読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

大槻ケンヂ@LIQUIDROOM

大槻ケンヂソロ・ワークスライブ「ONLY YOU」
Guest Guitarist:橘高文彦NARASAKI
LIVE MEMBER:Ba 村井研次郎/Gu 長井ちえ/Key DIE/Dr 河塚篤史

朝から大雨…。寒い。マネージャーながいさんtwitterで「雨男は誰だ?」(笑)しかし、午後には止んだ。でも超寒い。昨日の暖かさ帰ってこい。

BGMにはKISSのいろんな曲が流れてた。筋少では下手側固定の私だけど、今日は上手に〜。いつもと風景が違ってまた新鮮。iPhoneの3G電波も入るし。
暗くなりオープニングSEは「刑事コロンボのテーマ」に和んだ笑いが起きる(笑)ひとしき流れてから、ライブメンバー登場して、オーケンが最後に出てくる。黒スーツに黒ハットで渋い装いです。1曲目は意外?な「海千山千」ブルースな感じです。オーケン最初から間奏でお盆持つフリのアクションして笑える(最近話のネタにしてた、ジェネシス時のピーターガブリエルのマネ)
上手側にちえさん、正月ライブで見たときと同様に、ジーンズにブーツでピンクスパンコールのタンクトップにふわふわファーのついた黒ベストで、かわいらしさとかっこよさを兼ね備えててステキです。ブルースのギターがすごくかっこいい。
下手側は研次郎さん。ごっついベースはいつものESP、カリガリの派手なあの格好ではなくて(笑)オーケン物販の本日発売のTシャツを着てくれて、足は柄スパッツでメタルらしく。その後ろにはDIEさん。やはり金髪をばっちり立てて、スパッツで足細い〜。かっこいい。ドラムは河塚さん。こないだNESSが中止になっちゃったから久々。ドラムがNESSでも見た河塚さんセットです。

続いて「早くもゲスト、特撮からナッキー!」おおおー!なごんだフロアが一気に特撮なモードになってぎゅっと詰まる(笑)ナッキーが下手側から出て来て、持ったギターは黒のジャクソンの片はねVかなって思ったら、フェルナンデスの似てるやつだった。「ナッキーが立ってる!」(笑)1月末の特撮ライブではまだ骨折が完治してなくて椅子に座ってましたが、ほぼ治ったそうで立ってるナッキーがやっと見れました。ナッキーはゆるふわな(笑)ダークカラーの衣装と髪を垂らして、ガーンとゴリっとしたかっこいいサウンドを聴かせてくれました。研次郎さんと並ぶとすごい華奢に見える。ディーパーズでは立ち位置離れてるからそこまで気がつかなかったけど。
「未青年」「ロマンチスト」とカバー曲を続けて、オーケンもぐいっと前に出て煽るパンクモードで歌います。懐かしい曲に私も頭降って腕挙げました!

ナッキーはさっとステージを去ってしまった。素早い(笑)
最初のブロックが終わって、オーケンMC。最初のソロアルバム「ONLY YOU」を出したのは、もう17年も前だそうです。という話から始まり、でも昔の事はもう振り返らずに未来の事を語りましょう。70歳になったら山梨か練馬区光が丘(具体的すぎる(笑))に、施設を立ててファンの皆さんを迎えて、毎日オーケンのライブを5ステージやる(笑)それから「のほほん学校」をやって、水戸さんと掟さんとロティカあっちゃんをローテーションで呼ぶ。という「オーケンハウス」計画を嬉しそうに語る(笑)宗教団体と思われてるってネタにも。時事ネタはオセロ中島さんのことを交えて。そっちできたか〜。昔の話だけど(笑)筋少活動休止前もオーケンMCで山梨かどこかにコミューンを作って、自給自足の生活をするとか言ってたね。
いずれは教祖オーケンは山梨と光が丘の中間点で(?)ミイラになって即身成仏になる。という流れで次の曲は「君は千手観音」に繋げる。オーケンの話芸がいつもより冴えてる気が。
原曲は人間椅子なので、あのワジーのぶっとい歪んだギターとはちえさんのギターだとだいぶ印象が違うのだけど、研次郎さんの指弾きベースもまたいいですね〜!中間にオーケンがおりたたみアクションしながら手をあわせて念仏するのがシュールです。アウトロでハーモニカ吹いてるマネしてたのが面白い(本当はDIEさんのキーボードの音でハーモニカの音色を出してる)
ロックンロールなモードになって「猫のリンナ」そして「ののの唄」は、DIEさんのキーボードが可愛らしいメロディを奏でます。

