筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯バイオグラフィー(私設)

1979〜前身バンド「ザ・ドンズ(ドテチンズ)」結成
1982〜「筋肉少年少年隊」結成、その後「筋肉少女帯」に改名
1983、1984〜ヤマハ渋谷店主催「中高生バンド合戦」に出演
1985〜ナゴムレコードからEP「とろろの脳髄伝説」発売
1986〜イベント「子どもたちのCity」参加
1987〜ナゴムレコードからEP「ノゾミ・カナエ・タマエ」「高木ブー伝説」発売
1986年・1987年の出来事

1988【メジャーデビュー】

1988年の出来事

1989【三柴さん脱退、本城さん、橘高さん加入】

1989年の出来事

1990【初の武道館ワンマン】

1990年の出来事

1992【結成10周年】

1992年の出来事

1993【トイズファクトリーからMCAビクターへ移籍】

1993年の出来事

1994【4度目の武道館ワンマン】

1994年の出来事

1995【オフィシャルサイト開設】

1995年の出来事

1996【マーキュリーMEへ移籍】

1996年の出来事

1998【デビュー10周年、活動停止】

1998年の出来事

1999【X.Y.Z.→A結成】

1999年の出来事

2000【特撮結成】

2000年の出来事

2002【「筋少の大海賊Vol.1」発売】

2002年の出来事

2003【「筋少の大海賊Vol.2」発売】

2003年の出来事

2005【橘高文彦デビュー20周年】

2005年の出来事

2006【復活】

2006年の出来事

2008【デビュー20周年 武道館ワンマン】

2008年の出来事

2011【仲直り5周年】

2011年の出来事

2012【結成30周年】

2012年の出来事

2013【デビュー25周年】

2013年の出来事

2016【再結成10周年】

2016年の出来事

これまでのあらすじ
※参考資料:「HYP」フールズメイト刊 1990年「筋少新聞vol.3」1998年「筋肉少女帯自伝」2007年

(はじまり)
1978年、中学校の同じクラスで大槻さんと内田さんが出会います。後に大槻さんのエッセイ等で何度も出て来るエピソードの「内田の家の火事」は、中学入学直前の春休みのことでした。(1978年3月14日か19日だそうです)

結成〜インディーズ
1982年2月、東京で「筋肉少年少女隊」としてバンド結成されました。中学の同級生でそれぞれ別の高校に進んだ大槻さん、内田さんを中心にメンバーが集まりました。(当時16歳)大槻さんは当初ベースとボーカルでした。内田さんはキーボードでした。
同年4月6日、新宿JAMにて、内田さんの高校の先輩(既に卒業)であったKERAさんのバンド「伝染病」解散ライブ兼「有頂天」結成ライブに呼ばれて共演したのがライブデビューでした。KERAさんのバンドには、内田さんと同じ高校で1つ学年上の本城さんが在籍していました。
その後、大槻さんはベースを弾きながら歌えないため、ベースは内田さんになり、大槻さんはボーカルのみになりました。
同年11月、本城さんが筋肉少女帯に加入し、有頂天と掛け持ち時期もありました。
1983〜1984年、ヤマハ渋谷店主催「中高生バンド合戦」に出演。同じコンテストでは、橘高さんが「スリージーラスター」で参加していました。84年に「アルージュ」と改名してメジャーデビューします。(86年解散)
1985年4月、本城さんが脱退します。同年8月、三柴さんが加入します。
同年9月、KERAさん主宰のナゴムレコードよりEP「とろろの脳髄伝説」を発売します。ナゴムレコードはインディーズブームで注目されます。
1987年3月、EP「ノゾミ・カナエ・タマエ」同年8月「高木ブー伝説」発売されます。

