがメンバー紹介してよとオーケンがむちゃぶり。おいちゃんがテンション上げてエディに話すの面白い。エディが困って夢中になったロックのコンサートとかってないよというと「クラシックでもないの?!」と二人でつめよってエディがたじたじになるの笑った。結局、エディの話は以前現代音楽のすごく音が小さい(譜面のffの逆でpppppを説明)のを集中して聞いてたのに隣のおっさんが寝だして息で台無しっていう話。コージーはお兄さんと小学生のときにKISS見に行った。武道館で当時はゆるかったから、2階の通路で座って見てたら、火を吹いたのが熱気がかかって驚いた。って話から、オーケンもプロレスでそういうのあったとかいうしふーみんは「いつの武道館?!77年の?何年生だった?」と確認するところがふーみん。

オーケンがうっちーに「僕のは聞いてくれないの」と言って、カルメンマキ&5Xのライブを見に行ったオーケンがファーイブ、エーックス!ってやったって当時の記憶でうっちーが身振りするの可愛かった。
最近カルメンマキさんに会ったらお子さんが筋少ファンらしいってエピソードを話した時に、会う人会う人に(こないだのストロベリーソングオーケストラ主催イベントとか)みんな筋少ファンって言われるけど、普段道を歩いてても筋少ファンいない?なぜ?みたいな話も。
うっちーはエイジアのライブに行った話をしだして、オーケンの高校の友達にチケットを譲ってもらったらしく、オーケンが(コアファンにはおなじみだが)はばちゃんとうらべくんの説明も早口で挟んでくるのは感心。

オーケンが、おいちゃんに次の曲ふりをやらせて、おいちゃんがギター持ってないのにハンドマイクでイワンのばかをオーケンのセリフを真似してパンクロッカーぽく腰を折り曲げて声出してたの可愛かった。ギター渡すタイミングにローディーさんが困ってしまう。だけどしっかり曲に入るのがさすがだ。

いつも後半に激しい曲を畳み掛ける。
仲直りのテーマはもう復活した頃だからもう10年もって思うし、前のめりでわっと盛り上がって楽しいのが変わらず嬉しい。
新曲からオーケントレインをここで入れてきてさらに盛り上がるところも凄いし、エディが前にハンドマイクで出てきてディオネアの出だしが始まるの大好き。最新曲でこれだけ沸き立たせるのがほんとかっこいいよなって思う。
終わりのコーラスでオーケンが締めの言葉を言って、本編終わり。
アンコールで出てきたメンバー4人揃ってみんな浴衣にうちわもっててどうした!?(笑)って大歓声。
実はこれはとオーケンが説明。アルバムUFOと恋人の1曲目に入ってるおサル音頭をやってみようってことになって、当時はツアーで曲を流したけどけっこう長いので途中で心が折れてた。太田くんが嫌な顔してたのが記憶に残ってるとか(笑)
まさにレア中のレアだ。音頭だからみんなも踊ってくださいねーとオーケンが声かけて、メンバーそれぞれゆるゆると手拍子したり手振りしたりして可愛いし目がおっつかない。うっちーは小柄だから浴衣大きめでかわいいし、ふーみんは両手前に出してクックロビン音頭だしおいちゃんは腰周りが恰幅よくなって似合うし若い頃の写真を思い出して微笑ましい。オーケンが2番の歌い出しで「誰かきてー」と言ったところで今度はエディとコージーが浴衣で入ってきてまた大歓声で(笑)似合いすぎる。
ボーントゥビーワイルドのところでうっちーが水玉ギターを袖から持ってきてふーみんと小ネタ仕込んでるの可愛かった。
曲終わって次に入る時に、浴衣をその場で脱ぐのでローディーさんがやってきて帯くるくるして「あーれー」コントになってるおいちゃんに、ふーみんもマネージャー呼んでセンターで帯くるくるやろうとしたら逆に回って巻きつけてるってオーケンに笑われる。この場面が走馬灯に蘇るんだよっていうとおいちゃんが、年末のライブで今年の記憶に残ってることって言われたらこれしかなさそうって笑う。
いやまだ今年始まったばっかりだし。じゃああと2曲ほどやりますってオーケンが言って、「ムツオさん」やった!ショウマスツアーの楽しさ蘇る。ミラーボールも回った。ふーみんが音頭で持ってきたうちわ持ってヒラヒラさせてておちゃめだ。オーケンはふつうにうちわで扇いでたり。
最後はど定番で釈迦!これから10年も20年も集金してライブやりまくるぞーってオーケンが言ってたし、筋少とファンが今楽しくて幸せな状態がいつまでも続けばいいなって思った。
復活前のときに期待してた、バンドが続いてもっと楽しくなるっていうのが、休止のときは落胆して諦めてたけど、それが復活してからまた進みだして実ったんだなーって感じる。
メンバーはけるときにうっちーとふーみんが「ハイストレンジネスー!」って何回か叫んでたの可愛かった。おいちゃんも「今年もよろしくー!」ってニコニコしてた。
次のツアーの発表まだだったけど、デビュー30周年のツアーに期待です。

