読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

NESS×PARA@KOENJI HIGH(ゲスト:大槻ケンヂ)

NESSのホームグラウンドHIGHで、今回は山本精一さんのバンドPARAとの対バンです。
フロアの雰囲気もこれまでより大人っぽい感じがしました。でも先にPARAの出番で演奏の始まる前に山本さんがぼそっと一言、客層が若いって。うちの客は男性ばっかりだから、ついていけるかな。といった事を話して曲が始まりました。
それから、メンバーの一人が海老名あたりで事故にまきこまれて(渋滞で進めず)来れなくなったのですが問題ありません。だそうで。そんなこともあるんだー。山本さんは終始落ち着いていて、他のメンバーは微笑んでいた。
私はぜんぜん予習してこれなくて、NESSのサイトにエレクトロニカ・ロックバンドって書いてあったから、もっと電子音とかあるのかなーって思ってたら、予想とは違っていて、私の印象だと昔ながらのプログレで、YESとかクリムゾン、UKみたいな感じ。歌はなくて鍵盤のオルガン音の印象が強くて、それで山本さんともう一人のギターが緻密に音を奏でて、中央のドラマーさんがとても楽しそうな顔をして全体を見ながら叩いていた。でも、いなかったもう一人のキーボードの方が入ってたらまた違った印象になったのかもしれません。まだここでは全力は出さないぜって感じ?
最後の曲の濃く広く広がる感じの音の波がすごかった。山本さんはマイクをギターの弦にあててノイズを出していました。

セット転換がしばらくあった後で、スクリーンの壁全体に映像が映し出される。このバックの映像、効果的な光と動き、ノイズなども含めてのNESSのステージです。
正確に覚えてはいないので印象で書きます。MCの流れは順番合ってないと思います。
入場曲代わりに1曲目「VVV」は音源をまるごと流し、メンバーがゆっくりと登場する。なぜか戸田さんの位置に河塚さんが寄ってきて、MacBookを眺め指をさしつつ耳打ちし合図する。次に河塚さんが順番に三浦さん、ウッチーに寄って耳元でなにか話して確認してからドラムセットにつく。河塚さんが予期せず前のほうで見れて、眼鏡とヘッドフォンが似合ってて美人だなぁって思った。そのまましばらく1曲終わるまで待機する。
「Nesso」から。続いて「Desert」MCこの後だったかもう1曲あったか忘れた。
三浦さんが最初に、もうPARAが凄すぎて次に出てきてやりにくいっ!って苦笑い。三浦さんに数を数え間違えるなよー?とか言われてウッチー照れ隠し?なのか右手をピースしてた(間違ってたから?)みんな浮き足だってるよって三浦さんが言ってた時のウッチーがおどけてフワフワした動きしてたのも可愛い。
戸田さんが前回のライブで、山本さんと共演できたら「あがり」だって言ってたエピソードが印象的なんだけど、戸田さんはメットとゴーグルで顔が見えないからよく分からない(笑)今回は特にアクションや話はなかったと思う。
SneS」戸田さんの曲とすぐわかる、浮遊感と透明感があって好き。三浦さんが「人の曲が大人気」とか言って始まった「エクソシスト2のテーマ」は、昔のホラー洋画を早回しダイジェストしたみたいな映像が一緒に流れるのでおなじみで、ウッチーがちょくちょく上を見て映像に同化するみたいでおちゃめだった。そして戸田さんは通称ロンパールームと呼ばれる金属のわっかを、今回は内側から叩く。
新曲から「Tree of Papers」は、ちょっとハードロックぽさと80'sNWぽさがあって好き。三浦さんを見てるとすごく楽しそうな顔してる気がして、長い付き合いの仲間が周りにいて、好きな音楽を好きなようにやってて素敵だなぁ〜って。私はそれを見て嬉しいし、でも自分は見る以外にはなにができているの?学生時代からの仲間も地元もなく、積み重ねて作り出すようなものがないのかなぁーとか思ったり。