メジャーデビュー
1988年6月21日、シングル釈迦アルバム仏陀L」でメジャーデビュー。全国ライブハウスツアー、イベント出演など。ドラムのみのすけさんが俳優転身のためメンバーチェンジして、太田さんが加入しました。
同年12月、アルバムSISTER STRAWBERRY」発売。ギタリスト不在だったため、サポートで横関敦さんが参加しました。
1989年2月7日、日本青年館ライブをもって、三柴さん脱退します。当日は、すでに加入を打診していた本城さんと橘高さんも見に来ていたそうです。
同年2月22日、大槻ケンヂオールナイトニッポンにて、本城さん、橘高さんの加入が発表されました。
同年4月、オールナイトニッポンは終了しますが、折からのバンドブームの波が起こったおかげで筋少が注目されることになりました。ラジオから生まれた曲「ボヨヨンロック」は大槻さん、内田さんのユニット名「まんが道」として発売されてチャートインを果たしました。
(※私がファンになったのは、ラジオがきっかけでこの頃になります。)
同年7月5日、アルバム猫のテブクロ」発売。全国ホールツアー、8/17,18は渋谷公会堂2daysでした。
1990年2月5日、アルバムサーカス団パノラマ島へ帰る」発売、2月7日、初の日本武道館ワンマンライブが行われました。
同年11月21日、アルバム月光蟲」発売、全国ホールツアー、1991年3月6日日本武道館ワンマンでした。
同年7月21日、アルバム「断罪!断罪!また断罪!」発売。この頃あたりから、バンドブームが下降線になったようです。全国ライブハウスツアー、学園祭など。
1992年、結成10周年記念企画として「筋少ちゃん祭り」ライブが始まりました。4月4日は10周年記念の野音ライブでした。5月21日、アルバムエリーゼのために」発売。初めて本城さんの曲が入りました。9月12日、NHKホール。その後事務所を辞めてしばらく所属がない状態でした。
1993年、事務所移籍して、4月25日アルバムUFOと恋人」発売。同年8月、レコード会社移籍しました。11月2日、日本武道館ライブ。
バンドブームが去っても、固定ファンを掴んで活動をを続けてきました。
1994年4月21日、アルバムレティクル座妄想」発売。12月2日、日本武道館ライブ。大槻さんと橘高さんはソロ活動を始めていました。
1995年、1月に阪神・淡路大震災、3月に地下鉄サリン事件がありました。
5月は「筋少ちゃん祭り」、8/7,8はクラブチッタでアコースティックライブでした。その後ワンマンライブでもアコースティックコーナーが導入されました。
12月に筋少オフィシャルサイトが開設されました。
(※96年4月、ファンサイト開設しました)
1996年、3月「ステーシーの美術」発売。9月、橘高さんの披露宴がパワステでありました。
11月、レコード会社移籍して「キラキラと輝くもの」発売。12月から年またぎでツアーでした。
1997年、1月19日渋谷公会堂でツアーファイナル、3月から「筋少ちゃん祭り」パワステ4daysと、大阪でも2days行われました。
10月15日「最後の聖戦」発売。12月の赤坂ブリッツまで全国ライブハウスツアーでした。
1998年、デビュー10周年記念として3月にビデオ、6月にベストアルバム発売。ツアー名古屋・大阪、ファイナルに7月31日渋谷公会堂でした。これが活動停止前最後のライブでした。

活動停止中
1999年2月、橘高さんはXYZ結成しました。5月ごろ、筋少オフィシャルサイトのBBSで炎上しました。
7月1日、オフィシャルサイトにて大槻さん、橘高さん脱退と活動凍結の発表がありました。
2000年、大槻さんは特撮結成しました。
2002年12月8日「筋少の大海賊サミット」本城さんと内田さんが開催されました。「筋少の大海賊」ライブアルバムが続いて2003年にもvol.2が出ました。

若い世代から筋少ファンが増えたり、かつての筋少ファンが年を経て作家や漫画家や、様々なサブカル方面に進出して、筋少ファンであることの影響を広げていることが分かりました。インターネットが普及したことで、動画サイト等で聴かれだしたようです。
2004年は三柴さんのライブに本城さんがゲストに出て筋少曲を演奏しました。
2005年1月、橘高さんデビュー20周年ライブで内田さん、本城さんが集まって筋少曲を演奏したり、「のほほん学校」や大槻さんのライブ等で、周辺で筋少復活への外堀が埋められていきました。大槻さんは筋少の資料を公募して、2006年雑誌連載で「筋肉少女帯物語」を開始しました。
そして7月22日、「大槻ケンヂと橘高文彦リキッドルームライブにて筋肉少女帯の復活が発表されました。

