読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@O-EAST


筋少2枚組ダブルジャケット
2枚目「ロッキンショウJAPANフェス014ライブ盤」
大槻ケンヂ(Vo) / 橘高文彦(Gu) / 本城聡章(Gu) / 筋肉少女帯 / サポートPf 三柴理 / サポートDr 長谷川浩二
ゲスト
横関敦 / Thunder You Poison Viper<内田雄一郎/三柴理/長谷川浩二> / 妖精帝國(ゆい,紫煉) / 太田明(ex 筋肉少女帯)

2日目のタイトルは、主要ロックフェスのタイトルをあちこちから持ってきてパロディしたようなので、オーケンが前からエッセイなどで「筋少フェス」をやりたいと書いたり言ってたりしたので、それが実現されると期待してきました。
対バン形式で入れ替えするのかなと思っていたのですが、オーケンが事前にブログで入れ替えなしですと書いてました。20周年武道館ライブの時みたく、セットはそのままに、ゲストが来たりステージに出る人だけが入れ替わる形式でした。
入場してステージを見ると、すでにドラムセットが2台並んでいました。左が長谷川さん、右が太田さんでした。

ロッキングオンサイトにレポートが掲載されました。
筋肉少女帯 @ TSUTAYA O-EAST

長谷川さんお付きのドラマージャパンスタッフさんによる、長谷川さん中心のレポートがまた素晴らしかったです。
筋少2枚組ダブルジャケット 1枚目&2枚目 (ライブレポート編)

長谷川さんの筋少に関するインタビューも掲載されました。
筋少2枚組ダブルジャケット 1枚目&2枚目 (長谷川さん超人編)

本当に長谷川さんには深く深く感謝いたします!これからもどうぞ筋少サポートをお願いします!

セットリストを振り返りながら1曲づつざっくりと感想を書きます。
BGMはクリムゾンに乗せていつものようにメンバーが入場、1曲目はド定番の「サンフランシスコ」から、昨日も演奏した「モーレツ ア太郎」と88年デビュー時の曲からのスタートで一気にテンション上がります!
そしたら最初のMCでオーケンが、モーレツア太郎なんて短いし要らないんじゃない?ってぼやく(笑)そんなボーカルのMCってあるかっ。╲いるー/とファンから声がたくさんあがります。重要だと思います!

それで今回のタイトル「ロッキンショウ…」はもう覚えてなくてテキトーになるオーケン。第1回だが10回20回と続けていきたいとか、次は大きな家具屋の展示場で(?)とか何度か言ってたがなんのイメージなのか、私にはお台場の大塚家具のイメージぐらいしか頭に浮かばなかった。そこでヘッドライナーは筋少ではなくて(笑)筋少は疲れるから、僕と内田君に緒川たまきさんの車が来て、ケラさんが来て空手バカボンというネタ。空手バカボンはやって欲しいですよねー。それでE-girlsさんと一緒にテクノライディーンとか言い出す。なんか妙な動きをしてて、それはE-girlsの踊りをしようとしてるつもりだったらしい。
全く流れ覚えてないが、フェスを何処でやって欲しいか、国立かドームと言ったあとで「Club Que」「251」と下北沢のライブハウスの名前を出してきて、おいちゃん爆笑してました。

次に「ツアーファイナル」と昨日も演奏した定番曲を入れてきたなーと思ってたら、続けて次の曲で鳴ったイントロSEが「ペテン」だったのに驚いた!!!やったー!昨日は必ずやると予想して予習してきたが、今度はいきなりここで不意打ちでしたね。あたかも定番入りのごとくやって、オーケンがオーディエンスに歌ってくれと歌詞を先読みして先導しました。昨日初めて演奏を聞いたときは歌うのに必死だったけど、2回目は少しだけ見る余裕もできて嬉しかった。また今年中に何度かやって、今の筋少ライブで進化させて欲しいな。
続いて「俺の罪」もちょっと久々な曲で、ここ数年はウッチーがメインボーカルだったけど今回は元に戻ってオーケンがメインで、中間のパートをウッチーが歌いました。軽快にサーフふうギターを鳴らすおいちゃんが好き。ふーみんとウッチーは仲良く並んで横揺れで可愛い♪

