読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@大阪BIG CAT

「結成30周年記念&『筋少動画』発売ツアー!筋肉少年少女隊」

今年初のワンマンライブです。初日に期待で胸躍るのと、緊張感がいいですね。初日のメニューでツアーの流れが伺うことができます。今回も期待以上に楽しく驚きで大満足、これからのツアーがさらに楽しみになりました。

KISSの雷神に乗せてメンバー登場、始まったー!とフロア前方の押しが来ました。1曲目はどう来るのか?と思ったら。おいちゃんがストラトの弦をピックで滑らせてキューンと音を出す。タタンと軽快なドラムが鳴る曲は「香菜、頭をよくしてあげよう」意外な感じできましたね!おいちゃんのギターの音が心地よく響いてとても好き。しばらくFOK(オーケン弾き語り)でしか聴いてなかったから(笑)やっぱりおいちゃんの音はいいな〜と思いつつ揺れてました。
最初は視界があまり良くなかったのだけど、次でオーケンがサーンフラーンシースコー!って叫んで曲が始まったら、さらにぎゅうぎゅうと詰まってきて押されたので、おかげで視界が良くなり、ステージが見渡せた。おいちゃんがジャンプして、早くもペットボトルを手にして下手側〜上手側と水撒きます。気持ちいー!その間エディのピアノソロ、ウッチーベースソロ、ふーみんのギターソロと回してバトル、そしてブレイクで弾ける。フロアもかなりもみくちゃで、テンション上がります。
MCはだいぶ細かいところ忘れてしまっているので、だいたいニュアンスです。オーケンは最初に意外な「香菜」をやりました。というさわりから、しょっぱなからトランクスのゴムが切れたと言い出す(笑)次のブロックやばいなー。足もとから落ちて来たりして。とか言うものだから、気になってしょうがなかった。
今回は結成30周年記念ツアー。でも結成したのはオーケンとウッチーだけ。ふーみんは先に(前のバンド時代)中野サンプラザに立ってたんだと(ジャパメタバンドのイベントライブのことかな?)「君たちとは違うんだ」(笑)おいちゃんは、インディーズ時代に一時加入して脱退してデビュー後にまた入ってるので「それでも28年ぐらいいるよ」と言ってたと思う。付き合いの長い皆さんです。結成したのは彼らが高校1年で、最初に付けた名前が「筋肉少年少女隊」だからツアータイトルになってるんですね。
この後、オーケンが今日のライブのテーマは「オーラを出して行こう」と言って、やーと手を出すと╲イエー/とお客さんが反応するのだが「そうじゃない、倒れるんだよー」オーラってそういう事か(笑)波動で倒すみたいな。それで「ヤー!」と手を出すと╲うわー/のけぞるオーディエンス。これ前にもあったな、大阪ライブでバーンとやると╲うわー/って倒れるリアクションの事ね。大阪のお客さんはノリがいい。
オーケンが「メンバーもヤー!」ってやると、ふーみんだけ大げさに倒れるリアクション(笑)「なんならこのマーシャルも倒すよ!」さすがひらパー兄さんです。「東京組もやろうよ」とオーケンがウッチーに誘いかけるがおいちゃんも東京である。お客さんから╲ヤー!/とオーラ出すと、結局ふーみんだけ大きくリアクションして後でコラと怒るっていうパターンに。相変わらずである。その後もオーケンひらパー兄さんと言われ続けてた。
「大阪のお客さんオーラがあるね。」というオーケン。なぜオーラの話になったかというと、先日筋少ファンがやってる飲食店の話を周りから教えてもらったので、一人で行ってみたのだけど気づいてくれなかったそうで、落語っぽく店主とのやりとりを話したのがウケました。店に入って注文して食事している間に「いくじなし」が流れて、"鉄棒のあたり"までさしかかっても気づかないと話すオーケンにお客さんが笑うところ、みんな分かってるねー(笑)
「ロックスターなんだから」というふーみんに「だって俺ロックスターじゃねぇもん〜」ナゴムだもんって言ってたかな?サブカルおじさんだからね(笑)しかしふーみんにとってオーケンはロックスターでメタルゴッドなのだ、そうあって欲しいです(笑)