復活後
2006年の後半から、のほほん学校や「リハビリバンドK」など準備期間を経て、12月23日のリキッドルーム、12月28日の中野サンプラザで完全復活を果たしました。三柴さんがサポートに参加されました。
2007年、ベストアルバム「大公式」発売、春にリキッドルームワンマンや、7月はすかんちCCレモンホール対バンライブ。
9月5日「新人」発売。復活後のオリジナルアルバムが出ました。
「新人」ツアーを経て、2008年ベストアルバム「大公式2」発売。「大公式新人大公式2ツアー」東名阪ツアーでした。フェス参加、8月27日シングル「ツアーファイナル」発売、9月21日、日本武道館ワンマンでした。
2009年5月20日「シーズン2」発売とツアー、9月デビューアルバムから8枚目までアルバム再発で限定曲ツアーでした。年末はライブ,PV集もDVD再発されました。本城さんはtwitter開始されました。
2010年1月よりレコーディング、6月「蔦からまるQの惑星」発売、舞台「アウェーインザライフ」と、東名阪ツアーでした。秋は後期曲中心の東名阪ZEPP座席ありツアーでした。
2世代ファンも増えて世代幅広くなり、復活からの新しいファンも次々と増えました。再結成バンドではなく進化したバンドになったと思います。
2011年、3月震災のためライブ延期になり、「チャリティのほほん学校」でメンバーが揃いました。5月ツアー、7月振替ライブでした。10月は「仲直り5周年」ライブでした。12月ワンマンは「完売御礼!」
2012年、「筋少動画01」DVD発売、結成30周年記念ツアーが行われました。
2013年はデビュー25周年でした。公式セルフカバーベストアルバム「4半世紀」発売、6/22中野サンプラザライブは完売しました。
2014年、オリジナルアルバム「THE SHOW MUST GO ON」発売。オリコンウィークリー初登場10位に入りました。
2015年、ユニット「筋肉少女帯人間椅子」シングルリリースと対バンライブ開催、アニメ主題歌シングルリリースされました。オリジナルアルバム「おまけのいちにち(闘いの日々)」発売。
2016年、メンバー全員50歳以上に。アニメ主題歌シングル第二弾リリース。オーケンが喉ポリープ除去手術のため4月のライブ後から夏ごろまでライブ活動休止。秋に新曲シングルと再結成10周年記念ベストアルバム発売。
会員制チケットメンバーズ発足の告知がされました。

広告を非表示にする

2017年の出来事

2月18日 「筋少ちゃんと楽しもう!シングル&アルバムW購入者応募特典 スペシャトークイベント~興が乗れば歌うかも~」東京・八重洲 HIT STUDIO TOKYO
www.barks.jp

筋肉少女帯 ハイストレンジネス・チケットメンバーズ限定 発足イベント
3月1日 東京 LOFT9 Shibuya
3月11日 大阪 南堀江 knave

3月8日 Blu-ray/DVD「再結成10周年パーフェクトベストTOUR FINAL~六本木!」発売

「猫のテブクロ」完全再現+11LIVE
3月12日 大阪BIGCAT
king-show.eplus2.jp
king-show.eplus2.jp


3月18日 LIQUIDROOM
king-show.eplus2.jp

3月20日 赤坂BLITZ

www.barks.jp


3月29日 「Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-」Blu-ray 発売

5月20日 LIQUIDROOM筋少シングル盤大戦!」

「日本印度化計画」は実はシングル表題曲になってはいない!
「サンフランシスコ」も「イワンのバカ」も。
「僕の宗教へようこそ」はMVはあるがシングルではない!
「じーさんはいい塩梅」も「ゾロ目」も!
じゃあ一体、筋少のシングル曲って何があるのよ!?
恵比寿で明らかに!

