筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

「最後の聖戦」ツアーを終えて

最初に言いたいのは、こんなに素晴らしいライブを見せてくれてありがとう!ということです(^_^)

今回、物販はメンバーとスタッフの方々が一生懸命考えて作った、まさに手作りといえるものでしたね。私は今まで筋少ライブを見てきて、初めてこんなに買いました。ペナントまで(笑)トレーディングカードはヒットでしたね〜。あれはツボでしたよ。なんで今までなかったんだってくらいです。デザインもいいし、写真もいいものがたくさんあって、嬉しくて全部集めるまで買ってしまいました(笑)第2弾に期待しています。

そして内容は、みんなロックが好きで、ライブが好きなんだ、ということがよく伝わってきました。
特にパワステは、コアなファンを喜ばせるようなメニューやMCの内容で、ツボおさえてて(笑)嬉しかったです。そこまでしなくってもというくらいで。
みんな変に飾らず正直で、ファンを大事にしてくれるんですよね。それに人がいいというか、小心者で(笑)。そんなところも好きなんですよね。

メニューは、新譜からやってくれなかった曲があったのが残念だったかな。でも曲が増えると、それはしょうがないのかもしれないですが…。
選曲は昔からあまり変わってないですよね。最後の曲が旧メンバー時代から変わってないというのは、私が思うに、思い切ってそろそろ変えてみてもいいのでは?と思います。例えば最近の曲で「サーチライト」「トゥルーロマンス」が定番になりつつありますね。せっかくたくさん曲を作っていて、ライブでまだやってない曲もあるのですから、新たなパターンを確立していくのもいいと思います。

この前の「時評」で書いたのは、最近ニフティ筋少会議室のほうで、“これから筋少はどうなって欲しいか”というような話があがって、それで私が意見を出してみたものなのですが。やっぱりすごく不安だったんですね。
アルバムが出ると発表されてから、解散か?という話がずっと出ていたから、もし、決まってしまったりしたら、しかたがないと覚悟を決めるようにしていますが、やっぱり今のメンバーのままずっとやって欲しいというのが希望なんですよね。だからもう解散ネタはやめようよ〜(^-^;;

それと、メジャーで活動するということへのこだわりも感じられました。やっぱり、もっとメディアに出て、広いところでやりたいんだろうと思います。私も、筋少にはそういう思いをずっと持っていて欲しいと思っています。
でも実際は、オーケンがエッセイで書いているように、経営的にけっこう厳しい状況で、難しいのでしょう。しかしメンバーが、このバンドを好きでいるからこれからも続けていく、ということを私は信じてついていこうと思います。

今年はデビュー10周年という節目の年になりますね。今年もきっとなにかやってくれるだろう、と期待しています。

広告を非表示にする