筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯・氣志團@渋谷AX

「極東ロックンロール・ハイスクール」第12弾「〜氣志團パノラマ島へ行く〜 氣志團 vs 筋肉少女帯

氣志團メジャーデビュー10周年記念の対バンイベントとして、筋少がゲストにお呼ばれしてのライブです。
開演前には、前回のvsグループ魂ライブの様子などを行った方にお聞きしたりしました。

翔やんブログのコラボTシャツ紹介
動画のセレクトが、翔やん筋少への思い入れが伺えます(笑)
SHOW AYANOCOZEY -BLOG-|honeyee.com Web Magazine
この日のためだけに氣志團vs筋少のコラボTを作って下さいました。早々に売り切れていましたね。

ナタリーのレポートも出ています。
ナタリー - 氣志團×筋少対バンライブで「渋谷を印度にしてしまえ!」


開演直前には、まずドスのきいたアニキ声のアナウンスで物販販促と諸注意(携帯の電源を切る)などで笑わせます。そして定刻通りスタート、暗転からステージの下手端が明るくなって、氣志團バックダンサー(微熱DANJI)の3名でのショートコント。このシリーズで毎回同じフォーマットだそうで、ゲストのバンドごとに内容がアレンジされたそうです。氣志團ファンの女の子がファンの男子と女子とやりとりするという、ファンあるあるネタなのがよく出来てる(笑)「木更津キャッツアイから入ったニワカ」とか言ったり、女の子の1人が筋少ファンに転んだという設定で、橘高ちゃん人形を出すという(笑)オーケンじゃないところがツボですよね〜。


ステージのバックには「極東」とデザインされたバックドロップ。筋少スタートのSEは最近使ってるKISS「雷神」で、重厚さを演出していると思います。私の近くにいた氣志團ファンの女の子の声が聞こえてきて"KISSじゃない?すごい!テンションあがるー!"みたいな感じで興奮してて、にんまりしました。
登場するメンバー、サポートは長谷川さん、エディの衣装が藍色の和服でカッコイイ!なんだか氣志團に似合ってる(笑)ふーみんは白ドレスで気合い十分!と、おいちゃん見たらびっくり!Tシャツの右肩だけ出してる〜袖が広くて緩い今年っぽいデザインの。しかもクマさんのイラストがついてるの。やだかわいいセクシーじゃないの〜!とくらっときてしまった。裾が長めで白ジーンズの上に被ってて、たまに裾持ってひらひらさせてた。最初のギターチェンジのところで、かわいいでしょ?って感じでイラストを広げて見せてて、╲かわいい〜/って声が下手からあがってました。
手にしたギターはデリンジャー。ときたら1曲目から「イワンのばか」オーケンが、あいつが来たー!と煽る。いきなり太い音を叩き付けていき、中盤の激弾きからのバンザーイで筋少ワールドに巻き込ませる。続けて2曲目「心の折れたエンジェル」で強く攻めていきます。先週のOTODAMAが中止になってしまったので、その分までパワーを貯めて出してくれたって感じで、ライブができて嬉しくてしょうがない気持ちが伝わってくるようです。