6月18日 やついフェス 渋谷O-EAST


www.instagram.com


8月5日  hide presents【MIX LEMONeD JELLY 2017】新木場STUDIO COAST


9月2日 OTODAMA 泉大津フェニックス


10月25日 ニューアルバム「Future!」発売
■初回限定盤A(CD+Blu-ray

■初回限定盤B(CD+DVD)■通常盤(CD)
Future! (通常盤)

Future! (通常盤)

www.youtube.com

natalie.mu


10月25日 ニコニコ生放送 ニューアルバム『Future!』発売記念特番前夜祭~ライブ映像放送~
10月26日 ニコニコ生放送 ニューアルバム『Future!』発売記念特番

10月27日 タワーレコード新宿店 リリース記念  トークイベント


10月29日 座・高円寺2 オーケンののほほん学校 高円寺編!
ゲスト:内田雄一郎橘高文彦本城聡章筋肉少女帯)、綾小路 翔 (氣志團


New Album「Future!」発売記念「一本指立ててFuture!と叫べ!ツアー」
11月11日 名古屋 CLUB QUATTRO
11月16日 EX THEATER ROPPONGI

11月25日 大阪 BIGCAT
12月10日 赤坂 BLITZ

12月23日 LIQUDROOM

広告を非表示にする

筋肉少女帯@EX THEATER ROPPONGI(※ツアー中につきネタバレ注意)

New Album「Future!」発売記念「一本指立ててFuture!と叫べ!ツアー」

※ツアー中につきネタばれ注意

19:30スタート。

続きを読む
広告を非表示にする

筋肉少女帯@名古屋クラブクアトロ(※ツアー中につきネタばれ注意)

New Album「Future!」発売記念「一本指立ててFuture!と叫べ!ツアー」

※ツアー中につきネタばれ注意

続きを読む
広告を非表示にする

オーケンののほほん学校高円寺編!@座・高円寺2

順番など記憶正しくないので気になったところをメモ。

まずオーケンが登場して香菜を1曲弾き語りして、メンバー呼び込み。
高円寺はビーンズっていう喫茶店で昔インベーダーの台を自転車にのせてうっちーとおいちゃんとでオーケンの家に運んだ。
オーケンがメンバーに対して近況はどう、どうせみんな僕のこと興味ないんでしょう(うんうん)いろいろやってるんですよ!
おそ松さんのEDをROOTS66で、みゅーちゃんが一番喜んでるって話。
ニューアルバムが出ました。徳間ジャパンは日本クラウンと同じ社屋で、まず入るとこれ(背後スクリーンに北島三郎の金の銅像)そして演歌のポスター。「古希祝い」ってすごいタイトル。俺たちはまず還暦からだね。
イルカさんのニューアルバムのポスターが内田くんが見つけて、すごいよオーケン!って呼ばれてみたら驚いた。イルカさんも年齢的に着物が着たいけどオーバーオールが昔からトレードマークなので、着物の上にオーバーオールみたいな衣装。オーケンの特攻服とか橘高くんのドレスみたいなもんだね。

新曲から「3歳の花嫁」アコースティックで演奏。うっちーの神父さんセリフが早速聞けて嬉しい。
仮面ライダーにラスボスで出ましたよ(拍手!)オファーされた時に、断ったんだけど僕の演技やばいの知ってるでしょ!(うんうん)でもぜひにって言われて打ち合わせに東映に行ったらもう衣装合わせ。僕は映画は朝早いのとか無理ですって言ったら最近そんなことないですよって言われたのに、朝の7時半にダムで集合。ダムにそんな朝早く行くミュージシャンなんてノブくんぐらいですよ!(笑)その時のオーケンの素顔の自撮り写真公開。目がはれぼったい(笑)

