筋肉少女帯ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@新宿BLAZE

筋肉少女帯 ハイストレンジネス・チケットメンバーズ会員限定ライブ

入場BGM KISSの雷神
サンフランシスコで通常ライブ同様にスタート。続けてバトル野郎
ハイストレンジネスー!と叫ぶオーケン
最初のMCからこのライブはありませんという設定を話し出して??となるファン
やるはずじゃなかった。入会金とライブ代をたくさん振り込ませて、当日来たらライブがやってない。メンバーはお金をだまし取って、計画倒産ならぬ計画解散をして、引退して箱根か小田原(なぜそんな近場に)
ボックスシートに向かい合わせで座ってトランプで大貧民をして、悠々と暮らすはずだったのに、予想外にお金があまり集まらなかったので、もうちょっとライブをやろうってことになりました。ということらしい。物販ならぬ集金袋を売ってそれにお金を入れて持ってこさせるとか、集金袋をもって隠れファンを見つけてドアをドンドン叩いて「筋少聞いてるでしょう」「筋少なんて変な音楽聞いてませんミスチルとかワニマとかしか聞きません」「ワダチ聞いてるのは分かってるんですよ!」ミニコントやりだす。
最近時事ネタの引退やら計画倒産やら、さらにこれから我々は筋肉コインっていう仮想通貨を作って高騰するんだよ。的なネタもノリノリで話し出して面白すぎた。
オーケンは最近ラジオも始まったしトークがさらに乗っている。だがオーケンだけでなくFCイベントってことで他メンバーにも話させようとオーケンがふってまわすところも嬉しいしファンサービスをしてくれる。

ファンキーファンキー鬼ファンキー!でバッキーに入る。
ニートラップ、わけありと続けて新曲から。ツアーの感動もまだ浸りたいところで嬉しい。わけありは本当に聴くたびすごい楽しくなる。折りたためーってオーケンが最初に声かけたりして。

ふーみんが、FCの成り立ちについて真面目に説明してくれて、最初はチケットを優先的に取れるサービスをしてから、トークイベントを経て今回はライブできることになったと。それで今後はふーみんの年末抽選会だけじゃなくって各メンバーもファンを乗せてドライブを(笑)無線で連絡しあうの?みたいに(タクシーではない)

ふーみん歌唱で小さな恋のメロディ。愛してるぜー!ってストレートに言うふーみんかっこいい。 オーケンではやらない。
オーケンは下がったままで、ふーみん歌い終わってエディのピアノソロ。このムーディーな流れは、うっちーのセクシーなボイスが響く(笑)そして出てきたうっちーが物販のトートを肩にかけて、取り出したiPhoneX、「サングラスかけてると顔認識できない」操作しだすと「あれ、あれ」スムーズに出てこないこのパターンまた出た。おいちゃんが「そうなると思ってた」ふーみん「トラウマになってる(笑)」
自動音声でフランス語で聞こえる「カラテバカボン」やらiPhoneで出して、「北極星の二人」
おなじみうっちーの持ち歌。ソロライブと同様に光る造花をふって歌ううっちーかわいい。

オーケン戻ってきて、これでいいのだ。今年初のタオル回し。
MCでメンバー紹介を内田くんにやってもらおうとオーケンが指導。うっちー言われるまま。
夢中になったライブの思い出は?というテーマで一言もらうんだっていうことで。
ソロライブやるようになって、トークうまくなったねとほめるオーケン
おいちゃんは小学生のときにとしまえんプールで見たフィンガー5、ふーみんは高校生のときに友達とレイジーのラストコンサートに新宿厚生年金に行って、9割9分客は女子だった。高崎さんと目があったよ!って話から、アイドル当時の名前で呼んだふーみんが「今言ったら高崎さんに殺される(笑)」って言ったら「コロス!」ってうっちーが即言ってたのが可愛くて笑いが起きたら、オーケンが意外って顔をして思いがけないところでお客さんが受けるっていうのあるよねと。
あまりうっちーの進みが遅いので、オーケンが通常のライブだと時間かかりすぎてだめだよとサポート2人に行こうとしたのを止める。

全員楽器持ってないところでオーケンが「これは久しぶりのレア曲やります」って言ったらじーさん。
それからアコギが出てきておいちゃんが椅子に座って、「冬の風鈴」はわりと久々でした。真冬に聴けてまたじんわり。
続けてアコースティックセットのままでサイコキラーズラブ。うっちーが手拍子しだして後半がもっと盛り上がるところが一体感あって暖かいけど歌詞は切ないところが今の筋少らしさ。