一言めにオーケン「衣装かぶっちゃった?(笑)」特攻服を指して、いうと思った(笑)久しぶりに白い手袋をしてみたけど、マルコシアスバンプじゃないから。とか言って笑うのはバンドブーム世代だけか?白い手袋なのは、氣志團の衣装で使われているから、それに敬意を評してだと思うのですが、そもそもオーケンがデビューぐらいからしばらくの時代は衣装でつけていましたものね。懐かしいです。
オーケンが今日のテーマは一体感だと、数ある氣志團の対バンライブシリーズの中でも一番一体感のある夜にしようぜ!と言って会場をまとめるのは、オーケンのMCテクですね。こうやって引っ張っていくのです。一体化するために何が必要かと問うならば?╲問うならばー?/酒だ酒もってこーい。あ、今日それやるんですね。
身内の話でなんですが…と言い出して、おいちゃんの誕生日が明日だと紹介してくれました。わーい!下手側から╲おいちゃんおめでとー!/の声がいっぱいあがります。おいちゃんが「46歳最後のライブで、楽しんでいきましょう!」ってマイク持って言ってくれた。「あと調べてきたんだ」とオーケンが、9/10は誰か海外ミュージシャン?のと同じ(名前忘れた)とか、欧陽菲菲が同じだと「いくつになったんだろうねぇ?」オーケンが聞くも、おいちゃんもわからず首かしげる。それと、微熱DANJIの星屑輝矢さんが今日です。とちゃんと調べてくるあたり、オーケンの気配りを感じました。というわけで「今日のお酒が飲めるのは、氣志團さんのおかげです!」
手袋は滑るんだよね〜とかプラコップを持って呑んだあとで、次の曲前に手袋を派手なアクション交えて片方づつ外してました。
それじゃあ、俺たちも氣志團みたいにダンスを披露するとかなんとか言ってた(笑)EXILEのダンススクールに通ってたんだ!って言ってたっけ?「ワインライダー・フォーエバー」ここでもやってくれますね。お気に入りの新定番ですね〜。はしゃいでるおじさん4人を見てください(笑)今回のハイライトは!氣志團用のセットにステージの左右端に「お立ち台」が出来てるので、それを使ってのセリフパート。おいちゃんが「な・に・を?」はもう自分で言わないで両手広げてお客さんに言わせてたし(笑顔)お立ち台に乗っかって手を挙げて気合いを叫んでました!ウッチーは両手を頭の上でマイクもって組んでの腰ふりダンスをお立ち台に乗ってアピール!オーケンは中央でニコニコしてチューチュートレインダンスして、おいちゃんが後ろに入ってちょっとあわせてた(笑)
おいちゃんのギターは白ストラトで、続けて「バトル野郎」パワフルに攻め続けていきますね!おいちゃんが前に出てきてのリフ弾きでいい音とメロディが響きます。橘高さんのピック巻きここのソロ前だったか?ここでやるか?って意外なところだったのだけは覚えてる。どの時だったか忘れたけど、弾いてるウッチーの隣に後ろ向きで弾きながら寄って来たふーみんが、お尻でぼんぼんつっついてウッチーをびっくりさせてた(笑)
おいちゃんが白黒ストラトにチェンジしての「僕の宗教へようこそ」ロッキンで演奏したのに続きこちらでもですね。バンドブーム時からの名ナンバーで、翔やんも感激だったようです。エディがセンターに登場してのオペラに、オーケンが隣で膝付いて拝むっていう(笑)こないだロッキンでもやってたこの演出は当時は無くて最近だけれども、既に”宗教へ入れよなんとかしてくれるぜ!”って連呼して、ギター2人とベースが弾きまくってるっていうパフォーマンスを20年前からやってたっていうのが凄いことですね。


この後のMCで、おもむろにチラシを後ろの台から取り出したオーケンが、この「極東ロックンロール・ハイスクール」シリーズのスケジュールが書いてあるのを見て、すごいねぇ〜見てよーとおいちゃんに渡して、橘高さんは遠いのでウッチーに「まわして」と2枚渡す(笑)4人がそれを見ながら感想を話しあうっていうコーナーになってて、自由だな(笑)このラフさ加減がいいです。「筋少の次がドラゴンアッシュだよ!ロックインジャパンフェスみたい」みたいな事を言ってたけど(苦笑)ジャンルが離れてて、ロッキンフェスに近いラインナップではありますね。「恵比寿マスカッツは打ち上げに出たいね」ふーみん「それは打ち上げに出たいな!(超笑顔)」おじさんトーク…(※恵比寿マスカッツとはAV女優とかグラビアアイドルが集まったユニット)
オーケンGLAYに出たいな〜」ふーみん「それなら俺はタカミーで」それは出てほしい(笑)すごいね、真似したいよね。というオーケンに橘高さんが「でも俺ら友達少ないからな〜、自分たちのバンドでやる?」これは氣志團ファンには通じなかったかもだけど、筋少メンバーはそれぞれ別のバンドも持ってるので、オーケンの「特撮」や橘高さんの「X.Y.Z.→A」内田さんの「3-10chain」など、一同に集まってフェス形式でやるのは見てみたいね〜。一体感、をしきりに連呼してたオーケンが、ここは渋谷ラママか、ちっちゃくなってどうするんだ(笑)なんて事も言ってた。コント赤信号がなんとか…ってぶつぶつ言ってるし(※コント赤信号の渡辺さんが司会のコントコンテストが昔からラママでやってる事だと思われる)他にもオーケンらしいサブカルコネタをちょいちょい入れてたと思うけど覚えてない。
「なんで楽器持ってないの?」とオーケンが3人を見回して言って、サポート2人は前に出ないままで、特別にカラオケで?とか言って「じーさんはいい塩梅」おいちゃんが手にしたハンドマイクをTシャツの中に入れて隠してて可愛い(笑)
続けて「みんな、人間は好きですか〜?」のふりが出たら「人間嫌いの歌」ですね。橘高さんいつのまに衣装かえてた。ハンドクラップをして促してました。

