読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@ZEPP TOKYO

「サーチライト! 後期曲(レティクル〜San francisco)を大量に、お座席も入れての2010年大感謝ツアー」

ZEPP TOKYOもワンマン初めてなんですよね。オーケンがソロ関係で何度かイベント出演したくらい(行った事は無い)だなーと思ってたら、最初のMCでそこの話から出ました。
オープニングSE、全員後ろ向いてたかなぁって前回は思ってたんだけど、今回見たらおいちゃんが指を上に挙げて目を閉じて止まってたなと。ウッチーはリズムに合わせてノリノリ。1曲目「サンフランシスコ」おいちゃんがぴょんぴょん跳ねながら弾いてるのが可愛いなー。続いて「タチムカウ」イントロのときにオーケンが「こんばんはー!筋肉少女帯ですー!」と挨拶して、観客に腕をあげさせたり、タイミングを合わせるようにオー!と言わせて、引っ張ってまとめあげて行くのはさすがです。
最初のMCで、東京に帰って来ました〜!ZEPP TOKYOは初めてなの?という話から、内田さんが「初めて」ワンマンは初めてなんですね。イベントでも筋少ではなくて、オーケンがアニソンイベントで出たことがあるということで、アニメすごいんだよー!と客に向かって熱のこもった説明(笑)北斗の拳の「愛を取り戻せ」クリスタルキングが現在は(もと2人なのが)片方だけだから、曲の「俺との愛を守るため〜」とハイトーンになるところ、観客に歌わせると大合唱になるそうで、すごいんだとか。その盛り上がりを超えようぜ!てなことで、昔にやった盛り上がりに必要な物は何かと問うならば?の流れで、酒もってこーい。ビールが出て来て、今回も♪今日のお酒が飲めるのは〜で、一気ができました。そろそろ通風も心配なのでほどほどにしてくださいね(笑)
「ハッピーアイスクリーム」これも毎回掛け合いが楽しいので、視界のお客さんとそろうと嬉しいのです。♪あいしている〜でオーケンファンはうっとり〜なポイントですが、私はおいちゃんが口ぱくで言うので…そこを見てうっとりなのでした。さらに、"ついに言ったね"の間の手がライブではウッチーなので見ながら手を出すのですが、おいちゃんも口ぱくで言ってたことに気づいた。激弾きカッティングして険しい顔するのもかっこいいです。
「パリ・恋の都」曲に入る前に、どんな曲でもついて来れるかーい!?とオーケンが言ってたかな?ウッチーとふーみんが並んで揃ってかわいく揺れるイントロに乗って、オーケンが両手をハイキングみたいに振ってニコニコ。おいちゃんはカッティング弾いてニコニコ。終わったあとのMCでも、この曲のタイトルみんな知ってるかー?「パリー?」\恋の都ー!/と言わせて(笑)元はこの曲、もっとひどい詩だった。当時俺はあたまがおかしかったから(苦笑)と言うオーケン、こうやってその時を振り返って笑いにできるのも、良かったなぁ…って思いますね。これでも当時は見てるファンもしんどかったものです。最初の歌詞のタイトル覚えてる?おいちゃん?と聞くと「覚えてるよ、ん〜と…『ロックン傘地蔵』」(爆笑)おいちゃんがかっこいい曲を書いて来たので、「おじぞ〜さんがやってくる〜♪」と詩を書いたら、おいちゃんがそれだけは勘弁してほしいとボツになり、書き直したのが「パリ・恋の都」それでも変だよね〜という。よく許したよね?とオーケンにおいちゃんが「カフェオーレ、のところで全て許したの」「???復活してから、一番おいちゃんがわからない(笑)」不思議ちゃん?(笑)きっとおいちゃんならではの許すポイントがあったんだろうね。復活してからのおいちゃんを見てるオーケンが嬉しそうだなって思います。「ロックン傘地蔵」はたしか当時のエッセイか何かで、行き詰まったオーケンがロックに恩返しをしたいという気持ちから作ったんですよね。
メンバー紹介しようとしたら、ウッチーおいちゃんまでちゃんと言えてるのに、なぜか橘高さんの紹介でへろへろになって笑って言えなくて、橘高さんが苦笑いする場面。
