読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@ROCK IN JAPAN FES レイクステージ16:20〜

今年もやってきました夏の野外のフェスティバル!前回ワンマンの時からしばらく涼しかったり雨振ったり不安定な天気でしたが、当日は晴れて夏らしい天気になりました。昼頃に現地入りして暑い中でかき氷食べてビール飲んで、グラスステージの氣志團を鑑賞、次回vs筋少ライブの予習になりました。
レイクステージに移動して筋少の前のトライセラトップスを見るころになったら、日が陰っていい風が吹いてきました。場内アナウンスによると遠くで雷雲も出てるらしく、雨が降るかもしれないとのこと。
筋少のセットはいつもの通りで、橘高さんのマーシャル4×4セット、長谷川さんのツーバス、エディの要塞に背景からして派手ででかい。サウンドチェックの音がでかい(笑)サンプリングの音でネタばれして前列の常連さんたち爆笑、スタッフさん笑う。(ワンマンと違ってリハがないから仕方ないのかな?)おなじみの筋少スタッフさんたちのうれしそうなこと。お祭り気分ですね。
スモークが左右から吹かれていよいよ開始、ステージ横の大型ディスプレイに筋肉少女帯の文字が出て、歓声とともにSEはKISSの「雷神」にのってメンバー登場!おいちゃんがリキッド1日目と同じ白いズボンでうれしい〜!
オーケンが「早くおいでー!」と去年と同様に遠くの客を呼び寄せる(笑)1曲目は「釈迦」!そう来ましたねっ。テンションMAXで飛ばします〜!一気に筋少ワールドに引き込みます。続けて、おいちゃんのギターから入ってワンツースリーフォー!とオーケンが言えば夏フェスでもやってくれました!ウー!ハー!のかけ声の間にオーケンが、「ワインライダー・フォーエバー」のタイトルコールと、アラフィフでも踊れるか〜?などと言って、4人が前に出てきてのセリフパート、この青空の下で聴けるなんて嬉しいし、やってるほうも気持ちいいに違いありません!(笑)昨年末のCDJでも披露されたけど、今回はさらに前方の鍛えられたファンがよりいっそう盛り上げてましたね。ノリノリでマイクを両手で持って腰をシェイクするウッチーもいつもより多く踊ってました。ふーみんがピックばらまく!おいちゃんが後ろ向いて腰をふりふりしてたのはここだったかな?オーケンはまた一人でチューチュートレインのマネ(笑)
いつなんどきどんな場所でもアウェイ筋少、といえどもロックインジャパンは毎年呼んでもらって馴染んできたとオーケンは言うけれども、でもやっぱりおかしいよ(笑)この80年代派手なバンド感というか、若いバンドには真似できない(真似したくない?(笑))
オーケンが「雷雲が来ているようだが、それよりも早く、バカがやってきた!あいつがロシアからやってきた!」そう言うとすぐにイントロの音がエディのシンセから出る。イワンの、ばかー!きたきたきたー!どこに行っても胸はっていけるこの必殺のイントロ!二人のギターが前に出て激弾きする。橘高さんがヘドバンしながら弾くから私もヘドバンして応えずにいられない。ウッチーも後方でがっしり支えて超絶にピック弾きして、長谷川さんのハデで高速激重なツーバスが地鳴りする!(笑)ここはメタルフェスですか?みたいな。海外のメタルフェスに出してもいいと思う(笑 出ないけどね)しかしおかしい!おかしいよ!(笑)ひらひら貴公子衣装のふーみんはくるくる回りながら弾いたり早弾きソロを繰り出すし、オーケンはヘイヘイヘイ〜で煽り、4人揃ってばんざーい!場数を踏んだこの威力は大観衆に伝わったでしょうか。前方は常連さんの顔しか見えないので(苦笑)
終わってオーケンが腰落としてぜーぜーしてる。ばてるよねぇ。猛暑じゃなくて良かった。命がけだよ。しかしここはオーケンの名人芸MCで笑わせるのを忘れない。「身内の話ですが」と話しだすオーケン、コアなファンにはおなじみのオーケンの実の兄はテレビカメラマンで、X JAPAN東京ドームを撮ったことでも知られてますが(笑)今日はこの会場に撮影に来ていると。しかし筋少ではなくてCHARAさんを撮ってます!と落として湧かせる。
初めて見た人〜?と聞いて手を挙げさせて、おまえら若いだろう。こちらはデビュー23年だ。分かり合えるかと問うならば?(ってやったかな?)分かり合えるだろう〜。加藤茶ほど離れてないから(笑)といった時事ネタを織り込むあたりオーケンある。ドリフだしね。
オーケンは特効服脱いでてホラーTシャツだなぁ〜と思ってたら、後で聞いたら「ももクロ」のグッズなんだとか(このセンスがアレな人たちに人気なのかと理解)ぜーぜーしてるオーケンが「ももクロみたいに」(元気にやりたいが?という意味合いかな)とか言ってたと思う。