たしかこの後のMCで、オーケンがオーディエンスに向けて、筋少もベビメタちゃんみたく左右に広がってー(ウオールオブデス)とかぐるぐる回ってー(サークルモッシュ)やったらいいよ、でも好きなようにノリなさい的なこと言ってたと思います。
昨日は疲れちゃった。とオーケンがぼやいて、疲れた人〜とことん疲れた人〜って言って手をあげさせると、おいちゃんが静かに手を上げてるし(笑)長谷川さんも上げていた。長谷川さんが一番の功労者でしょう!
疲れた人にはおいちゃんと橘高さんのカラオケで歌ったパフィーの映像をあげます。疲れてない人にも届きます。なんて言ってたが私もそれ欲しいー。工藤静香も(カラオケ)やったよねとふーみん照れ笑いする。そういやここで話には出なかったんだけど、昔(エリーゼのためにのあたり)シークレットライブでふーみんが太田さんと工藤静香の「夢一夜」を歌ったらしいんだよ。私は行けなくて後で聞いたもんだから、それが見たいのよー。残してないかなぁ。と思ってました。
オーケンは昨日はお酒飲んだあとライブやったから、鼻声だとか言ってたのは一日目だったか?テンションがおかしいとオーケン自身は思ってたようだが、ふーみんに「変わらないよ」と言われてた。それでオーケンが、橘高君はお酒やめたんだよね。と話をふると、もう辞めてから2年以上になるのかな。きっぱり辞めてもう1滴も呑まないふーみん、オーケンにえらいよね〜と感心される。昔はあんなに呑んでいたのに、二日酔いで気持ち悪い感覚なんてもう忘れたでしょう、覚えてないよね?と聞く。するとふーみんが「覚えてるよ!」ちょっとむきになってるくらいに大げさに言う。そしたら「二日酔いの!無念極まる僕のためー!」おおおおおー!!!
このセリフで筋少ファンは次にどの曲をやるのか分かり、大歓声です。
しかもそこでオーケンがステージをはけていき、スタッフがピックがびっしり張り付いたマイクスタンドをセンターに持って来るじゃないですか!ふーみんがセンターに立って歌うんだー!!
「いくぜ渋谷ー!」って言ってたかな、ふーみんの煽りはこれ(笑)やってから、セリフを続けて「ならば問う、人生とは何ぞやー!」と叫ぶと、ウッチーが答えを言う!かっこいいー!
長谷川さんのカウントでスタート!高速でヘドバンして拳あげますよ!昨日の”ヘドバン発電所”に匹敵するほどの高速スラッシュメタルはこれだ。3月のふーみん曲縛りで”オウム”と”パブロフ”もやったので、ふーみんスラッシュメタル曲の歴史を網羅したなーと思って満足でした。これでメタルフェスも出て欲しいよー。
ウォールオブデスもサークルモッシュも起きないけど筋少スラッシュメタルは凄いんだよー!私の記憶だとメタル曲ではおいちゃんはデリンジャーを弾いてる。これを見るとBURRN!でよく見る海外のツインギターのメタルバンドなイメージ。私は逆ダイ的な動きしてみた(笑)この日ここが一番汗かきました。
全力出して動いた後は、オーケンが戻ってきてすぐ次の曲へ「ロシアンルーレット・マイライフ」昨日も演奏したおいちゃん曲のロシアン調ダンサブルな曲♪華麗なターンと腕上げが大好き〜。エディが出てきてコサックダンス、ふーみんも足あげて。

