読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

橘高文彦@八王子 Live Bar X.Y.Z.→A


FUMIHIKO KITSUTAKA Birthday Party 2013「club DREAM CASTLE」


マスター : 橘高文彦
ホストBAND : 「Zig+Zag」 「Pan-d-ra」 「Perpetual Dreamer」

去年に引き続き、今年も橘高さんのバースデーイベントが行われました!
去年は長すぎて帰れない人続出だったそうで、私も途中で帰ってしまって残念でした。今年は3時間で終わらせると予告してましたが、それも寂しい気がしつつ(笑)今年は最後まで見れたらいいなーと思ってきました。
結果から言うと、ギリギリ終電に間に合って最後まで見れました!

誕生日といえば、24歳で年齢が止まっているという設定があっての、去年の「来年は25歳になれるといいな」からの長い前振りがあっての、今年の誕生日を迎えたということで。

ここで去年のコメントを振り返ってみましょう




3時間で終わらせるといったものの、最初から開演が30分押すという事態になってて、事務所社長からの挨拶で「準備に余念がないのでしばしお待ち下さい」と言われると場内爆笑になる(笑)
今年もう一組増えたプロデュースバンドのメンバー全員が入って来て、ハッピーバースデーを歌います。ディアふーみん〜♪
橘高さんはソロの衣装で登場しました。最初の挨拶が「残念なお知らせがあります…」って神妙に言うからなにかと思ったら「今年も24歳になっちゃいました!」なにそのテヘぺろーみたいなの(笑)
前の日まで25歳になる気まんまんだったのだけど、当日になったら街行く人が「24歳おめでとうー!」って声かけるんだよ〜。だそうです。そもそもステージのドラムセットの後ろにお祝いバルーンが飾ってあって「24」ってバルーンがあるし(笑)プロデュースバンドの皆さんからの花に「24歳おめでとうございます」って札がさしてあるし。
早口で言い訳をしてから「この設定もう飽きた?」っていうの可笑しい(笑)いや、いつまでも24歳でいて下さいね。
橘高さんが司会進行もしてて、Mステのタモさんのマネしてるのも面白過ぎる。もう文章では説明しきれません。「あれ持って来てー」ということで、大きなバースデーケーキが運ばれて来ました。
プロデュースバンドの皆さんに名札がついていて、今年のzig+zagのドラマーZくんは「フロアマネージャー」って書いてある(笑)。去年の働きっぷりでマネージャーに昇格したらしいです。

フロアマネージャーがケーキを運んで来るのだが、運ぶ途中でろうそくの火が消えてしまうハプニング。空気薄いのかな?持って来てから火をつけ直して、「ふーみんで」ってことでもう一度ハッピーバースデーふーみん♪皆んなで歌い、ふーみんひといきで吹き消す!拍手〜!どやーな顔(笑)

