読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

X.Y.Z.→A@名古屋ell.FITS ALL(ゲスト:大槻ケンヂ)

「X.Y.Z.→A IS BACK → THE ROAD #2」JAPAN TOUR 2012

名古屋日帰りでいってきました。FOKがオープニングアクトで出るということで、これは貴重な機会だろうと(笑)サービス精神の旺盛な橘高さんのこと、期待して損はありません。

オーケンは前の日にFOKで名古屋ワンマンを終えてきたばかり。X.Y.Z.→Aは豊橋でライブだったので、この日はファンがFOK組とX.Y.Z.→A組が合流することになったようです。
しかも、小畑さんの演奏もオーケンの前にあるそうなので(笑)オーケンが前の日のライブで「ヘヴィメタの上手い弾き語りの人が出るらしい…」と言ってたそうです。

まずは小畑さん、出て来て滑ってコケるつかみから(笑)芸人かっていう。「僕をビッグにしてくださーい!」と煽りながら爆音ギターをかき鳴らし、Steel Angelの曲とか2曲、爆風トリビュートの「人間はなぜ」を演奏して、あとはローディーになりました。

この小畑さんの空気をどうするのか?やりにくくないのかな?と思ったところ、少しの転換の後でオーケンが「俺たちは天使だ!」のテーマに乗って登場。蜘蛛柄のピンクのアロハシャツ風のと、黒いハット被ってきました(昨日と一昨日のFOKも同じ服だったそうだ)
「こんにちは〜大槻ケンヂです」と穏やかにあいさつすると、歓迎の拍手があがります。今回はアウェイと思いきや皆さん暖かいですね〜。
さっき出た小畑さんのことも「弾き語りが流行ってるんですかね?これから出てくるX.Y.Z.→Aのみなさんも、1人づつ弾き語りすればいいんじゃないでしょうか(笑)」橘高さん歌って欲しい(笑)まあソロコーナーはあるけど。
エレアコを取ろうとして、おっと、とわざとらしくそれを置いて、小畑君はエレキだったので、インスパイアされて僕もエレキを。ということ、エレキギターを持って来てもらいました。
「僕と橘高くんは筋肉少女帯をやってますけど、44歳になってギターを始めるようになって、お互いの役割がはっきり解るようになりましたね」という事を言って「橘高君はハードロック・ヘヴィメタルで、僕はアングラロック」そう言い終わるか終わらないかでギターをジャーンと弾きだして、大きなノイズ、ハウリングしながらステージの前に出てくる。あーこれがアングラパンクをやろうとしてこんな感じなんだなーと思った。一通りステージをゆっくり動いたあとで、マイクに向かって歌いだしたのは「死んで行く牛はモー」そうきたか〜。間奏で前に出て来て"Smoke on the water"のイントロ弾くと観客にウケる(笑)
この後はたしか、「Fry me to the moon」の日本語歌詞を歌って、次にエレアコに持ち替えたときに、「橘高くんに内緒でピック作ったんですよ〜」とオリジナルピックを紹介して、「あちらで売ってますので」と物販紹介するが(蒔かないんだ〜)と思った客は多かろう(笑)
あとは筋少曲で「香奈、頭をよくしてあげよう」「GURU」「ノゾミ・カナエ・タマエ」と続き、すっかりオーケンの空気に馴染みました。「この後もX.Y.Z.→Aのライブ楽しんでください〜」という気配りも忘れず。最後は「さよなら絶望先生」のアルバムから、と紹介して「おやすみ」でゆったりと閉めました。

しばらく転換があり、いよいよお待ちかねのX.Y.Z.→Aライブです!
おなじみクイーンのSEで、ゆっくり末吉さんから入場して定位置につきます。二井原さんが「いきますよー!We are X!Y!Z〜!」とかけ声をかけたらバンと始まるイントロ「Z to A」よーいスタート!みたいな気分でヘドバンはじめます(笑)
例によってセトリ情報がなくて、記憶おぼろげでピックアップして書きます。

