筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

特撮@shibuya duo MUSIC EXCHANGE

「パナギアの恩恵」発売記念ツアー2013

先月発売されたニューアルバムのプロモーションが活発になっている中で、いよいよツアー初日です。アルバムを聴いてライブでどうなるのか想像して楽しみにしていました。
会場が珍しくO-EASTの下のDuoで、あまり激しいロック系のバンドがやる印象がなくて、行った事も少ないので記憶がありませんでした。筋少復活の時に「のほほん学校SP」をやった場所で覚えています。座りトークでしたし。それから、ケラさんが2年前ぐらいに結婚パーティーやった場所っていうのは記憶に新しいと思ってました。(関係者しか入れないので、福間さんとか招待客の報告などで知った)空手バカボンやったんですよね〜。それをオーケンも印象深かったみたく、ライブで早速その話題にふれてました(笑)

特撮ライブはちょうど1年ぶりでした。ナッキーが足を骨折したせいで座ってのライブだったんですよね。あまりよく見えなかった記憶があったので、ナッキーが立ってる特撮ライブはとても久々です。

※以下、ツアー中でネタばれ含むのでご注意ください。

ステージの壁の右上に「特撮」のロゴ旗が貼ってあって、ナッキーのマイク横の足置き台?に特撮ロゴタオルが貼ってあって、左奥のベースアンプの上部にも貼ってあります。ステージがリキッドに比べると低めかな。
入場時のSEはなくて、BGMが消えて会場が暗くなると、メンバーが歩いて入場してきます。
オーケンはラフな感じで、特撮の新しいTシャツを着ていて髪はジャケットの写真のようにして被りものはしてません。
1、アベルカイン
皆に聞きたいことがあるー!猫なのか、犬なのか!という前フリからの「猫猫猫猫!」╲犬犬犬犬!/とコール&レスポンスで助走付けて「アベルカインっ」短くタイトルコール。
ナッキーの轟音ギターでゴリゴリ押し進めるの久しぶりに聴けて嬉しいです。
2、バーバレラ
3、ヨギナクサレ
意外と既存曲が続き、昨年の特撮ライブを思い出しました。ナッキー中心に見たので、俯き加減で弾いてたりとか、ネックを振ったりする動きを見れて感激でした。
最初のMCでオーケンが、最初に謝っておいていい?とか言って、「パナギアの恩恵」ジャケットでツルツルお肌なのが、初めてライブで見たお客さんが「違う!」って思うからだとか(笑)
自分のことだけでごめん、もう1ついい?とナッキーにことわってて、頷くナッキー。Duoはケラさんと緒川たまきさんの結婚パーティーで行って「空手バカボン」をやったんだけど、その時のホンワカした雰囲気を思い出してしまうのだと。(笑)でも今日は1年ぶりの特撮ライブだから、そんなホンワカした雰囲気は忘れていこうぜ!というのと、この日はEASTとWESTがV系バンドだと知って、若いバンドマンに負けないで、一番お肌がツルツルになるほど盛り上げていこうぜー!っていうのが本日のテーマに。
あっ、ベースの人が違う(笑)という話は後回しにしてとオーケンが、では「パナギアの恩恵」から。待ってました!

4、薔薇園オブザデッド
アルバム1曲目がライブ初披露。オーケンがお客さんにコールするタイミングを分かりやすく合図するような動きをしてくれた気がします。曲の終わりでオブザデッー!って叫ぶのがすごく壮快で良かった。
5、くちびるはUFO
アルバム曲順通りに。出たー(笑)オーケンが亀甲縛りはしません(大晦日のほ学参照)ナッキーかき鳴らすギターの音がアンニュイな感じで好き。さてワンワンどうするのだと思ってたら、なんとオーケンが、さあ皆さんご一緒に〜ってなことで╲あたくしワンていったー!/言わせるんだ(笑)これは予想してなかった。
曲終わってオーケンがいいねぇ〜とニヤニヤして、「ワンて言ってみな」「あたくしワンって言った」を逆にしてもいいね、会場によって変えてみたり、メンバーに言わせてもいいねとナッキーにふると、ぶんぶん首振って拒否する(笑)