「残念なお知らせがあります…。」テンション落としてオーケンが言う「日本が印度になることになりましたー!」の前振りで笑った。「日本印度化計画」で中間のコールアンドレスポンスはいつもの通り。
この後告知コーナーはさらっとオーケンが、じゃあここでもう次のライブの告知です。と言うとオーディエンスから喜びの歓声があがります!ここまでの感じだといつゲストコーナーなのかと思うが、いつもの筋少ライブの進行といった感じ。スクリーンがドーンとかなくて紙ペラ1枚ですよ。と言うといつものスタッフさんが紙を持ってきてオーケンに渡して、オーケンが透け防止の黒テープが裏面に張ってある紙を持ってヒラヒラさせて「へへ〜ん一反もめん〜」とかやってふざける。中学生か。
そんなことやってる合間に、EASTの高い天井の、壁の横左右に常設されているスクリーンがゆっくりと降りて来るのに気づきました!やっぱり使うんだー!1月のベビメタ対バンでここでやったときに映像を使われて、筋少のときに下げられて筋少の告知は紙ペラ1枚だったんだよね。そこからの伏線でこれですよ!(笑)。
わざとらしくオーケンが気づいたふりして、あれはー!っていう感じで指さして、全員が気づくという小芝居になると、観客みんなわーいわーいと大歓声(笑)オーケンがそれを見て、今時高田馬場エリアとかでやってるバンドだってスクリーン使ってるよ、こんなことで喜ぶのおかしいよと言って嬉しそう。とうとう筋少でもスクリーンで告知です!個人的にはここで2年ぐらい前のCretureCretureでライブ終演直後のPV公開と告知を見てるので、なんかやっと筋少もやったよーと嬉しい(笑)。
映画の予告のごとく輝いて流れる文字で、「緊急告知、筋肉少女帯、今後の活動予定!」みたいな感じでドーンと効果音鳴って出る。おおおおおー!
その次の瞬間に、ロフトプラスワンブルドッグカラオケする4人の姿が映し出されて、大爆笑&ずっこけみたいな。しかもフルで歌ってるのが流れるのを、しばらくメンバーとお客さん全員で見る(笑)おいちゃんステージで踊るの可愛い〜!映像も見たいしステージも見たいしで慌てた。でも映像で改めて見ると、ほんとオーケンはぜんぜん出来てない(笑)オタオタしてるだけ。メンバー4人がスタンドマイクで揃わないダンスで歌ってるのが可笑しくてしょうがない。曲の最後のポーズでふーみんが前に出て腰を落としてたのカッコイイな。
「違うー!違いますよー、今のは幻想ですから、STAP筋少です(笑)いいのかな、横関さんに怒られるよ〜。」オーケンが言うと、「フルで流しやがって〜」とウッチー(笑)空気がのほほん学校になってしまう、これが筋少筋少たるゆえん?らしい脱力感でした。
改めて告知!黒字に白文字でどどーんと表示されたのは。


筋肉少女帯デビュー25周年記念ファイナルLIVE KST26 since 1988
6月26日 梅田CLUB QUATTRO
6月28日 日本青年館 大ホール

ぎゃー!!!ホールライブ決定したー!と喜ぶ声を出し切るまもなく、

「さらに…」と文字が続く。

(どきどき…もう1本対バンライブとか?)

2014秋 New ALBUMリリース決定!!!

うぎゃーーー!!!!やったあああああーーー!!!!!
ニューアルバム、オリジナルアルバムを出すんですね?嬉しいー!今年は、期待はしてたけど、アルバムまでは難しいんじゃないのかなとも思ってたから。しかも昨日は書籍を出すという告知があって、その書籍の制作があるから、アルバムはなさそうだなって思ってたから余計に、決まってたのが凄く嬉しくて。
言葉にならない叫びが出てしまいました。この発表をライブでメンバーとファンが一緒に見て喜んだことがとても幸せでした。
アルバムが出るということは、これから制作があって夏はきっとこもりっきりで外に出なさそうだけど、レコーディング後からは様々なプロモーション的露出がいっぱいあるに違いありません。楽しみ過ぎます!

それで私はライブの告知をてっきり「梅田」じゃなくて「名古屋」と見間違えていて、次のMCで隣の仲間に確認して梅田だと分かった(笑)平日で大阪は厳しいんだけど、これはどうにかして行きたいです。

