読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@タワーレコード新宿店インストアイベント

筋肉少女帯「おまけのいちにち(闘いの日々)」発売記念 トーク&アコースティックミニライブ


タワーレコード新宿店7F 15:00~

整理券配布終了で満員になった。整理券がなくて見たい人もつめかけて、メーカーさんのご好意で後ろのスペースが解放されていた。

去年の11/23は握手会イベントで、その時も進行してた徳間ジャパン担当のお姉さんが案内して挨拶していた。
筋少のトークライブに司会いらずで、揃って登場すれば話が楽しいにきまっている(笑)
まずオーケンが、サングラスに柄シャツのいでたちからなのか、横須賀のちょいわるオヤジです。とかいって挨拶した。今日はお足元の悪いなか〜。アルバムツアーのファイナルといった感じですね。というと、ふーみんが後夜祭みたいな感じですねと。ツアーが進むにつれファンのみなさんが仕上がってきました。
アルバムを予約した人だけが入ってるわけだから。熱心なファンが詰めかけているなぁと。
ツアーをやってきてその感想を聞きましょうかとオーケンがおいちゃんにふると、いつも通り楽しくやらせていただきましたとにっこり。予想通りの回答ありがとうございます(笑)とオーケン
アルバムの制作裏話とかある?ということで、うっちーが、変なアルバムがつくれました。ふふって感じで嬉しそう。良く言えばー、悪く言えばラブビーチ…。ラブビーチ検索しないでください、好きですよラブビーチ(笑)オーケンすかさずフォロー。僕もラブビーチ好き。とうっちーかわいい。
ふーみんから、再結成後に出したアルバムはライブでがっといく感じのだったけど、これまでの筋少は次に何が出るかわからないという感じをやりました。
オーケンが、僕はね歌詞をかくときに、レジテロの夢でなんだっけ、天国ない地獄ない、というのはビートルズの歌詞を翻訳したものです。ビートルズファンは筋少ファンにはいないと思いますけど。それでジョンレノンでさえないのさとつけたしたところが、オーケンらしさ。

最初にオーケンがギター持って、香菜、頭をよくしてあげよう。
なぜ新譜イベなのに香菜。とは思ったが(笑)でも4人のやりとりが面白かった。オーケンが弾き語りの感じで歌うので、はじまりの合図とか演奏中のアイコンタクトとかしない。ふーみんが不安そうにちょいちょいオーケンのほう見る。
終わってから、ふーみんがオーケンに指摘する。(笑)アコースティックであわせるのは初めてだったよ。とうっちー。オーケンは、わじーとかりきちゃんとか何人もこの曲をやってきたから、できるものだと思った。みたいなことを。おいちゃんもちょっと戸惑い気味だった。
ふーみんは、大阪でオーケンをのぞく3人でイベントやりました。その時はカラオケで歌いました。それを今日は生演奏でやります。
オーケンはギター持ってるけど、弾いてるていでやります。あれもってきてください。と弦をおさえるカポみたいなのもってくる。TMネットワークの木根さんみたいに。というとふーみんが、こないだリキッドルームのライブ写真で大槻が音出してないのに、俺と一緒に写ってる写真だといかにも弾いてるみたいですごくかっこよく写ってる(笑)しかもスーツで。ミッシェルガンエレファントみたいでしょ。と嬉しいオーケン

・おわかりいただけただろうか
珍しいアコースティックバージョン。おいちゃんが真剣に弾いてる。こういう感じになるんだー。ふーみんの熱唱!歌いながらソロも弾く。かっこいい。終わったあとに「なんでもできるな!」とふーみん。うっちーが掛け声するのが、2回目に「はーい!」って言っててかわいい!
・別の星の物語り
ふーみんが曲を作ってきた時に、俺の仕事じゃないんだが。って持ってきたってエピソード、ふーみんらしい(笑)イントロが木綿のハンカチーフ風なのは、当初は替えようとしてたけどコンセプトが決まって、昭和風にそのまま採用しました。あと終わり方も繰り返すところが昭和風。大槻が、内田くんが歌うようにキーを下げてくれといわれて、何度かメールやりとりした。野口五郎風に歌ったとうっちー。オーケン野口五郎風に歌いました。
曲入るときに、うっちーのウクレレベースを叩きながらゆれてる。のっててふふふんーみたいにしてるから、内田から入るんだよ!と言われて、「リズムにのってるんだよ、どっからでもかかってこいよー!」ってかわいい。打ち合わせしてないとこういうことあるよね。みたいな話だったかな。何か振られてるのに意図がよくわからない。かみあわないまま進むみたいなことが昔からよくあった。
うっちー歌いながら、手を振りながらーってときにひかないで手をふりだし、オーケンも振り出してたのかわいかった。