ここでたしか、サポートベースで初参加のRIKIJIさんを紹介。アーリーの隣でドラム台にマイクスタンドが置いてあるのだが、位置が低い。そしてRIKIJIさんのベースのポジションもとても低い!(笑)腰を低くして弾いてて、コーラスもマイクを上からくわえるような感じでした。オーケンが、MCもそのマイクでいいですか?と聞くと、きさくに「いいですよー」と。オーケンと向かいあってしばし初めましてトークなどを。特撮に初参加ってことで、知ってました?と聞くと「知ってましたよ」特撮のイメージってどうなのかを聞くと「NARASAKIさんが座ってて…(笑)」昨年足を負傷した状態でしたものね。「何度も見てますよー」というRIKIJIさんにオーケンが「ファン?」と聞くも「違いますっ(笑)」オーケンのいじわるだが、しかし反対にRIKIJIさんが「大槻さん最初のプリプロ(※リハだったかも)の時目をあわせてくれなかった(笑)」と返す。アワアワしたオーケンが「だって有松くんと最初に会った時も目を合わせられなかったの、入れ墨してる人怖くて」と笑う。RIKIJIさんはアーリーと同じバンド(OBLIVION DUST)のメンバーで、系統的に同じで腕に入れ墨ばっちり入ってるんですねー。いい身体してます。
特撮メンバーの入れ墨率が上がったので、オーケンもやろうかな?という話にもなってました。何を入れようかという話題のときに╲猫ー!/オーケンがサインで入れてるやつね(笑)アーリーが、右に犬で左に猫を入れるといいよと提案(笑)まさにアベルカインでウケるかも。「それでやりたい事があるの」とオーケン大磯ロングビーチに言って入口でことわられるの、それを6時のテレビニュースで報道されるのという(笑)しかし、入れ墨入れるの「痛い?痛い?鍼より痛い?」とアーリーに聞いてて怯えてる。「大丈夫っすよ」というもファンからは╲オーケンには無理ー!/って言われる(笑)やっぱりそうですよねー。
じゃあ、初めて参加のRIKIJIさんには何の事か分からないかもしれないでしょうが…と言って、ドラムセットの前に置いてある紙袋から取り出すは、ポケモンのように出しましたボースカぬいぐるみ。出たー!お洋服が半分脱げててセクシー(笑)
しばしボースカ劇場をお楽しみください。これも1年ぶりですねー。お肌ツルツルじゃないだとかなんとか、ここの下り忘れちゃった。子供番組見てるっていうからてっきりピラメキーノかと思ったら、いないいないばあっ!ってそっちかよ!幼児の居る家しか知らないって。
オーケンの代わりに歌ってやるよー。』ということで、低い声でするっと「俺ーオーケンー46歳ー痛風〜」(笑)同時にエディのピアノが小川のせせらぎのように美しく流れる。

6、文豪ボースカ
テンポが変わってオー!オー!と拳あげるところテンション上がりますね!
終わるとボースカがドラムセット前に置かれる。紙袋は次の曲のときにそっとスタッフが持って行った(笑)
7、GO GO!マリア
これもライブ初披露楽しみでした。エディが大魔神のように立ち上がって手を叩いたー!オーケンが、マリアを祝福するんだ、もっともっと!といった感じでステージ前に出て煽ります。両手を頭の上に上げて「山本直純のように!」って言い出して、なんでだ?と思ったのだが、曲のあとでオーケン山本直純について説明するも、観客の大部分は伝わってなかった。(笑)私も名前は知ってたけど顔までは思い出せなかったし、オーケンは観客に手拍子をあおる様子が面白いから真似したそうだが、それは知らなかった(笑)
エディが「有松ちゃんが山本直純知らなかった」というとオーケンが、さっき歌う前に言うことを知ってたの?と驚く。エディが前に"普段用のメガネ"(ステージ用と違うのかな)を買ったら山本直純に似てたとアーリーに説明したら「誰ですか?」世代の違いだねぇとオーケンがエディと顔を見合わせる。「クラシック音楽を日本に広めた人なんだけどねぇ」作曲家でドラマやCM曲などで有名なので聴けば20代でもわかると思うけど、すでに亡くなられている方なので、テレビに出てた時までは分からないですよね。♪戸締り用心火の用心って歌ってたが、これも今やってないし古いか(笑)

