読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

NESS@高円寺HIGH

LIVE NESS 2
今年最後のNESSワンマンライブでした。会場はNESSのホームグラウンドとなった高円寺Highです。
開場が10分ほど押してて、開演も珍しく15分押しだった。(この理由はアンコールで明らかになる)

お揃いのツナギも4人それぞれ着こなしが違うのが素敵です。ウッチーのサルエルパンツ風でぴょこぴょこ動くマスコット感がたまらない。
入場SEは新曲だそうで、ぱっと聴いてすぐ戸田さん曲だろうなと思う透明感と浮遊感のある電子音が好きです。
背面の壁のスクリーンは今回大きな白い布が垂れ下がってて、タイトルの「LIVE NESS2」とNESSロゴが重なった画像が投影されています。曲が始まると、動きのあるCG効果のような映像が壁全体に映し出されます。1曲終わるとウッチーが「ウィ〜!……NESS デス!」と一言挨拶して次の曲へ。
「Desert」NESSは"歌もの"じゃなくて、決めのフリとかもないので、音の波に浸りながら気持ちよく軽く体を揺らして、映像と光のキラキラさとメンバーの巧みな演奏を楽しむといった感じです。
戸田さんの出すシンセ音があって三浦さんがギターなので、FLOPPYの系統と繋がるんだけども、また違っててリズム隊のハードロック・プログレっぽい音が加わると渋くて大人っぽい、ツウなというか(笑)大事にして楽しみたいバンドです。
三浦さんが最初のMCで、唐突に「梅ちゃん先生!」って言ってたのが可笑しくて(笑)これは朝ドラ「梅ちゃん先生」が終わって、新しい朝ドラが残念なので惜しむ気持ちが現れたのだろうか、と思ってしまった。
「ネスです!」と三浦さんも挨拶して、河塚くんここでジャーンとかどうでもいい事でも大げさに叩いてよーなどと、河塚さんにむちゃぶりする。笑顔でババン、ジャーンなど叩いてくれるあじゃん。先週のアーバンギャルドで、前半曲が終わるごとに「アーバンギャルドです!」ジャーン、ジャジャン!とか派手に叩いてキメてたのを思い出した。三浦さんはそれをやりたかったのだろうか。
三浦さんが次に重たい曲を続けてやるので〜みたいな事を言って、背後の映像もキラキラした感じから一転して、モノクロっぽいハードな感じになりました。エクソシスト2のテーマの時に戸田さんが金属の輪(通称「ロンパールーム」)を手刀でシャーン!と叩くのが見所。それにタイミングを合わせてウッチーが、 戸田さんに向けて右手をあげてポーズするのがとってもお茶目です。

次のMCで三浦さんが、NESS内では最近ドラクエが流行っているという話をするが、やってるのは戸田さんとウッチーだけ。戸田さんはたしか前回のNESSの時発売されてまもない頃で、やってるという話を聞いてたが、とうとうウッチーも手を出し始めたようで(笑)「もうね、大変ですよ」みたいな感じで溜めて話すウッチーが、ドラクエにどれだけ力を注いでるか伺える。何百時間かけたとか。戸田さんは何千時間とか?(笑)溜めたゴールド?の価値はゲーム内で家が買えるらしいよと三浦さんが話す。
実は冒頭にウッチーが「ウィー!NESSです!」と言ったのは「Wii」のことだった(笑)誰も伝わってない。戸田さんにも通じてなかった。ドラクエの最新作はハードがWiiなのでということだが、三浦さんが開場にやってる人〜とアンケートとると2人しか手を上げなかったので、200人弱居て2人しかやってないということは、話が通じないということだと。三浦さんもWiiは持ってないからドラクエはできない。前作のドラクエは、DS(の名前も忘れて開場からあれなんだっけ?と聞いてた)を買ってドラクエをやるためだけに買ったので1万いくらかして高かったという。河塚さんも「持ってません」なのでやってない。ウッチーはもともと20代はゲーム好きだったから、一度ひっかかるとはまりやすそう。観客は年齢層もあるけど、ライブを良く見にいくような女子はあまりゲームにはハマらないかな?私も、20代の頃はやってたけど30代以降はやらなくなりました。
後は話すことあったかな〜と三浦さんが、唐突に「竹島が〜」という話題は尖閣諸島問題で隠れちゃったね。と言い出して、でもどう思うかは「言いません!(キリッ)大人らしく嫌な感じで、こっそりと支持する団体に献金したりします。」三浦さん大人ですね。
三浦さんが、さっきも重たかったけど、また次も重たーい曲を続けてやります。という事を言って次の曲へ。三浦さんが、曲に行きますというのにウッチーはスティックのセッティングに手間取っていた。でもここは慌てずに。
ウッチーがスティックを使ったのは、たしか「CETI」「Memories」だったようです。記憶が定かでないのですが。