オーケンがいったん下がっての「モコモコボンボン」ウッチーボーカルです!とうとうハンドマイクで歌いながらのベースは弦押さえずにピック弾きしてました。カッコイイ!また、オーケンが例の金ピカ衣装で出て来るのかと思ったら、途中から普通に出て来て一緒に歌うという(笑)わざとかと思ったら、衣装着るの忘れたとアンコールの時に言ってた。待ってたら寒くなってきちゃって、早く出て来て歌ったら、ベースボーカルにボーカルで変な感じとか、(と聞いて陰陽座編成じゃんかって思い出したが、あちらは変ではない)ピエール瀧の気持ちが分かった、とか言ってた。曲終わりで「ボーカル、ウッチー!」と繰り返し言ってイエー!ウッチー!キャー!って盛り上がりました。
この次のブロックの前のMCだったと思うけど、オーケンが昨日タクシーに乗ったら運転手さんに、大槻さんですか?と話しかけられ「はぁ、そうです」と言うと「昨日ラジオで新曲聴きましたよ」「なんですか、アウェーインザライフ?」「いやそんなちゃんとしたのじゃなくて、たしか、『なまけもの…ぬるぬる?』」(爆笑)「蔦からまるQの惑星では?」「いやそうじゃなくて、『なまけものぬるぬる』でしたよ、声が大槻さんでしたもん、ラジオでヘビロテしてました(?だったかな?何度もかかってたってことを。)」なまけものぬるぬるって、何と間違えてたんだろう〜?その後、なまけものぬるぬるってどんな曲?という話でなんとなく引き出すフロント3人。「いや、それよりサポートのお二人のほうが」とオーケンがエディと三柴さんにむちゃぶり。???と首をかしげて顔を見合わせて、なんとなくヌルヌル感?を表現したような音を出してました。おおー!と歓声があがると、「はい、ありがとうございます」オーケンが止めて、これは巧すぎる、青山(?)のライブハウスのセッションみたいだと言ってた。で、おいちゃんはやっぱり話聞いてなくて気がついたオーケンに「おいちゃん、聞いてる?」て言うと「ん…終わった?(笑)」
なまけものぬるぬる、ではなくここから3曲「小さな恋のメロディ」「僕の歌を総て君にやる」「機械」今回のツアーの一つの山場でありますね。ただ今回はハプニングが(笑)「小さな恋のメロディ」で、気持ちが一番入る最後の叫びを言うところで、ごっつん!て大きなノイズが。ここで私はおいちゃん見てたのでその瞬間見てなくて、オーケンに何が?と思ったらマイクを落としちゃったみたいで。慌てて拾って「うわぁー!」になっちゃいました(笑)続きなのでそのまま次の曲になって、「機械」で、すっごいおいちゃんがかっこ良くて、あと長谷川さんがサビの所で高く手を上げながらヘドバンして叩くのがカッコイイと聞いて見てたし、かなり気持ちも入ってジーンと感動してたのに、終わってすぐオーケンがマイク落っことしたことをネタにして照れて、落っことしたときのリアクションをどうしようかとおもしろい話をしだしたので、それも可愛かったんだけども、感動して見てたこの記憶がどんどん消えていってしまいそうで困った。あの記憶を残しておきたい〜思い出したい〜と思うのですが(苦笑)表現ができなくて。空へ…で手を高く挙げたり、橘高さんが美しいギターソロを弾いて、おいちゃんは胸に右手をぎゅっとつかんで目をつむって感情込めてたり、はっとして目が離せなくなった。
オーケンが残ってエディと会話するときに、エディ熱出しちゃったんだよね。とふるとエディわざとらしくゲホゲホ。「内田に移されたの(何日にリハがあってその時に、など詳しく言ってたが覚えてない)」オーケンが、内田がずっと風邪ひいててね、でもそれだけじゃないと思うけども…と他の可能性も言うけど、いや内田だと断言するエディ(笑)エディお大事にです。今回はマイクも高くなってないし、前にも出て来なくて立っても踊らずだったので、かなり具合が悪かったのだろうな〜と思いました。椅子が運ばれてきてオーケンが座って一緒に歌うとメンバー出てきてくれるよと「山と渓谷」歌い始めると、スピーカーから聴こえてくるオーケンの声、いいなあって思った。そして、ヤッホーで下手から3人が手ぶらで登場してきて…(笑)おいちゃんが手を前で組んで揺らして、合唱団みたいなポーズを取ってるの可愛かった。ウッチーが指揮者みたいに手を挙げてたり、ふーみんが力をこめて声高くヤッホー!って歌うのに笑いがこぼれる(笑)オーケンも立ってヤッホー。やまびこをお客さんみんなでやって、簡単だし楽しくて一体感が生まれて、なんかほんわかしますよね。おいちゃんが下手前に出てきて、マイク通さずヤッホーって聴こえてきたの嬉しかった。終わりにエディがアレンジしてもうひとフレーズピアノを弾くのがとっても綺麗でした。それに乗せてウッチーが手を降りながら上手側に退場していきます。ウッチー!バイバイ〜!と声がかかるとオーケンが「長くやってると、去り際もいいねえ」(清々しいね?みたいな感じ、覚えてないけど)