・LIVE HOUSE
オーケンが、なにか裏話があるのとおいちゃんにふって、???どこから?と困ってた(笑)できたころの話。おいちゃんは歌うの好きだよね。なんでいままでなかったの。宴会芸的で、CDに入れるまででなかったんだよ。
LIVE HOUSEがケラさんからおととし歌ってといわれて解禁した。その時はうろ覚えだったんだけど、今回入れるってことで内田の同級生が歌詞を持ってた。手書きの紙。これをほんとは歌詞カードにそのまま載せたかったよね。いつか考えます。
当時エッグレイヤーでやったときカセットで残ってて、それを今回のレコーディングでエンジニアさんに送って聞いてもらったが反応がない。あとで聞いたらあまりにひどくて言葉を失ったらしい(笑)まず全くギターのチューニングがあってない。若かったね。それができたんだね。
昔からあったけど、CDにはなってないのに、ケラさんも僕たちも覚えて歌ってたってことは、それだけいい曲なんだね!と力説するオーケン。おいちゃんそうかな?って首かしげてたけど嬉しそう。
ふーみんから、間奏の歓声の音源は六本木EXシアターと去年のリキッド12/23のときのみんなの声ですと解説。いい素材をありがとう。
胸の時計を5分進めて〜のところで弾く手を止めて、目をふせて入り込んでたのかっこよかった!
間奏のところでオーケンが煽って歓声を。また素材にしますからと(笑)

いつも前のほうで見てる人、同じ場所で見てる人、たまには変えてみるといいかもしれません。違う発見がありますよ。照明が綺麗とか。うちの照明スタッフは優秀ですよ!とふーみん。オーケンは、去年のクアトロで立ち位置を内田とかえたら、橘高くんがこんなに動いてたんだ!と知った。立ち位置といえば、アンプの前はうるさいので、正面には立たないですよ。みんなよく大丈夫だなと思うとふーみん。昔よくサンフランシスコでイントロのときバーンと特効爆発あるときに、わざとわーっ!って声を出してる。
オーケンは、ライブ始まる前にイアモニの音量を確認するために、わーって言ってる。みんなそういうのありますか?(???)ふーみんが、あっお客さんに言ってるかと思った。メンバーにですよ。
俺とおいちゃんは、演奏中に顔を見合わせるときにわーっ!っていいあうよね!いうね!(オーケン:なんで?)気付けです。
とかいって面白いかわいいー!あと、オーケンがふしぎなのはライブ終わってすぐはけずにいつまでも残ってるね。どうして?と聞くとふーみんが、お客さんと離れたくないからだよ。ヽ(≧∇≦)ノキャー♪
おいちゃん、昔はそんなことなかったね。そうですね。それは嬉しい変化だなって思います。
エディは帰るのはやいよね!って話に。こないだ大阪で、ふーみんが最後の釈迦でジャーンと音を出したらもういなくなってた。音鳴らしつづけて、自分たちがはけて楽屋もどったらもうエディ帰りましたって(笑)
あの時は、翌日東京だったから新幹線ですぐ帰ったんだよね。とオーケン。じゃあ今度はライブ終わりに「三柴さんはお帰りになりました」って知らせようか。

最後の挨拶で、オーケンが3人をよんで、それぞれに観客からおいちゃーん!うっちー!ふーみーん!って歓声が暖かくて嬉しい。オーケンが、来年は復活して10年目になります。発掘されたものとか色々と出したいですね。みたいなことを言ってたのも嬉しい。「またいい素材をくださーい!」

広告を非表示にする