筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@新宿ReNY

ニューアルバム発売記念ツアー「THE SHOW MUST GO ON」

SE タチムカウ 入江選手が見に来てたみたい。ビデオカメラ入ってたからそれ対策もあるかも。
オイ!オイ!と声があがる。

オーディエンスイズゴッドから。今日が本当のツアーファイナル。次にバトル野郎。おいちゃんのアクションがさらにすごい動きダイナミックでかっこいい!

MC、オーケンが鼻うがい「ハナノア」箱を出してくる。スポンサー目当てかな?と思った(笑)これで声が出るようになって、おまえらも筋少の曲をカラオケで50曲くらいうたって、やっぱりオーケンすごいってtwitterで5人ぐらいしかいないフォロワーにツイートするんだろう的なことをいう。
収録が入ってる。わかってるだろうな、オーディエンスも演技しよう、新曲でハッ!とした顔をするとか。
顔芸みたいに顔ゆがませたり目を見開いたりして、竹内力の後期みたいにー。
今日は壁どーん!あごをクイー!股をどーん!とか大げさに格闘するみたいにやる。おいちゃんはアンプに壁ドンしてておいちゃんファン女子はヽ(≧∇≦)ノキャー♪

10代のファンいると声かけたり、初めてきたひと?と声かけたりもして、これから搾取しまーすってオーケン言ってた(笑)。年齢層幅広いのも素晴らしいし、ちょいちょい、長くきてるファンを「煮くずれたおでん」に例えてたり、10代に向けておれはLUNA SEAにいたんだ、真矢くんの前だったとか言う。

リンダリンダのはじまりのところみたく、みんな歌ってくれでゾロ目、やるよといったときのふーみんが音を軽くならすのが好き。昨日よりもさらにぐっときて心を揺さぶられた。レーザー照明効果。筋少の最新曲で、リードトラックで代表曲にこれからもなっていくんだなって。ツアーでまた印象的な思い出が増えたなーって思って。
そこからすぐカーネーションのイントロ、カウント合図でダッシュして全力で頭ふった。オーケンがちょっと歌ずれたけど、勢いと安定で戻した。おいちゃんがキリっとしてて、間奏ふーみんのエレアコのところで、おいちゃんが入り込んで頭を両手でわしゃってやってセクシーだった。世界に入り込んでて素敵でドキドキしたー。
吉原炎上、エディがいなくなった。後半でふーみんの横に突如現れて見栄きってて面白いー!しばらくしてまたふーみんアンプの後ろにきえてった。

MC、歳取ってほうれい線が気になるから、これからヒアルロン酸うとうかなーとかいう。しわができるのは、心から笑ってきた人は目尻にしわができてほうれい線は出ないらしいという話。それどっかで聞いた事あるけど、根拠あるのか疑わしい。笑ってもそうじゃなくても関係ない気もするけど。心から笑えるライブにしようぜーっていう感じで話をもっていく。

くるくる少女ー!おいちゃんが頭を右手の指でくるくるってする仕草がすてき。
ムツオさん、ダンサブルで、ステップをふむ。足元が初めて今ツアーで見れた。ワウふんだところとか。ギターソロの手の動き。アームを動かしたり弦を押さえたりするの。
それそれそれそれー!ってオーケンノリノリで嬉しい顔。これも今後ポイントとなるコアな筋少ファンが選ぶ曲になってくのかなーって嬉しい。間奏からのダンダンダンダンって踏み込むのタイミングあった。ヽ(*´∀`)/
みんなのうた。おいちゃんが下がってエディイン。ニコニコすてき。エディ戻っておいちゃん戻って前に立って煽る。これも激しい曲の仲間入りですごい楽しいんだねー。

オーケンはける。おいちゃんの挨拶。さらにテンションアップで文章になってないフリーダムかわいい。赤坂名古屋、大阪と東京!ほんとにありがとー!みたいな感じだったかな?
そしてふーみんが「ゆあーうぇるかむ」逆できたかー!!!ウッチー「それはね、…なんだっけ?」ずこーっ。それから段取りどうでもよくなって、おいちゃんが「歌わないで聞いてようかな」ふーみんが「じゃあ俺も聞いてようかな」とかいってウッチーがうろたえて(●д●川 …!!!
ふーみんが、おいちゃんにあわせたの。とかいって、じゃあサンダーユーってことになったのかな。エディが、本当はー、おいちゃんが扇愛奈アンドフーシャーズー(3-10とまざった)で橘高くんがX.Y.Z.→Aで、電車はいわなくていいっていわれてたから(笑)それからサンダーユーっていう段取りだったのに、おいちゃんが全部くずしたっていう(笑)
コージーにも喋ってもらおうとしたがマイクがない。コージーが、こんだけマイクあったらどっかひろうでしょ〜。と。
うっちーが「メンバー、しゃべってー」コージーにむけて「ツーバスふんでよ!」ドコドコっ。あっふんだね。
椅子に座ってウッチー、筋少とちがってうるさくない曲です。って紹介して、LIFE、雪風。ウッチー椅子を倒して激弾きかっこいい。

