筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@ZEPP OSAKA

「サーチライト! 後期曲(レティクル〜San francisco)を大量に、お座席も入れての2010年大感謝ツアー」

20日大阪、21日名古屋と2連日のツアーに遠征で行ってきました。遠征の連日は20年ぶりくらいかな…?念願でした。無事に行って帰ってこられて良かったです。行って良かったです。また来年あったら行きたいです。
まだツアーが残っているので、セットリストのネタばれご注意ください。軸になる曲目は決まっていて、数曲の入れ替わりがあります。なので毎回メニューの内容が違うし、MC内容はだいぶ違うので、コアなファンには続きものになっているのが楽しみであります(笑)
個人的ではありますが、今回出発の時に被っていった帽子が、「キラキラと輝くもの」あたりのツアーでしてたやつで、なんとなく懐かしい気分で旅に出ました。
記憶が2日間ごっちゃになってる可能性がありますが、とても楽しくて感動したので、その思いを書いておくことにします。


筋少も初の場所であろうZEPP大阪、海側の埋め立て地にあってお台場のマンション地区の感じです。オーケンが最初のMCで、朝9時半の新幹線で行ってこんなへんぴな所に連れて来られて…と言ってた(笑)
今回のツアーでは初日のAXがスタンディングだったので、タイトル通り席ありは今日が始めて。開場入ってみると椅子が並んでて、春の舞台「アウェーインザライフ」が赤阪ブリッツであった時のことを思いだしました。見通しがとてもいいです。
SEに乗ってメンバー登場、歌ありバージョンにしたのかな?ウッチーがノリノリ踊ってて可愛い。1曲目「サンフランシスコ」一気にアップしていきます!続けて「タチムカウ」髪を立ててハチマキに特効服スタイルのオーケンが、拳を上げると似合うな〜と思う曲です。このスタイルも馴染んできましたね。
最初のMC、大阪といえば宝塚の本場ということで早速「ジプシー男爵」の話題から(笑)AXの時に「ジプシー男爵」のタイトルだけで笑いのツボという話だったが、さらに進んで今回はパンフレットを見て役者さんのポーズがツボだという。オーケンがマネして(額の前あたりに右手をスっと立てる)ポーズをすると、おいちゃんとウッチーがさらにマネしてポーズをして見合わせてるの(笑)そのポーズがそれぞれ可愛くて、おいちゃんがなんだかウルトラマンのビーム出すポーズみたい。ウッチーは構えて格闘家みたい(笑)もうおいちゃんがニコニコしてポーズ取るものだから可愛くて、オーケンが気に入っちゃって「おいちゃん(爆笑)そのポーズフィギュアにしたい」とか「菩薩みたい」とか言ってて(笑)おいちゃんフィギュア欲しいですー!(ほんとはギター弾いてるところがいいけどw)
この後ジプシー男爵ポーズをずっとひきずり、何かにつけてポーズを取るみんな。ふーみんもちょっとやってたらしい(笑)見えなかったけど…。
オーケンもうすでに疲れたとか(早い!)なんでもみんな真面目なのでリハやりすぎ!てことらしく、リハの最後に「サンフランシスコ」やったけど、俺いなかったもん(えー!)そしたら橘高さんも「長谷川さんも居なかった」えーー!「俺がドラム叩いたの」それじゃリハにならないと思うのだが…???昔の筋少ちゃん祭りパートチェンジ思い出したよ。
ここでツアーのテーマ(アルバム名をおいちゃんが言った。「ステーシーの……美術」ちょっとたどたどしいが順番通り)ちょっと懐かしい当時のお酒一気コールを説明(さらに盛り上げるには何が必要かと問うならば→酒だ酒だ酒もってこーい「昔、太田もここで問うならばー」って言ってたよね。とオーケンが言ってたような?)今度はちゃんと1回で一気ができてました。そこから次は「ハッピーアイスクリーム」たしか、後半においちゃんが激しくカッティングしてどんどん速くなるの。ここだったけな〜?俯いてだんだん熱くなって激弾きしてたところ表情もかっこよかった。そして、あいしている〜のところで、遠くのほうに右手の先をさすように突き出すのがステキ!
「パリ・恋の都」背後に見えるエディの手振りが気になる(笑)イントロのシンセ音が好きです。「トゥルーロマンス」俺はもういちど〜のフレーズのときに、ウッチーの後ろに橘さんがついて、弾きながら右手を下から上に合わせて動かすフリをやってて、ウッチーが揃ってやるのですね。これマネしたくなっちゃいます。
次からの3曲は、東京でやったら「神メニュー」だった。という話と、橘高くんが神メニューが意味分からなくて「上方メニュー」でもいいよという話をした。ここで「小さな恋のメロディ」「僕の歌を総て君にやる」「機械」の3曲、東京ではアンコールでやったのですが、ここで持ってきたのですね。「メロディ」の後半、ギター弾かないところでおいちゃんが右手を挙げて上向いて、上のライトに重なるところが美しかった。この並びで最後に「機械」なのがほんとぐっときます。
このあと楽器を下ろして、橘高さんのところに椅子が用意される。座ってもいいですよ?とオーケンが言って座らせる。椅子ありだとこういう感じになるんですね。