広告を非表示にする

2017年の出来事

2月18日 「筋少ちゃんと楽しもう!シングル&アルバムW購入者応募特典 スペシャトークイベント~興が乗れば歌うかも~」東京・八重洲 HIT STUDIO TOKYO
www.barks.jp

筋肉少女帯 ハイストレンジネス・チケットメンバーズ限定 発足イベント
3月1日 東京 LOFT9 Shibuya
3月11日 大阪 南堀江 knave

3月8日 Blu-ray/DVD「再結成10周年パーフェクトベストTOUR FINAL~六本木!」発売

「猫のテブクロ」完全再現+11LIVE
3月12日 大阪BIGCAT
king-show.eplus2.jp
king-show.eplus2.jp


3月18日 LIQUIDROOM
king-show.eplus2.jp

3月20日 赤坂BLITZ

www.barks.jp


3月29日 「Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-」Blu-ray 発売

5月20日 LIQUIDROOM筋少シングル盤大戦!」

「日本印度化計画」は実はシングル表題曲になってはいない!
「サンフランシスコ」も「イワンのバカ」も。
「僕の宗教へようこそ」はMVはあるがシングルではない!
「じーさんはいい塩梅」も「ゾロ目」も!
じゃあ一体、筋少のシングル曲って何があるのよ!?
恵比寿で明らかに!

6月18日 やついフェス 渋谷O-EAST


www.instagram.com


8月5日  hide presents【MIX LEMONeD JELLY 2017】新木場STUDIO COAST


9月2日 OTODAMA 泉大津フェニックス


10月25日 ニューアルバム「Future!」発売
■初回限定盤A(CD+Blu-ray

■初回限定盤B(CD+DVD)■通常盤(CD)
Future! (通常盤)

Future! (通常盤)

www.youtube.com

natalie.mu


10月25日 ニコニコ生放送 ニューアルバム『Future!』発売記念特番前夜祭~ライブ映像放送~
10月26日 ニコニコ生放送 ニューアルバム『Future!』発売記念特番

10月27日 タワーレコード新宿店 リリース記念  トークイベント


10月29日 座・高円寺2 オーケンののほほん学校 高円寺編!
ゲスト:内田雄一郎橘高文彦本城聡章筋肉少女帯)、綾小路 翔 (氣志團


New Album「Future!」発売記念「一本指立ててFuture!と叫べ!ツアー」
11月11日 名古屋 CLUB QUATTRO
11月16日 EX THEATER ROPPONGI

11月25日 大阪 BIGCAT

12月10日 赤坂 BLITZ


www.barks.jp

natalie.mu


12月23日 LIQUDROOM

広告を非表示にする

筋肉少女帯@LIQUDROOM

開演BGM:イワンのばか

オーディエンス・イズ・ゴッドでスタート。ショーマスツアーを思い出す。1曲目にふさわしい。
続けてカーネーション・リインカーネーション。ど定番真ん中。

最初のMC、今年何があったかメンバーに聞いても誰も何も覚えていない。そのうち朝ごはん何食べたか覚えてなくて、朝ごはんを2回食べるよと言って老人ネタで笑わせるが、いつかは笑えなくなりそうだ。

