読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@COUNT DOWN JAPAN GALAXY STAGE

今年最後の筋少ライブは、フェス出演でした。ドラマーはファンキー末吉さんです。忙しい中ありがとうございました!入りからケータリングの豪華さをレポートして下さいました(笑)
twitterでの現地報告によると、おいちゃんも早くから入り、筋少の出番は14:05、2番目なのであっという間です。私は1番目のバンドから見て待機してました。ステージは去年筋肉少女帯が出た1番大きいearthステージより、1つ小さいステージでしたがそれでもかなり広いです。最初のバンドが若い男子で全英語詩だったから〜。次に出たいつもの筋少の特盛感(笑)が際立ってたような。アラフォーだからこそ、というのもあるのかな。動き回るわ、わちゃわちゃとキュートで楽しさいっぱい、オーケンのMCもまた親切で柔らかいですね。
まずKISSの雷神をSEに登場したメンバー、おいちゃんがこないだのリキッドで着てた赤スーツだ!と思ったらみんな…赤い衣装だー!なに揃えちゃってるの可愛いんだけど(笑)
のっけから飛ばして「イワンのばか」若くないんで、古式ゆかしいコールアンドレスポンスでいきますよー!とオーケン
CDJのクイックレポートでだいたい分かると思いますが、
筋肉少女帯 | COUNTDOWN JAPAN 10/11 | クイックレポート | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト
おじさんが4人揃って真っ赤な衣装で盛り上げに来ました、心意気ってもんを見てくれよ〜!ってオーケンが言ってて、打ち合わせして赤い衣装揃えたんだな〜と思うと微笑ましくて嬉しくなります。4人が広いステージ狭しと駆け回る姿に笑顔です。必殺のばんざーいからふーみんギターソロのおいちゃんアーミング炸裂っ!そしてエディが走ります(笑)末吉さんの重厚なツーバスに頭降って盛り上げました。終わりはオーケンが杖を振り全員が腕を左右に振ります。一気に筋少ワールドに持っていきましたよ。
まずはオーケンの挨拶、いつどんなフェスでもアウェー、でもCOUNTDOWN JAPANはもうホームになったね、前回出させてもらったときには、直前まで人が来なかったんだけれども、今日は最初からお客さんが入ってますねと。拍手起こりました(笑)なのでメンバー一同、気が抜けましただって。
筋肉少女帯の出番は2番目だということは、我々がどういう役割を求められているかと問うならば?これから出る皆さんの為に盛り上げてあっためておくことだと。明日のゴダイゴさんのために、という流れになってた(笑)ガンダーラを気持ちよくやってもらうために〜って。
さらに盛り上げるためには何が必要かと問うならば?の流れで酒もってこーい。フェスでもやるのか〜。来年はアラフィフ、去年は痛風、ロック風に言うならばペインウィンドウ!(久々に出た 笑い取ってた)痛風が怖くてロックが出来るか〜!と言ってたがやっぱり気をつけてくださいよー。リズムとらせて足をバンバンと鳴らして、「おいちゃん、シンコペーション!」またやった。ぴょん!とオーケンとおいちゃんが跳ねて左右でぶつかって可愛い〜。
オーケンがコップでビール飲んだあと、おじさんがはしゃいでラップ始めちゃうんじゃないの?寸劇にしか見えないんじゃないのか?って言ったので来たーっ!て思った!やってくれるんですね!「ワインライダー・フォーエバー」リキッドで今年最後だと思ってたので…嬉しい!何より末吉さんがドラムこれ一回のために始めてやってくれたのに感謝です。おいちゃんがぴょんぴょん跳ねて嬉しそうな顔してました。
ワン、ツー、ワン、ツー、スリー、フォー!ってカウントして始まり、ウー!ハー!って掛け声は前のコアなファンしかやってないんじゃないかと思うけれど、これが今の筋肉少女帯、昔の曲じゃないけれど、始めて見た人はどう思うかしら。すごい可愛くてカッコいいでしょ?って思ってくれたら嬉しいなー。
セリフ部分に入ると、ウッチーがまずシザーズ!でビーズサインして、おいちゃんがギター外してハンドマイクを取ります。この仕草も決まってて素敵です。またタトゥーをのところで胸に親指をさしてたし、うぉっしゃぁー!って掛け声出してた。見るたびに、4人が自信満々で輝いているなって思います。演奏の間に楽器外して歌ってもカッコいい、こんなロックバンド、なかなかないでしょ?
