筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@BIGCAT

「猫のテブクロ」完全再現+11 LIVE(大阪版)

ツアー初日。
セトリ情報が今の所ないのでうろ覚え。
オープニングBGMは筋少曲だった なんだっけ?(追記:混ぜるな危険)
サンフランシスコから!なるほどそうきたか。
カーネーションとかライブ定番をくりだす。
最初のMC、浮かれているオーケン。なぜかと問うならば? ライブのブルーレイ&DVDが、橘高くんタイトルなんだっけ?
が、タワレコのデイリーチャート何位だと思う?(ものすごくひっぱる。してやったりみたいな顔とか、介護してる気持ちなんだろうみたいな例え話を出したり)
1位だぜーーー! わーいわーいもっと喜べー! とかものすごい浮かれているメンバー一同かわいい。
それが昨日FCイベントやったら機材がトラブルで、ながーい(マネージャーながい氏にさりげなくかけてるようだ)ことやってる俺たちもどうこう。映像が出なくて俺が面白いこといってつないでたのに、スタッフが「もうダメです!全部壊れました!」ってどうすりゃいいのー?
でもそこは筋少だから。ハートは壊れないぜ、ノープロブレムだぜー!っていう煽りにつなげる。
筋少における オーケンのMCはもはや名人芸。煽ってのせて一体にしてひっぱっていくための。
大阪ドームではラッドウィンプスが それツイートしないで。

いったんオーケンさがって、ふーみんが「大阪ー!頭振れますかー!カモンコージー!」からの俺の罪(去年のライブでコージーが俺の罪大好き発言からきてるってやつ この演出の絶妙さ)
ふーみんが歌う俺の罪って(笑)うっちーがよってきて一緒に揺れる。ふーみんがおいちゃんにオイデオイデして、寄ってきて三人で揺れるのかわいい。うっちー歌唱パートでうっちー歌うとおもいきやおいちゃんが歌うっていうサプライズ。

そのあと猫テ再現コーナー。 オーケンが牧師風衣装で白い手袋して登場。そんな構えないで楽にきいてね、YESのアルバム再現ライブみたいじゃないから。そこでふーみんに注目。外国人風のしゃべり。しかし途中で投げ出し。ふーみんが黒髪に!
24歳になる呪文をかけてたら、23歳になっちゃった。(1989年はリアル23歳)その時の衣装と髪型も再現するふーみんの細かいサービス精神。 オーケンそこで笑って、51歳なのに〜って茶々入れて、即座にふーみんピック飛ばしてダイレクトヒット。
おいちゃんは黒いギターが当時のだよ。と説明。うっちーは何も言ってないけど黒丸サングラスが再現風に。
オーケンを担当してる若い女性メイクさんはまだ赤ちゃんだったんだって。当時知らない人もいるでしょう、一回りもふたまわりもしてもはや新しいともいえましょう。ということでスタート。
これでいいのだが当時の再現になって新鮮だ!セリフ入れる。煽りなしでアルバムほぼそのままアレンジの印度。星の夜のボートはうっちーテクノを思い出しつつ元曲楽しむ。
ハイキングバスの前で小休止MCコーナー。当時の話とか。このアルバムの歌詞作った若者天才だね!と若き自分を褒める。
この時か演奏した後か、エディが抜けてギター二人になってっていう話のときに、エディがやめて年収が60万になって、それでも筋少そんなにもらってなかった。エディはピアノいっぱい練習できて最高。でも迷惑かけてすみませんでした!って。 オーケンがいいよ、またこうして一緒にできたんだからって言ったのが嬉しい。ふーみんは、これまでピアノからアルバムが始まってたからギターのアルペジオにしたんだよっていう話。
セリフ入れてる子供はいまいくつなんでしょうね?といって後半へ。セリフ部は音源流す。ホーン音はエディがシンセで。
最期の遠足が久々、ものすごいすごいわー!これ、今の筋少のすざまじさ。おいちゃんかっこよすぎてやばい。ハードでプログレでダークで不条理で。そのまま月とテブクロ、オーケンも今の歌声で聴けるの嬉しいし、リリース当時を思うと。
ここで今聴けるっていうこと、当時すごいって胸うたれてこんなにすごいバンドってと思ってたのに、印度での世間からコミックイメージとか、エディがやめたことでファンが離れていって、ギターが変わってふーみんがメタルだからって前のファンからは評価されてなかったこと、バンドブームだったし、人気とか混乱とかに巻き込まれてて。それでも好きでいたこと、ネットがないからファンが身近にいないとか、メンバーからも若い女の子は音楽わかってない、信用されてないみたいな感じもあって。
いろいろ、思い出して今、自分は許されたっていうか間違ってなかった、たくさんのファンがいる、新しいファンがいっぱいいて2世代3世代になってる。筋少はすごいんだ、好きな気持ちが認められた、間違いじゃなかったっていう思いがして、嬉しくて泣いた。ファンで幸せだ。ありがとう。

感激の拍手。
そして通常バージョンとして後半。イワン。
吉原炎上は後半だったかな?久々で嬉しい。週替わりとか、最近の曲も入れてきたと思ったら、先に出家ネタで働かなくていいです、自伝を書いて売ってどうこうってネタをふっておいて、本編終わりに労働者Mでがくーってさせる細かい演出。日曜日だっていうの!(笑)ふーみんピックまく。
これでわりと89年当時を思い出させる感じ。
リルカやった!!!
これはー これも丘なんだな。メジャーな曲調で悲しい歌詞なんだなって。リリースしてから演奏2度目の超レア曲。アルバムにも入ってない。だけど、オーケンがみんな歌える人は歌おうぜって言ったり、終わってから口ずさんでくれた人いて嬉しかったって言ってた。
去年までと比較してやや短めのライブ時間になって、年齢的にも絶妙に思いやりと、ライブの物足りなさを感じさせないくらいの長さ。
くるくる少女も嬉しかった。
釈迦でラスト。おいちゃんがステージ下に降りてハイタッチ久々に見た。特に嬉しかったのかな。

king-show.eplus2.jp
king-show.eplus2.jp


今ツアーでオーケンのブログ更新も活発になって、オフィシャルアカウントもできたりして、今までやらなかった試みにチャレンジしてるのが嬉しいです。

広告を非表示にする