ツアー初日だけど最初っからファイナルなくらいの勢いで〜ということで「ツアーファイナル」おいちゃん、ふーみん、ウッチーがステージを動きまわります!おいちゃんがくるっとターンしたり、ふーみんとウッチーが1マイクでコーラスしたりと、派手なステージングが楽しい!最後のキメでオーケンが「まだまだ続くよっ!」ジャーンってなるところも好き。
そのままふーみんがギターを鳴らし前に出て、ソロで激弾きする。3人が微笑んでふーみんを見つめてる。鳴らしてからの煽りに╲ウオー!/と歓声があがったら、次の曲のイントロに。オーケンが勢いつけて背をそらせて足を踏ん張り、折りたたみから始まるのは「家なき子と打点王」折りたたみしてヘドバンしてと動き激しい。圧縮ゾーンはきついけど、これが楽しいんですよね。サビで前に出てくるおいちゃんが素敵なので、そこしか見てないのでした。
次においちゃんが白ストラトにピックをつけて構えたからワインライダーかなっと思ったら、ええええええー!このイントロは!うわー!ギャー!とあちこち驚きの声があがる。5拍子のベースラインのループではじまるこの曲は「夜歩くプラネタリウム人間」!90年の曲ですね。原曲はオーケンとゲスト女性ボーカルのパートがあるのだけど、誰が歌うのかな?と思ったらオーケンがみんな歌った。えらい。そしてサビの╲にんげーん!/のコーラスがメンバー全員でやるんだけど、会場が一体になってコールしててすごい!
終わった後にオーケンが「夜歩くプラネタ人間!」タイトル略しすぎ(笑)「若気の至りでこんな難しい曲作って、コピー大変だったよぉ〜」とか、変拍子なのでノリが難しくてお客さんも、動きが分からなくてスタスタなって最初おかしくて、後半になって慣れて来たという事も言ってた。この話で、こないだオーケンが水戸さんのライブに出た時に、水戸さんがバンドブーム時代は縦ノリしか出来なくて、ゆっくりな曲でノレないという話をしてたのも思い出しましたし、さらにこの「夜歩くプラネタリウム人間」で私が思い出すのは、90年に最初にパワステでスタンディングでやった時に、みんな縦ノリジャンプな上にガタガタで足ガンガン踏まれて痛かったこと忘れられません。
でも今はそんな事はなくて(笑)周りもみんな上手に乗ってコールしてすごく楽しかったです。最後の「歌おうよ〜」のところはオーケンがみんな歌うように促すので、大合唱になって一体感ありました。オーケンが「よくできました!」と言ってくれました。

今回のツアーはこうした久しぶりで珍しい曲もやりますと言って、オーケンが次の曲の説明をしたのは「レピッシュのカバーで上田現さんのトリビュートで参加した〜」えっ!それやるんだー!かなり意外な選択で驚きました。「サイクリング」筋少曲だけでも多くあるのに、これを選んだのはレピッシュデビュー25周年イヤーだからかなぁ?今年はレピッシュが対バンツアーするので、次の発表で筋少が来ないかなーと期待してます。
カバーした曲が入ったアルバムでは、水戸さんとオーケンが歌うのだけど、今回はウッチーが歌っておいちゃんもコーラスしてました。レピッシュでも去年原曲をライブで聴いたのですが、筋少バージョンは長谷川さんのツーバスドコドコとか(笑)ウッチーの「いっぽーん!」ってかけ声が筋少オリジナルアレンジで好きです。まさかまたライブで聴けるとは思わなかったので嬉しかった。

そのまま続けて、エディの弾くシンセが神秘的な音を出す。橘高さんがエレアコをセットして、青い光の中でおいちゃんが長く伸びる音を出して。あれ、これってあの曲ーー!うわぁー!やってくれるんだってぐっときた。「月とテブクロ」瞬きもしないくらいに見つめてた。息をのんで音を感じてた。復活してから一度聴いた時もすごく感激したけけど、またやってくれて嬉しかった。長谷川さんドラムは初めてかな?(過去日記で調べると08年、前回は真矢さんだった)中間の長い間奏でオーケンがいったん下がって、3人が前に出て弾くのがもの凄い!フェスでは見られない筋少の真骨頂なのです。ダークハードプログレサウンドというか。オーケンが歌で戻ってくるのがほんのちょっと遅れる(笑)後のMCで「もっと長く続くと思った」と弁解して、慌てて戻って来たけど余裕を見せるそぶりをしたそうです。
「そして人生は続く」は、おいちゃんの弾くイントロから〜。なんていい音とメロディなのかしら。あの笑顔もいい音の元なのだと思います。この曲もけっこう久しぶりですよね。後半だんだん、じわっと胸がこみあげてきて目が潤んでしまいました。歌詞もじんわりと染みてというか、リリース当時に比べて歳が経って、自分も筋少も40代になった今だからこそまた感激するものがあります。