この後は、お客さんと1人づつ撮影会となりました。去年は公開OKにした条件として撮影後にふーみん直接画像チェックがあったのですが、そのせいで時間が伸びてしまったので、今年は公開不可を条件にしてチェックなしでサクサクと進めて行きます。
私は前半のほうだったので普通にツーショット撮影したのですが、だんだん皆さん色々趣向をこらしたポーズを注文したり、ギター持たせてもらったりと考えてますね。顔の前で両手でお花咲くみたいなポーズをお願いした方がいて、やったあとでふーみんが「宮尾すすむみたいやなー(笑)」って言ったのだが若いファンにはピンと来ないので???って顔してた子たちを見て、私には「説明しといて!」って言われた。 σ(^_^;;)ハイーってやつですね。
40人ぐらい来てたようです。あまりお話するような時間はなかったのですが、挨拶してプレゼント渡して握手してもらいました。
少し休憩してすぐに次のコーナーに。「みーやん紙出してー」とギターテック宮崎さんから渡されたメモをもとに、今年の橘高文彦を振り返るトーク。マシンガン状態で(笑)
ちゃんと覚えられないのでポイントをメモですが、今年は1月にX.Y.Z.→Aツアーがあって、2月から筋少のカバーアルバムの制作。パペドリのレコーディングも入って年間通して続けてたようです。年内に出せなかったので来意年早々に出したいとのこと。
3月の筋少所沢ライブの話は、所沢市のほうからオファーがあって実現したので、今後こういった会場運営側からのオファーがあれば、今まで行ったことのない所でも実現するかもしれないそうです。
リキッド2daysの話が飛ばされてたので、声かけたら拾ってもらえました。後はよろしく!って言われた(笑)筋少の予定だけはすぐメモが見れるのだけど、橘高さん全部の予定まではすぐに見れるメモをしてなかったので焦った (・ω・ ;)来年度はちゃんとすぐ見れるリストを作ろうと思いました。
4/18に人間ドッグを受けに行ったそうです。おかげさまで禁酒してもう4年ぐらいでしょうか、非常に良い結果が出ているそうです。禁酒したことでみんなとこうして逢える機会が増えて嬉しいと仰っていました。
8月はフェスとDDTプロレス参加があって、DDTはとても筋少と共通するものがあってとても気に入ったそうです。またいつか交流する機会があったらいいなと仰ってました。あと、夏は基本的にライブ活動はしないことにしてるそうです。暑いから。こんな格好してるからというのもあるけどだって(笑)
9/29からhideトリビュート参加のための制作を始めてたそうです。hideちゃんについてはすごくいい話を聞かせてくれました。今の若い子は神格化しすぎているんだけど、俺らはそうじゃなくて一緒に遊ぼうよっていう気持ちで作ったそうな。ギタリストって負けず嫌いで普通は褒めないんだけど、hideちゃんは当時「氷の世界」を出したときに「ギターソロすごくいいね!」ってとても褒めてくれたのが嬉しかったそうです。
それに付随して、「氣志團万博」のhideトリビュートバンドへのオファーが実はあったそうです。でも日付が先に「夏の魔物」参加とオーケンとの仙台ライブが決まってたので、断らざるをえなくて残念だったそうです。ヘリコプターで行こうかっていう案も考えたけどやっぱり無理だってことで。(※2014年氣志團万博開催が発表されたので、今度は筋少で出られるといいですね!)
筋少が渋谷クラブクアトロで「中2病の神ドロシー」というバンドとして編成を変えてライブをやったことについて。実はエディのセットが大きいので、ある一定以上の広さのステージでないと置けないそうです。キーボードの入らないX.Y.Z.→Aとは全然違うんですね。気持ち的にはエディはメンバーだと思ってるし、全国どこでもマーシャルを全部持って行って特効もたいて(笑)やりたいと思うけれども実際はそうはいかないので、今後変則編成としてコンパクトに出来ないかと実験的に行ったそうです。スタッフの数も減らして、例えば通常はギターテックさんがメイン1人にアシスタント2人のところを、メインの人だけ来てもらうとか。
10/24 KISS武道館を一般の人として見に行った(笑)。拡散波動砲ドリキャスのチケット発売で取れないという苦情がいっぱいきたので、その気持ちを知ろうと思って自分で取ってみたら1階の一番後ろでがっかりしたそうです。ゲストを招いたドリキャスは今後もやりたいそうです!期待してますー。
アーバンギャルドとの対バンは、以前から筋少をとてもリスペクトされてて嬉しかったそうです。メンバーが変わって一発目のライブだったそうで、いい感じで送り出せたと思うと仰っていました。

次のコーナーはいよいよプロデュースバンドのお披露目ライブです。今年からファミリーに加わった「Perpetual Dreamer」から。リーダーのキッシーさん、ギターはやっぱりVです!いつもは大阪で活動していて、このために東京に来そうです。入ったきっかけは、キッシーさんから熱いお手紙が事務所に届いて、デモを聴いてプロデュースすることを決めたそうな。ボーカルのnozomiさんは「永遠の16歳」設定で(笑)また増えて3人になったよーっていう(もう1人はZig+Zagリーダーのキンヂくん18歳)
まず2曲を披露して、初めて聴いたところやっぱりヘドバン曲ありで(笑)メルヘンメタルというコンセプトということで、見た目と歌詞は可愛らしいですが曲はハードですね。ボーカルは黒猫さんと凶子さんの系統をどっちも併せ持ったような感じだと思いました。アルバムリリース期待してます!
それから橘高さんが加わって、nozomiさんにちなんで「ノゾミのなくならない世界」をセッションです。オペラコーラスと両方やってて頑張ってました〜!