ここでだったか忘れたけど、メンバー紹介の時にナッキーがアンプの上から手にした"ぽよよよん"と鳴る謎の楽器を持って来て、オーケンの問いに音で答える。この音なんだか分かる?と観客に聴くも?????しばしザワザワしたあと、後ろの方から男性の声がかかった。「…そう!」顔を見合わせて喜ぶナッキーオーケン「もう一回言ってみて」╲アクマイザー3!/「えらそう(笑)」言わせておいて(笑)あと、分かりやすいのは"ガンダムニュータイプの音"ね。とナッキー。╲ああ〜/こっちのほうが知られてますね。

8、ケテルビー
タイトルコールがよく聞こえなくて、曲始まって気づいてあわてて╲一斤/╲一斤/これ聴くと、年末感を思わせます。年始なのに。最後ラララ〜と手を振ります。
9、タイムトランスポーター2 最終回ジャンヌダルク護送司令・・放棄
オーケンがタイトルコールするときに、「タイムトランスポーター2 字見えない…」(笑)で言い直す。
ナッキーの弾くイントロでワクワクします!ナッキーのコーラスにもきゅんきゅん。
10、桜の雨
エディの美しいピアノの音に注目。オーケンが目線を上にして手をあげて、そこに桜の木があるような仕草をしていると思いました。
たしかここでナッキーのギターが、バイオリンの形をしたギターになって素敵だなぁと思って見てました。あとで気づいたが、あまり音楽詳しくないから合ってないかもだけど、イントロから始まるところは8分の6拍子で、サビで拍子がワルツになるのかな?
11、ロコ!思うままに
ナッキーのギターはそのままで続きました。これも1年ぶりに聴けて嬉しいです。

オーケンが、ライブがいい感じで進んで、コラーゲンが出て来てお肌ツルツルになったんじゃないのかー?とか言うのと、今日のテーマである「ケラさんの披露宴のホンワカムードを忘れる」そろそろ忘れたんじゃないかと言うが、言われるまで忘れてたし言われて思い出した(笑)

12、人として軸がぶれている
タイトルコールの前にオーケンが両手を顔の前で振って、ぶれぶれ始まりました!両手のブレブレの波がフロアを覆います。
13、綿いっぱいの愛を
ぶれぶれでヒートアップしてさらに、エディの弾く軽やかな駆け足のようなイントロが始まると、おおおおー!と喜びの声があがります。
そしてナッキーの一言が来る!と私は手をナッキーに向けた。「みんなありがとー!」両手広げててかわいい〜!Yes!ナッキー特撮ちゃんのアイドルなのだ(笑)
14、5年後の世界
さらに、ここで入れて来たら首を振って思い切り拳上げるしかない!最後のコールにオーケンがみんなで歌ってというふうに誘導して、叫ぶ。カタルシス感がはんぱない。
15、林檎もぎれビーム!
さらにさらに、観客の叫びがひとつになるのがこれ!女性セリフ部はオーケンが手を差し出して、観客がほとんど叫んでた(音声も出てたと思うが)高まって行くのがよく分かるし、そういうセットリストになってるのが嬉しく思います。
16、殺神
オーケンが、「ありがとう、最後はちょっと重たい感じで」という事を言って、タイトルコールも重ためな声で言って始まった。この曲は、私は一昨年の大晦日のライブで初めて聴いたのが印象的でした。意外な感じで本編が終わりました。

