読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@ROCK IN JAPAN FES.2013 SOUND OF FORESTステージ

今年もやってきました、筋少が夏フェスに!発表されてからあっという間に真夏のステージです。

筋少の出番は18:05でしたが、その前からオーケンは2曲歌ってきたそうです(笑)。
16:00 DJハヤシ@DJブース
オーケンが飛び入りゲストで参加しました!
ロッキンオンのクイックレポートオーケンの写真が載ってます。

ポリとまた違う、私服っぽいメガネのハヤシくんもいいですね〜。
私は10:30からのグラスステージのPOLYSICSを見たのですが、DJハヤシは見送ってしまったので、見れなくて残念でした(泣)

さて、筋少は去年までとは違う、レイクステージの隣の飲食屋台の奥にある、木に囲まれた「SOUND OF FOREST」ステージに初の登場です。時間も少し遅くなりました。
見てみると、ステージの広さは赤坂ブリッツに近い感じでした。もっとも筋少らしいかもしれません。
始まるのを待っていたら、雲行きがあやしくなってきてポツポツと雨が。だんだん降り始めてきてどうしよう!と思っていましたが、スタート時間が近くなるとほとんどやんできて、豪雨みたいにならなくて良かったです。去年のOTODAMAではけっこう降ってしまったのを思い出してヒヤヒヤしました。

おなじみのマーシャル山積みふーみんのゴージャスセット、エディの鍵盤セットも運ばれてきていつもの光景ですが、ちょっと違うのはドラムセット。ツーバスでもメーカーが違うのは、河塚さんのセットです。NESS、FSZに続いて筋少でも河塚さんがウッチーとコンビでやってくれます!

KISSの雷神がかかり、筋少が入場してくる〜!と思ったらオーケンの姿にまず爆笑。「夏フェスにアングラをー!!!」と叫びながら、マネキンの首持って来る。去年に続きまたそれで行きますか(笑)。しかも白衣だけじゃなくて中のシャツも顔のメイクまで血がついてる凝り具合、ワンマンより気合い入ってるじゃないか。
ウッチーはいつもの筋少スタイル、おいちゃんは筋少物販の赤Tアレンジで白スキニー、ふーみんの白ドレスと合ってる感じで。河塚さんは今日はノーメガネで髪下ろしててカッコいいですね。

今年もWOWOWで生中継が入る事になったので、オーケンがまたお茶の間を意識したMCがあって(笑)、これはロッキンオンのクイックレポートでも書いてあります。

1曲目が「ツアーファイナル」なのがまず意表つかれてビックリして、テンションがすごい上がりました!
予想ではイワンと印度とダメと釈迦やってあとMCで時間終わっちゃうのかなぁ〜と思ってたので。やっぱり筋少はいつも予想を上回って、コアファンも新規のお客さんも楽しませてくれます。
ワンマンだと後半のほうに入るイメージが強かったので、1曲目なのも新鮮でした。後半でおいちゃんが前に出て、気合い入れて両手を口に添えて何か叫んで、オーディエンス後方を煽ってからのカウント、そこからおいちゃん、ウッチー、ふーみんが激しく弾くところ、カッコイイんですよね。ふーみんの白ドレスがターンするとふわっと翻ります。
最後のオーケンのかけ声が「筋少ですっ!」っていうのも、お茶目でした。

前振りなしで、次は「日本をインドに!」╲しーてしまえ!/のレスポンスも、ワンマンのようにばっちり返したオーディエンスです。DJハヤシから来てくれたPOLYSICSファンもいてくれたかな?
中間のコール&レスポンスではオーケンMCの独壇場でした(笑)。ここでWOWOW生放送に向けてアピールするオーケン、夏フェスにくる奴はリア充、お茶の間は行く所がない非リア充だとか言って、テレビカメラに向かってヘイヘイヘイ〜をやらせて「聞こえねーよー!」テレビだから。いつまでお茶の間を煽ってるんだって思って見てましたが(笑)、帰宅してWOWOWの録画を見てみたらオーケンにテレビから話しかけられるっていうアングルになってて、画面の微妙な動きがカメラマンさんノリノリだなーと見えました。それにしても!他のバンドと比べると演奏が少なくて、オーケンが面白い事やってお客さん爆笑っていう映像がほとんどっていう。 (ノ∀`) あちゃー。それも筋少の楽しさだけれども、フルで演奏するところ見たら筋少ってすごくカッコいいバンドなんだよ!という事がもっと伝わると思います。
放送でもオーケンの煽りのあと、ふーみんとおいちゃんが向かい合ってセンターで弾いてる所とか、その横でウッチーが微笑んで弾いてるところなんて素敵でしたし、放送の後はもっと筋少の魅力が発揮されました。

オーケンが、俺って非リア充の元祖みたいだったでしょうっておいちゃんを見て言うから、おいちゃんがウンウンと強く頷いてたのが可愛かった(笑)。おいちゃんのほうは、たしか高校生の時にディスコ通いでリア充度がオーケンよりは濃かったような〜と思い出したりして。放送でも流れたので省略しますが、オーケンの夏の青春は中野でピンク映画を一日中見てたっていう話があって、それが47歳になった今、夏フェスに出れるとは夢あるよ。と言ってからのお客さんに向けていいことあるよそのうち。ってドヤ顔で上目線で話すっていう流れに。
それで思ったんだけど、昼間にグラスステージから全体を歩いてみた時に、後方にシートやテントが置いてあって、20歳ぐらいの若い男女の複数人グループが楽しそうにしているのを見かけると、去年も思ったんだけど、これがいわゆるリア充って言われてるやつだなぁと思って。都心から離れた広い所で、3日間朝からずっと居るんだろうなと。
そういう青春時代は私にはなくて、20歳ぐらいの夏は筋少のツアーに行っていた。今でも旦那と子供は別行動で、筋少見に行ってるし、変わってないなーと。ライブはフェスもイベントも色々あるけど、行動の原動力がリア充的な仲間との祭りを楽しむのが前者だとしたら、自分はいわゆるバンギャ的なのかな?と思ったりもしました。移動はほとんど1人で、現地でファン仲間と会ってライブを楽しむという感じです。