筋少は映画のカバーがいくつかあります。とオーケンが説明して、最近映画全然見ないんだよな〜最後に見たのなんだっけ〜?と話しだす。エディが「キャタピラー」良かったよ!という話を嬉々として話してたな(笑)オーケン「それって手足の無くなった人の話でしょ(苦笑)」後で調べたら乱歩の「芋虫」が原作なのね。そして「橘高くん、最後に映画何を見た?」「…ん、ん〜??(苦笑)」はっきり答えようとしない橘高さんに、え?見たの見てないの?みたいに不思議がるオーケン。橘高さん言いにくそうに「…いやぁ〜、最近はずーっと戦隊ものしか見てないから(苦笑)」爆笑!男の子のパパだからね〜!仮面ライダーWの映画とか子供と見てるんだろうな〜と思ってなごんだ。お父さんが変身ヒーローみたいなもんだろうなーと思った(笑)
ということで、アコースティックコーナーは「FIST OF FURY」からの「愛のためいき」ここでウッチー登場して、合いの手の合図を入れるのに手を大げさに降るので、会場あちこちからクスクス笑い声が出てました。ウッチーまた手をあげてステージはける(笑)入れ替わりにおいちゃんが席についての「蜘蛛の糸」でうっとり。ギターをエレキにチェンジして、ウッチーも帰ってきた。オーケンは座ったまま。なんだろう?と思ったらウッチーが前に出て、ベースを単音でべべべべべ…と弾き始めた。この音はーーっ!まさかあれか!
ぱぁっ…と明るく広がるようなシンセのメロディ、「おもちゃやめぐり」です!いつ以来なのだろう?おいちゃんが笑顔で弾きだして、手を広げる。それを受けて座ってたお客さんが立ち上がった。座ってたオーケンが、えっ?立つの?って顔をして立ち上がって(笑)これはやっぱり立つでしょ!だってサビで手をあげたいもの。
ヒーローの名前を並べて歌うオーケン、そうか、さっきの橘高さんの「戦隊ものしか見ていない」はこれの伏線だったの?偶然だったらすごいですよね(笑)最後のほうで、ぐっときて胸が熱くなった。
歌い終ってオーケン、座ってるつもりだったのにみんな立ち上がってびっくりしたって。このくらいの、とオーケンが手のひらを下に向けて腰あたりの高さにして、盛り上がりが最後の曲、MAXでもいいよね?(えー!)そういうバンドあるよね?(あるある。という笑になっていた)みたいな事を言ってたり、なんだか大江千里になった気分。と言ってた(笑)twitterに書かないで〜と言ったからすぐ書かなかったけど(笑)
オーケンがいきなり「カモンギターほにゃらら(聞き取れず)」これが「デビシルのまね」と言ってた(JAPAN)スタッフがオーケンのアコギを持ってきて抱え鳴らすと、おおおおー!と歓声があがります。何を弾くのかな?
ドラムセット前の棚においちゃん、うっちー、ふーみんが腰掛けてニコニコして見ている。「あなたたち、すぐ曲に入るんだから定位置についてください。」とオーケンが言うとゆっくり元の位置に戻る。オーケンのギターはギブソンだという話から、この時か後か忘れたけど、どこの楽器屋に行っても「斉藤和義さんと同じセットですよ」と勧められるのだとか(笑)