30周年、いいともいいともこれでいいのだ〜みたいな前フリしてた「これでいいのだ」中間のコールアンドレスポンスの部分で、オーケンが♪お昼休みはウキウキウォッチンあちこちそちこちいいとも〜と歌い出す。そのまま歌い続けて止まらない。おいちゃんが前に出て来て入るのを待ってるのにオーケンが止まらないものだから、おいちゃんが渋ってた顔からニコニコしてゴーゴーダンスふうにテンション高く踊り出す(笑)かわいいい〜。ふーみんは早くしろよと苦笑いでピックをオーケンに投げる。「いいともいいともいいと〜もろ〜 長谷川さんすいません」後ろを向くと長谷川さん、バスドラ叩きながらスティックを×にして、早くしてとジェスチャー。「サポートドラムに早くしろと怒られた〜」肩を落とすオーケンだった(笑)
ふーみんが下手側にやってきて、おしりふりふり〜すると最前の子たちがノリよくてドレスをバサバサ〜とやって面白かった。おいちゃんはお決まりの手錠ポーズがばっちり見られてよしと、それが見られれば最後のタオル回しで見えにくくてもいいー。
続けて「レセプター」これもノリ激しいのでイントロからヘドバンする!20数年前も最新曲もテンションが変わらず激しいって凄いよー。
「世界中のラブソングを君を」はちょっと久々ですね。ふーみんが両手を高く挙げてふって、後半のおいちゃんがコーラスと、最後に胸に手をあてて目を閉じるのが素敵です。オーケンが歌い終わったあと、いいね!いいね〜とか笑顔で喜んで言ってた気がする。

この後か忘れたけど、フェスに何度も出てると「また筋少かー」と言われるから、ももいろクローバーももいろクローバーZになったみたいにバンド名を限定で変えたいとオーケンが言い出す。するとおいちゃんが「俺、いい案あるよー。ウルトラマンみたいに『筋肉少女帯セブン』ていうの」(笑)いいねぇ〜と拍手するお客さん。続けておいちゃんが「あときわめつけは『筋肉少女帯の母』」爆笑&拍手。ふーみんが「お客さんのことだな」ウルトラマンでいうと『帰って来た筋肉少女帯』『筋肉少女帯タロウ』『筋肉少女帯マン』マンって付くと変だなーとオーケンが笑う。マンと付くとアンパンマンキャラで思い浮かんでしまうよ。あと仮面ライダーでもいけるねぇと『筋肉少女帯アマゾン』のチョイスが40代ですね(笑)現行シリーズ「フォーゼ」がファンから声かかると「フォーゼ〜!」とおいちゃんが拾ってくれてました。
フェスだったら、出番が2番3番目くらいなのに「筋肉少女帯オオトリ」とか、ふーみんが「筋肉少女帯ヘッドライナー」で大爆笑!メンバーで大喜利大会になっている。若い頃だったらこういうので打ち上げ飲みが一晩中話が続いたのだとか。当時は知らなかったメンバーの様子が分かりました。4人がステージ上で向かい合って笑ってるのが微笑ましいです。
オーケンが「終わるまでにみんなも考えといてー」と言ってたので、翌日からtwitterでタグ大喜利で盛り上がってましたね。(#筋少がフェスに出る時の新しい名前を考えよう)
実際に変名バンドでイメージチェンジするバンドがいて、例えばガーゴイルはたまに「バトルガーゴイル」という名前になって激しい曲限定ライブ(衣装もそれ専用にして)をしているそうなので、そんな感じで出ても面白いんじゃないかと思います。

終盤の怒濤の盛り上がり、やはり押しがきつかった〜。前方下手にいたのですが、だんだんと押されて右に寄り、側の人もバンバン入れ替わってた。「イワンのばか」やったときにバンザーイも手が上がらず、気を抜くとよろけて押し出されてしまいそうなので、踏ん張ってステージ上がまともにはっきり見えないくらいに頭を振るけど、この音圧で動くのが楽しいんですよね。「カーネーション・リインカーネーション」の折りたたみも前後がかなり動くので倒れそうだった。ふーみんエレアコ時のハイパーおいちゃんタイムにうっとり。次の「ロシアンルーレット・マイライフ」はニコニコ手を振るので倒れず持ち直した。ヘイ!でおいちゃんが前方でキックしてからの手を挙げてくるっと回ってマイク位置に戻るまでのアクションは見逃せません。
オーケンが最後は80's風に手拍子をすすめて「若い子とドライブ〜80′sから来た恋人」で本編ラスト曲の選曲も新鮮ですね。ステージが明るくなって、シンセ音とドラムのバン、バンというリズムにあわせてメンバー、観客が頭の上で手を叩く。この曲って80年代のLAメタルみたいな感じですよね。おいちゃんが軽快な音を刻みます。ウェンディーズ復活したなぁと思い出した(笑)