曲はこのあとオーケンが椅子に座って歌う「リテイク」を昨日に続きまたじっくりと、昨日よりもさらに感極まる想いでした。
そのままステージからオーケン、ふーみん、おいちゃんが下がるのだが、オーケンがあまりにささっと行って「次はサンダーユー!」って言うので、ウッチーが驚いて「もっと余韻残してよ」とか言ってたかな。それでオーケンがいったん戻ってきて、曲が終わったていでしばししんみりした顔をしてから「次はサンダーユー!」と言って去っていきました(笑)。
「まあ減っただけなんだけどね」ウッチーが話し出して、「オーケンはサンダーユーって言ってたけど、正確には『Thunder You Poison Viper』」(ヴァイパァ〜のところが発音にこだわり)
エディもマイクを持ってしばしホンワカなMCに。サンダーユーでは俺と内田がいっぱい歌うんだけど、歌うの大好きなんだけど、後で録音したのを聞くとへたくそでがっかりする。っていう話など。
ウッチーが「筋少の曲をやれっていうので」とオーケンに言われたのかな?そんな訳で「孤島の鬼」をインストゥルメンタルのサンダーユー仕様で。筋少現在のハードプログレのアレンジも凄いけど、サンダーユーはまたシックでしゃれている。そのままハードロックっぽい曲に移行する。これはドラマージャパンさんのサイトで教えて下さいました。「Politician」長谷川さんの曲だそうです。
エディが次のライブの告知をウッチーにしてもらおうとするが、ウッチーそれを拒否(笑)ちらしを見て下さいーと言うだけ。気負っちゃうから?じゃあエディが告知して、映画の予告みたいに効果音をブォー!ってマイクに口近づけてやるんだけど、ウッチーにそれPAさんに怒られるよって言われる(笑)。この下のDuoで9/30にやりまーす。ということでした。だいぶ先ですね。平日ですが、全席指定だし前回もDuoでやって、ウッチーのディナーショーのような練り歩きがあったっていうから今度は絶対行きたいー!

メンバー戻ってきてまた全員揃います。オーケンが、筋少はカバー曲をいくつかやりました。HideさんのDICEとか、他ありますか?とふーみんが「KISSのパラサイトも」と言ってたが、レピッシュのサイクリングもあるよーと思って声かけたけど届かずでした。
逆に筋少の曲をカバーして下さった方もいて、早川義夫さんが「人間のバラード」をカバーしてくださったり、野水いおりさんが「小さな恋のメロディ」を、そして妖精帝國さんが「機械」をカバーして下さって、今日はゲストに来て下さいましたという流れで紹介して呼び出しました。妖精帝國からボーカルのゆいさん、ギターの紫煉さんです。ゆいさんのゴシック風な衣装はふーみんも似合いそうだなーと思って見てました。紫煉さんは、うん30代ぐらいのV系バンドマンって感じ(笑)。オーケンに挨拶するときに「図書館で大槻さんの本をみんな読みました」と言って、オーケンに「あなたそれ、スタジオで若手バンドマンに会うとよく言われることですよ」みたいに言われてた(笑)。あとふーみんが「丁寧なお手紙を頂いて…」と話しかけたら「それはもう1人のギターです…」となってしまってあわわ。もう1人ギターの橘さんにも来てもらえたら良かったですね。
オーケンは友達に妖精帝國のファンがいるので話を聞いて、Wikipediaを読んできましたよと(ガラケーでも見れると言ってた)
※妖精帝國(Wikipedia)

ゆい様は「終身独裁官」なんですよね。と聞くと「よく知っているな」とゆい様答え、初めて会ったときのエピソードが語られました。2009年のアニメロサマーライブに「大槻ケンヂと絶望少女達」で出たときに、ちょうど出順が妖精帝國のすぐあとで、下からせり出して来るのでオーケンはステージ下で様子を聞きながら「共演したら絡みづらいだろうなー」と思ったそうだ(笑)。ゆい様はオーケンファンなので声をかけたかったが、オーラがすごくてかけられなかったそう。それをオーケンは「俺オーラなし蔵だよ」と言うが、ゆい様は「オーラを内蔵してる」とうまい返し。ゆい様は「妖精」である「設定」らしいので、その設定についてオーケンがあれこれ突っ込み、ゆい様「めんどくさいと思っているだろう」と困ってるじゃないですか(笑)。オーケンはうちのギターも24歳っていう設定だけど…とふーみんを指差し24歳なのに、ちょいちょい40代が出てきて甘い、ゆい様くらいしっかりしてくれないとみたいに言うと、ふーみんが「夢のお城の24歳なのだ」って言ったのが、貴公子っていうよりも王様みたい?(笑)バカボンのパパ…がよぎったが、私より下の世代のファンは「ハム太郎」がよぎったようです。そっちのほうが可愛い!
デーモン閣下がすごい話などもあり、with妖精帝國で「機械」おいちゃんの名曲、時代を超えて聴きつがれますね。