演奏に戻ろうとするとき、ウッチーが真ん中にきて後ろ向いてマイク両手で持って頭上にあげて、腰回しながらセクシーダンスでノリノリ!オーケンと向かいあって踊ったり、ドラムのほうにむかって行ったり、また急いでベースに戻ってました。おいちゃんはオーケンの背後でEXILE風に回ってたりしてたみたい(笑)
しかも続いて「ロシアンルーレット・マイライフ」ですよー!いくよぉー!とオーケンの掛け声と、左右に手を振ります。ロシアンも定番化になった感じですね。ワインライダーもちょくちょくやってくれたらいいなー。最後のテンポ早くなるところ、コサックダンス風に腰を落として右足を上げるふーみん、こんなパフォーマンスもすごいですよね。
おいちゃんが上着を抜いでるところで、オーケンがメンバー紹介してるので焦っちゃうじゃないですか(笑)エディとファンキーさんも紹介して、その後かな?曲のあとかも。
椅子が運ばれて、エレアコがふーみんとおいちゃんに渡されて、オーケンがこんな面もあるんですよ。と、筋肉少女帯という言葉で始まるのはこの曲だけじゃないでしょうか?と「ベティー・ブルーって呼んでよね」これを選んで夏フェスとは変えてきたのですね。嬉しいです。コーラスで歌うおいちゃんを見つめました。橘高さんの弾くメロディも素敵ですよね。こんな一面も筋少の魅力なのです。オーケンが序盤にちょっとずれちゃって、すっとおいちゃんとふーみんが合わせてなおしてたのもベテランのワザだなと。
オーケンが橘高さん紹介するときに、もう嬉しくもなんともないけど、昨日誕生日でしたと言ってくれました。何歳になったんだっけ(笑)年齢不詳キャラだっけと話してたかな。ふーみんが、「何回目かの24歳で…」と言っても、お客さんの反応薄い(笑)「ざわついてるだけだよ!」「引かれてるよ!」と苦笑いするふーみんとオーケンであった。しょーがないさぁ…。本当は?よんじゅう…と正直に(笑)「四捨五入されたくないねー(苦笑)」歳気にしなくてもいいじゃないの、素敵ですよ〜!
そんな40半ばに差し掛かったおじさん達が、はしゃいでジャンプしますよという感じのことをオーケンが言ってたかな?すると、みんなが思い思いのポーズで跳ねてて可愛いんだけど、ふーみんが両手を横に出して上向きにしてフラフラしてるのがおかしくて、オーケンが「シャーロックホームズの操り人形みたい」とか「奇祭みたいだ」などと表現して笑ってた。そんな奇祭みたいにジャンプして、あたかも手をクロスしてXジャンプのていで盛り上がってくれよーということで、ダメ人間に。イントロから、オー!オー!と拳上げていきます。もうあと残り少ないだろうから、こちらも力の限り跳ねてはしゃいで楽しまなくちゃって、ジャンプしました。心の中を…のくだりで、おいちゃんが胸を指でとんとんするのも素敵なのだけど、ウッチーとふーみんがくっついてぴょんぴょん跳ねながら弾いてたのもキュートでした。
オーケンが、「結論から言おうか、…君たち最高!」(親指立てる)誰かのマネだろうな、と思ったけど、あとで最近テレビで永ちゃんのマネでやってたそうですね。それでなくても、筋少のフェスでのライブとパフォーマンスは短い時間で最高に楽しませてくれます。わーっと喜びの歓声があがりました。
オーケンが明日のゴダイゴさんの銀河鉄道999、モンキーマジックのために、とか言ってると私も見たくなるね(笑)
最後は「釈迦」で!私が前に幕張で見た筋少は…21年前かな(笑)隣のイベントホールで、やはり大晦日のカウントダウンライブで。たぶんそのときも同じくやってたと思う。あのときから、今も同じ曲をフェスで盛り上がって参加できていることが、幸せだなと思います。
演奏終わって、はけていくときにおいちゃんが前にきて「また来年!」ってマイク通さずに叫んでくれて、ウッチーは1番最後に残って、二回も敬礼してくれました。

※おまけ
オーケンが、アーティスト楽屋ででるケータリングの寿司券を無くした、とも序盤に言ってたな(笑)
※追記12/31
橘高さんが、最後にアンプの壁蹴っ飛ばして倒すのが出ました!
オーケン筋少ブログにて、衣装が赤で揃ってたのは打合せしたのではなく、偶然ですと書いていました。
偶然揃ってたのですねー!いつも打合せはしないようですね。それはみんな、着替えて出てきたときに驚いたんではないでしょうか?その様子が見てみたいです(笑)

イワンのばか
ワインライダー・フォーエバー
ロシアンルーレット・マイライフ
ベティーブルーって呼んでよね
踊るダメ人間
釈迦

広告を非表示にする