次に始まったイントロ、これやるのー!と嬉しくなった。イントロに乗せてオーケンが「僕の宗教へようこそ」とさらっと言う。”しゅっきょ!”ウッチーの合いの手コーラス♪なんだか90年代前半の野外イベントに出てるみたいな気持ちになってきた。途中の語り部分では、ヘイヘイヘイ〜と煽るだけでなく、前に出て空に向けて指を挙げたオーケンが、こんな空から犬神憑きが降りてきたぜ!そう言ってから、原曲ほぼその通りのレディス&ジェントルマンの語りも言う。そしてオペラを歌ってくれるぜ!と言うやいなやエディがセットを降りてドラムセット側にダッシュして橘高さん側から前に飛び出る!来たー!かっこいい!オーケンはどこ?と探したらおいちゃんの斜め前にひざまづいて、エディが神様みたいな状態でひれ伏してるっていう(爆笑)楽しすぎるー!この後の"宗教に入れよなんとかしてあげるぜ!"の連呼!このフェスの会場で野外でやるっていうのが気持ちいいー!他ではありえない(笑)オーケンが語りをしている間、長谷川さんのリズムに合わせて心地よさそうに体を動かすおいちゃんが素敵でした。
オーケンが他のバンドを勉強しようと思って、(筋少の前後に出演する)トライセラトップスフジファブリックのCDを借りてきたけれど、延滞料金で4000円(※正確な金額忘れた)取られた(笑)「…CDは買えよー!」これでドカンと笑わせるのに成功したら、初見の方はもう筋少から目がはなせないでしょう。たぶん(笑)
ここで4人が楽器を外したままでハンドマイク持ってる。次は「じーさん」かなぁ。って思ってたら、オーケンが「野外なのでピクニックに行った気分で…やっほー!なんてどう?」と(ええっ?)「こだまでしょうか?懐かしいですね」(半年も経ってないけどね)(って…まさかそれやるのー!?)やっほーと言ったら返して下さいね。ヤッホー!╲ヤッホー!/ハイホー!╲ハイホー!/とコール&レスポンスさせる。「そこの金髪の人」とふーみんに呼びかけ、「金髪って」「ハードロック・ヘヴィメタルでヤッホー!ってしないですよね」「しないねー」「じゃあ君がその先駆者になってくださいよ」よし、と気合い入れて前に出たふーみんが「オッケーロッキンジャパン!」(早口)(外タレ風に)(観客ぽかーん)「えっ、オールナイトニッポン?」とオーケンがとぼけてつっこむもんだから、ふーみん項垂れてがっくり。orz これが可笑しくて腹がよじれた(笑)気を取り直して、ふーみんが「ヤッホー!」みんなでヤッホー!といったらエディのピアノが奏でるこのメロディ「山と渓谷」まさか去年の「じーさん」のポジションにこれを持ってくるとは…と、ニコニコしてマイク持つ4人を眺める。昨年秋のツアーで復活後初披露して驚かせて楽しませてくれたけど、次にフェスに持ってくるなんてやるなぁと。しかも秋ツアーの時と違うのは、4人が最初からステージに居たことと、そして、中盤においちゃんが前に出てきてにっこりと両手を挙げてると、オーケンが慌てて?「お、おいちゃん、ヤッホーって言って!」はっ!と気づいたおいちゃん(笑)ここでも発揮されるおいちゃんの天然っぷり。おいちゃんがソロで「ヤッホー!」と言うとオーケンが「ギター、本城聡章!」と名前を言うのでおおっ?と思ったら次にウッチーが「ヤッホー!」「ベース、内田雄一郎!」ここにメンバー紹介を挟んできたんですね!最後はふーみんで「ヤッホー!」「ギター、橘高文彦!」なんだか胸がじーんとします。短い時間の間にも、メンバー紹介やってくれて可愛いなぁ。橘高さんの「ちょうじょぉおおおぉ〜!」のヴィブラート絶叫に思わずぶはっと吹き出しちゃう(笑)会場が一体になってコール&レスポンス、山じゃないけど(むしろ海に近い)ヤッホー!ハイホー!って和やかな雰囲気に包まれました。激しくて超絶テクニックで、MCで脱力させ(笑)みんな可愛くて楽しい筋少ライブの魅力をぎゅぎゅっと詰めてお届けできたのではないでしょうか?
「最後の曲です、クロスさせてジャンプしてくれ〜、踊る、踊る、踊るダメ人間ー!」もうラストなの寂しい〜と思ったけど最後思いっきり応えるしかありません。手を振ってダメジャンプ!たくさんの人がダメジャンプしてくれたかな?おいちゃんがジャンプして、ふーみんがギターを高く投げて、マーシャルにこすりつけて、長谷川さんがドドドー!っと大きく鳴らします。オーケンは高く腕をクロスさせて、ヌンチャクを振り回して観客を引っ張ってダメ人間の王国にする(笑)この派手なギミックも筋少ならではですよね。ギターを下ろしたおいちゃんが、筋少のマフラータオルを持ってきて前に出て高く掲げます。まさにこれが筋少だ!といわんばかりに。オーケンが「最後に一言言っていい?俺たちX JAPANかっ!」(笑)最後の最後まで笑わせようとする、隙あらば詰め込んでくるサービス精神旺盛なロックおじさん達でした。雨も降ってこなくて、涼しくちょうどよい空気で思い切り楽しみました!


twitterではファン以外のお客さんから「筋少すごかった!」の声が次々とポストされてたようで、お留守番組の筋少クラスタさんがまとめてくれました。
RIJ2011で筋少見た人ツイートまとめ - Togetterまとめ
気に入った方はぜひ次のワンマンライブを見に来て欲しいですね〜。
後日オーケンのブログによると、セットリストはコアなファンにも喜んでもらって、定番曲で新規のお客さんにも楽しんでもらうことを考えたそうで、大成功しましたね。フェスで「宗教」を入れてくるあたり、バンドブームのカオス感や不謹慎感っていうか(笑)攻めに転じた風だったし、「山と渓谷」のアレンジは元曲がリリースされた当時にはこう使われるとは感動的で、こないだのリキッドのセットリストでも思ったんですが、たくさんある曲の資産を新しく蘇らせて、ただ演奏するだけでなく、今一番楽しめるようにアレンジをしているのが素晴らしいと思います。ほんとに奇跡的で、神がかってると思いました。短いフェスの出番だけれども、やっぱり行って良かったです!次のOTODAMAフェスも期待しています。

広告を非表示にする