おいちゃんとふーみんが先に戻ってきて、愛の讃歌はじまり。おいちゃんが胸に拳ドンドンってやるのかっこいい。
オーケン戻ってきて手にモデルガン。ギャング映画きどってポーズつけてやりたいほうだい。頭打ったりしたあとで銃口にフッって息かけて。
あとで、またモデルガン買いに行きたい、俺たちの夢だとか言ってた。2丁拳銃でバンバンってポーズやりたそうな気がする。鳩飛ぶ絵がみえそう。

オーケンまたはける。ふーみんが歌うぜとちい恋。俺の声が聞こえるかぁー!って煽る。おいちゃんのコーラスもいっそう感情こもってて感激だった。オーケンが最後に戻ってきて語り入れる。
その後のMCで、名古屋の話していーい?楽屋で〜とはじまり、ふーみんがピック大量
投げつける(笑)恥ずかしいー!
恥ずかしくないよーなんでーとフォローするも、ふーみんがついてたピックも全部投げつけて、アンプけったり地団駄ふんだりして恥ずかしがりまくる。かわいい
おいちゃんに、おいちゃんはカーネーション歌ったときの歌ごころはー?と聞く。うーん?ウッチーはモコモコボンモンのどこが?と聞くと「メロディ、メロディ、のところが…」ふーみん爆発する(笑)「そういうことしちゃだめよー、内田君はデスなところがあるから」ふーみん弱る。
ピックなげつけて、ウッチーにひろえーっていうけどウッチースルーしてて、おいちゃんが拾って、前のファンにちょーだーい言われてもポケットにしまう。

ニューアルバムから恋の蜜蜂飛行、間違えて恋の蜂蜜旅行とかって言いそう。とか言ってた。
おいちゃんコーラスのときは弾いてないので、わかっちゃないのさーって頭くるくるしたり仕草かわいいし、ドキドキするー。
ワインライダー、労働讃歌と続けるの凄い!
オーケンが、何度か筋肉少女帯、略して筋少!って言ってた。忘れてたけどショーマストゴーオーン!のかけ声が復活。失笑がちらほら(笑)忘れてたんだーっていう。そのままやめちゃうかと思った。またやってほしいなー。1、2、3、ショーマストゴーオーン!
ツアーの話じゃないけど、氣志團万博でおいちゃんが〜って話して、花道先にいっちゃうんだもん、そこはボーカルが先でしょって言ったとき、おいちゃんが「オーケンはやくおいでよー」ってしたかったおいちゃん。そして鬱フェスが次にあったときに、下に降りてっちゃったのはボケなの?と聞くと「そうだよ!そのためにわざわざ階段まで用意されてたんだもん」だって(*´ω`) ほんとはきっと、階段は先に出てきたキャプテンズの持ちネタのためだから、あったら使わずにいられないおいちゃんなんだろうなーって思った。


イワンのばか、定番中の定番、オーディエンスも全部ふくめてのパフォーマンスのような。デリンジャーを持つおいちゃん、ふーみんとのツイン、筋少にしかないハードロック、メタル曲なんだ。ウッチーが下手にきてばんざーい!\(^o^)/ウッチーが前にくるとボリューム感がすごい。
ショーはもうラスト、と紹介して気もそぞろ。もう終わっちゃうんだって切ないさみしい。おいちゃんが最後に「本当に、ありがとう」優しく言った。

アンコール、オーケン椅子に座る。ふーみん黒ドレス。おいちゃんはピンクの50歳記念Tシャツ。
次は12/23リキッドルーム。来年も決まってきています。
オーケンだけ椅子にすわわって、キャリー。ダークで濃くて、かつハードで、筋少の魅力のひとつ。今回一番おいちゃんの手元とセットが見えた。ワウかけるところが好き。
釈迦、おいちゃんが水をまいてキラキラときれいに舞う。折りたたみのお客さんの風速がすごかった。こりゃまた最高だー。
もう終わっちゃう、切なくなりながら、ツアーファイナル、ああこれが本当にファイナルだーって。残りの力ふりしぼってコールして。
ウッチーをひっぱってふーみんがマイクシェアしようとして、ウッチーが勢い良くくっつくからふーみん思わずよけたのかわいい。
おいちゃんが前にきて弾いて、間奏でウッチーとふーみんも前に出て、オーケンは後ろで腕をあげる。この存在感の大きさ素晴らしい。ここにオーディエンスとしていれること、全力で前むいて腕あげて楽しめること、ここにいれて良かったって思う。
オーケンがいったんはけようとして戻ってきて、おいちゃんになにか伝えようとしてたのだけどよくわからない。最高のツアーになりましたって。忘れちゃったけどおいちゃんも、ふーみんも挨拶して、手をふった。
ありがとう、素晴らしかった。過去も復活時からも、長い年月の蓄積が深いのも胸があつい、けれどもそれ以上に新曲の中心ツアーでこんなにもテンション高く楽しんで盛り上がれるのって素晴らしい。