…If you're going to San Francisco〜 わぁ〜!これは「SAN FRANCISCO (be sure wear flowers your hair) 」ですね。オーケンの弾き語りで聴ける日がこようとはね〜。なんだかじーんと。「俺についてこーい!」その横で3人がニコニコして一緒に弾きだすこの様子が、新しい筋少(笑)オーケンの構えが長渕剛風?ボーカルもギターを弾くバンドっぽい。エレカシとかユニコーンとかみたいな図(てXYZ-Aもそうだけど…)それで歌って弾いて終わるころに、「からの〜、サンフランシスコー!」ん?どういうこと?言い放ったオーケン、しかし曲続かず、???????ステージに??が飛んでるw おいちゃんが笑って「かーらーの!」ふーみんも「かーらーの!」オーケンがあたふたしてる。橘高さんが「みんなで〜!」\かーらーの!/ああやっぱ間違いなんだw 「これで、いいのだー!」
アンコールかその前か忘れたけど、オーケンがここの時にギターに鼻の頭をぶつけちゃって焦ったらしい。サンフランシスコは最初にやったのに、こんな間違いはめったにしない、いいもの見れたぜーみたいな事言ってた。
スタンディングじゃなくて席ありで見る「これでいいのだ」去年はCCレモンホールで、やらなかったんですね。武道館ではあったけど、遠くだったので。私はホールの前のほうで見た「パノラマ島」ツアーの頃の気持ちになりました。タオル回すのは去年くらいからだけど(笑)席ありだと回すの余裕ありますね。
ここからまたどとーのハイテンションゾーンへ!「カーネーション・リインカネーション」やっぱりエディが前に出て気合い入ったコール!燃えるね。さっきの「かーらーの!」の一体感で可笑しかった後で楽しくてしょうがなくって、その後すぐ入る「サーチライト」やることを心構えが飛んじゃっててうわぁ〜ってなっちゃった(笑)やるんだった!って。座席ありのサーチライトはいつぶりなのかな?恥ずかしいけど、ステージを見て思いきり楽しんで、全身でのって、腕を挙げました。オーケンはライトを客席に向ける。おいちゃんがアコギを弾き、ウッチーは体をリズムよく揺らして、ふーみんは美しいメロディを奏でる。長谷川さんの出すキメの連打が気持ちいいし、後半のエディとふーみんの掛け合い、どれもみんな凄くて、ここにずっと居たいと思う幸せでした。
最後の曲が「221B戦記」でした。あの、今回見てて気がついたのが、セリフ部分のところで、おいちゃんが弦を指の腹あたりで触れて響くような音を出すのね。効果音みたいな、澄んだ空気感みたいな感じがして好きでした。それと、ゴー!ってやるところのウッチーが弦を弾くと同時に拳を上に出すのがカッコいい。