キャリア順ということで、次はPan-d-raの番。ふーみんが司会進行もやってて(笑)Mステのタモさんのマネするのがすごい可笑しかった。「はい次はバンドラでーす」とかいって。ボーカルトシキくんのキャラが相変わらずで安定の軽さ(笑)衣装はいつものじゃなくって、人数が多くてかさばるので特別に今回はシンプルにホスト風のスーツで揃えたそうです。ベースのマーヤちゃんは女性なので、ミニスカニーソで可愛い♪


今年はじめにライステで見た以来かな?1年でライブをたくさん重ねて成長しているなあーと思いました!2曲目のトシキくんが扇子使って踊りながら歌う曲面白かった!これはアルバムにはまだ収録されてなくて、ギター翼君の曲で橘高さんからのアドバイスで、世界観がかっちりしてるので、1曲もっと崩したような感じがあったらどうかっていうことで作られたそうです。踊りが凝ってるのでふーみんには無理だって言ってた(笑)かけもちファンの皆さんはちゃんと踊ってて楽しい〜♪
橘高さんが加わってセッションは、トシキくんがハイトーンボーカルで80年代メタル風が合ってると思うのでということで「Never Ending Story」イントロから歓声あがって盛り上がりましたー!ヘドバンの嵐!これは原曲二井原さんの歌だけど、X.Y.Z.→Aではなく橘高さんソロユニット扱いなのでやる機会があまりないんですよね。貴重でした!トシキくんのボーカルも合ってるし、演奏もバッチリ決まってました。思った以上に最後にかけて登るように盛り上がっていったので、すごくライブで楽しい曲なんだなぁと感心でした。

最後はキャリアが一番長いZig+Zagです。活動はトータルで10年になるそうで、初期はNHKのバンドコンテスト番組で、オーケンが審査員だったことがあったのが、これも不思議な縁だねという話が出ました。私、これ見てましたよ!オーケンが注目してたし異色だったのでよく覚えてる。K〜さんから当時の裏話として、バンドの小道具なのかな?使ってた絵をオーケンが見て「こわーい(T_T)」って感じに言ってたらしい(笑)
新しい曲をやりました。やっぱり上手いし面白い!やっぱりヘドバンするんだね(笑)。久しぶり見ましたが、キンヂくんの動きが前見たよりずっとオーバーアクションになってました。ほんとはもっとライブも見たら楽しさも増えるだろうなーと思うのですが、なかなかそこまで手を広げられなくて。でもこれからも応援していきたいと思います!
橘高さんが入ってのセッションは何を選んだかというと…とタイトル言わずに始まったイントロでおおおおお!!!と歓声があがりました。「スラッシュ禅問答」!!!これは筋少でも今年一度もやってないと思う。レア度高いですね!かなり高速スラッシュな曲ですが、筋少にかなり近づいててとても素晴らしかったです!K〜さんの唄もすごくいい感じでカッコイイし、何よりドラムZくん頑張りましたー!曲おわってしばらく放心してた(笑)。着席ライブではありますが、みんな思い切りヘドバンして腕あげて盛り上がりました!

最後に選抜メンバーの演奏で橘高さんボーカル曲の「Thank You」を熱唱しました♪
あれ、あと1曲あったかも?この時点で終電近づいてて焦ってたので(T_T)
プロデュースバンドの皆さんは、みんな暖かくて仲が良くて、橘高さんをすごく尊敬しているなぁ〜というのをひしひしと感じました。橘高さんも、子供のように優しくかつ厳しく見守っていて、うちの子たちをどうぞよろしくっていう感じで、終わりの挨拶で一人一人を紹介していました。
これからも橘高さんとプロデュースバンドを応援していきたいと思います!
結局時間は3時間超えてしまったので(笑)、「来年は4時間で終わらせます!宿取っておいてください(笑)」だって。開演時間を昼からでお願いしたい所ですね〜。それから、年末ライブ橘高物販福袋は来年もやります!と宣言して下さいました。これ以上ネタが思いつかなくて、空飛ぼうか〜?なんて言ってたが、必ず皆さんの期待の斜め上を行きます!だそうです(笑)。


広告を非表示にする