ギタ−2人にも椅子が運ばれてきて、座ってのアコースティックコーナーへ。筋肉少女帯、という言葉から始まる歌です。と落ち着いた感じで説明して「ベティー・ブルーって呼んでよね」アコギ2本の時はいつも、おいちゃんとふーみんが顔を見合わして合図する。歌の途中で効果的においちゃんがトントン、ってギターの上のところを叩いたのが好き。あと、コーラスはおいちゃんを見ちゃう。ねぇ〜ベティって呼んでよ…てところ素敵なんだもの。ステージ広くて遠いので、3人が近くなって全員視界に入ったらいいのになあって思った。いつかこぢんまりした会場でも見てみたいですね。終わりにオーケンが「エンピツよりマイクを落とすともっと怒られます」だれがうまいこと言えとw
ギターをチェンジして、おいちゃん白ストラトだったかなぁ?ウッチーが白ベースだったか?揃ってはいなかった。いつも覚えられない(苦笑)ウッチーのベースイントロから「おもちゃやめぐり」昭和の特撮アニメヒーローの名前がいろいろ出てくるこの曲、私でもギリギリ知ってるかどうかで(笑)30歳以下はなじみないですよね。最後のふーみんとおいちゃんのコーラスがきれいです。特撮話で繋がってないかもだけど、MCでオーケンが大阪で他メンバーにないしょで(笑)知り合いのアニメコスプレバー?のマスターが、女の子5人連れてくと聞いたので喜んでうかれて、どこにいるかなぁ〜イエー!って指さしたり、ドラムの台に上がって2階席に向けてイエー!ってやったつもりだったんだけど、終わったあとで楽屋に来たら女の子は1人だけで、他は風邪引いちゃいました。代わりに隣のガンダムバーのマスター連れてきました(笑)だって。エディより大きいんだよ!と言ってた。ブログこちらかな?
筋肉少女帯 サーチライト!ツアー|アニソンバー綾波
繋ぎを忘れてしまいましたが、オーケンがギターもってこいと運ばれてきて、ウッチーが「ギブソンだね」「ギブソンJ-45(なんとか言ってたか?)弦はダダリオ」言ってもいい?とギターの材料を言うどや顔オーケンに、ふーみん眉寄せて笑う。渋谷のクロサワ楽器(だっけ?イケベだっけ?)で買ったんだけど、大阪でもどこの楽器店でも斉藤和義さんと同じですよ〜と言われる話。よし行くぞ!と気合い入れて言いだしたのが「俺の生き様を見せてやる!」言い終わるか言わないかで速攻、ふーみんが険しい顔して思い切りピックを投げつける(爆笑)しかし、それがウッチーの頭に当たってしまうという!連続して投げてもウッチーに当たる(苦笑)ウッチーイテテテ…って頭かかえて縮む。「全部内田に当たっちゃってるよ!」このコント状態〜。さらに、オーケンがジャカジャカ弾きだすがあれ?あれ?とキーが?合わないと困り、おいちゃんが駆け寄って「違う、違う」と指を直してあげてた(優しい)ということで「SAN FRANCISCO」前回みたくついてこ〜いって全員弾くのは無くて、すぐに「これでいいのだー!」中間のコール&レスポンスで、いつもより多くやろうとオーケンが、半分からこっちー!ってやりだして(笑)80年代みたい、渡辺美里みたいって言ってた(笑)80年代感だよね〜。「戦え!何を?人生を!」で最初は三分割してたじゃん…って思いだした(笑)半分からこっち〜とおいちゃんチーム、ふーみんチームみたいになってた。そして2F〜!ヘーイヘイヘイヘーイヘイ!ってアイドルみたい(笑)