アンコール、オーケンがまず1人で出てきて、他のメンバーもあとから出てきてくれるでしょう。皆さんもついてきて下さいね。といった事を言った。エディが弾き始めたのは、…なんと!オーケン、曲の入りちゃんと歌ってる!「山と渓谷」凄い(笑)これ当時の筋少ちゃん祭りで、オーケン1人でカラオケで、曲の入りがタイミング外れて4回くらい間違えて、げんなりした記憶が(苦笑)それが全く問題なくて、ちょっと感慨深いなって思ったらさらに!途中から下手がわにウッチーとおいちゃんが肩くんで登場、スポット当たってない(笑)ヤッホー!って。お揃いの紫色の物販Tシャツ可愛いし。橘高さんも出てきて、衣装変えして白黒フリルの。左右に離れた二人の間に立って、手を拡げて軽く方にタッチして笑顔。それから立ち位置に行って、ヤッホーのコーラスを3人で。ウッチーがまた客席に向けて合いの手の手振り。ヤッホー!って皆でって皆で声かけて、ここはどこ?山頂?みたいな(笑)橘高さんの追いかけて高いヤッホー!絶叫ビブラートが(笑)なんかもーみんなニコニコ可愛いし、ハイホー言うの楽しいし、エディのピアノは美しいし、あのゲンナリした記憶が、まさか今この曲でこんなにあったかくて感動するなんて!歌い終わってオーケン、妙な一体感が?(笑)と、橘高のコーラスビックリしたよ!って笑ってた。
このアットホームな空気から、どんな流れだったか忘れてしまいました。この後緊張感のある「さらば桃子」「再殺部隊」の橘高メタルヘドバン曲、椅子ありなので気がねせず頭降りましたー!橘高さんの25周年ライブで披露してから回を重ねて、いい感じになってきてると思います。レア曲といわずにどんどんフェスでもやって欲しいものです。MCで橘高さんのドリームキャッスルは30周年で「大阪城にするよ」って言ってた(笑)
ライブが最高潮になって、次においちゃんが前に出てきて弾き出すイントロの「モコモコボンボン」この曲ボーカルのウッチーが熱唱して、弾きながら歌うんだけどマイクが回っちゃって大変そうだった。橘高さんはおいちゃんと並んで、しゃがんで笑顔で弾いてたのが印象的で可愛かった。
ここのおいちゃんのギターがなんてカッコいいのか、特に音が好みで、楽器のことは詳しくないけど、なんでこんないい音なんだろう?って思う。そしておいちゃんの隣に飛び出したエディ、下に降りて柵をくぐった!!!私は通路側の席だったので、隣をエディが激走!キャー!手を出して肩に触れちゃいました。どこまで行くのか戻ってこないw 気になるのだけどステージを見たいので後ろは見てなかったのだけど、後で聞いたらエディがフリーダムだったらしく(笑)空いてる席に座ってみたり、踊ってみたり、最前列のお客さんと並んで橘高さんとハイタッチしてたらしいです!(笑)戻るときにも私の横を通ったので、後ろから肩にぶつかってびっくりしました!
それで居なかったオーケンは最後に例の金ピカ衣装でのそのそ登場(笑)AXで金閣寺って橘高さんが言ってたけど、今回は話に出なかったみたい。昔の武道館のときの衣装だって話と、あと覚えてないんだけど、昔はお客さんの声がもっと高かった〜って橘高さんと言ってた(名古屋のMCかも?)
脱いでからの最後は定番中の定番!「釈迦!」ときたら、もう最後だからテンションを振り切って!席ありだから跳ねてモンキーダンスしちゃうのは、昔から変わらないなぁ〜って。いつも気持ちはその時に戻りますね。メンバーもみんなステージ狭しと駆けずり回って。おいちゃんがペットボトルの水を投げる!ピック投げるけどみんな届かない〜。コーラスがふーみんおいちゃん2人が1マイクで歌うのがちょっと珍しかったです。
終わりでは橘高さんが「また来ます、ありがとう!」という感じで挨拶されました。ステージから居なくなったあとで、待ってました大阪名物イベンター清水音泉のアナウンス。まさに神メニューでした!という事を(笑)そして今年の大阪ライブは最後ですがまた来年必ずやりますというのと、早いですが一本締めで(笑)拍手で暖かく終わりました〜。
メニューも変わって、定番曲が入れ替わるかと思っていたのですが、あまりやることのなかった後期の曲を入れ替えてきてたので、やっぱり遠征して良かったです。楽しくてカッコ良くて大好きです。