ラストアイドルって番組に審査員で出てて、伊集院さんが司会で吉田豪さんが最近炎上してる(経緯説明)
筋少もそうなったりして、俺の代わりに大槻ケンヂになる人が最近見つかったよ(ネットでみつけた富山の面白い人)(ガチでやばいので検索しない)ライブ中にその人が出てきて俺と対決して二代目オーケンになったりして。

新曲から「サイコキラーズラブ」初めて全員アコースティックで演奏。
ギターが素敵だな。

筋少もフェスをやりたい。オーガナイザーに話を聞きましょうってことで翔やんを招き入れる。この日台風来てたのにハーフマラソン完走してきた翔やん
氣志團万博はぶっちゃけお金いくらかかるの?と聞くオーケン。苦労話とかいろいろ聞けて面白かった!
ケータリング一番美味しいとうっちーが喜んでる。
筋少が出演した時に気になってたアーティストエリアにある謎のブルブル震える器具とコンパニオンのお姉さんは?あれはスポンサーさんの関係でしょうがなく。本当は外したいんですけど。
スポンサーの清水オクトは舞台設営の会社で木更津なのでよくしてもらってる。
スポンサー探しからかと納得するふーみん、高円寺だからオーケンと内田くんたのむよ。ジロキチはどうか?内田くんがつてあるよ。
高円寺は翔やんが上京してバイトしたスタジオが東高円寺にある。そこで出会ったメンバーが今の氣志團。地元で結成したころのメンバーと変わった。スタジオを使う人の名簿を見ると浅井健一さんがいて、職業の欄に「ロック!」って書いてあってかっこいい。
仮面ライダーにもゲストで出て主題歌歌った。主題歌を作る時の裏話。曲作りが一人でパソコンでできるようになって、他のメンバーがコンペに提出したのが2人はねられて、それで俺がやるよと出した曲が採用された。翔やんはパソコンで曲を作れないので昔ながらでギター弾いてスタジオ入ってやる。
(私はゴーストの主題歌すごい好き)

ブッキングで苦労した話。アッコさんは本人がジャズバーでやるような人で野外に出たことがない。歌うときはすごい緊張する人。オファーしたらマネージャーが気に入ってやりましょうと説得してくれた。
AKBは前に乃木坂46が出たのをプライベートで見に来たAKBの子が私も出たいと言ったので交渉した。
フェスに出る外国人ミュージシャンとか以外と受けてくれるかもよ?みたいにオーケンが言って、イングウェイとか呼ぼうか、とふーみんと話す。

スカパラの谷中さんの話題がすごい面白かった。オーケンはROOTS66で共演して、打ち上げで寄ってきて親指立てて近づくって。大きい、日本人じゃないみたい。翔やんが谷中さんのことをテルマエロマエ阿部寛)って言ってたの笑った。あとエグザイルのMVに女とからむいい男の役で出てた。その曲名でしばらく呼んでたとか。