ニコニコしたあとは「カーネーション・リインカネーション」でシリアスに、ここからの「サーチライト」の繋ぎが本当にぐっときてかっこいいと思う。今回もカメラが入っていなかった、映像もスチールも見えなかったので、こんなに素晴らしいライブを何かの形で残しておかないなんて、勿体ないよなぁ…って思うのです。ロキノンの取材も入ってなさそうだし(クイックレポ無かったから)私の文章はただのファン目線でしかないから、ちゃんとしたプロの文章書く人がロック界の中で筋少ライブはどうだと引いた目で見て書いて欲しいと思うのです。
おいちゃんが素敵で(って、なんだかこればかり…(苦笑))カーネーションの間奏のふーみんがアコギ弾いてキラキラしてるところ、おいちゃんが高く手を上げてゆっくり下ろして目をつぶるので、みとれて止まってしまう。その後のキメで弦を叩くところや、ネックを少し高く挙げながら弾くときあるよね。「サーチライト」では、上からのスポットライトに照らされてたのが印象的で、上からステージ全体を見渡してみた。長く繰り返し続くリズムでも心地よかった。長谷川さんありがとう。橘高さんのギターとエディのピアノのかけあいも美しいし、オーケンがドラム台に立ってセリフを言うのもカッコイイ。最後のコーラスでおいちゃんの笑顔、最高に素敵でした。
最後は「トゥルーロマンス」で橘高さんの鐘の音ギター、全体が明るく変わる。ふーみんとウッチーが並んで振り付けのジプシー男爵ポーズしてたでしょ!(笑)可愛い可愛い!でもおいちゃんの笑顔も見たくて顔をきょろきょろさせて見ちゃった。目がたくさん欲しいよー。上手と下手に体を分けたいよー。「ジプシー男爵」のMCは今回中盤に、今回のツアーでは流行言葉に「ジプシー男爵」があったとオーケンが簡単に解説して、ジプシー男爵だよ?想像してみて?みんな笑わないの?みたいに不思議そうにして(笑)「流行ったね」「育ったね」と一同感心して、東京から始まったんだけど、大阪に行ったら本場だからとパンフレットが届けられて、それを見たメンバーが写真のポーズが気に入って、おいちゃんが一番上手いと。オーケンがおいちゃんにポーズやってよとねだると「こんな大勢の前で〜?」と照れるおいちゃん。みんなに見せてよーとオーケンが言うと今度はノリノリでやってくれました!「フィギュアにしたいよね、海洋堂に作ってもらっていくらで売れるかな?」といった事を言うとすかさずふーみんが「いや、CDにフィギュア付けてさ、5種類でおいちゃんのポーズがそれぞれ違うの。AKB商法で」おいちゃんがそれを聞きながらポーズを少しづつ変えてたの可愛い(笑)さすがふーみん関西人商魂たくましいよ!www てかフィギュアとかAKB商法てすんなりwどこで知ったwww おいちゃんフィギュア作って〜というか全員作ってみよう(笑)B-Tみたいに。でも実際にできるとちょっと残念な出来だったりするかもなのが筋少らしいかもしれないw ねんぷちサイズも可愛いけど、劇画やプロレスフィギュアみたいな頭が小さい可動式のもいいな〜と妄想。


アンコール、オーケンが先に出てくるけど長谷川さんもセッティングの為に出てきてて、立った姿が見えてかっこ良かったです。今回座席ありで、休めるからその良さに味を占めたんじゃないだろうな〜って言ってた(笑)座席は楽だけど、でもやっぱりスタンディングのほうが多いほうが嬉しい。座席は年1、2回くらいで。あとで体のダメージが大きいけど、スタンディングで見たいです。それがずっとできるバンドでいて欲しいなって思います。ケガやトラブルができるだけないようにね。
いろんなくくりでやりたいな、とオーケンが振り返って長谷川さんに向かって「長谷川さん殺害ライブ」(爆笑)高速ツーバス曲ばかりの。スラッシュメタルバンドかと(笑)オーケンもみんな大変だよね〜。かと思えば、ダウナーな曲ばかりで「ワダチ」3連発とか(やって欲しい!と声出しちゃったよ)(ワダチ、今回もやらなかったすね…)新しいファンの方がおたよりをくれて、「SAN FRANSISCO」が聴いたらアルバムでびっくりしました。シングルだと思ってましたと書いてあったらしい(笑)
MC時間軸前後しちゃうけど、この前にふーみんが12/12の追加公演は、今ツアーでこれまでやらなかった曲も入れると、そのための練習を今日リハでやったんだよ!と予告してた。やっぱり爆風と聖IIに当たっちゃうからには、そこまで考えてくれてるんだ!と思いました。本当に次のライブはファン被ってるので、レア度の高いほうにだいぶ流れちゃうと思うんだよね。私は筋少行くけど、動員がちょっとピンチなのかもって不安に思った。どうかいっぱい入りますように〜。
