筋肉少女帯ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@タワーレコード新宿店 インストアイベント

インストアイベント 21:00〜

個人の曲感想もまじえてメモ。

オーケンが呼び出されて弾き語りで香菜歌ってからメンバー呼び入れ。おいちゃんがオーケーン!って呼ぶ。
演奏がないのでせめてということでオーケンが1曲歌ったとか。

ニューアルバム聴いてくれたー?!っておいちゃんニコニコ。オーケンがその前に買ってくれたじゃないのっていうけど、ここに来てる人は買ってくれたって意味だよねと。
これまでメディアに出てるインタビューや昨日のニコ生で話してなかったエピソードを1曲づつ話しましょうということで。
それとあわせて自分の感想もメモ。

1、オーケントレイン
おいちゃんから、オーケンが歌わないで語ってたり叫んだりするだけの曲にしようと思って作って、歌メロのところはお客さんが合唱するようにしようと思ってたのに、そこでしっかりオーケントレーンって歌われちゃったとのことで。
これとT2のデモ曲どっちかで入江さんが後者を入場曲に選んだという。
80年代ディスコ調の、ホーンセクション入ってる感じのイメージ。オーディエンスイズゴッドの系統のおいちゃん曲だ。Future!ってキメがかっこいい。あとなんかお笑い芸人がネタのBGMに使いそうで連続したら笑っちゃいそう。
シュッポシュッポーってライブで楽しそう。オーケンのボースカ声が入ってる。そっちのほうがレンジがあってるとかってふーみん。裏声キーで二井原さんと一緒なんだ!っていってふーみんと真似しだす(笑)やめよう(笑)ほらツイートネタになった(笑)とかいって。
うっちーがクリームの曲を意識したベースを弾いてたって言われてた。

2、ディオネア・フューチャー



ふーみん気に入って脳Wi-Fi、天才!って「口気持ちいい」ってオーケンが最近よく言う言葉使ってた。
ネット用語とかだと写楽さんがよく使いそうなイメージだけど(笑)オーケンWi-Fiって言葉知ってたんだーって思ったでしょ!ってふーみんに言ってた。
おいちゃん曲。出だしの高速メタルっぽいリフがたぶん団長さんが言ってたモダンなメタルっぽさを感じたのかなーって思った。後半になっての展開が混ぜるな危険の感じ。前のめりのテンポ感がかっこいい。早口っぽくまくしたてるところはへそ天っぽい感じ。

3、人から箱男
もう去年のシングルだからすごい前みたいに感じるなー。ふーみんが、2音半あげようぜのところでちゃんとカラオケ機みたくキーあげてるのを説明したら、それは前に言った!ってオーケンから指摘入る。
もともとカラオケDAMからの依頼でサラリーマンがストレス発散するメタルをって言われて作ったけど、って話においちゃんが知り合いのサラリーマンが、、って言い出して結局話に出なかった。

4、サイコキラーズ・ラブ


フォーク的なイメージだからハンドクラップ入れたあとのキャンプファイヤー感で入れて、結局合わないからって却下されたけどもし入ってたら逆に、エヴァンゲリオンの最終回でおめでとーって取り囲んでたシーンのイメージみたいになったかもねってオーケン言ってた。
横ノリほんわか系のおいちゃん曲。歌詞はオーケンワールドっぽい、生きづらい運命の二人が出会って一緒に生きてくっていう内容のやつでぐっとくる。

5、ハニートラップの恋
うっちーGS曲で昭和歌謡風。うっちーの合いの手楽しいかわいい。フーとかダッダッダダッダとか入れたがるのってスパイダーズとかでしょってオーケン言ってた。歌詞も抜け忍の系統でベタな昭和とか70年代海外ドラマや映画のスパイもの。セリフがまた粋でいいよね(笑)今やヒット曲では見られない。アニソンでネタならあるかもぐらいだけど、伊集院さんのラジオで紹介されてるおもしろかっこいい昭和歌謡の感じ。

6、3歳の花嫁
クイーンが曲中に出てくるところ。「フラッシュ・ゴードン」って映画があって、クイーンが大ヒット出して次のアルバムで映画に全面提供した曲なのに、肝心の映画の出来がひどかった。あれはクイーンはどう思ってたんだろう?途中でおかしいと思ったのかもしれない。とのことで。さらに「フレッシュ・ゴードン」って見た事ある?って聞いてた。パロディポルノ映画だそうです(笑)あとTEDでいっぱいネタにされてるそうだ。
これもほんわか系おいちゃん曲。うっちーが神父で話してるのかわいい。タイトル先に知ったときロリコンもそこまできたか。とか政略結婚させられる姫の話とかだと思ってたら、なんだパパものじゃんっていう。余命短いパパとかこういうので泣かせるのずるい(笑)ママと別れてる設定はオーケンあるある。あまりストーリーの設定を深く考えてはいけない。