NESSも回を重ねて、お客さんとの関係がロックバンドらしくいい感じに進んでて、それを見届けられるっていうのが嬉しい。とにかく面白かったのが三浦さんの話で、PARAと対バンということでもう"あのお方"っていう感じで大尊敬していて「良かったでしょ?凄かったでしょ?」と観客に話したり「PARAは今日音源持ってきてないんだって、買いたかったのに!」と残念がったり。緊張したので今度は凄くないバンドとやりたい。いろいろ思いつくけど名前を出すと問題があるから出しませんだって(笑)。
安全地帯は凄いから対バンしたいって話もここで出たのかな?そしたら河塚さんが、こないだ音楽チャンネルを見てたら、安全地帯のライブが放送されるってCMを見てこれは見なければって思ったんだけど、放送が今日だったので録画予約を忘れた。誰かダビングしてくださいって手をあげてお願いする(笑)。再放送あるといいですねー。
そこで三浦さんが音楽チャンネルなんか見てるの?うちはスカバーとかそんなものは無いと言い、内田の家は映るの?って聞くと「うちはプロレスしか映りません」プロレス専門チャンネルね。戸田君はドラクエしか映りません、うちも同じだけどとか。三浦さんはニュースだって。きっとNHKずっと見てるんですね。一番大人だー。こないだポットキャスト番組のゲストで、NHKずっと見てるから朝ドラは必ず見るって言ってたし。これを聞いて、昔と違ってみんな同じ民放を見るような時代じゃなくなって、多チャンネルだしゲームもあって、多様化してるんだなーって。うちも録画しといたものを見ることが多いし、子供もテレビつけずにネット動画見てることも多い。
ニュースの話から三浦さんが、スノーデンってどうなるんだろうね?と最近アメリカから亡命で話題になってる人の話が。日本語で「雪電」って書いたらカッコイイって三浦さん言ってたけど、それ私もニュース見ながら実況掲示板アプリで見たばかりだぞ(笑)。さては三浦さんも見てるなって思った。

いよいよ今日ゲストのオーケンを迎え入れる。オーケンは長い付き合いで筋少も30年前から今も見てるよねって話になって、ケラさんは見てくれないけど三浦さんは見てくれてるなぁ〜。昔見た大槻は出ると前の女のお客さんのオッパイをつかんで「おーモーレツ!」モーレツア太郎ってやってたと、これまた古い話を(笑)。ナゴム時代のエピソードですよね。それに比べて今は大人になったよなーと、三浦さんは近所のお兄さん的な感じです。
出てきたオーケンは、眼鏡にニット帽子で、シャツも珍しくぴったりした黒のスポーツウェアっぽい感じで、ファンにはたまらなかったのでは。いつもだぼっとした服装が多いからね。
ステージセンター前に椅子とマイクと譜面台が置かれて、三浦さんからなんで座るの?俺たちは立ってるけどって話から、どうしたらいいか分からなくって〜とギターを持ってみたり、いやおかしいからやめようと下ろしてみたり、グダグダする。持ってきたギターが清水健太郎が持ってるのと同じモデルだとかいう話になって、シミケンまた逮捕されたね〜と、脱法ハーブだったとかで、三浦さんがオーケンに「大槻はやってないの?脱法ハーブ」って唐突に聞くし(笑)。「俺はタバコもすわないもん」でも水タバコはやってみたいと、高円寺は水パイプたばこ屋さんがいっぱいあるよね?と話しだしたら、お客さんに働いてる人がいたりとか。三浦さんとのトークがまたのほほん学校状態になってる。
他にもたしかオーケンが、テレビで昔の映画を見たよって言って、(「殺しのドレス」と教えてもらいました)三浦さんに見た?知ってる?と聞くが、俺は俺映画はジブリか昔の角川しか見てないから知らないよとのこと。オーケンが意外そうな顔して、「殺しのドレス」は、美術館に行った女の人がいてつきあった男が火をつける?とかで、P-modelの「美術館で会った人だろ」の元ネタになったのでは?と言ってた。三浦さん「誰か平沢さんに教えてあげて」と前を見て言ってました。はたして本当なのでしょうか?