放送では「蜘蛛の糸」の前振りで終わってしまいました。夏フェスに似つかわしくない曲を持ってきましたとオーケンが、みんなで合唱してみないかい?大丈夫、大丈夫って言う後ろでイントロSEが流れてきて、これもまたビックリでした。
オーケンが会場を一体にさせるように一生懸命に煽っていました。おいちゃんが弾きながらボーカルを入れるのにうっとりして見てたら、背後でエディが扇子を持って面白い動きをしてたのが目に入って吹き出しちゃいました。
たしか、ここでオーケンWOWOWの放送はここまでです〜さよーなら〜!って言ってたと思うのですが、実際はここまで放送されなかったんですね。さよ〜なら〜!とあわせてメンバー4人が一緒に手を振ってたのも可愛かったです。

楽器チェンジでおいちゃんが黒レスポールに持ち替えました。ふーみんは椅子に座ってエレアコを持ちます。そう来たらこの曲やるんだ!と嬉しくなりました。「香菜、頭を良くしてあげよう」おいちゃんギターのメロディ、音色がとても心地よくて、ふーみんが鳴らすエレアコと重なってとても綺麗で。これが森の中では一番合うかもしれません。おいちゃんがニコニコしててギター弾くのが楽しくてしょうがないって感じで、すごく嬉しくて見てたのですが、その間にふーみんがウッチーの頭をポンポンしてあげる仕草をしてたっていうの、後からウッチー側で見てたファンに聞いたので、それ見たかった〜!と思いました。

ちょっとホッとした後、たしかここで筋少はデビュー25周年です。という話があったのかな。もっともっとバカなことやり続けていきますんでよろしく!っていう感じのMCをして、さっき放送中に「オーケン老けたってtwitterで呟かないでください」って言ってたけど(笑)、老けたから若い頃よりもっとカッコ良くて、さらに面白く楽しく、おじさんが全力でロックをするのが今の筋少なんですよね!
MCはオーケンしか話さなかったけれど、よろしくって言った時にふーみんが貴公子スマイルで右手をあげてポーズしてたり、ウッチーもおいちゃんもよろしくって感じの笑顔で揃ってたのが、とても素敵でした。

オーケンが、さっきDJハヤシで2曲歌ってきてバテたとか言ってたが、もう大丈夫だとか言ってまたテンションを上げての「釈迦」で!あと少ししかない筋少のステージだと思って、全力出して盛り上がりました。動き回る4人、エディも前に出てきます。ウッチーとおいちゃんがポジションチェンジするとエディがウッチーの隣で激しくダンス!おいちゃんがペットボトルを持って前に出て水をまき、ふーみんはピックをまき、最後はオーケンがヌンチャク振り回し、ふーみんはギターを放り投げます!その隣でウッチーがおおっと大げさに驚く仕草がかわいい。そしてその間にちょこっとおいちゃんが、後方に置かれてたオーケンが持ってきたマネキンの首を持ってきて振り回すっていう(笑)。はしゃいでて笑顔で可愛かった〜。

もっと盛り上げるようにオーケンが、天高く飛べるぜー!という感じで煽って両腕をクロスさせて「踊るダメ人間」へ持って行きました。アレンジがセルフカバーバージョンになって、最初のダメ人間ーにんげーん!でジャーンってさせる部分で、4人が横並びでばんざーいっていう仕草をしてたと思うんだけど、あれはイワンの間奏中の全員ばんざーいに続く新しいアクションなのかな?と思って微笑ましかったです。あと、やたらにオーケンが曲中に「これがロックインジャパン名物、ダメジャンプですよー!」って言ってた(笑)。そんな冷静に聞いてるどころじゃなかったから、どれだけ言ってたか覚えていないけれど。
燃やしたって〜と歌うところで、おいちゃんが前に出てきて右指を上にむけてメラメラ〜ってさせるような仕草もカッコ良かった。やっぱりみんな華やかっていうか、うまく表現できないけれど、他のバンドにはない筋少独自のステージパフォーマンスがあって、楽しくて美しいものがあります。
オーケンの面白いMCが注目されがちだけれど、筋少のライブの魅力はもっと深くて、それにはまっちゃう人は多くはないけれど、はまったら底なしに楽しいです。来月のワンマンが待ち遠しいです。河塚さんもすごく笑顔で、歌いながら叩いていて楽しんでいるように見えました。今度9/22の横浜ブリッツはフルステージでよろしくお願いします!

私は筋少が出なければ、夏フェスには行かなかったですし、ほとんど筋少を見るためだけに夏フェスに行っていますが、金額がワンマンより高いし遠いし、出番も短いし。だけれど行って良かった!と思わせるだけのライブを毎回やってくれるっていうのが、凄いことです。
オーケンが「俺ロキノン厨だから、全部のステージに出てみたくって。」(ネットで使われてるのと意味合いちょっと違うけど)みたいな事を言ってたのですが、来年はぜひ一番広いグラスステージで、一度は見てみたいですね。

ハヤシ君は、筋少のステージを見ててくれたみたいです。

広告を非表示にする