序盤のほうで「Labyrinth」やったと思います。これも定番。2曲終わって橘高さんが「バンドっていいなー(笑)」弾き語りじゃなくてね。「やりましょかー」二井原さんは出来ますものね。
音は大きいけど、橘高さんのギターは音が柔らかで丁寧で、なおかつ高速でもあるというのがすごい。言わずもがなだけど、神だスーパースターだなと。しかもこの神だ魔人だレベルが4人揃ってるのがX.Y.Z.→Aなのだ。
「So Bad! Big Time!」「69」は、二井原さんのソウルフルなボーカルと、和佐田さんのベースがグルーヴ感あるのがカッコイイです。X.Y.Z.→Aはメタルバンドだけど、それだけに収まらないのはこういう所が魅力だと私は思います。
和佐田さんが履いてるパンツ?スゥエットの柄が派手で気になる(笑)幾何学模様でビビットな緑と黄色とオレンジのだった。爆風時代からこういうの似合うイメージだな〜。
橘高さんは相変わらず、千葉ライブの時と同じ、黒のパンツとロングジャケット(襟と袖に黒スパンコールみたいなのついてる)

二井原さんはちっちゃいおじさんだけど、歌うとオーラでかい〜そして喋るとおもろい関西のおっさん(笑)ペットボトル水を飲むのに、わざとガラガラーってうがいする音マイクに入れて笑わせる。「それラウドネスでもやってるんですか?」と橘高さんにつっこまれると「これやらないと調子でないもん」と言うが、音をわざとマイクに入れるのはやらないでしょう?というと「うっかりやっちゃった」ほんとー?(笑)

「Faster!Harder!Louder!Deeper!」のあと、二井原さんが橘高前の女性客をいじって、「シャンプーのいいにおいがふぁ〜と…いつもよりおおく振ってた?シャンプーかえたとか、整髪料かえたとか。あ、整髪料って言い方古いか?」橘高さん苦笑い。
そのあとに、いつもの男性の常連さんを見つけて「ライブ追っかけてきて、風呂入ってないから臭い(笑)」とか言う(╲ひど〜い/と観客から声があがる)

橘高さんから、X.Y.Z.→Aは今年で13周年ですと説明がある。(だったかな?たぶん99年結成なのであってるはず)アルバムは…何枚だったっけ?と二井原さん。オリジナルアルバムは6枚で、最後に出たアルバムは2009年以降出ていない。一昨年は聖飢魔IIトリビュートで、去年は爆風スランプトリビュートに参加したのが、スタジオ録音した曲という。「だから今年は〜今年〜(と伸ばしてなかなか言わない橘高さん)旅行に〜」(笑)いや今年中にアルバムを出したいとのことです!
そこで、B’zの逆トリビュート?やろうかなどネタで言ってた。橘高さんが、「二井原さんなら言えますよ」B’zに連絡ができると。ファンキーさんでもできそうだなー。

トリビュートコーナーで爆風スランプ「リゾ・ラバ」と、続けて聖飢魔II「SAVE YOUR SOUL〜美しきクリシェに背を向けて〜」を演奏。
聖飢魔IIはファンが被ってる人が多いことが、やってみて初めて知ったそうで、好評だったことに橘高さんが驚いていました。二井原さんが、実際はどんな風なのか音源は聴いたけどライブは見た事無いそうで、橘高さんは「俺はYouTubeで見ましたよ!」さすがしっかりしてますね。二井原さん「なんで後輩のトリビュートせなあかんねやー」それ言っちゃあ(笑)

橘高さんが、「FOKはさっき帰っていただいたので、20数年の知り合いで(╲知り合い(笑)/と観客総ツッコミ)筋肉少女帯の同僚でもある大槻ケンヂを」と紹介して、「DMCって知ってる?」と、漫画のキャラに例えるの好きですよね〜。「俺はやっぱり顔にこう、ひびが入ってるほうが」と言ったのに、呼び出して出て来たオーケンは、さっきと同じ格好だった(笑)
筋少の衣装、忘れちゃったのよー」せっかくの前フリだいなし。かさばるので持ってこなかったようですね。
二井原さんがステージ中央で「こないだはのほほん学校に呼んでいただいて〜」と挨拶したが、すぐにのほほん学校で話した下ネタの話にもっていこうとする。二井原さんがステージでも楽屋でも同じテンションで下ネタを話すことに、オーケンは驚いて「二井原さんはぶれない!」それに対して橘高さんが「大槻は『人として軸がぶれている!』(笑)」とすぐに返すところが頭の回転早いなー。
二井原さんのセクハラにオーケンが引いてタジタジだった(笑)「二井原さんは昭和の下ネタなんですよ〜」とオーケンが言ってたが、二井原さんがメイクの女性に肩をもんでもらって「固いですねー」と言うと「固いのは肩だけじゃないでぇ〜(にやり)」って返すという。まさに昭和のセクハラオヤジだ(笑)オーケンが言う下ねたは、昭和でも中学生男子同士で言ってるような感じだなーと思った。オーケンはステージと楽屋(オフ)ではテンションが違うので、ステージではスイッチが入っていると。オフではおとなしいですよね。スイッチ入れるぞー!とやや無理矢理テンションを上げてオーケンが目を見開く。

