筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

「TOUR'89〜'90“RETURN TO PANOROMA ISLAND”サーカス団パノラマ島へ帰る」浦和市文化センター

もちろん大ホールです。すごい広くてキレイなんだよっ。筋少で初の浦和。初めてFCでとった席はなんと5列目!!大感動っそのキョリ2m!近かったー・【ハートマーク】その私のライブレポートです。プロのようには上手く書けないけど;どーそごらんくださいませ″(曲順をあまり覚えてないんですごめんなさい;)
その日はおーつき氏が38℃の熱を出していたんですね。SEが流れ幕が開いて一曲目は「サンフランシスコ」。熱出してもやっぱりおーつき。(笑)楽屋でねてたときにおてつだいの女の子がセーラー服できてくれて、元気になっちゃったんだって(笑)「おれはロリコンだー」おいおい;「でも、きったかちゃんはロリコンよりボディコンだよね。ポールラヴァーズとか、好きでしょ?おれはね。◯◯ちゃんが好きだな。きつたかは?」「え、おれは××ちゃんが好きだな」だって。やっぱりきったかちゃんも、きったかちゃんだったわ(笑)2曲目にいくときにおーつきがマイクおとしてこわれちゃって音出ないの。「イエーイ!」とか数回さけんでも音出てなくて(笑)おーつきあわてちゃってローディーさんもばたばたして客大ウケ。「おまえらはしあわせだー!こんなトラブルが見れたんだからなー!以前ラジオで言ってたネタをやってくれた(笑)私はマイク通さないおーつきの声がきけてしあわせだったよ(笑)
前半は「オレンヂ・エビス」「ララミー」「日本の米」などライブで定番の曲がつづきます。ギタリストの2人がかけまわり!特に「ララミー」は楽しかった・【ハートマーク】以前聞いたときは女の人のコーラスが入ってたんだけど、今回は全員で♪ターラリラリラー…って太い声で(笑)おいちゃんが前に出てきてマイク通さないで歌ってて。私たちの方むいていっしょに歌おうって感じですごいうれしかった・【ハートマーク】
「おまえら、今日はオレのMCに期待するなー!」なんて言っときながら「浦和といえば山本リンダ。♪うらわーうらわー…」なんてこと言った(笑)そして今回は、「内田のーMCターイム!」も聞けました。たんたんとしゃべるゆうちゃん。黒いサングラスからのぞく目が可愛いかった・【ハートマーク】「大槻くんは元気じゃないので、かわりに僕がかりだされました」ステージわきにいるおーつきが「おれー元気だよぉ〜」とちゃちゃを入れる(笑)「埼玉といえば…さいたまんぞう…あとは…何もないなぁ…」埼玉についていろいろとしゃべったゆうちゃんでした。「あとは…も何もかいてないやぁー…」会場内、一瞬の沈黙。「内田!」おーつきが出てくる。「内田の話ははらがよじれるほどおもしろかったなぁ(笑)」
中盤は“ビッキー”〜“詩人オウム”で、そしてきかせどころは“夜歩く”〜“月とテブクロ”太田くんのドラムときったかのアコギがとてもすてきだった・【ハートマーク】「次、何うたってほしい?」私の方むいていきなり言うので思わずあせってしまった(笑)と思うととつぜん、「青森といえば…内田!」「きりたんぽ」「青森といえばー?」客「きりたんぽー!」「じゃなくて、青森といえばイタコさん!」で、“イタコLOVE”へ。はねまわるおいちゃんがかわいー・【ハートマーク】最前列にいた4・5人のおにいさんたちに歌わせたりギターのヘッドもたせたりしてうらやましかったなー。とにかく今日一番おもったことって、おいちゃんがすっごくかわいかった!あんなにかわいいとは思ってなかったっ(笑)表情がすごい生き生きしててかわいーのよねー・【ハートマーク】頭をぶんぶんふるとポニーテールがゆれて良い・【ハートマーク】もちろん他のメンバーもすごかった。きったかちゃんはやっぱしギターソロ。かっこいかったしきれいだったし。見とれちゃったもん;;太田くんも活躍しまくりだった!“労働者M”でのおーつきとのかけあいは最高・【ハートマーク】アンコールでは立ちあがってたたいてましたょ。
後半、“岡田ロック”につづきいちだんとすごかったのが“これでいいのだ”おいちゃんが前にひざついてひきまくればうしろできったかとゆうがそろってヘドバン!あれは良かった・【ハートマーク】あと太田くんがキーボードで前に出るともう感動でおーつきそっちのけで見てたりして(笑)
そして可愛らしい“〜ハイキングバス”から本編ラストの“釈迦”これまたものすごい。印象的だったのがふきだすスモークにうしろからあたまつっこんでぶんぶんやったゆうちゃん。間奏の所でとつぜんおーつきがローディーさんにもうふかぶせられて一体何だ何だと思ってたらアンコールの時になって「ジェームスブラウンって知ってる?さっきそのまねをしたんだけど、ちっともうけないの;」だって。何か毛布、わざわざ家からもってきたんだってさ(笑)
アンコール一曲目は“元祖高木ブー伝説”で一度もどって、二度目。そしてラスト曲が“日本印度化計画”でした。またこれがいちだんとすごいのなんのって;;ライブの楽しみってのはアンコールにだいぶ凝縮されてるんじゃないかしらって思うのです。でその“印度化”のラストではのばしまくってギターの2人がステージのスピーカーをこえたはしっこに来て(左右どちらも)ひきまくりだったのだ。ピックもなげたし、お客はかけよりまくるし(笑)私はまんなかへんだったので行くにも行けなかったの;係員はあせりまくりだったし(笑)とにかくあれはすごかった一時パニック状態になってね、よくプロのライターがライブレポートで“◯◯がホールをライブハウスにした”とか言うけど、筋少も“武道館をライブハウスにした”なんて言われてたけど(そーかなー?)だけど、あれは本当にライブハウスと化したな、と思ったわけ。なんかやるなー2人とも(笑)
そしてもりあがりのうちさーっと幕はとじてしまったのでした。あとで考えてみて思ったことって、8月の渋公と比べてみると、特にギター2人と太田くんの人気がかなり上がったなぁと。本当びっくり。某誌の渋公や、その前のツアーのライブレポートなどで、“今の筋少は大槻だけでなく、5人で筋少が成り立っている”と書かれてたけど、すべてのお客がそれを感じて、楽しんでのってけるようになったのは、冬の今回のツアーからじゃないかな、と思いました。それにもまして、メンバー5人とも自信にみちみちていたなぁーと思った!ライブ中、ふと感じたの。伝わってくるのよねー。うん;;
ちなみに実は私は次の日、38℃(!)の熱を出して学校休んでしまいました;いや本当;あとでまわりの人々に非常にバカにされまくり、しばらくの間しずみまくっていたのでした;でもこのライブで、私がさらにはまってしまったのは言うまでもないでしょう!(笑)

補足

当時作った同人誌に載せたライブレポートです。
このライブは地元で近いこともあり、同級生で漫研仲間2人を強引に誘って行ったのだが、初めての間近でのライブで興奮してしまい、友達をどん引きさせてしまう。そんな訳でこれっきりになったのだった。しかしそのうち1人は有頂天を気に入ってその後一緒に行くことになった。

広告を非表示にする