筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

日本武道館「リルカの葬列」

まずはじめに、言ってしまおう。はっきりいって、「ロック好きな人なら、筋少の武道館は見るべきだ」と。まあずーずーしーですが(^^;ほんとにそう思いました。
筋少ファンだけにみせとくのはもったいないです。たしかにライブにはコアなファンが多いから、いつもの雰囲気についていくのは並ではないですが、「お約束」的なものがなくても筋少のライブはすばらしいのです。生演奏なのに高度な演奏力で聴かせ、それでいてあの広いステージを感じさせることなく使い、魅せるエンターテイメント性。もちろん大槻さんのMCはライブならではの独壇場です。5人のメンバーの強い個性がぶつかりあって出されるパワーは、いやおうがなしに観客を引っぱっていきます。
今回は初めて、橘高さんのギターソロからボーカルなしのインストにもっていくという中盤の長いコーナーがありました。これが凄かったんです。
ロックにはあまり詳しくない私ですが、ほんとにこれはロック好きの人には絶対聴いてほしい(大槻さんのボーカルが苦手な方もいると思うので(^^;)と思ったんです。SEにもクイーンやチープトリックが使われているし(^^; (私にはそれだけしか分からなかったのですが(^^;クリムゾンもあったかも)それでも、5人全員の演奏が一番カッコイイと私は思う(^^)

大槻さんが今月のフールズメイトで言っていたんですが、「(前略)ディープ・パープルはだれがいてもその名前を名乗ればパープルじゃないですか。(中略)だから、筋肉少女帯も僕がいなくなって、代わりに誰かが歌ったとしても筋肉少女帯と名乗れば大丈夫なの。(後略)」
これは、大槻さんが筋少のことをどう思っているか、ひいては筋少がどういうバンドになったかをものがたっていると思うんです。
今の筋少は、「大きくなって武道館でやるぜ」といってできたバンドではありませんでした。話すと長いのですがほとんどのメンバーが「とりあえず少しだけ」といって入ったようなものでした。結成時のメンバーは大槻,内田の2人だけしか残っていません。メンバーチェンジを繰り返し、5年前の現メンバー結成からは、まさに奇蹟といえましょう。ここまで続き、そしてここまですばらしい”ロックバンド”になるとは私、当時は全く思いもしませんでした。おそらくメンバーもそうだったでしょう。

バンドというものは一番ベストな状態がそう長くつづくものではありません。ぜひ、いちど一番ベストな状態の今の筋少を見てみてください。きっと、日本を代表するバンドとして長くロック史上に残るにちがいありませんからたくさんの人にライブを見て欲しいです。筋少はけっして少女期だけに聴くバンドではないのです。たしかに多いのですが、そのせいで筋少特定の所に埋もれるようなことになって欲しくないんです。
それから〜ライブメニューですが、定番曲の割合が多すぎる。いい曲ほかにもたくさんあるんだからもっと色々とやってほしいです。
ああ、長い。すみません。「筋少がそこまでいいとは思わない」という方もいるでしょうけれど、私はこう思っているのです。それでは。

曲順表

1994年12月2日 日本武道館

リルカの葬列
君よ!俺で変われ!
日本印度化計画
少年、グリグリメガネを拾う
くるくる少女
サンフランシスコ
パリ・恋の都
GO!GO!GO! Hiking Bus(ゲスト:東京スカパラダイスオーケストラ
・橘高ギターソロ「Justice of Black」
パレードの日、影男を密かに消せ!
香奈、頭をよくしてあげよう
じーさんはいい塩梅
(メドレー)
ハッピーアイスクリーム
サボテンとバントライン
俺の罪/オレンヂ・エビス
イタコLOVE/世界の果て
ペテン師、新月の夜に死す!
望みあるとしても
ハッピーアイスクリーム

                  • -

バトル野郎〜100万人の兄貴
暴いておやりよドルバッキー
イワンのばか
戦え!何を!?人生を!
これでいいのだ
(アンコール)
蜘蛛の糸—第二章—
踊るダメ人間
釈迦

広告を非表示にする