そんな訳で、オーケンを迎えての曲は、予想通り「イワンのばか」X.Y.Z.→Aが初期の頃は演奏してシングルのカップリングにも入れてたそうです。末吉さんは筋少サポートもやってたし。いつもおいちゃん側で見てるので、橘高さん側で見るイワンは珍しくて良かった。ベースはウッチーとどう違うのかなーと思って見ました。和佐田さん指弾きだったと思う。ありがとうございます。

橘高さんが、「よく外タレで『名古屋とばし』ってあるけど、大槻が出るのは名古屋だけだからね」と配慮して下さって、筋少ライブについても5月の人間椅子対バンライブはSOLD OUTしたけど、名古屋はワンマンでまた行くからというのと、さらに「FOKはまた水戸さんとellの別のとこ(ell size)で来るから、皆さんまた見に来てあげてください。」と宣伝もする細かい気配りも忘れない。オーケン筋少の予定を話してると「筋少やってるみたい」と、その場の空気が筋少モードになったみたい。二井原さんが渋い顔(笑)

曲終わって橘高さんが、「さっきは爆風スランプの曲で末吉さんと和佐田さんがメンバーでしたけど、次は筋少で2人で…それだけです」落としどころが分からなかったみたい。
オーケンを送り出して、「この空気どうしましょか〜」と二井原さんが見回すけど、すぐにX.Y.Z.→Aの通常モードに切り替わる。たしか「GO ON!」か「Open Your Heart」だったかな?間奏で橘高さんが前に出てソロ弾くところで、橘高さんの背後に和佐田さんと二井原さんが向かい合って、笑ってわちゃわちゃやってる図がとても好き。

結成した頃は、まだ末吉さんが八王子に住んでなくて、メンバーそれぞれバラバラの場所に住んでたけど、よく朝まで飲んでたそうです。それが10数年経って二井原さんが飲まなくなって、橘高さんまで飲まなくなり(笑)なんと最近末吉さんまで禁酒?してるとか。そこで末吉さんから、違う違うと訂正。ドラム叩いて減ったり食べたら増えたりするのを体重計持ち歩いて試しているそうで、この後飲む予定だそうな。ブログとtwitterで経過細かく書いていますね。

撃鉄X.Y.Z.→Aダイエット中間発表!!

「みんな長生きしましょーよ〜」と橘高さん。健康でライブやって長生きできるのが幸せですよね!
和佐田さんだけいつも通り飲んでるそうで、ライブ後にオーケンとビール飲んだとtwitterで書いてました。

末吉さんのドラムソロコーナー、各地の名物を言いながら叩くのだが、今回名古屋は"しゃちほこ""エビフライ""シロノワール"だったかな。和佐田さんが隣でジェスチャーリアクションするのが面白すぎてそっち見てしまう。エビフライでエビゾリジャンプしたり(笑)シロノワールでシロップかけて食べておいし〜って顔が大ウケした。
そのあと二井原さんが出てきて、今回のツアーで名物の名前を探すのに苦労してるエピソードを話してくれました。熊谷では思いつかず困ったあげく「なつはあつい」となって、「夏は暑いにきまっとるがな!(笑)」熊谷は日本一気温が高いことで有名なんですよね。これからのツアーで各地の名物をファンキーに4文字、5文字、6文字でtwitterとかで教えてやってくださいとのこと。
京都、岡山、神戸にお住まいの方はぜひ〜。

