筋肉少女帯ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@渋谷ストリームホール

メジャーデビュー30周年記念オリジナル New Album「ザ・シサ」リリース・ツアー

前回の特別こけら落とし公演に続いて2回目はアルバム発ツアー。
入場BGMは「セレブレーション」
今回アルバムのリード、オカルトから始まり。前回はここで初披露MV撮りで当て振りだったが、今回ここで初の生演奏。ツアー2回やってきてすっかり観客のノリも出来上がってる。続いてドルバッキーときたらぐわっと盛り上がる。鉄板中の鉄板曲の中の一つだ。
最初のMC、前回に続いてストリームホールのキャパが中途ハンパ(少なすぎでもないけど少なめ)だからお客さんがいつもの人ばっかりじゃないかーという話から。それでも盛り上がってくれるかっていう流れから、冷え性だから最近ステージでも寒い(おいちゃんもそうだっていう反応してた)加齢だからじゃないよーって。あっためてくれるかー、生姜湯になれ的な(この日は生姜湯飲んだみたいにあったまれがテーマだったが、以前も年末に生姜湯を飲めってMCあった)
新曲から「I,頭屋」「衝撃のアウトサイダー・アート」あまりのかっこよさにぐわっと感激で涙した。この演奏の凄さは言葉にならない。またライブ鉄板になりそうな感じ。
ネクスト・ジェネレーションは先行披露があったので2回目。おいちゃんがニコニコして歌ってて素敵だ。最後のフレーズをせーのって感じで全員歌うのが楽しい。

前回ツアーの合間に見たっていう映画ボヘミアンラブソディの話、前は見てなかったうっちーも見に行ったよって話になって、あそことあそこと、あそこで泣いたねーとうっちーが話すと、オーケンがでも史実と違うんだよとか時系列入れ替わってるとかって話して、そうなの?っていううっちーに、ふーみんがジェスチャーで入れ替わってるーってやるの可愛いしおいちゃんも揃ってやってて可愛い。だから、もし筋少ザムービーを作るなら、ということで前回ツアーのMCではうっちーがロバートデニーロ(あと忘れたけど)コージーがキアヌリーブスがおおーって納得して拍手するのになんで(笑)ってオーケン笑う。ふーみんがメリルストリープ、似てるでしょwって だけどもそうじゃなくってリアルにいこうっていうのに、オーケンがまず内田くんの家が火事からはじまってー、それが放火ってことにして犯人を40年間探すっていうテーマにして、最終的に見つけてお前だー!って(サスペンスになった)
おいちゃんはどう?って振りに対して、僕はハンマーもって後ろからー(笑)ああシャブ山シャブ子ね、おいちゃんに相棒ダビングしてもらうと思ったけど、YouTubeにあがってるのね。見るよーとオーケン、あのシャブ山シャブ子17歳です!っておいちゃんが真似してて、オーケンがこう?ってまたラリったふうにやるの笑った
ふーみんはまた賢いなと思ったのが、オーケンと出会うシーンを脚色して、若いころ働いてた渋谷の店で君が来てー、レコードを貸して、その後バンドに誘われてあのときの君だね!っていうやつ(ラブホのことだと判明して墓穴ほってるよとオーケンにつっこまれる)
じゃあクイーンだとラストシーンのウェンブリースタジアム、ライブエイドの。それを筋少だったらどうするおいちゃん?「中高生バンド合戦」の頃とか、それはだいぶ早いよ。橘高くんは「御殿場野外ライブで、マネージャーがどんぐり取りに行って戻らない」違うよー、俺はこうだよー今日のライブだぜ!っていうのは橘高くんが言うようなことじゃないの。いやそこはボーカルが。とふーみんがゆずる。