※おまけ MC
・アンコールでオーケンが内田さんを紹介するとき「内田さん、風邪治りませんね。」「んん?なんですか。風邪なんてひいてませんよ。」AXでちょっと咳き込んでたので風邪かなって思ってましたが、心配させないように気を遣っているのですね。「なんで嘘つくの?ナゴムは風邪ひいてるっていうんだよ。ひいてなくても言うよ」ごほごほって咳をワザとやるオーケン。あなたは大げさに言って周りに心配されるのが好きなのだろうw

・昔のライブでどうやってお酒の一気コーナーにもっていったか覚えてる人?と手を挙げさせておいて、「覚えてると手を挙げた人、自ら歳をバラしましたね。」と落とす(失礼なw)
・二世代ファンとかでるんだろうなー。(出てますね)でも若そうに見えてごまかしてたりして、手でわかりますよ。(失礼な!w)
オーケンの耳に付けてるイアモニ、開演前の客席の声が聴こえてるそうです。(ごく一部でね。とのこと)今日は何の曲やるかな〜?
とかいう話にまじって、「実写のアナゴさんが武蔵なんだよ!」っで聞こえてぷぷー!って吹き出しちゃった。(私も知らなかったが、サザエさんのキャラが実写で出るCMであるらしい)それを知らなかった橘高さんが知らずに合わせて笑ってたことを、あとでオーケンに指摘される。格闘家が芝居に出るのって何だろうね?というオーケンに橘高さんが「君も昔から色々出てただろう?」爆笑。そうだな〜と最近出てた「ドグーンV」のことを言いかけて、長くなるからやめたと途中でやめる。
・席ありだと、お客さんに余裕があるね!スタンディングだときついのでこーんな顔で(顔をゆがませてアナゴさんみたいな…と)「おいちゃーん」「うちださーん」って…いや!女性のお客さん綺麗ですよ、今日は特にお綺麗です(フォローになってないw)
・「もうスタンディングはみてると途中で疲れちゃう。俺だったらたとえLED ZEPPELINが来日するとしても、椅子ないと行かないよ…いや!そんな事言うとスタンディングに来てくださる方に失礼だ、スタンディングでも行きますよ!」いいです別にそんな気を遣わなくても(笑)ふーみん「それジミーに言えよ」その流れからか忘れたけど、以前ウッチーがエイジアの武道館ライブで隣の席がオーケンと共通の友達だった?覚えてる覚えてないと確認しあう。(名古屋でだったかも?招待席のクラプトンのライブで前の席が小倉さんだった、コケイン!って叫んでたって、エッセイでも以前書いてた話もしてた)
オーケンが恩をあまりありがたく感じない性格だ、という話から。昔、エディにもらった自転車を駅において盗まれちゃった。と言って探そうとしないとエディが説明する。じゃあ今度返すよ!ツアー中に(笑)とオーケン恩を仇で返す的なw


※さらに追記
おいちゃんの衣装のTシャツ、おいちゃんブログに写真がありますが、ボンテージ風プリントがで珍しかった。やっぱりパンクロックファッションはキュートかつセクシーでお似合い!twitterで「Vivienneです(^-^)」と書いてました。

サンフランシスコ
タチムカウ
ハッピーアイスクリーム
パリ・恋の都
トゥルーロマン
小さな恋のメロディ
僕の歌を総て君にやる
機械
FIST OF FURY
愛のためいき
蜘蛛の糸
おもちゃやめぐり
SAN FRANCISCO (be sure wear flowers your hair)
これでいいのだ
カーネーション・リインカネーション
サーチライト
221B戦記
(アンコール)
山と渓谷
さらば桃子
再殺部隊
モコモコボンボン
釈迦

広告を非表示にする