氣志團はデビュー20周年。ムックも。オーケンがこないだ逹郎くんにあった時にも言われた。あとポリシックスも。
ナッキーの曲でオーケン歌詞で1曲提供してもらいました。すごく難しくて、演奏するのにメンバーがより目になって白目になってる。
翔やんから、内田さんとオーケンさんはどうして長く一緒に続けられるんですか?出会ったきっかけはいろいろ言われてますけど、みたいな話が出て、オーケンが「火事」うっちーが「バットマンの絵を描いてて」
氣志團はデビューしてすぐバーンって売れてすごいって話から、翔やんは木更津から出てきてぼろい旗掲げてやってやるぜって、計画立てて、武道館、ドーム、紅白って考えたらその通りにとんとん進んだけど、それから同期に追い抜かれた。いい感じにやってるバンドは育ちがいい。湘南乃風とかおぼっちゃん。直太郎なんて、売れなくなってご飯食べられなくなる心配なんてこれっぽっちも考えてない。実家にいけばカステラ焼いてくれる、冷蔵庫に何かある。だから「どこもかしこも駐車場」なんて歌詞が書けるんだ(笑)
それを聞いたオーケン、地方から出てきて東京のバカヤローっていう歌手いるけど、東京に生まれて住んでるからわからない。内田くんが怒って「住んでるんだからしょうがない」(笑)実家の冷蔵庫に何かあるタイプのほう。
橘高くんは大阪から出てきてやってやるぜって感じだから似てるよね。
木更津から出てくる時に「この街を捨てるのか」って先輩に言われたと翔やん。いや千葉だから東京すぐだって!というけど、それが逆に近いからコンプレックスあるという。木更津の人は基本そこから出ない。木更津で就職して東京には出ない。
これは私の感想だけど、大阪とか博多の人だと東京に負けないぜって対抗しそう。千葉でも木更津まで行くと距離があって埼玉でいうと熊谷の周辺くらいだから、地元愛みたいになるのかな。埼玉でも千葉でも東京に近い方はそうでもない気がする。
オーケンの話だと、高円寺はそこにずっといると売れないってみうらじゅんさんが糸井重里さんに言われたから渋谷に移ったとか。そういうのが高円寺や下北沢にはある。
自分は東京出身だけどいい家じゃない。埼玉に転居したけど東京の学校に通ったから、地元の友達とかいない。

ライダー映画の予告編流してくれた。すごいよ!すごいことだよ!死神博士に並んだよとメンバー喜ぶ。演技は大槻ケンヂそのままでいいんだよねと納得。
氣志團はゴーストの映画のときにベートーベン役で出演したけど、大槻さんはラスボスだから吉川晃司(仮面ライダースカル)さんと同じくらいの扱いだからすごい。吉川晃司さんはバイクに乗って骨折までした。オーケンと同じ歳だけどアニキって言いたくなるよね。

おいちゃんは翔やんとインスタでコメントしあってる。韓国ドラマと映画に最近はまった翔やんが、韓国旅行に行って、よくドラマに出る橋のところで撮影した。おいちゃんが同じところに二週間後に行った。
うっちーは空手バカボンが好きなんですよねと翔やんに話して、今度僕のテクノアルバム聴いてくださいってアピール。

最後にオーケン翔やんだけのこってしばらくトークして、一緒にギター弾いて「オンリーユー」を弾き語り。

広告を非表示にする

筋肉少女帯@タワーレコード新宿店 インストアイベント

インストアイベント 21:00〜

個人の曲感想もまじえてメモ。

オーケンが呼び出されて弾き語りで香菜歌ってからメンバー呼び入れ。おいちゃんがオーケーン!って呼ぶ。
演奏がないのでせめてということでオーケンが1曲歌ったとか。

ニューアルバム聴いてくれたー?!っておいちゃんニコニコ。オーケンがその前に買ってくれたじゃないのっていうけど、ここに来てる人は買ってくれたって意味だよねと。
これまでメディアに出てるインタビューや昨日のニコ生で話してなかったエピソードを1曲づつ話しましょうということで。
それとあわせて自分の感想もメモ。

1、オーケントレイン
おいちゃんから、オーケンが歌わないで語ってたり叫んだりするだけの曲にしようと思って作って、歌メロのところはお客さんが合唱するようにしようと思ってたのに、そこでしっかりオーケントレーンって歌われちゃったとのことで。
これとT2のデモ曲どっちかで入江さんが後者を入場曲に選んだという。
80年代ディスコ調の、ホーンセクション入ってる感じのイメージ。オーディエンスイズゴッドの系統のおいちゃん曲だ。Future!ってキメがかっこいい。あとなんかお笑い芸人がネタのBGMに使いそうで連続したら笑っちゃいそう。
シュッポシュッポーってライブで楽しそう。オーケンのボースカ声が入ってる。そっちのほうがレンジがあってるとかってふーみん。裏声キーで二井原さんと一緒なんだ!っていってふーみんと真似しだす(笑)やめよう(笑)ほらツイートネタになった(笑)とかいって。
うっちーがクリームの曲を意識したベースを弾いてたって言われてた。