じゃあ今度はおいちゃんがメンバー紹介してよとオーケンがむちゃぶり。おいちゃんがテンション上げてエディに話すの面白い。エディが困って夢中になったロックのコンサートとかってないよというと「クラシックでもないの?!」と二人でつめよってエディがたじたじになるの笑った。結局、エディの話は以前現代音楽のすごく音が小さい(譜面のffの逆でpppppを説明)のを集中して聞いてたのに隣のおっさんが寝だして息で台無しっていう話。コージーはお兄さんと小学生のときにKISS見に行った。武道館で当時はゆるかったから、2階の通路で座って見てたら、火を吹いたのが熱気がかかって驚いた。って話から、オーケンもプロレスでそういうのあったとかいうしふーみんは「いつの武道館?!77年の?何年生だった?」と確認するところがふーみん。

オーケンがうっちーに「僕のは聞いてくれないの」と言って、カルメンマキ&5Xのライブを見に行ったオーケンがファーイブ、エーックス!ってやったって当時の記憶でうっちーが身振りするの可愛かった。
最近カルメンマキさんに会ったらお子さんが筋少ファンらしいってエピソードを話した時に、会う人会う人に(こないだのストロベリーソングオーケストラ主催イベントとか)みんな筋少ファンって言われるけど、普段道を歩いてても筋少ファンいない?なぜ?みたいな話も。
うっちーはエイジアのライブに行った話をしだして、オーケンの高校の友達にチケットを譲ってもらったらしく、オーケンが(コアファンにはおなじみだが)はばちゃんとうらべくんの説明も早口で挟んでくるのは感心。

オーケンが、おいちゃんに次の曲ふりをやらせて、おいちゃんがギター持ってないのにハンドマイクでイワンのばかをオーケンのセリフを真似してパンクロッカーぽく腰を折り曲げて声出してたの可愛かった。ギター渡すタイミングにローディーさんが困ってしまう。だけどしっかり曲に入るのがさすがだ。

いつも後半に激しい曲を畳み掛ける。
仲直りのテーマはもう復活した頃だからもう10年もって思うし、前のめりでわっと盛り上がって楽しいのが変わらず嬉しい。
新曲からオーケントレインをここで入れてきてさらに盛り上がるところも凄いし、エディが前にハンドマイクで出てきてディオネアの出だしが始まるの大好き。最新曲でこれだけ沸き立たせるのがほんとかっこいいよなって思う。
終わりのコーラスでオーケンが締めの言葉を言って、本編終わり。
アンコールで出てきたメンバー4人揃ってみんな浴衣にうちわもっててどうした!?(笑)って大歓声。
実はこれはとオーケンが説明。アルバムUFOと恋人の1曲目に入ってるおサル音頭をやってみようってことになって、当時はツアーで曲を流したけどけっこう長いので途中で心が折れてた。太田くんが嫌な顔してたのが記憶に残ってるとか(笑)
まさにレア中のレアだ。音頭だからみんなも踊ってくださいねーとオーケンが声かけて、メンバーそれぞれゆるゆると手拍子したり手振りしたりして可愛いし目がおっつかない。うっちーは小柄だから浴衣大きめでかわいいし、ふーみんは両手前に出してクックロビン音頭だしおいちゃんは腰周りが恰幅よくなって似合うし若い頃の写真を思い出して微笑ましい。オーケンが2番の歌い出しで「誰かきてー」と言ったところで今度はエディとコージーが浴衣で入ってきてまた大歓声で(笑)似合いすぎる。
ボーントゥビーワイルドのところでうっちーが水玉ギターを袖から持ってきてふーみんと小ネタ仕込んでるの可愛かった。
曲終わって次に入る時に、浴衣をその場で脱ぐのでローディーさんがやってきて帯くるくるして「あーれー」コントになってるおいちゃんに、ふーみんもマネージャー呼んでセンターで帯くるくるやろうとしたら逆に回って巻きつけてるってオーケンに笑われる。この場面が走馬灯に蘇るんだよっていうとおいちゃんが、年末のライブで今年の記憶に残ってることって言われたらこれしかなさそうって笑う。
いやまだ今年始まったばっかりだし。じゃああと2曲ほどやりますってオーケンが言って、「ムツオさん」やった!ショウマスツアーの楽しさ蘇る。ミラーボールも回った。ふーみんが音頭で持ってきたうちわ持ってヒラヒラさせてておちゃめだ。オーケンはふつうにうちわで扇いでたり。
最後はど定番で釈迦!これから10年も20年も集金してライブやりまくるぞーってオーケンが言ってたし、筋少とファンが今楽しくて幸せな状態がいつまでも続けばいいなって思った。
復活前のときに期待してた、バンドが続いてもっと楽しくなるっていうのが、休止のときは落胆して諦めてたけど、それが復活してからまた進みだして実ったんだなーって感じる。
メンバーはけるときにうっちーとふーみんが「ハイストレンジネスー!」って何回か叫んでたの可愛かった。おいちゃんも「今年もよろしくー!」ってニコニコしてた。
次のツアーの発表まだだったけど、デビュー30周年のツアーに期待です。