アンコール、オーケンが出てくると頭に手編みっぽい花付きのターバンを付けている。なんじゃこれ〜(笑)なんでも、インド雑貨屋さんで買ったのだそうです。「かわいいでしょ」╲かわいいー/「40後半にもなって可愛いって言われることある?会社の課長さんとか言われないでしょう」などと言ってたが、役者さんやミュージシャンは言われてますよね。
ここでウッチーが出て来てThunder You Poison Viperの解説をしてたかな?アンコール前だったかもしれない。エディと長谷川さんの紹介の時に、内田君とバンドやってるんだよね。と言って、ウッチーになんてバンド名なの?と聞くと「今まで日本語バンドばっかりだったから英語にしました」「空手バカボンは違うの」バカボンは日本語かと。今はNESSもあるけどサンダユーのほうが先だったっけ?ウッチーがゆっくりと「サンダー、ユゥ〜、ポンズーン、ヴァイパァ〜」と言って「なんて意味なの」オーケンが聞くと「蝮が、雷のよーに、あなたに、せまる〜」(にやり)よく聞くとそれって毒蝮三太夫のことじゃないのと、オーケンがすぐ気づかないのはワザとかな?
オーケンエレアコがスタッフにより持ち込まれた。オーケン弾き語りコーナーか?自信つけたなー。両サイドにも椅子が置かれ、おいちゃんとふーみんも登場、エレアコを手にしてオーケンと3人で弾くのかと思いきや、オーケンがA4用紙を持って来ておいちゃんとふーみんに手渡す。二人はギターを弾かずにオーケンのギターで歌うという!ウッチーは去ってしまった。「ここは内田君も歌った方がいいよ〜」とオーケンが呼び戻そうとするも「準備があるんだよ」とふーみんが言って、3人で始める。これもカバー曲で「ひまわり」皆さんも一緒に歌ってくださいとオーケンが言って、イントロ弾き出すけど「♪真綿色した〜シクラメンほど〜」ボケる(笑)これがやりたかったそうだ。取り直してイントロから歌にどこから入るのか、オーケンがギター弾く自分に浸ってる感じのわざとらしい顔芸をして、ふーみんとおいちゃんが両側から覗き込むという図になってた。間奏が入る時も同じことになってた。ふーみんの「あえ〜るのぉ〜!」雄叫びに笑いと拍手が(笑)オーケン最後までちゃんと弾けました。えらい!
今度はオーケンはギターをおろして、二人ギターでアコースティックバージョンで「じーさんはいい塩梅」これも意外でした。いつもカラオケで全員歌ってますものね。曲の最後はテンポアップしてカントリー音楽が流れる酒場?みたいな感じでした。
曲が終わって、長谷川さんとエディも戻って来て通常セッティングになり、いよいよ最後のブロックに。エディがムードのある曲を弾き出して、なにこの曲???と思ってたらウッチーが戻って来て、ウッチー?!ウッチー!!!ええええーーー!!!帽子被ってないしなにその服装は(笑)ピチピチの丈が短いテカテカのジャケットにコサージュ付けて、サイケ調のYシャツは前を開けてパンツはベルボトムで、んんん〜とハミングしてハンドマイクで出て来た。「素敵なピアノ、ありがとう」とエディに向けて言ってから「みんな僕のコンサートに来てくれて、アンコール、ありがとう〜」歌謡ショウ気分で(笑)「僕のデビュー曲、聴いて下さい」デビュー曲wwwきたwwうわぁ〜!やったーー!「北極星の二人〜内田のラブソング」復活前のウッチーズ以来かな?筋少メンバーでフル演奏は初めてなのかも。ウッチーがもうイキイキしててノリノリでたまらん!キャーキャー黄色い声あげて、お花とか紙テープとか投げたい気分でした。これがインパクト強くて前の記憶が薄れる(笑)内田ファン失神必至でしょ!カルト選曲だなぁ〜(笑)これはコアファンじゃないと知らない曲ですよね。いいぞ〜。こうしてメンバー自身楽しんで、ファンを楽しませてくれるサービス精神旺盛なのが、筋少の魅力ですね。カッコつけるじゃなくて、ロックのエンタメ性を楽しむほうが強いというか、それが一番カッコイイと私は思うのです。
曲が終わって、ウッチーは急いではけてその間に楽器チェンジなどあるけど、無音で待たせない。エディが音を出して、橘高さんがエレアコでポロポロ弾きはじめ、おいちゃんはEbowをセットする。ウッチーが小走りで戻ってくると、ちゃんと衣装が通常モードに戻ってる。さすがです。オーケンが「再殺部隊ーー!!!」って叫んだとき、フロアの来た!という喜びと期待の高まる空気を感じました。さっきのウッチーのゆるい笑いからシフトチェンジが凄い。一気にガッと高速ツーバスでヘドバンして腕挙げてコールするのですから。
続けて「パリ・恋の都」でも勢い衰えず、ウッチーとふーみんが並んで一緒に揺れて弾いたりと楽しくゴージャスな感じが好き。そして最後の最後に「釈迦」これで終わりと思うと行って欲しくない〜と思いつつ、思い切りはじけました。おいちゃんが水を撒くのひやっと顔にかかって気持ちいい。フロア前方かなーり激しく押したけど、へばらず笑って楽しめる自分が、この歳で体力あがったかな?慣れかなと自分で感心したり(笑)何よりステージ上のメンバーがあの歳で(笑)楽しく激しいステージをしてるので、まだまだ私も全力でライブ楽しみたいと思います。
曲終わりでおいちゃんがギターをネック側からフロアに差し出され、戻したその後で下に降りてハイタッチや握手してくれました。おいちゃんが上手側に行くのと入れ替わりでふーみんがハイタッチに下手側にきて、その間にウッチーが手を振りオーケンが丁寧に深々とお辞儀してステージから去って、おいちゃんとふーみんが肩を組んで手を振って去って行きました。
清水音泉名物終演アナウンスは、OTODAMA出演決定でこの日のために発表を取っておいたそうです。粋な計らいですね。いつもより大きな歓声と拍手でした。筋肉少女帯、お楽しみは、これからだー!