そして次はいよいよゲストの横関さん、太田さんを呼び入れます!おいちゃんとふーみんは一時退場して、エディのピアノイントロから「マタンゴ」!おおおおおー!と歓声があがるがしかし、横関さんのギター音がトラブルで途中で中断する。「80年代らしいね」とウッチーの一言が良かったな。最初からやる?ということでエディのピアノから。
20周年武道館の時にもゲストに出られましたが、そのときは2階席だったので今回はスタンディングで間近に見れて迫力ありました!横関さんはけっこう笑顔で弾かれるのだなぁ〜と思って微笑ましかったりして。
そして太田さん!キノコパワー冒頭のセリフを言ってくれました!感激 (ノ_;) ウルウル…
太田さんといえば低音の素敵ヴォイスでセリフを入れる曲が、筋少にいくつかあるんですよね。今回のキノコパワーは当時のメンバー再現で、さらに私が初めて筋少に出会ったきっかけがこの曲だったので、その16歳ぐらいのときに戻されるようでした。
横関さんはここまでで、入れ替わりにふーみんとおいちゃんが戻って来る。これで90年代の筋少だとオーケンは言ってましたが、ほんとはキーボード秦野さんなんですね。
セッティング中に”イワン”のSEが鳴り出してびっくりした!てっきりやるのかと思ったー。太田さんドラムでやっても良かったのにな。
「中2病の神ドロシー」音源通りのメンバーで、太田さんのドラムでやっと演奏が聴けました!去年の中野サンプラザの時にやりたかったのかもしれない、聴きたかったから嬉しいです。力強くて優しい音でした。ニコニコしてみんな暖かくて嬉しかった。オーケンが「太田ありがとう!」って言って送り出しました。
長谷川さんとバトンタッチして、「イワンのばか」ド定番必殺技を出して本編終了。

アンコールでは今日はメンバー全員が登場して、今日出てくれたゲストにもう一度拍手!ってオーケンが言ってたかな。そしてもう1人飛び入りで駆けつけてくれました――と呼び出されたの、何大物ゲスト?水戸さん?って思ったら…
「河塚篤史、あじゃーん!」
あじゃんー!!! ヽ(≧∇≦)ノキャー♪ やったぁー!!!出てくれた!筋少もう1人の重要なサポートドラマーですよ!ここぞとばかりにあじゃんコールしました。あじゃん小柄なのに腰低いからもうちっちゃくなっちゃって(笑)
あじゃんに対してオーケンの表情と話し方が可笑しくて、筋少メンバーの弟分ですね。セリフ覚えてないけど、あじゃんがお祭りなら僕を呼んでくださいよーって言ってて、オーケンが僕関東だからそういうギャグが通じない的なことと言ったら、ふーみんが俺は関西人だから分かるよとフォローしてくれて、あじゃんとハグしてた可愛い(笑)。
なんだろうまたギターかタンバリンなのか(笑)って思ったら、太田さんが叩いたほうのドラムに座って1曲やってくれるんだ!「電波Boogie」嬉しいー!終盤のドラムソロ部分で、じゃじゃんって叩いて立ち上がってて面白かった。
それから長谷川さんが戻ってきて次に行くところで、オーケンが次の曲座って歌っていいかなー?座っていいー?と言い出して、アコースティック用の高い椅子が持ち込まれる。はけようとするあじゃんにオーケンが、座って歌っていいかどうかあじゃんに決めて欲しいということで、「あじゃんが背中を押してくれよー」と言って背中を押させる「それは俺がこのライブの行く末を決めてしまうという?」後ろから腰を優しく押すあじゃんが、まるでおじいちゃん介護してる状態で(笑)
あじゃんが去って行ってオーケン座って、激しい曲だけど座って歌いたいんだよねーと言うので何を歌うのかと思ったら「仲直りのテーマ」なの(笑)また新しい試みで。なーなーななーな♪にあわせて横揺れでニコニコして、オーケンはいつもこの曲で熱唱系のところ、今回はほっこり系な歌い方にして、ちょっとあざとい可愛らしさを演出してるようだった(笑)。仲直りは昨日はやってなかったんだね。ちょうど最近ソフトバレエの元メンバー3人のうち2人が仲直りしたっていう情報が入ったから(笑)ソフバも仲直りしろよーって思いながら聴きました。
オーケン最後に座ったまま、よくできましたーみたいな感じで手で大きく○してOKしてました。
椅子をどかして、続けてのイントロギターにうぎゃーってなった「ドナドナ」ここで入れて来るとは!おいちゃんをうっとりと見てた訳なんだけど、後半のテンポあがるところでエディの隣にあじゃんが!タンバリン持ってて!!シャカシャカパーンシャカシャカパーンってwww やばいなにあれ可笑しすぎるんですけど!乗りながら爆笑しちゃいました。おいちゃん気づいてなかった(笑)。あじゃん曲終わりまで居ないでそそくさと帰っちゃうし。
今日はいっぱい感動的なシーンがあったけれど、最後に美味しいところあじゃんが持って行ったって感じで(笑)ライブ終わった直後は、仲間が集まるとすぐにあじゃんの話で持ち切りw

