読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@赤坂BLITZ

「猫のテブクロ」完全再現+11(赤坂版)

www.barks.jp

1. サンフランシスコ
2. カーネーション・リインカネーション
3. みんなの歌
4. 踊るダメ人間
5. 俺の罪(橘高・本城歌唱)
6. 星と黒ネコ(Instrumental)
7. これでいいのだ
8. 日本印度化計画
9. 星の夜のボート
10. Picnic at fire mountain
11. Go! Go! Go! Hiking Bus
12. 最期の遠足
13. 月とテブクロ
14. くるくる少女
15. 週替わりの奇跡の神話
16. 釈迦
EN
1. 愛の讃歌
2. リルカの葬列
3. イワンのばか


入場SE 混ぜるな危険
カーネーションまでやって最初のMC。50歳超えてるぜ。その昔、先日亡くなったミュージシャンがバックバンドをつけずツアー先でバックバンドを募集した。本番直前にやってきて何の曲をやるんだい?って言われてというくだりをうっちーとコント。
みんなのうたから続けて、ダメ人間入れてきた。
ふーみんおいちゃんが見合わせて呼吸揃えてるところ好き。
オーケンが着替えて出てきて当時の衣装。ペンダントは当時のはないので似た様なの用意したけどくるってひっくり返っちゃうのでといってすぐ外しちゃった。
早くも次のライブ告知!あっさりと。紙一枚ですよ。後ろにばーんってだす予算はないって言っときながら、筋少ロゴのバックドロップがこれでいいのだの幕開けで一瞬にしてプロジェクションで猫テアルバムジャケになるっていう演出に、ぶわってきて、オーケンの当時の衣装もあって、後ろのジャケット前に立つ四人を見てると泣いてしまって、腕あげながらコールしながら泣いてた。このアルバムがリアルタイムで買った最初のアルバムで、当時ファンになりたてで夢中になって聴いてた。テレビやラジオや雑誌いっぱい追いかけてた。どんどん好きになってた。

1989年、2017年に何してると思ってた?っていうテーマでメンバーそれぞれに話をふるところも嬉しかった。
おいちゃんもふーみんも、その当時は海外のロックミュージシャンは短命な生き方だから生きてると思ってなかったっていうし、そういうと思ってた。それに21世紀は世界滅亡してると思い込んでる世代だから。
私もそれもあるし、将来になんも希望がもてなくて、筋少は好きだけど学校卒業したら生きていけないから18で死ぬと思ってた。
オーケンが、最近気に入ってるワードのいいんぼうと悪いんぼうの話をして、決め付けて悪いけどって冗談っぽく言って。筋少ファンの日常はいいことがなんにもない。何かの陰謀だって。でも筋少ライブがあるのはいいんぼうだよっていう。日常がいいことがないっていう何かの陰謀は、私は本気で思ってることもあって。なにかの大きな権力が生きづらくしてるんだよって思う。だけど筋少と出会ってずっと続けていて、見ていられることが幸せだと思う。
うっちーがリキッドのライブで「あたし」って言ってたのがオーケン気に入って、この歳になると男か女かわかんなくなるよねーって話したときにうっちーが「バーイ」って言ってたのかわいい。うっちーは性別を超えたかわいさ。
エディはピアノ弾き続けられて幸せ。オーケンありがとう!って言ったときにオーケンが、いや俺だけじゃなくてみんなのおかげだよ、お客さんのおかげだよ。っていうのも嬉しかったし、ふーみんが23歳の魔法をかけて黒髪になったって話と、いつもは24歳だ(オーケンがめんどうだよってつっこみ)っていうのも、24歳でいつづけられるのもみんなのおかげ、みんなが魔法をかけてくれるんだよっていうのも素敵だと思った。

猫テコーナー終わってからの後半、くるくる少女からの週替わりがハードで、くるくるもたいがいすごいけど、週替わりの凄さコージーツーバスが激しくて高速だし、お客さんもすごいのってるし、これが筋少の新しいほうのサウンドっていうことがまた楽しくもある。
釈迦で本編終わって、サンフラもやったしどれで締めるかな?って思ってた。
アンコールでオーケン白血染めスーツで決めてきてショーマスツアーを思い出した(笑)有線マイクぴしゃーん。
リルカまた聴けて嬉しいし、シングルだから次もまた聴けそう。
イワンで締めかー!鉄板中の鉄板!

広告を非表示にする