10月は赤坂ブリッツでワンマンあります、ライブDVD売りますと宣伝もちゃんとしてくれました。特典のDVDには93年のライブ映像が入ってるんだけど、おかしいの。とオーケンが言って、始まっていきなり「おまえら、メガネくもってんのかー!」って(笑)あったよね〜。なんでだろうね?と若き日の自分に不思議がるオーケンだった。(笑)
次は「マルマルモリモリ」だ。とかオーケンが言い出して何の事だと思ったら、手をクロスさせて〜と説明してああそうか。おいちゃん、ウッチー、ふーみんがニコニコして手をクロスさせてるの (≧∀≦)いいなぁ。わかりやすく対バンイベントならですね。踊る、踊る、踊る、踊るダメ人間っ!でおいちゃんがワウペダルに足をかける。とたんむぎゅーっと後ろから押しが強くきたね〜。きたきた。ああもうここからは何がなんだか、かっこいい〜!楽しい〜!ってだけで。橘高ちゃんもウッチーも代わる代わる下手にきて、おいちゃんのアクションが衣装の効果もあってか色っぽくてカッコよくて。最後はオーケンがそのままだめ押しの「釈迦!」おいちゃんのペットボトル水まきで、ちょうど自分の顔面に水がかかって気持ちいい!ふーみんとウッチーが1マイクでコーラスしたり、おいちゃんも揃って3人が中央前に出て弾き、下手側に来たオーケンが折りたたみの時に勢い良く助走つけたアクションすれば、ウッチーとふーみんが揃って振って、おいちゃんはソロ弾き。4人がステージ前に出てきたときのこの風景が最高に素敵です。筋少大好き!もう終わりかぁ〜って、あっという間でした。はけていく時に橘高さんがおいちゃんの所に寄ってきてハッピバースデ〜♪って歌ってくれて!ウッチーも隣でニコニコしてて、オーケンはすでにいない(笑)お客さんも一緒に歌って、おめでとうおいちゃん!ってふーみんと肩組んで軽くハグしながら手を振ってくれました。