オーケンにギターはいるのかどうかは、シールドが刺さってないので弾かなくてもいいらしく(笑)。ウッチーが不思議な感じで前に出てオーケンの隣でギターを覗き込む。
ウッチーがセリフを用意してたかのように、オーケンに向かってNESSを歌うんだい?みたいな事を言ってたかな。オーケンも説明するように「『筋少拡散波動砲』のひとつとして、メンバー同士のバンドにおじゃまして…」と話していたのが、二人とも健気で嬉しかったです。
この後か前かに、三浦さんがNESSの客はほんとはすごいんだよ、ダイブが出るよ!とかポゴダンスするよとか言い出して、「おまえらやれよ!」(小声ふうに手を口に添えながら)と舎弟に言うみたいな感じだったのが面白かった。その後も、NESSはそんな激しい動きするお客さんはいないので、いつもおとなしい雰囲気なのですが、ポゴダンスなんでしないんだよー!と怒ってみたり、「この役立たず!」ってすねて言ったりする三浦さん。ポゴダンス知らなかったらPOGOのライブビデオ見てこい、今やってるか知らないけど。とかパンクスの集まるライブハウスの事を言っていた。きっと80年代のイメージで、ラバソ履いたパンクスがピョンピョン跳ねるやつですよね。
なんだか、お客さんをおまえら呼ばわりしてるとMCの感じが水戸さんに近くなってる気がして、先輩後輩感っていうか、気持ちの距離が縮まったような感じ。
オーケンが入ってどんな事をするかというと、前回は中野テルヲさんが入ってアンコールで共演した曲「Sonzai」を、中野さんが歌った所をオーケンが歌うことに。なるほどー。三浦さんと掛け合いっぽい感じで歌うので、オーケンが入るとまた全然違って、がらっとオーケンのボーカル色になりますね。
次の曲は「Nature」いつも戸田さんと三浦さんがボコーダーで歌うところを、オーケンボコーダー通さないボーカルで。オーケンは歌う前に、いつも聞いてる音と違うから皆さん違和感ないかなぁ?と気にしていたけど、違うから珍しくていいんですよね。爽やかなメロディと電子音がシンセに通じるものがあって、ケラさんの歌でも聞いてみたいし、オーケンともぜひ、また別の機会で聞いてみたいと思いました。
オーケンは一応ギターを弾いてるていではあったけど音は出てないはず。後で三浦さんが、自分達の演奏とぜんぜん違うフォークギターみたいなストロークしてるから可笑しくて、新しいよねという事を言って喜んでました。

オーケンを送り出してまたNESSだけに戻って、たしかここで物販紹介コーナーだったかな?河塚さんがまず取り出した新作の「NESS2」アルバムジャケと同デザインのハンドタオル。続いてウッチー、三浦さんと取り出して、バックの小さい女性にもいいですねと言ったかと思えば、あんな小さいバックは何も入らない!あたしは男に全部払ってもらうのよってことかー?とついでにディスって言うわ、ここに来てるお客さんはバックでかい?と褒めてるのかどうか謎だった。ウッチーは、こんな小さいサイズのタオルでいいの?と不思議がっていた。そして戸田さんはタオルでメットをふきふき。磨くんですねと三浦さんが解説する。あとTシャツのワゴンセールをして夏だから値下げするから言い値で買っていいとか言い出し、スタッフにダメですといわれた(笑)。
それから次回の告知コーナーは、9/13のウッチー祭(仮)ウッチーのバンドが3つ集まる、ウッチー版ドリームキャッスルですね(笑)。これにNESS出演が決定!と、三浦さんと水戸さんとで「ウッチーズ」も。これはもうだいぶまえに一度やったんですね。筋少復活の直前で。あとで調べたら、2005年12月24日に、みのすけさんのライブの1コーナーとしてやったんですね。この時はウッチーが自作の野口五郎のカラオケを歌うってやつとかで(笑)。あれから7年で再び!次はどうなることでしょうか?
そして新バンド"扇愛奈とFoo-Shah-Zoo"も、早くも2度目のライブが決まりました!ウッチーと河塚さんはこちらにも。扇ちゃんとおいちゃんもこの日は見に来てたそうで、メンバー揃ったんですね。来週の初ライブへ向けての打ち合わせとかも?って思ったら、後でおいちゃんがtwitterで「あつしに会ってない」だって(笑)。あらら〜。とはいうものの、なにげにこの日は筋少4人のうち3人が揃ったんじゃないですか (ΦωΦ)フフフ。オーケンには会ったんでしょうね。9/13はおいちゃんとウッチー組で、翌日からはふーみんとオーケン組が青森・仙台へと行きます。どっちも行きたいけれど、どっちもはかなり厳しいですね!
そんなたくさんのバンドを同時にやってるウッチー、メールで連絡をするのだけど、メンバーもそれぞれ複数のバンドをやってたりして、どれがどのバンドの連絡なのか混乱してしまってるそうな。混乱してグルグルなウッチーの仕草がかわゆい。
バンドたくさんやってて、学生か?大人の「けいおん」か。っていう例え話から、三浦さんがアニメの「けいおん!」って…という話題になって、あの女子高生バンド「放課後ティータイム」っていうの、普段はお茶して話してるだけなのに、演奏始めるとすげえ!プロ並み!っていう(笑)。それはアニメだから、プロが演奏してるからですね。そこで河塚さんが話に加わり、先日アイドルのライブでカバーするので「けいおん!」の曲のドラム叩いたけど、あれめっちゃ難しいですよ!五線譜真っ黒ですよ!と。
その後に本編最後は「Summer Folklore」で。曲を聞いてて思ったのが、アニメやボカロなどのキャラとか、アイドルの女の子たちとNESSが関わることも、この先可能性あるかもしれないし、やったらきっと合うしもっと知名度上がるかもしれない。でも、やりそうな気がなんかしない。まだ三浦さんの周りの人達とで、仲良く楽しくやってて欲しいなっていう希望があって、それが昔ながらのよくありがちなファンのわがままみたいで、本当にいいのかどうかは分からないけども、まだ若いかけだしのバンドとはもう違うしね(笑)。三浦さんとメンバーが自由に楽しくやってくれればと思います。