(どこで言ってたか思い出せないので、MCネタ)
人間椅子と記念写真がこわい
人間椅子と対バンした後で集合写真を撮ったけど、すごいインパクトでブログに載せられないというオーケン。見てよと携帯をポケットから出して、メンバーに見せると3人がどれどれと寄って来て見て笑う。見せて欲しいー!「これひどいよね」オーケンが言うと「モノクロだから余計にね(笑)」とおいちゃん。「老人のハロウィンパーティーみたい」オーケンが無理に人間椅子をフォローして、「きついのは筋少だけだからね、和嶋さんなんか20代にしか見えないからね」それはフォローになってない(笑)そのあと「俺たち人間椅子ー!」とマジで間違って笑い崩れる。
・老いて弾けなくなったら
オーケンが、長谷川さんは100歳まで叩けるだろうけど、さすがに老いてできななったら皆が口でドラムやってくれという話になる。ウッチーも口でベースやればということで、オーケンが夜歩くプラネタリウム人間だったら「ボボボボボンボン〜」と言い出してウッチーにやらせる。おいちゃんもギターを口でいうと「チャッチャッチャッチャチャ〜」ウッチーと合わさるとかわいい(笑)お客さんもやってとベースを口でボボボボボン〜やらせるが「やめようやめよう(笑)」グダグダでした。
・内田監督「筋少動画01」DVD
発売された「筋少動画01」DVDは、ウッチーが編集で1ヶ月半あまり作業し続け、腰を痛めたそうで腰を抑えてました。おつかれさまでした!すごい量を見続けてたらしい。私でもいくら好きでも膨大に見続ける作業はきついだろうなと思うのに。ウッチーがあまり見続けたのでその後メンバーにリハで会ったら「老けた!」と驚いたとか(笑)オーケンが「上映会やりたいね。大阪では、中野のポレポレみたいなカルト映画館はどこにあるの?」と言ってた。「みんなの反応が聞きたいね!」とふーみん。去年ののほほん学校で橘高さん25周年ライブ映像をみんなで見たときみたいに、メンバーの話を聞きながら映像が見たいですね。あの時どうだったとか、解説してもらいたいです。

広告を非表示にする