転換中に流れているBGMが、氣志團の曲と筋少の曲をミックスしたクラブ調の曲みたいになってて、筋少ファンからすごいすごいと声があがってました。「戦え何を」とか「月とテブクロ」まで。翔やんのこだわりが隅々まで行き届いているのですね。
冒頭のコントの続きになって、氣志團ファン3人組が筋少のライブを見た後の状況になって、さっき学ランコスプレをしてた子が橘高さんのドレスふうコスプレで出てきて「ロックの話しようぜ!」(笑)ここでもふーみんネタでいじられる。メガネの光ちゃんファンの子が「ケンヂも、フミヒコも、トシアキもかっこよかったわぁ〜」と名前を言ってくれたり(笑)ナゴムギャルの生き残り言われるし、筋少に転んだ設定のゴスロリの子が「もう帰る」と言い出すも、氣志團も見ましょうよ、イベント楽しみましょうよ。と引き止めるというところで氣志團の番に。
学ラン姿の6人がさっそうと登場して、位置についてまずはインストナンバーの「房総スカイライン・ファントム」光ちゃん翔やんがビシッと決まったダンスを披露する。これは私が昔見てた時と同じだったし、続く「ゴット・スピード・ユー!」もライブに通ってた当時(2003年くらい)よくやってたから嬉しかった。併せて踊って覚えてるってうきうきした(笑)楽しい!続けて翔やんが「TOO FAST TOO LIVE, TOO YOUNG TO DIE!」ってコールして始まった「キラキラ!」も懐かしい、好きな曲です。ギター二人の音はどちらかというと筋少よりはボウイとかB-Tなどビートパンクの感じですね。
最初のMCで翔やんが中央のお立ち台にあがって「メガネくもってんじゃないのかー?!」ってネタもってきた(笑)それで昔から変わらないMCのオーライから変化活用みたいなの。ナゴムギャルの生き残りってまた言ってたし。(流れを覚えてないけど)筋少と同じステージに立てて夢みたいです!と話て、夢じゃないかな?って後ろに下がってた光ちゃんにほほつねらせて「イタイイタイ!」ってやり返すコネタしてた。それからロッキンの時にもやった、「大きくなって帰ってくるぜ」と言って、ランマの歌中にはけて、底上げ(肩車した中の人がいる)光ちゃん翔やんがもどってきて見栄を切るパフォーマンス。
この後だったか、翔やんのMCで筋少と出会った思い出を熱く語る。小学5年でANNだったこと、そのあと中学でセニョールセニョリータ(これもオーケンのラジオ)影響を受けて筋少に出会わなかったら今ここにいないし、皆にも出会えなかった。人生が50度くらい変わった(微妙?)がんばってるといいことあるんだね!って翔やんキラキラしてた(目はサングラスで見えないけど)
この後も、デビュー10周年迎えて、出てきたときはすぐ消えるって言われたけど、こうして音楽やり続けることができて皆に感謝って言ってた。デビュー後に何年も続けられないバンドも多い中で、続けられることはすごいことです。私も最初はこのツッパリコンセプトで長く続けられる?って思ってたけど、曲の良さと凝った演出で、一時活動停止して戻ってきて、ファンを持ち続けていることは本気と書いてマジで(笑)氣志團は「本物」だってことだと思います。「愛 羅 武 勇」のときに翔やんが下手のお立ち台に上がって歌ったサビが好きです。ギター2人とベースも定位置からたまに前に出てきて5人が並ぶフォーメーションもかっこいいです。定位置から動かないバンドも多いですが、前に出てきてくれるほうが私は好き。
特効服に衣装チェンジして、微熱の3人と一緒に再登場した翔やん光ちゃんが「俺たちには土曜日しかない」のダンスでダメジャンプアレンジして湧かせます。そして「One Night Carnival」の中盤で歌わせるところで、すでに氣志團ファンがとっても大きい声で一緒に歌ってるけど、翔やんはまだまだと筋少ファンにも歌わせるために、歌ってくれないと"弱ったハトを2羽"橘高さんの家のポストに入れるという下り、これも毎回対バンでやってるネタだそうで、筋少ではまたふーみんがネタにされたね(笑)橘高さんは優しいからギターソロが弾けなくなっちゃうかも?という話に続けつつ、内田さんだったら何もしないだろうって比較するのに笑った。それでみんなでサビを歌って終わり、最後に何をと思ったら、オンリーユー!って!そう来ましたか。オーケンソロ最初の頃にやってたばちかぶりのカバー。翔やんはそのままリスペクトしたように歌って、曲も氣志團によく合ってますね。中盤の語りもそのままで、女性の声はノイズ混じったようなテープの音声で。いや懐かしい。偶然にも、私の隣で一緒に見た筋少ファン友人は、昔に氣志團に一緒に通ってて(笑)オーケンソロの時もよく一緒に見てたから、ほんとに偶然で面白かった!オンリーユーはね、オーケンが精神不安定だったころだから、その当時を思い出してほろ苦いです(苦笑)ネスティー。