突如、オーケンがライダー映画の台詞でファンキーファンキー鬼ファンキー!からのバッキーバッキー!
ドルバッキー久々だ嬉しい。激しく動く。続けて週替わりの奇跡の神話。オーケンの最後の不変のシャウト、モニターに足かけてかっこよかった。素晴らしかった。
続いておいちゃんがレスポールにもちかえて香奈。
終わった後にオーケンが、週替わりが激しいので続けてスラッシュ禅問答とかじゃなくてよかったよ(笑)香菜で良かったと言ってたが、それでも歌い上げる曲だからすごいと思う。

枕投げ営業きたー!うれしい!うきうきする。かわいい。オーケンが最後にシェーしてた。
オーケンがさがっておいちゃんがセンター出てきてLIVE HOUSE。うっちーが下手にきて腕ふって踊るのちょーかわいい。ふーみんもうきうきしてた。この流れかわいい幸せであったかい。
オーケン戻ってきて、おいちゃんがワウに足かけて何やるとおもったら僕の宗教だ!久しぶりー!
特攻服でオーケンが歌う、この曲はバンドブーム時代に戻るし、筋少が演奏し続けて申し分なにもないくらいのクオリティで、オーケンが客を煽って、それから語りをばっちりと入れて、エディがマイクを持ってオペラを歌い上げる。ラストのカタルシス。生きてて良かったし幸せだと思う。

MCで今年の振り返り。よくできた緑の紙を二つに折ってあって中に書かれた表みたいなのを持ってきたオーケンが、紙と下に貼ってあるカンペをみつつ今年何があったか説明。
今年最初にあったカラオケDAMとのイベントでメンバーがカラオケ歌ったのは練習も何もしてなかったからひどかった、みんなキーがあってない。黒歴史だよと。
ヒデさんのフェスに出た時の話から、去年やったDDTフェスで清水アキラさんにあったのが面白かった話をする。それは今年ではないが。

長谷川さんにクリスマスプレゼント!一番好きな曲をやるよと、でも入るのは長谷川さん本人から。俺の罪をうっちーメインボーカルバージョンで。
一転してエニグマ始まった!まだまだ聴きたいから嬉しかった。完全完璧にすごいトコイ。
椅子に座って夕焼け原風景。これも嬉しいー。じんわり。ふーみんのボトルネック奏法がしみる。

今年の振り返りMC、オーケンがまずうっちーに言いたいことがあるって言って、こないだブリッツで話した昔のエピソード、博多に「野方」行きバスがあったとオーケンが言ったらうっちーが「若宮」行きのバスだよと訂正されたので、そのときは大人だから流したけどいや違うはずだって調べ直したらやっぱり「野方」行きバスは実在して「若宮」地名はあるけどバスはなかった!と。うっちーくやしがってぐぬぬーってなるの可愛かった。

おいちゃんとオーケンは今年弾き語りで徳島のライブハウスに出て、そこの楽屋が真っ暗でトイレに入って怖かった。おいちゃんはゲームよく知らないけどバイオハザードの気持ちがわかったと(笑)
ふーみんは今年の猫テ再現ツアーで黒髪にしたら評判が良すぎて、もらう手紙にどれも書いてあるので金髪にしてたのはなんだったんだ!とふてくされてオーケンに楽屋で言ったって話。

エディはまたライダー映画を見に行って良かったって話をして、オーケンも2回見に行って2回目にして気づくところがあった。それでメンバーみんな出れるよ(悪役で)コージーはライダー。頭身が若手ライダー俳優さんと同じだから。
今年何を成し遂げたかっていうと何も成し遂げられない、だけども1年で何か成し遂げるなんてことはなくて、何年もかけてできるものじゃないか、っていい感じの事を話して、この辺よく覚えてないけど、12回ライブがあったから12星座にたとえてこのライブは乙女座(?)とか、そういうのをSNSに書けー!そして筋少ファンってイタイのね、と言われる(笑)とか。別にファンを新規獲得しようとは思わない、たなぼた的にくればいいんじゃないの的なことを。他のバンドが解散するとかで流れてくる(地味にリアリティある)
何も覚えちゃいないけど、後で楽しかった。バスの話しか記憶に残らないかも。