歌い終わってオーケン「みんないい曲だね〜。カバーだけど(笑)」いい曲だー!とお客さんからも声が飛びます。「一番売れなかったんだよね〜」オーケンがスタッフから聞いたところによると、独りで来ている女性がちらほら見かけるとのこと。そうかな?と思ったけど、もしかしたら、ちょうど時期で子育てが一段落したとかでライブ復帰なのかな。
このあと流れ忘れたが、昔の話はしない、将来の話だというテーマで、孫娘が欲しい。じいじ〜と呼ばせたい。孫娘にはアイドルになって欲しい。つんくさんか秋元康さんか…。つんくさんは後輩で、秋元さんはお世話になったことがある。とか妄想語り止まらず。妄想してたら本当につんくさんが近くに現れたので、熱のこもったあいさつをしてしまったとか(ほんとか(笑))
オーケンハウスでは社交ダンスもやって、と踊るマネをするオーケン。チャチャとか(と言ってたような)タンゴもね。ということで「タンゴ」ハードボイルドっぽいオーケンの振りと歌で、ちえさんのコーラスが素敵。ちえさんでよかったーと思った。続いてイントロに観客がわっと湧いて拍手があがる「恋人よ逃げよう世界は壊れたおもちゃだから!」これも、ちえさんのコーラスよかったなぁ。この歌詞はたしか89年で、筋少の「猫テ」〜「パノラマ島」の頃と同じなので、歌詞の世界が繋がってて、すごくはまった。だから今こうしてオーケンが歌ってるのを聴けてなんとも感慨深いです。それでさらに続いてオーケンが「久しぶりにやります」といって始まったのが「いきてあげようかな」オーケンソロのバージョンでほんわかと。

この後にメンバー紹介。研次郎さんは「絶望少女達」ライブでもやってくれました。カリガリもやってますと。オーケンの新物販Tシャツを着てることを紹介して、物販買ってくださいね。でも売り切れたんですよ〜。他の物販もよろしく、関係者も差し入れのマカロンだけじゃなくて(笑)物販買って下さいと押す。
DIEちゃんも「絶望少女達」でやってくれました。一番派手ですね〜もっと派手な人がこれから出ますけどね(爆笑)集合写真撮ったけどなんの集まりでしょうと面白かったそうだ。
そして河塚さんの紹介では、「あっちゃん?河ちゃん?なんて呼んだらいいの?」と言われて「えっ決めるんですか?」と戸惑う(かわいい)「決めないと勝手にこっちで変なのにしちゃうよ『アリスイレブン』とか」(アリスナインから取った?)「子どものとき『あじゃん』って呼ばれてたんですけど」ということで、「あじゃん」になって、オーケンと「あじゃん」「じいじ」って呼び合うことに(笑)かわいい孫!NESSの話は出なかったんですが、NESSの長いリストバンドしてました。復活した時の筋少ドラムサポートをしてくれたと紹介して、筋少だけじゃなくてオーケンソロのアルバムも全部買いましたと言ってました。「売れなかったのにねぇ」(笑)当時のオーケンは見ててどうだった?と聞くと「変な人だなーと」あはははーと笑うオーケン、その通りですね。変でもあるし、やばかった(笑)
ちえさんの紹介では、「ちえちゃん」って呼んでください!と強い希望のため、今後ちえちゃんで。オーケンは、水戸さんとちえちゃんさえ居れば、のほほん学校は間違いなく成功すると、厚い信頼を寄せているようです。

ではここでスペシャルゲストを呼びましょう(拍手)…FOKです(笑)あれ?(わざとらしく)呼びに行ってみましょう(別人設定なのか)とオーケンが下がる。すこしすると、ギターを持ってやってきた。ジャケット脱いでるだけ。ここで着てたTシャツは、黒でシルバーのユニオンジャックみたいな柄が描かれてて、いつもと違っておいちゃんが着てるやつみたいだなーと思った。
みなさん休んで下さいね。と声をかけて、メンバーみんな下がってもらいFOKは椅子に座ってギターのセッティングをする。
ギター持って大阪弁のおじいちゃん芸人?のネタみたいなのをやってた(笑)まずは「オンリーユー」から。「(テンポがわかんなくなっちゃうから)手拍子しないでくださいね〜。」とお断りして続いて「プカプカ」「お世話になりました」曲によってギターのネックにカボをつけてた。
先週、やついフェスに出た時に弾き語りやったあとで、手紙が届いて「私と一緒にやりませんか?」って芸人の女性からだったそうだ(笑)芸に行き詰まって、オーケンの演奏を見たら
「がんばったがダメ」ああそんな曲もあったっけ(笑)46歳が歌うとまた哀愁漂いますね。FOK最後の曲は「GURU」で。前みたいにつまづく事もなく弾いて歌いきりました。わきあがるFOKコール╲FOK!/╲FOK!/