二井原さんが、アンプに左足をかけるときに「がに股」っぽくなるのを気をつけてるそうで、中年男は筋力の低下で姿勢が悪くなるかららしい。和佐田さんがわざとマネして、二人でこう?こう?とがに股になってた。
「バラードをやります」とーとつに入るのが二井原さんスタイル(笑)
橘高さんの前にエレアコスタンドがセットされて、弾きだしたイントロで驚いた!これやってくれるんだ〜と。「Wings〜Fire Bird」まさかこれが来ると思わなかった。長尺曲で後半は高速になるので、このギャップが好きなのです。終盤にかけ声するのも好きで、私が最初にX.Y.Z.→Aライブに行った時にやった印象的な曲だから、特に思い入れありますね。
バラード曲はもう1曲「Maria」もやりました。ヘヴィでマイナー調のクラシックっぽい感じの曲に、橘高さんのコーラスが素敵です。
この前後どっちだったか忘れてしまったけど、橘高さんのギターソロ曲「FALCON」があって、和佐田さんがこの時ピック弾きだったなーというのが印象的だった。和佐田さんは指弾きのほうが多いですよね。
後半は「Midnight Train」「Yesteday!Today!Tomorrow!」そして、「The Greatfull Wa!Sa!Da!」曲終わりに「ジョワ!」二井原さんが言うと橘高さんも「ジョワ!」和佐田さんも「ジョワ!」ウルトラマン風に。みんなおちゃめです。
和佐田さんベースソロコーナーで、またおなかでボーンボーンと叩いて音出す奏法?をやって、橘高さんがすごい笑ってた。さらに端っこにローディーで立ってた小畑さんがギター持って出て来て、和佐田さんが二人羽織?みたいに後ろから弾くフリをして、やめてた(笑)
最近、和佐田さんが楽屋で「しこ」を踏む。と二井原さんが指摘すると「いや昔からやってたよ」というが本当なのかー?さらに、ドスコイドスコイと平手打ち(っていうの?)までやりだしてたそうな(笑)

終盤は「Miracle」はもちろんのこと、「Succession」これもすっかり定番ですね。「聞きたいことがありますー」ときたら「生きるとはー!」╲なんだー!/この掛け声と、橘高さんの早弾きイントロでアドレナリン出る感じがします!末吉さんが高速ツーバスなら首振らずにいられないです。ヘドバンして頭あげて腕を挙げて「生きるとはなんだ!」って叫ぶと、このライブのために生きてるなぁ〜って実感します。
本編はここまで。

アンコール、まず橘高さんが出て来て物販USBメモリの宣伝コーナー。アンプの上に置いてあるUSBメモリを手に取って「きゃわゆい〜」これは千葉の時とだいたい同じ流れなんだけども、今回は「ベースは…いいや」と言うと下手側にいる和佐田さんが新喜劇ばりにズッコケるのがポイント!(笑)「これが楽しみでしょうがない」と橘高さん。またツアーファイナルの渋谷でどうやって完成されるのか、楽しみですね。
二井原さんが出て来て、挨拶するところでなんて言ってたか忘れちゃったんだけど、たしかこれからも、還暦過ぎもやりますよ〜みたいな話だったかな。話すのを後ろで見てる末吉さんの目がすごく優しくて素敵だなーと思いました。アンコールは「Asian Typhoon」と「Don't let the sun go down」鉄板の2曲!最後だと思うとヘドバンも振り絞って振っちゃいます。X.Y.Z.→Aの4人の魂が、パワーが感じられるライブでした。
ツアーがまだ京都、岡山、神戸と続くので、お近くの方はぜひ!ライブに足を運んでみてください。私はツアーファイナルの渋谷で待ってます〜。

4月12日(木) 京都 都雅都雅
4月13日(金) 岡山 MO:GLA
4月14日(土) 神戸 WYNTERLAND
4月21日(土) 東京 渋谷 club asia



このブログをメール購読(メール配信)でも読めます。※登録いただいたアドレスは、メール購読のためだけに使われます。他の目的では利用しません。

メールアドレスを入力してください:

配信: FeedBurner

登録を解除することも可能です。届いたメールの末尾にある「To stop receiving these emails, you may unsubscribe now.」をクリックします。

広告を非表示にする