こないだユカイさんのラジオに出て褒めてくれた。どの曲がよかったですか?と聞いたらマリリンモンローのやつ。ほおおーと感心した観客に対して「そこ笑うところでしょ!」と納得いかないオーケン
それでマリリンモンローリターンズ。始まろうとしたときにオーケンが後ろ向いてあっちょっと待って。というも待たずにコージーが始める。ここはオーケンがタイミング良く歌い出さないとならない。外さずに入ったオーケンが、音源ではハッピーバースデーってやるところを上手いでしょと自画自賛する。前半のブルージーな演奏と語り、後半の激しくシャウトしてコーラスも入る緩急がかっこいい。
新曲から最速曲のゾンビリバー、イントロがまた来るぞーって感じでワクワクさせるのがいい。想像してた通りだしそれ以上にかっこいい。こんなに激しい上に歌詞で怖いだけじゃくてコミカルさを表現してるのがこんなに合ってるし、それを激しく演奏しつつギターソロでおーけんがちょっとはけて、戻ってきたらネクタイだけ取ってた。それでセリフまわしもばっちしでキュートでかっこいいの良すぎる。またこれ鉄板になるかはたまたレア入りしてしまうか。いい曲ばっかりなんだもん。
続けてイワンやるのー!って感じでフロアの圧縮がぐっとくるし、おいちゃんふーみんのファンサもじゃんじゃん来るしで。うっちーが激しい曲だと腰落として弾くのがかっこいい。

最近はライブでオーケンが休んで他のメンバー誰かがボーカルとるのがあったけど、今回はオーケンがまず残って座って弾き語り。パノラマ島失敗談やって、曲の途中でメンバー着替えてますって話す。それで最後のどっかーんを止めて、メンバー呼び出してからの全員で歌いましょうってやらせようとするも、うっちーが???ってなってたのがおかしかった。
そして次にオーケンが下がって、うっちーがじゃあ歌がない曲ですと言って夜歩く。久々うれしい。うっちーが真ん中で弾きまくってかっこいい。すごくいい音だ。

オーケンが衣装チェンジして戻ってきて、「なぜ人を殺しちゃいけないのだろうか?」これも新曲ライブで初めて聴いたけど、想像通りニコニコ横ノリありつつ、掛け声で楽しくて音のまろやかさと厚さが良いおいちゃん曲だ。
続いてまた新曲「宇宙の法則」綺麗だったー。オーケンは座って優しく歌う。観客もじっとして曲に浸ってる感じ。じっくり何度も聴きたい。ふーみんの英語コーラスがまた素敵だ。キラキラしている。

この後後半のたたみかけで、ツアーファイナル、バトル野郎、再殺部隊、そして本編最後は釈迦。ここで押しが一番強くきた。デビュー30周年のお祝いまとめっていう感じがした。とにかく名曲ばかりの中からさらに選りすぐったライブ定番。特に再殺部隊でふーみんがイントロのエレアコ弾いてるとこでおいちゃんがEボウの光を掲げてるところとかぐっときたし、激しさで言えば筋少曲の中でもトップのほうだ。よくもここまでやってくれた、MCしてるオーケンは50代だし体は細いのに歌うとパワーがすごい。前にいると音響バランスの関係か語りが楽器の音に打ち消されちゃうのが残念だった。

アンコールで全員入ってすぐに始まった「機械」これもまた鉄板中の鉄板だが、さらになんていうか凄みがすごいってか、安定がある上に進化というか、筋少では短めの曲に全ての素晴らしい要素が濃くぎゅっと詰まってる感じ。
最後のオーケンMCで、次は赤坂マイナビブリッツ、12/23はリキッドルームで今年は終わりですが、また来年も、そして再来年ももっと先も、来世でも会いましょうっていうふりで最後の曲はディオネア・フューチャー。エディが上手からひゅって現れてハンドマイクコーラスするの最高。去年出した曲がもう今年にライブの最後にもってくるほどの定番になったっていうのがすごいし、楽曲の展開がほんと素晴らしい名曲で、観客の盛り上がりも最高だった。すごく嬉しかった。

退場のBGMも「セレブレーション」で、メロディをラララーと観客が合唱して送り出す感じがとても幸せでした。