新曲を作ってデモのCD-Rを出しました。という告知が三浦さんからあって、オープニングSEにそれをかけたのと、次に新曲をやりますということで、今までに無いロックンロールっぽい感じだという。ウッチーが「楽しくなって〜、みんなが腰を降って踊り出したくなるような〜」なんて言って体を揺らしてて可愛かった。聴いてみると、そんな激しいダンスナンバーじゃないと思うけど(笑)横ノリできて楽しかったです。
戸田さんがギターを弾く「R33」では、ウッチーがノリながら戸田さんに寄って来て横揺れしたり、背中合わせてくっついて揺れたりして、戸田さんがちょっぴり戸惑い気味で一緒に揺れてたのがツボだった(笑)
終盤はさらにテンションがあがって「Ukee」「Summer Folklore」で、NESSは見るたびに4人の結束が強くなってるっていうか、とても楽しんでる感じが伝わってくるなと思います。三浦さんとウッチーが寄って中央前に出てきて、顔を見合わせて笑顔で弾いてる場面も見られて素敵でした。ハードロックでもなく、テクノ過ぎでもなくて、三浦さんがtwitterで前日に書いてたけど「水で薄めたような」4人の持ってる音楽要素を持ち寄って合わせて、穏やかな性格をあえて出来たような、懐かしくも新しい感覚です。
NESSはフリとか激しいヘドバンとか(笑)やらないこともあって、ステージ全体をよーく見てるのですが、カメラマンのおおぐしさんが撮ってるのも見えて、自分も撮ってみたいなぁ〜。どういう感じの写真を撮りたいかな思って想像してみました。すごく難しいだろうけれど。

