筋肉少女帯ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@渋谷ストリームホール

「渋谷ストリーム開業記念イベント」

「ちょっとした初めての試み」 | オーケン企画

ワインライダー・フォーエバー
ーー
トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く
LIVE HOUSE
元祖高木ブー伝説
ーー
日本の米
カーネーション・リインカーネーション
僕の宗教へようこそ
ーー
ネクストジェネレーション(新曲)
ゾロ目
サイコキラーズ・ラブ
ーーー
イワンのばか
ムツオさん
ハッピーアイスクリーム
ディオネア・フューチャー

(アンコール)
オカルト(新曲MV撮り)
ーーー
香菜、頭をよくしてあげよう
釈迦

新しくできたホールのこけら落としイベント期間の1日として、アルバムツアーとは別にワンマンライブなので、どういうセトリになるかなって思った。
夏にフェスや対バンライブなどで演奏してきた曲のまとめって感じで、今年の夏を振り返りながら。
オーケンが最初のMCで、ホールの広さが微妙で大きくもなければ小さくもないって(笑)確かに、つくりがライブハウス的じゃなくて舞台袖がない。その分ステージ両端にスピーカーが置かれてなくて天井高くて上から下がってるので、端っこにいてもステージが見切れない。
キャパ700くらいらしくて筋少にはちょっと狭目か。早々に完売したし、ほとんどFCチケットだったのではないかと思う。
オーケンもいつものお客さんを前に、見知った楽な感じでMCもざっくりで特にこのくらいの人数だとプラン考えてないよと言い出し「えー?!」とブーイングするオーディエンス。
次にやる曲でコールが「トリフィドの日が来ても〜」なのに、リハのときに「トリフィドの雨!」って言ってしまったと話す。
ここでトリフィドが入るのは意外だった。
オーケンがさがって、おいちゃんがセンターに入って歌う。新しいライブハウスでライブハウス。一気においちゃんの爽やかなトーンになる。
曲終わりでオーケン戻ってきて、高木ブーはじまる。今年はイベントで何年か振りに聴けたのが良かった。当時売れた曲だったけど、ライブではずっとレア曲になってるっていうのがいい。

打首さんとの対バンで、日本の米の曲があるつながりで、筋少の日本の米はオーケンが中学生のときに3番目に作ったっていう、単純すぎてもうやりたくないと昔からメンバー口々に言ってたってくらいなのだが、対バンのときにやったらライト層に受けた。
オーケン担当のメイクチームの若い子が気に入って、一番好きな曲は日本の米ですと言われ「ダウンロードしました!でもカラオケには入ってなかった」今まで俺たちが複雑な凝った曲をさんざん作ってきたのに結局はこれかと肩を落とした(笑)
アルバム制作は2日前に完成したそうで、それにはもう間に合わないけどこれからは日本の米みたいな曲しか作らない!と
それで日本の米はじまる。初期からの曲、自分も筋少知った15、6のときにこれ聞いてコント入りで狂ってて笑えたなとインパクトがあったよなという記憶。
ライトユーザーには食べ物の曲が受けると、でも打首さんがやってるからメガネの曲を作ろう、そこから「字が小さくてみえなーい!」ハズキルーペのCMネタになり、ふーみんが「お尻で踏むのやりたい」あれ気になるよね

ブーもやったし、僕の宗教やったのもリリース時期の思い出があり
久々で楽しかった。エディのオペラセンターで熱唱したとき、おいちゃんがにっこりしてエディいいね!って感じの顔してたのが印象的だった。

中盤に椅子出してアコースティックコーナー的なセットになって、ここで新曲を披露。オーケン弾き語りでは先日やったそうで、筋少ライブでは初披露。サイコキラーズとか3歳の花嫁のあたりのおいちゃん横ノリ曲カテゴリって感じかな。オーケン得意のストーリーものだ。その後でオーケンが、初めていうけどこれは壮大なタイムトラベルもののほんの始まりです的なことを言う。アルバムのテーマなのかなー。
オーケンが下がって、ふーみんとおいちゃんのアコースティックバージョンでゾロ目をふーみん歌う。二人の弾き語りツアーをここでお披露目って感じで微笑ましい。

メンバー紹介のところで、オーケンがエディに突如おすすめの映画DVDを渡す。こういうのがファンがライブのときの絵を描いてくれたり文章を書かれるのに使われるんだよーと、よく知ってる。エディはオーケンのおすすめ映画は当たりと喜ぶ。でも昔の映画は犬を本当に殺しちゃうのがあるから嫌だ。うっちーのおすすめは絵が汚いからいやだって(笑)

今日は楽屋でサインをいっぱい書かされたけどなぜなのか知らない。それは橘高さんが説明してくれるとオーケン、そこでふーみんが新しく出したライブブルーレイの宣伝。物販で先行販売にサインがついてくるから持って帰ってね♪

そこから終盤のたたみかけブロック。
ハッピーアイスクリームは久々で嬉しい。そこからの今年定番入りしたディオネアフューチャーはかっこいい美しい、素晴らしかった。ぐっときた。

アンコールでまずオーケンが出てきて、初めての試みをしますと。アルバムから1曲映画のテーマになると、おおーなんだ?と思ったら緊急検証の映画だった。タイトルは「オカルト」とそのまま直球で。
これを一回流しますので、それからMVを今からここで撮りますと説明。映像はオカルト番組風になるそうなのでお客さんは手が写りこむくらい。
それからメンバー呼び出す。新衣装だー!
オーケンもよく見たらダークスーツが新しくて袖のところに文字が入ってる。とにかくふーみんが黒ゴスロリドレスで可愛い。おいちゃんはウエスタン風のフリンジ付き赤ジャケット。うっちーは最近の衣装とそんなに変化はないけど、中に着てるシャツが赤い。
メンバー一人一人に撮影スタッフのカメラがついて、曲に合わせてあてぶりで動くのはさすがベテランで慣れている。
観客もすぐに手をあげて反応する。
初聴きの印象ではそんなにハードではなくて、オリエンタル風のリフがオカルトっぽさを出してる気がする。ラップぽい部分があるが、展開するところはふーみんメタルぽいのでふーみん曲かな。歌詞はやはりオーケンのストーリーものでボンクラ男が自分の欲のために世界崩壊したみたいなやつみたい。

アルバムの聴きどころをそれぞれ言ってというオーケンのふりに、おいちゃんは「ぜんぶ!」うっちーは「売れなさそうなところ」と正直すぎ オーケンが慌てて「メーカーさんも夕方から来てるんだから、そんな事言っちゃだめだよー」と指摘に「コアなファンが喜びます」と。ふーみんはそれに対して、コアなファンは喜ぶのはもちろん、ライトファンも聞いたらオッ?って気に入ってくれる要素がありますという上手い宣伝トーク

オーケンが、ライブの最後には3つのことを言うんだよと前置きして、今日の感想、お客様への感謝、今後の意気込みだったか?
感想は「お茶がおいしかった」空調が寒いのであったかいお茶を持ってきてと言って飲んだあとに、お茶の曲を作ろうかとお茶ー!ジャジャーンみたいな。というとふーみんがすかさずギターを鳴らしてくれるくだりがあった。
お客様への感謝はというと、わたしのーおはかのまえでー♪ 突然歌い出した(笑)
これからが楽しみだー!と無茶にはしゃいでピョンピョンしたあと、こういうので無茶してケガすると一生動かなくなったりするんだよー気をつけようーと自分で言いつつ。
アルバム発売で新曲ライブが楽しみな気持ちが溢れてます。次はアルバムツアーで同じ場所ですね。