2、ディオネア・フューチャー



ふーみん気に入って脳Wi-Fi、天才!って「口気持ちいい」ってオーケンが最近よく言う言葉使ってた。
ネット用語とかだと写楽さんがよく使いそうなイメージだけど(笑)オーケンWi-Fiって言葉知ってたんだーって思ったでしょ!ってふーみんに言ってた。
おいちゃん曲。出だしの高速メタルっぽいリフがたぶん団長さんが言ってたモダンなメタルっぽさを感じたのかなーって思った。後半になっての展開が混ぜるな危険の感じ。前のめりのテンポ感がかっこいい。早口っぽくまくしたてるところはへそ天っぽい感じ。

3、人から箱男
もう去年のシングルだからすごい前みたいに感じるなー。ふーみんが、2音半あげようぜのところでちゃんとカラオケ機みたくキーあげてるのを説明したら、それは前に言った!ってオーケンから指摘入る。
もともとカラオケDAMからの依頼でサラリーマンがストレス発散するメタルをって言われて作ったけど、って話においちゃんが知り合いのサラリーマンが、、って言い出して結局話に出なかった。

4、サイコキラーズ・ラブ


フォーク的なイメージだからハンドクラップ入れたあとのキャンプファイヤー感で入れて、結局合わないからって却下されたけどもし入ってたら逆に、エヴァンゲリオンの最終回でおめでとーって取り囲んでたシーンのイメージみたいになったかもねってオーケン言ってた。
横ノリほんわか系のおいちゃん曲。歌詞はオーケンワールドっぽい、生きづらい運命の二人が出会って一緒に生きてくっていう内容のやつでぐっとくる。

5、ハニートラップの恋
うっちーGS曲で昭和歌謡風。うっちーの合いの手楽しいかわいい。フーとかダッダッダダッダとか入れたがるのってスパイダーズとかでしょってオーケン言ってた。歌詞も抜け忍の系統でベタな昭和とか70年代海外ドラマや映画のスパイもの。セリフがまた粋でいいよね(笑)今やヒット曲では見られない。アニソンでネタならあるかもぐらいだけど、伊集院さんのラジオで紹介されてるおもしろかっこいい昭和歌謡の感じ。

6、3歳の花嫁
クイーンが曲中に出てくるところ。「フラッシュ・ゴードン」って映画があって、クイーンが大ヒット出して次のアルバムで映画に全面提供した曲なのに、肝心の映画の出来がひどかった。あれはクイーンはどう思ってたんだろう?途中でおかしいと思ったのかもしれない。とのことで。さらに「フレッシュ・ゴードン」って見た事ある?って聞いてた。パロディポルノ映画だそうです(笑)あとTEDでいっぱいネタにされてるそうだ。
これもほんわか系おいちゃん曲。うっちーが神父で話してるのかわいい。タイトル先に知ったときロリコンもそこまできたか。とか政略結婚させられる姫の話とかだと思ってたら、なんだパパものじゃんっていう。余命短いパパとかこういうので泣かせるのずるい(笑)ママと別れてる設定はオーケンあるある。あまりストーリーの設定を深く考えてはいけない。

7、エニグマ
トコイ推しの話。口気持ちいい。エニグマっていうのはドイツ軍の暗号解読機のこと。歌詞に出てくるYAH YAH YAHは暗号で「殴りに行こうか」ってことです(笑)で爆笑。ちゃんとつづりも調べて書いたそうだ。
エニグマについてはまた新たな情報がこれから出るらしくって、ふーみんは取材で聞いたらしい。
これをMVにして公開したのが素晴らしい。メジャーでは他にこんなの聞かないし。インディーズのプログレバンドぐらいなんじゃないのかな。学生が学園祭で演奏とかありえなくて、プロバンドでもコピーできなくて逃げそうだ(笑)だから筋少ってトリビュートがでないんですよね。