どとうの後半。
T2、これもまた嬉しいー!そこからのオーケントレインの流れ、今ツアーの感動が。エディがオーケントレインではツアーでは1曲目だから出てこなかったけど、今回は弾かないだけだからステージを動き回ってシュッポシュッポしてて面白すぎた。
そこからのツアーファイナルはあがった!まさにファイナルだし。こないだツアーの最後に入れるかと期待してたけどやらなかったからまた嬉しい。
それで本編最後ってなって釈迦かなっておいちゃんが黒ストラト持ち替えたから思ったら、エディがハンドマイク持った。ディオネア・フューチャーだー!エディがステージ踊りながら駆け回る。演奏も歌も全てが熱いかっこいい。迫力あった。
来年も筋少はうるさいぜー!ってオーケン言ってた。
この熱気やパワーがそこにあってライブで見れる幸せだ。


アンコールで恒例のふーみんサンタとおいちゃん。おいちゃんに気を取られふーみんあまり下手にこなかったから見れず。
あっさりと3月のライブ発表!

その前か忘れたが今年も毎年恒例のふーみん物販による抽選会の一等がドライブ。
オーケンが面白がってまた男のファンが当たったらどうするの、抱かれる気まんまんでくるよ。アパホテルに誘うシチュエーションをにやにやと話し出し、ふーみんが苦笑いしてつっこむ漫才状態。車でかける曲はときくとふーみんが自分の曲っていうと、だめだよ!そこは10ccのアイムナットインラブとか。(笑)ムーディーなのか。とか、柴田恭兵風に口説くとかさんざんいじったあとに、そんなネタでまた笑うんじゃないのって我々につっこむ。

まだ仕事納めじゃなくて仕事あるんでしょ(あるある)
労働者Mで働かされる。イントロでふーみんがドラム台駆け上がるの好き。
続けてトリフィドやったー!うれしいー!おいちゃんがイーボウひくところ好き。今年最後に聴けて嬉しかった。聴きたかった。
飛べよーでサンフランシスコ。

客だしSEはトゥルーロマンスだった。クリスマスらしい。
また来年もその来年もずっとずっと、来世でも会いましょうって。

広告を非表示にする

筋肉少女帯@マイナビBLITZ赤坂

New Album「Future!」発売記念「一本指立ててFuture!と叫べ!ツアー」

ツアーファイナル。チケットは早いうちに完売して当日券も出なかった。
www.barks.jp

1. オーケントレイン
2. ディオネア・フューチャー
3. 人から箱男筋少×カラオケDAMコラボ曲)
4. ハニートラップの恋
5. 新興宗教オレ教
6. イワンのばか
7. わけあり物件
8. エニグマ
9. 告白
10. 奇術師
11. サイコキラーズ・ラブ
12. サンフランシスコ
13. 心の折れたエンジェル
14. バトル野郎~100万人の兄貴~
15. T2(タチムカウver.2)
EN:
16. 人間嫌いの歌
17. 3歳の花嫁
18. 釈迦