アンコールで、最初に三浦さんが一人で登場しました。物販の話をして、タオルが残り少ないです。と広げるとドロの位置がタオルの中央からちょっと下にずれてるの気づいて「次に出すとしたら直ってると思うので、これはレアです」とうまい事言ったりとか(笑)それとTシャツもありますと、三浦さんがツナギの前ファスナーをあけて黄色いTシャツを見せる。「これより下は見ないでください。最近また太ってきてるから」逆にケラさんは最近痩せたらしく、そのエピソードが面白くて、前からケラさんと三浦さんの体重の総量が変わらなくて、ケラさんが痩せると三浦さんが増えて、逆に三浦さんが減るとケラさんは太るんだって(笑)ケラさんが最近「やせるシューズ」を買って痩せてきたって話が可笑しかった。ケラさんも気にしてるのかな?と思って。三浦さんはたしかに、おなかの厚みが増えてて、こないだ清水さんのゲストに出た時に並ぶと、中年太りだなーと思ったので(笑)ケラさんと並ぶと気にならないので気づかなかったが。
三浦さんがメンバーを呼び出すと、3人揃って出て来てしまう。それに対して一人一人呼び出したかったのにと言う三浦さん(笑)この流れだったかちゃんと覚えてないけど、戸田君が最近話をちゃんと聞いてくれない。戸田君ともけっこう付き合いが長くなってるのに。内田君とはもう20年以上もだよと、初めて会った時のエピソードを話してくれて、18歳ごろに昔のロフトで「空手バカボン」と「有頂天」とそれぞれにいて、ケラさんが「新しく入った三浦君です」と紹介してくれたときに、大槻が「俺ら意外と普通でしょう?」と言うのに、格好が白塗りに白衣だっていう(笑)「ぜんぜん普通じゃねーよ!(笑)」そう話すと、ウッチーが"あぁ〜(そうそう)"みたいな感じで、顔をくしゃっとして苦笑いしてたのが面白かった。大槻って若い時そうだったよなーと思ってたのでしょうね。
あと、アンコールか本編で話してたか忘れたけど、三浦さんが最近タワレコに言ったら内田が壁に貼ってあったよと、「?」というウッチーに、「ももいろクローバーと並んで」ぴあフェスの告知ですね。よく分からないのでファンのほうが知ってるでしょう?と観客に向かって聞くと、他にマキシマムザホルモンと、星野源が出て、「場所は?」╲幕張メッセー/とお客さんから声が。興味しんしんで話をしようとする三浦さんに、ウッチーはなげやりに「もういいよー」と止めようとする。三浦さんが、それで内田が知らなくて行かなかったら、俺が怒られるんだから!と言い返す(笑)まだ謎が多いフェスだし、ワンマンじゃないからウッチーはあまり話したくないのかな?と思いました。
アンコールは何をやろうか?という三浦さんが、実はリハで長々とブルースを演奏してたそうで、1時間やってたとか?そのせいでオープンが押したらしいです。「テクノバンドなのに?(笑)」とウッチーが言ったような。その昔、P-modelと有頂天のメンバーだった三浦さん、昔はテクノバンドというと「下手だ」という先入観でバカにされて、音楽業界では仕事が貰えなかったらしい。なのでバンドに居た事を隠してたのだそうです。そんな苦労があったのですねー。その時期にブルースを演奏できるようになったそうです。それではちょっとブルースをやりますということで、ブルースなリズムで即興を。なんだかNESSじゃなくて3-10chainみたいなロックバンドみたい(笑)ウッチーとあじゃんは、ベテランでどんな音楽でもこなしますよね。ブルース即興もやって楽しめるんだな〜と感心しました。戸田さんもノイズ音な感じで出してました。ここで一人一人メンバーの名前を三浦さんが言って、それぞれソロをやりました。
NESSも、ムーンライダーズぐらいの年齢までやりたいですね。と三浦さんが、ムーンライダーズは60歳ぐらいだから、あと15年ぐらいでしょうか。長くやれそうですね。そこで、ムーンライダーズのメンバーにNESSを当てはめると、三浦さんが白井良明さんで、戸田くんが岡田徹さんで〜とやってくが、NESSは4人なので足りず「鈴木慶一さんは?」「来てもらおうか、けっこう言うと来てもらえるから」と、さらっと言う三浦さんさすが!ムーンライダーズが去年末活動休止する直前に、ムーンライダーズが出る高円寺Highのライブに三浦さんがゲストで呼ばれたそうです。(FCライブだったそうで、ケラさんと一緒に出たらしい)そのときの事を三浦さんが、だいたい周りに後輩が一緒にやることが多いのに、この日は周りが全部先輩で緊張したのだそうだ。「楽屋では健康の話ばかりで、尿酸値がどうとか」やはり、オーケンがエッセイとかで言ってるのと同じですね。
最後は三浦さんがぶっきらぼうな感じで「なんて読むのか、『ssss〜』ってやつです」戸田さんの曲名正式には「sssSSSSSSSSSSSSSSSSsss」で締め。終わりにさっと退場してしまう戸田さんに対して、ウッチーはまだ残りたそうにキョロキョロして、オレンジのカバーのiPadを小脇に抱えて手を降って退場していきました。あじゃんも三浦さんも笑顔で手を降ってました。三浦さんは先週もシンセで見ましたが、ケラさんと一緒だからケラさんが中心に話すので、NESSでは三浦さんの話が多く聞けるのも面白いです。三浦さんの周りの人々の繋がりが見えて、20数年の仲間が現在まで続いて一緒にバンドが出来るっていうのが素敵ですね。
三浦さんの話で、80年代にアイドルでYMOが手がけてた「コズミック・インベンション」という中学生のグループがいて、その中の一人の男性が今ではAKB48の曲を作ってヒットしているのだそうです。長く音楽を続けていると、こうしてまた活躍する事があるのだなと感心したそうです。客だしのBGMがコズミック・インベンションの曲だったみたいで、私はすぐ出ちゃったのでほとんど聴けなかったのですが、実はウッチーのリクエストだったとHighの店長さんが後でtwitterで書いてました。

それから、映像を担当された方がモニターに映るステージの写真をアップして下さっていました。

広告を非表示にする