8、告白
うっちーのテクノポップ曲。オーケンがいうに今はテクノっていうとEDMとかだから、テクノといっても通じないけど。うっちーはYMOとかクラフトワークとか初期のテクノポップを意識したという。筋少のテクノカバーを出したうっちーの筋少で新曲ができるっていうの面白い。今までやれなかったことやってる。
話には出なかったけどオーケンの歌い方はヒカシューの感じですね。合いの手の入り方とか。もちろん初期のP-modelとかプラスチックスとかあるだろう。
歌詞はストーリーっぽくしてるのがアングラフォークらしさだと。ケラさんが気に入りそうだけど、ギターはうるさいからいらないって思われそうだー。

9、奇術師
素敵なタイトルをオーケンにつけてもらいましたとふーみん。太陽にほえろですか?と聞かれて、それは違う。だけどイメージは夕焼けだと。しっとりとした泣ける感じがふーみんギターだ。中間にピアノを入れるのはうっちーからのアイデアだったそうだ。
ゲイリームーアのギター曲がフィギュアスケートに使われてたし、ふーみんの曲でもあいそうだな。ストリップのほうがオーケンとふーみんは好きかなー(笑)

10、わけあり物件
オーケンが観客にわけあり物件住んだ事ある人いますか?大島てるを読んだ?とか聞いてた。
これはアニメの闇芝居のパチスロ曲として依頼されたそうで、オーダーがふーみんのメタル曲をってことで出された筋少曲がまず赤ちゃん人間、他にくるくる少女とかかな。忘れたけど片っ端からふーみんのメタル曲で「それ俺の曲全部じゃん」って苦笑い。橘高メタルの中でも系統がいくつかあって、でも一まとまりに同じって思われるんだよねとのことで。
それでふーみんはちゃんとアニメを全話見て考えたそうで、その真面目さがふーみんらしい。アニメ当時やってて見ようとしたけどホラーやっぱあんまり好きじゃないから1話でやめちゃった。
おわかりいただけるだろうかから続くホラーっぽいイメージ。マイナーから展開して駆け上がるところとか、ふーみんが手をあげながら弾くのが見えるようだ。アンクレットのサビにも感じが似てる。つまりザ橘高文彦的なので高速じゃないほうの北欧的なお城メタルってやつ。

11、T 2(タチムカウver.2)
入江選手の入場曲ということで、出てくる地名は入江選手の海外遠征先だったり、よくプロレスする会場だったり、名古屋は出身のところだとか。
ふーみんはおいちゃんとうっちーがプロレス好きだからアドバイスを求めて、うっちーがこうしたらいいよっていう意見を取り入れてバーンと入る感じにしたとか。
イントロの出だしと中間の展開でギターソロ入りとウォオオ〜って合唱するパートはふーみんぽいけど、ていうかまさにふーみんギターだけど、曲入りのカッティングとオーケンの歌い出しはおいちゃんっぽかったから、はじめてドリキャスで聞かされたときはおいちゃん曲かもと思ってた。そしたらふーみん曲だった。今回はスラッシュメタル的なのはなかったけど、意外性あってふーみんの幅の広さが伺えたし、うっちーのアイデアを取り入れたりオーケンの作りたいイメージをくんだりとか、おいちゃんと一緒になる筋少ならではのアレンジとかを考えて練られて、びっくりしたり感心したり楽しんだりさせてるんだなーって思った。

終わりに立ち上がってハンドマイクでじーさんはいい塩梅歌う。ギターソロ抜いたオケだったのをふーみんが早口で説明。そして貼られてるポスターがレアですよ!切手なら価値がすごいですよ!とかってはしゃいでるのかわいい。
ジャケットの写真が植物が外されてただの赤い背景になって、なんでこうなってしまったのか。仮のデザインの段階のが間違って差し変わっちゃったんだろうか。

広告を非表示にする

筋肉少女帯@OTODAMA'17

泉大津フェニックス
「ジャパンの湯」ステージ 16:10〜

イワンのばか
カーネーション・リインカーネーション
日本印度化計画
モコモコボンボン(内田Vo)
サイコキラーズラブ(アコースティック)
釈迦

広告を非表示にする