氣志團の最後は、メンバー6人揃って並んで、下手と上手にそれぞれ行ってお辞儀して挨拶するのですね。下がったあとで、氣志團ファンから「ルーアンコ!」とコールが。これはお決まりなのですね〜。私がライブに行ってたころは知らなかったので復活後からなのかな。それほど待たずに再登場した氣志團メンバー、どっと笑いが起きると注目した松さんがもじゃもじゃカツラを被ってる〜!若い頃のウッチーだ!(笑)メンバーがコラボTを着て、翔やんもハーフパンツに着替えてる。筋少を呼び入れて出てきたウッチーが、松さんと並んでニコニコ。「若き日の内田君だ!」と驚いて見るオーケン
おいちゃんの頭がー!頭にバースデーケーキのパネルがついたカチューシャがゴスロリのヘッドドレスみたいであわわ(混乱)ニコニコして可愛くて目がはなせなくなってしまった。オーケンが「おいちゃん、あえてそれはスルーするからね(笑)」と軽く言う。水玉衣装で来た橘高さんが、「氣志團10周年おめでとう!」と手を広げてお祝いしてくれました。さすがしっかりしていますね。
オーケン翔やんと話して「セットリストには『マイウェイ』って書いてあったけど…」とオンリーユーにびっくりしたと。翔やんが「リハでやってみようかと思って」と、サプライズであったことを告白。「筋少どれやろうかと思ったけど難しい!」やっぱり難しいんだね…。「ギター2人がずっとモニタ見て『これどーやって弾いてんだ??』」と言ってたそうです。オーケンが、翔さんからセッションのリクエストが来て「空手バカボンの『家族の肖像』だって、マニアックだよ〜(笑)」と言うと「小学生の時はじめてコピーした曲なんです!こんど声変わりしてない俺のテープあげます!」だって(笑)空手バカボンは小学生の翔ヤンにクリーンヒットしたんだろうね〜。サザサザサザサザサザエさん〜って歌って欲しかったけど、やっぱりセッションは「ももいろクローバー?」オーケンそれボケると思った。じゃなくって〜「日本をインドに」てなわけでコールをやるんだけど、ダンドリぐだぐだ〜(笑)オーケンが喉をおさえて「さっき食べたタイヤキが喉にからんで〜」と噛んだ事を言い訳する。このナタリーのセッション写真で橘高さんがずっこけた所がこれです。新喜劇状態で全員コケてた(笑)ふーみんが「何年やってんだよっ!」と即座につっこめば「年数じゃない!」って言い返す子供のケンカ状態また始まった。仕切り直して「日本印度化計画」を、ハンドマイクで歌うおいちゃんとウッチー珍しい〜。(ニコニコ)ナタリーの写真で分かるように、揃ってカレーのポーズも微笑ましいです。
最後のコールでまたオーケンがかんで「タイヤキがぁ〜」そうやって強引に持って行こうとしてる?(笑)翔やんがオリジナルのコールなのかな、キメのジャーンって音を出してバンと止めると「筋少最高!」ジャン!本城さん、って振って「氣志團最高!」って感じでコールを回していって、ウッチーが「キミタチサイコーダヨ!」出たー!!そんでオーケンが「俺たちいつでもロックばk(かむ)たいやきがー」またか!(笑)「ロックンロールは鳴り止まないっ!」ありがと〜って感じで締めて、退場するかとおいちゃんを見てたら、バースデーケーキを持った微熱の皆さんが来てくれてびっくり!すぐ気づかないおいちゃん(笑)またハッピーバースデー♪おいちゃん!って歌えました。「火は使えないの」と翔やんが言って、エアでおいちゃんが吹き消しました。それで退場しそうになるおいちゃんを、また上手側で呼んでみんなで手つなぎあいさつ〜。うまいこと筋少氣志團メンバーが交互に並んでましたね。
終わったのが10時ちょい過ぎで、魂の時に半過ぎで覚悟してたから、アラフォーに優しい?(笑)と、無事にへばらずに最後まで楽しめました。客だしSEは「ラブバラードは歌えない」昔から変わってないのですね。私は氣志團筋少活動停止の時に知って楽しませてもらって、翔やん筋少好きなことを恥ずかしがらずに広く言ってくれたおかげで、筋少が復活してこうして活動が順調な理由の一つだと思うので感謝です。翔やんtwitterで「ピストルズよりクラッシュより筋少が好き!」って言ってくれたのが嬉しかった(笑)私だって、筋少がどこのバンドよりも世界で一番好きで最高にかっこいいとずっと思ってるよ。ありがとう。

ShowAyanocozey: 打ち上げ一次会終了!もう最高に楽しかった!俺、やっぱりセックス・ピストルズよりもクラッシュよりも、筋肉少女帯が好きだ!あの頃の俺は毛も生えてない子供だったけど、間違いなかった。それに気づけた当時の自分を褒めてあげたい。偉いぞ、俺!(単純に筋肉少女帯が凄過ぎるだけなんだけどね。)

筋少ブログの集合写真、オーケンがおじいちゃんで、バックにいる氣志團メンバーが地元の若者みたいで面白い図になってる(笑)
筋肉少女帯オフィシャルブログ「筋少の大ブログ」: 氣志團筋少合同記念撮影

イワンのばか
心の折れたエンジェル
ワインライダー・フォーエバー
じーさんはいい塩梅
人間嫌いの歌
バトル野郎
僕の宗教へようこそ!
踊るダメ人間
釈迦

広告を非表示にする