最後の最後はやっぱり「釈迦」!折りたたみのうねりも一番大きかったでした。終わりにふーみんがギターを高く何度も上げてスタッフに投げるパフォーマンスと、おいちゃんはギターを下ろしてから前方のお客さんたちに預けて触らせるサービスをしてくれました。
オーケンが曲の前だったか、ゲストがいっぱい出てくれて出し物が多くて、昔の「筋少ちゃん祭り」を思い出したよねと言ってました。
おいちゃんがマイクに向かって「これからアルバムの制作に入る…よね(隣にいるふーみんを見て、ふーみんがよしと頷いて)入ります!」と言って、青年館で会いましょう〜!と挨拶してくれました。
BGMはTOTOの「Rosanna」が流れてて、オーケンが曲にあわせてエアカラオケみたいに歌いながらなんかキーボードやギター弾くふりしてて可笑しかった。それを笑って見てる3人が微笑ましかったです。

先月のリキッド2日間から、この2日間を通して、筋少の歴史を振り返って25年間を駆け抜けたようでした。なおかつ、当時の私が活動停止へ向かうときと停止中に感じていた、置いてけぼりになってしまった、欠けてしまった、心残りになってしまった事を取り戻せたような、そんな気がしました。筋少の過去と現在、そして未来へ繋ぐ思いをこめたようなライブだったと思います。
昨日のレア曲ライブでは、筋少の数多くの曲が、あと何回ライブで聴けるんだろうか?って思って切なくもなりました。でもすぐに「ペテン」が聴けてすごく嬉しかったです。一日でも長く、今の最高のメンバーでライブを続けていって欲しいですし、これからも筋少の新しいファン仲間が増えて聴きつがれると思います。素晴らしいライブをありがとうございました!

横関さんの公式アカウントより。

翌日アップされた橘高さんのFBのコメントに感激しました!


みんなの笑顔が原動力になってるって思ってくれて嬉しいです!私は筋少に生きる力を貰っています。出会ったときからずっと、今はもっとその思いが強くなっています。
デビューから26年目、復活して8年目ですね。筋少はこれからさらに未開の地へ進んで行くのでしょう。ついて行きます!

ロッキングオンサイトより セットリスト


[SET LIST]
01.サンフランシスコ
02.モーレツア太郎
03.ツアーファイナル
04.ペテン
05.俺の罪
06.スラッシュ禅問答
07.ロシアンルーレット・マイライフ
08.日本印度化計画
09.リテイク
10.孤島の鬼(Thunder You Poison Viper)
11.機械(w/妖精帝國
12.マタンゴ(w/太田明横関敦
13.キノコパワー(w/太田明横関敦
14.中2病の神ドロシー(w/太田明
15.イワンのばか

Encore
16.電波Boogie(w/河塚篤史)
17.仲直りのテーマ
18.ドナドナ
19.釈迦

広告を非表示にする