後日放送あるので細かいところ覚えてないし、ざっくり感想メモ。
ツアー最終日で、 オーケン最初のMCでニコ生入ってる発言に驚く。生中継?そんな告知ないよ?ってざわざわする客に「ログインはまだだから」(?)後からふーみんが、収録だけで放送は後日と説明あり。
ツアーの思い出は何かあるかとオーケンがメンバーに聞いた話。「……」みんなポカンとして無言のまね
歳とると忘れてしまう、だけども今日のライブは思い出に残そうぜ的な流れにもっていく。
そんな中でも印象に残ってるのは初日名古屋でオーケンが新幹線のきっぷなくして自腹で!自腹で!自腹で!(強調して言ってた)
六本木ではオレ教を半拍先にずれたまま歌う。ふーみんが天才だよ!と楽屋で言った。
それから大阪では若いV系バンドの客のフリを真似させようとしたが無理無理言われた。言い訳のお便りも後で来たそうだ。
うっちーはお好み焼きを大阪で食べた。って言うのでそれは若い女子バンドの初めてのツアーか!とオーケンつっこむ。でも若い頃は何見ても笑ったね、博多で若宮行きバスを見て地元と同じだって笑ったとか。
ふーみんは女子の喋り真似して「シャワーの水圧どうだった?」って言うけど早口でオーケン聞き取れず。シャワーヘッド持ち歩いてるエピソード再び(笑)一時は3つ持ち歩いてた、自分でもどうかと思うよ。今は2つだけどそれもどうかな(笑)と苦笑い。
おいちゃんは昔はふーみんと飲み歩いてばかりだったから、復活後はツアー先で名物料理を食べるようになった。エディもコンパルのサンドイッチとか(名古屋の喫茶店)パンの話!今ツアー中にありました。
韓国ドラマにはまってる話はファンタくんと楽屋でもりあがった。(ファンタって言ってもニコ生で初めてみる人通じないよ?とちゃんと解説入れるオーケン

今ツアーでオーケンが失敗したオレ教はファイナルでばっちり。ハラハラしてたお客さんの様子が伝わってきたそうだ。
わけあり物件、やるたびに凄み増してった。駆け上がる展開の直前でおいちゃんが指さして突き出すのかっこいい。
エニグマの最大トコイを映像で見れるかな。2階の様子も上から見た様子も見てみたい。そしてニコ生で放送されたらコメントがB-Tツンドラ教状態になりそうだから楽しみ。

エニグマ後のMCでエディが昨日公開日に仮面ライダー映画見に行ったってすごい絶賛してて、オーケンもびっくり。ロッピーで前売りまで買って、名前入れた(みしばさとし、って入れたっていうとオーケンが「エディって出てくるの?」(笑))1400円だったけどそれ以上の価値があった、見るべきだ!っていうのと、オーケンが世界を破滅させようとしたからできなくておしかったね、残念だったねって感想かわいい。でも世界滅亡して一人になったら、バンドできなくなっちゃうよ寂しいよっていうのも可愛い。

告白の演奏前にうっちーが「ベースなんてひいてらんねーぜー」シンセをアンプの後ろから持ってくるのを、それは何かの装置?って映画ネタ言ったり、スタッフがいるのに自分で持ってくる(笑)ってオーケンがつっこむ。オーケンもうっちーの運ぶ真似する感じで高椅子を後ろから持ってくる。

筋少史上発ツアーで毎回必ずアルバム全曲披露をしたのも良かったし、事前にそう言ってるから既存曲は少なめになるのはわかってるのにもかかわらず、完売してこの盛り上がりの凄さっていう、それが嬉しいし楽しいしすごいって思う。
それで終盤のMCが、来年のデビュー30周年についてふれて、おいちゃんがすごい喜んでる姿が見えて、30周年イヤーを祝うっていう思い、これからも進んで行く。思い出もあるけど未来へ、来世でも会いましょうっていう言葉とか。
それを聞いたあとの本編ラストT2がほんと胸にきて、コーラス叫びながら泣いてしまった。
初日は初めて聞いたオーケントレインで感涙してしまって、最終日で最後の曲で感激したというこの感じって、今までになかった。
追加公演してほしいという声も聞いて自分もそう思った。それにしても過去から今までいい曲ありすぎていっぱいで、1回のライブではできる数が限界だし、どれだけの曲をあと何年で何回ライブで聴けるんだろうかって思うと切ない。
1回1回を大事にして聴きたいし、健康で元気でできますようにと思う。
筋少をずっと好きでいて幸せだし、ロックを愛して、ライブで全力いっぱいで楽しむ、それが生き様そのものであるんだと思うから、こんなに感動するんだ。

広告を非表示にする