アンコールで戻って来るけど、ここで三浦さんがアンコールの拍手に覇気がない!って怒られてたかな?(笑)。年齢層が落ち着いてるからね〜。
ウッチーが黒い扇子を持ってパタパタ扇いでる姿がよく似合ってた。今回はスティックの出番はそういえば無かったですね。でもいつものスペクターで、骨太で色っぽいベースを聴かせてくれて、つなぎ衣装の前を大きく開けたところがとてもセクシーでございました。あんなに美人だったら、そりゃオーケンと並んだら知らない人からはカップルに間違えられるでしょ?って思った(笑)。
アンコールで三浦さんが「ホタテのロックンロールです」と言い切って「R33」を演奏したあとで、オーケンを呼び出す。オーケンがアンコールもう1曲あるのかと思ったぁ〜とびっくりした顔。次に山本さんを紹介して呼び入れるのだが、三浦さんの背後に来ていて三浦さん後ろ後ろ状態だった(笑)。山本さんのセッティング待ちの間でオーケンと三浦さんがしばしトークする。三浦さんがオーケンの話を、さすが盛り上げるよねぇと感心していました。トークの間に機材からピーとかピョーとか大きな音が鳴るのでオーケンがビックリして、三浦さんが「鳥の鳴き声なんですよ」と。その後も何度かビーと鳴るたびにビクっとするオーケンが、鳥の音を聴きながら話すのって新しいですねとか言ってた。
しばらくして山本さんが準備OKで、三浦さんが「お願いします」って言うのに「何を?」と聞き返す山本さん(笑)三浦さんが気を使って恐縮しまくりながら「演奏です」って言ってたと思う。
山本さんは下手側の奥でギターを弾いてて、前には出てこなかった。オーケンは演奏の前に「僕は町田町蔵役ですね」と言ってたかな?奇声を発する係ということでと。でも、今日はリハの後待ち時間が長くて、そばを食べてビール呑んだら眠くなってかなり寝ちゃって、寝起きだから声が出るかなーあーあーって不安げでした。
曲は前回オーケンが石川さんとケンヂ浩司をやったときにNESSとのアンコールでもやった「白鳥の湖」の曲で、即興で叫ぶといったもの。今日のMCの流れから、シミケンと失恋レストランのワードを繰り返し叫んでた。あまり覚えていない。
最後にメンバー紹介をしてから、NESSが一人づつ退場していくとき、ウッチーが最後にiPadを小脇に抱えて扇子を畳んで頭をちょんとやって下げてたのがとっても素敵でした!

広告を非表示にする