7、エニグマ
トコイ推しの話。口気持ちいい。エニグマっていうのはドイツ軍の暗号解読機のこと。歌詞に出てくるYAH YAH YAHは暗号で「殴りに行こうか」ってことです(笑)で爆笑。ちゃんとつづりも調べて書いたそうだ。
エニグマについてはまた新たな情報がこれから出るらしくって、ふーみんは取材で聞いたらしい。
これをMVにして公開したのが素晴らしい。メジャーでは他にこんなの聞かないし。インディーズのプログレバンドぐらいなんじゃないのかな。学生が学園祭で演奏とかありえなくて、プロバンドでもコピーできなくて逃げそうだ(笑)だから筋少ってトリビュートがでないんですよね。

8、告白
うっちーのテクノポップ曲。オーケンがいうに今はテクノっていうとEDMとかだから、テクノといっても通じないけど。うっちーはYMOとかクラフトワークとか初期のテクノポップを意識したという。筋少のテクノカバーを出したうっちーの筋少で新曲ができるっていうの面白い。今までやれなかったことやってる。
話には出なかったけどオーケンの歌い方はヒカシューの感じですね。合いの手の入り方とか。もちろん初期のP-modelとかプラスチックスとかあるだろう。
歌詞はストーリーっぽくしてるのがアングラフォークらしさだと。ケラさんが気に入りそうだけど、ギターはうるさいからいらないって思われそうだー。

9、奇術師
素敵なタイトルをオーケンにつけてもらいましたとふーみん。太陽にほえろですか?と聞かれて、それは違う。だけどイメージは夕焼けだと。しっとりとした泣ける感じがふーみんギターだ。中間にピアノを入れるのはうっちーからのアイデアだったそうだ。
ゲイリームーアのギター曲がフィギュアスケートに使われてたし、ふーみんの曲でもあいそうだな。ストリップのほうがオーケンとふーみんは好きかなー(笑)

10、わけあり物件
オーケンが観客にわけあり物件住んだ事ある人いますか?大島てるを読んだ?とか聞いてた。
これはアニメの闇芝居のパチスロ曲として依頼されたそうで、オーダーがふーみんのメタル曲をってことで出された筋少曲がまず赤ちゃん人間、他にくるくる少女とかかな。忘れたけど片っ端からふーみんのメタル曲で「それ俺の曲全部じゃん」って苦笑い。橘高メタルの中でも系統がいくつかあって、でも一まとまりに同じって思われるんだよねとのことで。
それでふーみんはちゃんとアニメを全話見て考えたそうで、その真面目さがふーみんらしい。アニメ当時やってて見ようとしたけどホラーやっぱあんまり好きじゃないから1話でやめちゃった。
おわかりいただけるだろうかから続くホラーっぽいイメージ。マイナーから展開して駆け上がるところとか、ふーみんが手をあげながら弾くのが見えるようだ。アンクレットのサビにも感じが似てる。つまりザ橘高文彦的なので高速じゃないほうの北欧的なお城メタルってやつ。

11、T 2(タチムカウver.2)
入江選手の入場曲ということで、出てくる地名は入江選手の海外遠征先だったり、よくプロレスする会場だったり、名古屋は出身のところだとか。
ふーみんはおいちゃんとうっちーがプロレス好きだからアドバイスを求めて、うっちーがこうしたらいいよっていう意見を取り入れてバーンと入る感じにしたとか。
イントロの出だしと中間の展開でギターソロ入りとウォオオ〜って合唱するパートはふーみんぽいけど、ていうかまさにふーみんギターだけど、曲入りのカッティングとオーケンの歌い出しはおいちゃんっぽかったから、はじめてドリキャスで聞かされたときはおいちゃん曲かもと思ってた。そしたらふーみん曲だった。今回はスラッシュメタル的なのはなかったけど、意外性あってふーみんの幅の広さが伺えたし、うっちーのアイデアを取り入れたりオーケンの作りたいイメージをくんだりとか、おいちゃんと一緒になる筋少ならではのアレンジとかを考えて練られて、びっくりしたり感心したり楽しんだりさせてるんだなーって思った。

終わりに立ち上がってハンドマイクでじーさんはいい塩梅歌う。ギターソロ抜いたオケだったのをふーみんが早口で説明。そして貼られてるポスターがレアですよ!切手なら価値がすごいですよ!とかってはしゃいでるのかわいい。
ジャケットの写真が植物が外されてただの赤い背景になって、なんでこうなってしまったのか。仮のデザインの段階のが間違って差し変わっちゃったんだろうか。