FOKコーナーが終わって、オーケンが帽子をニット帽子(ピースメーカーの)に変えてた。
お待たせしましたゲスト橘高さん登場です!衣装はソロユニット用の白レース。いやーぶれないね〜。頭からつま先までびしっとふーみんスタイル。しばしオーケンふーみんの漫才が楽しめました(笑)オーケンがまず、「はーてなーきー♪」(橘高さんデビュー25周年記念ライブでやった「夢のあとさき」やろうかって言うと、ふーみんはFOKを見て「DMC(漫画)の社長役になって『お前はメタルゴッドだろ!』(笑)」オーケン「メタルゴッドじゃないもん〜。俺はフォークが合ってると思ったの。誰か隣で踊ってくれる人探そうかな」「内田にやってもらえばいいじゃん」(笑)
リキッドにこの二人が立つと、筋少復活前のオーケンふーみんライブ思い出しますね。「久しぶりだな、『やめ組』二人が揃うの」「ここに(オーケンとふーみんの中間)内田がいそう」「ほう」ウッチーのまねをさりげなくやるふーみん可愛い(笑)ナッキーの立ち位置が下手なので、マイクの配置も筋少と同じだしね。
「橘高くん、筋少の今年の予定は知ってる?」「俺らが知らないところで決まってたりしてな」とかすっとぼけながらも、「内田に会ってない」とか「おいちゃんからメールが来て」とか言いながら、橘高さんが紙を取り出した。これはー!!!決まったのねー!!!
対バン人間椅子ギャー!!!って嬉しさで叫んでしまった(笑)しかもDVD発売でタイトルが「筋少動画」って、「大槻が考えそうな名前だな」って橘高さん言ってた。30周年って聞いたときに、え、来年25周年じゃなかったっけって思ったら、「結成30周年」なのね。(デビュー25周年が来年)今年はやらないのかも?って不安に思ってたから良かった〜。
(※筋少ライブ予定の詳細は、また後でブログに書きます)

今回はマーシャルの壁はなくって、マーシャル1つでした。ちえちゃん用のマーシャルもあって2つ並んでた。
橘高さんを入れて曲は「ヘイユーブルース」やった!橘高さんのギターソロをガン見できて嬉しい!途中のオーケンの語りは無かった。当時は即興語りがとても長かったから、それもいいけど今は無くてもちょうどいい。続けて「モンブランケーキ」!!!イントロのキーボードのメロディがドラマティックですごく好き!橘高さんのギターの音も、オーケンの詩も歌も当時から続いている。変わらないというか、延長線状に続いて衰えることなく成熟してるんだなーって思って。ちえちゃんのコーラスがまたとても可愛くて良かったです。この曲はもう、ライブ演奏されることはないだろうと思ってたから、こうしてスペシャルライブとしてやってくれたのがすごく感激でした。行けて良かったなー。
橘高さんを送り出して、次の曲は「天使」じんわりとしたバラード。歌い終わってオーケンが、46歳になって歌うとまた渋みが出ていいねぇ〜と言っていた。

またナッキーを迎え入れてハードな曲が続きます。この振り幅の大きさは他ではなかなか無いんじゃないかな?筋少曲の振り幅の感じとはまた違うんですよね。がらっと変わる感じ。フロアの客が一気に詰まってパンクモードになる(笑)「ナッキーが歩いたぁ〜」とオーケンナッキーをいじろうとするが、ナッキーが無言でギターをかまえて俯く。「早く曲やってほしいの?」うん。
「天プラ」懐かしい〜!オーケンソロのときに何度も繰り返して演奏しましたね。今回は繰り返しはなくて、続いて、オーケンが「特撮バージョンと混ぜて『ジェロニモ!』」╲モヒカン!/コールが入るところは特撮バージョンですね。
橘高さんが戻って来て、全員集合スペシャルバージョンで「オンリーユー」豪華だ〜!DIEちゃんはショルキー持ってステージ前に出て派手なアクション!当時は川井健さんがやってたなぁ〜と思い出しました。ナッキーとふーみんが夢の共演で、しかもWフライングVになったのも嬉しい!
ナッキーがはけてふーみんが残って、次は「もうがまんできない」中盤でオーケンエレキギターを持って来た!(笑)なんの形かよく見えなかったけどレスポールっぽい形の。オーケンふーみんのギターソロまわしで湧かせました〜。オーケンも「顔」作ったりして、演奏はさておき(笑)ふーみんが苦笑いしていた。ちえちゃんはレスポールでかっこ良く決めてました!
橘高さんを送りだして、最後は「あのさぁ」でなごやかに締めました。

アンコールはほとんど待たされることなく、全員登場してくれました。オーケンが、最後の曲です。歌から入ります。と言ってイントロなしで歌い始めた「天使たちのシーン」丁寧に大事に歌っている感じがしました。歌い終わって、ステージを端から端までゆっくり歩きながらお辞儀をして、手を振ってステージを去っていきました。演奏は暫く続いて、終わって一人一人挨拶をして退場しました。最後に河塚さんが跳ねてスタッフにジャンピングハイタッチしてたのが可愛かった!

海千山千
未青年
ロマンチスト
君は千手観音
猫のリンナ
ののの唄
タンゴ
恋人よ逃げよう世界は壊れたおもちゃだから!
いきてあげようかな
オンリー・ユー
プカプカ
お世話になりました
がんばったがダメ
GURU
とん平のヘイ・ユウ・ブルース
モンブランケーキ
天使
天プラ
ジェロニモ
オンリー・ユー
もうがまんできない
あのさぁ
(アンコール)
天使たちのシーン

広告を非表示にする