アンコール、ステージの真ん中に椅子が運ばれてオーケンがやってくる。成人の日ですねぇ。皆さんは関係ないでしょうけれど(笑)とか話し始めて、話してる途中でオーケンにピンスポが当たってて、オーケンもそんなピンスポ当てなくっても(笑)と笑ってた。トークショーみたい。
26年前かぁ〜エディと一緒だったな〜。人生いたなー。ばちかぶりいたなぁーと二十歳当時のことを思い出す。もうそこから、オーケンの周りにはため息でるほど凄い人が集まってたんですものね。
みんな準備いい?とオーケンが言ってメンバー呼び出す。ナッキーが箱みたいなのに座ってギター持って、オーケンはギター持つのかと思ったら持ってなかった。
17、ミルクと毛布
僕がギターで初めて作った曲を、特撮メンバーが素敵にアレンジしてくれました。みたいに言って、穏やかに始まりました。
18、13歳の刺客 エピソード1
すっと照明が暗めになって、曲入る時にナッキーが腰の辺りに手をあてて剣を構えるような仕草をした。出たー!!!やるかどうか分からないと思ってたからテンション上がった。オーケンもチャンバラの仕草をして(笑)エディの演奏が特に力入れてて、劇につける生演奏のよう。ナッキーが演奏しながらギターネックを剣のように振ってて、それ懐かしのナントカ斬りギター侍(笑)そして行進曲の軍歌を歌う人みたいに右手を拳にして振っててお茶目。私も真似してやりました。オーケンは間奏に入ると両手をグーにして前で揃えて、馬に乗ってる仕草をしてる。演歌調で歌ってて楽しんでる。セリフ部分はどうするのかと思ったら、オーケンが全部一人で言ってました。一人芝居みたい?(笑)最後のセリフはナッキーが「ダスピダーニャァ〜!!!!」絶叫して大団円!感動的でした。
19、オム・ライズ
ナッキーの轟音ギターにこの日一番ヘドバンした!オーケンが"空へー"で手をすーっと高くあげるのに合わせて手を上げる。
ここだったかはっきり覚えてないけど、ナッキーが足を蹴る動きがカッコ良くて、右足の裏を前に出してみせるようにキックしてた。あれもう一度見てみたい。あと、ライトハンドしてたのにも驚いた。今まで見た中で最も近くで見れて感激だったな。またナッキー近くで見たいと思った。

オーケンが、26日のリキッドルームも来て下さいね。ちょっとした発表がありますって言ってた。1週間後ですと間違えて言ったら観客からツッコミ入ると、すかさず顔を赤くして「ビートルズでも間違うとつっこむのかよぉ!ミューズもか!オエイシスもか!よく知らないけど(笑)」なんて怒ってた。
発表気になる〜!特撮の新曲もすごい楽しいから、今ツアーこれだけしか行けないのがさみしい、もう一回行きたいよー。なんで被るんだよー (´TωT`)ショボボーン
20、じゃあな
最後にやってくれてすごい嬉しかった!ナッキーがカッティングして出す音と、アーリーが刻む速いリズムに跳ねるほど喜んだ。パチンとアタックみたいな音に手を叩きました。オーケンは、フロアの中央に柱がいくつもあって見えにくい人たちにも見えるように、ステージの端から端まで歩いて覗き込むようにして、手を大きく振っていました。
ナッキーが手を振ってオーケン、エディもステージを去って行き、その後に続いてアーリーが笑顔でスティックを数本持って観客に投げていました。RIKIJIさんと並んでいい体でカッコイイ〜って見ほれました。
初日での新曲初披露は、バンドもオーディエンスも手探り感があって新鮮で面白いです。翌週に大阪、名古屋と来て26日に新曲の演奏がどう変わるかも、ツアーの面白さですよね。行った方の報告を楽しみにしています。

広告を非表示にする