オーケンがメンバー呼び入れる時に、思いだした!昔の呼び入れ方。と言って「ニコニコな筋肉仲間を…」これ復活のライブでも思いだしてやってた。なんでそんな事言ってたんだろうね?と自分で不思議がっていた。知らない(笑)昔に最初から見てたときから、ニコニコな筋肉仲間を呼びたいかと問うならば?!って言ってたもん。「ここでメンバー3人が仲良く肩組んで登場は…しない」という事を言ってたのだが、ここで本当に舞台袖で3人肩組んで待機してたんですって。私の位置からは見えなかったのだよー!残念ー。オーケンがまだだと止めたもんだから、呼び入れた時にグレてずかずかとオーケンに怒りながらつめよるふーみんとおいちゃん(笑)ヤンキー座りしてガン付けやったりして。特効服を着てるときにオーケンが、海老蔵がどうのこーのと言ってたの、前日にニュースになった暴行事件のことらしく、私はあまり知らなかったんだけど。オーケンの通ってた中学はヤンキーがいなかったんだけど、一人だけ同級生のヤンキーっぽい子がいたのをバカにして、あいつはダサいから小学生だ、いや保育園だ、と言って「保育」てあだ名で呼んでたんだけど、さらに手ぬるいと赤ちゃん、いやまだ生まれても無い胎児だ。→で、「タイジ」となったんだ、X JAPANではない。さらに言い方が変化してタイジ→とゎいじ→トワイ(子供らしい〜!)と聞くとウッチーが「えっ、トワイってそうだったの!初めて由来を知った」同じ中学だったのに知らなかったウッチー、そういう事あるよね〜。
「いうても筋少、昔はヴィジュアル系の走りでした」また出たw 「観覧車の下でファンが練習してるんでしょ?「問うならばー」「問うならばー!」「声が小さーい!」って…」とオーケンがファンの子のマネを裏声でしてた(笑)そんなことは実際ないけど、こんどやろうか?(笑)90年代後半、筋少も男のファンが増えてきて、アニキって呼ばれてたという話になると、男のファンからアニキー!アニキー!と力強い声が飛びます(笑)でも40過ぎたらアニキというよりオジキかなーと言うと、ふーみんが北島ファミリーみたくオヤジにしようかと提案するも、「こういうのは変に定着するからやめよう」と取り消す。貴公子ね、貴公子。と改めてオーケンが呼ぶのもなんか不思議な感じした(笑)なんで次に繋いだかもう覚えてないけど、ヒデキのマネをしだして「繋がらない(笑)」とニヤニヤしてたり、よし行くぞー!とマイクスタンドかついで「中西学のアルゼンチンバックブリーカー〜」とやりだすと、熱い男ファンが中西ー!中西ー!とすかさず声援してニヤニヤするオーケン。「一緒に叫んでくれるかい?」と言って雄叫びをする「さらば桃子」オーケンがオーオ〜!と言ってマイクを前に出してお客さんにも言わせる。おいちゃんのカッティングにワウの音がファンキーでかっこよくて、それから中盤で疾走感のメタルでヘドバンする。これが筋少ならではだよなぁ〜って思った。久々に橘高さんの25周年記念ライブでやってハラハラして見てたのから、ツアーで回を重ねてきて練れて育ったなぁって感じがしました。続けて緊張感の漂う「再殺部隊」最初の歌から静まってオーケンがタイトルコールするのカッコイイですよね。もうアンコールであと少ししかないから、めいいっぱい楽しもうとヘドバンしました。オーケン、マイクは落とさずに(笑)ちゃんと最後のセリフもばっちりでした。「221B戦記」さらば〜と手を振って。みんなすごくかっこ良くて、脳裏にとどめておきたいと真剣に目を見開いて、手をあげました。「釈迦」オーケンがさっき忘れたという金ぴか衣装を着て(笑)釈迦やったら、もう終わっちゃうの?って思ったんだけども、でも、必ず最後には最後ですってオーケンは言うから、あと1曲あるんだって思って。だけど最後かもしれないと思って、力いっぱい踊って手を出した。ステージ上で4人の動きが所せましと走り回る。おいちゃんがジャンプする。おいちゃんと橘高さんが隣り合うところ、写真にとどめておきたい!ウッチーも下手に来ておいちゃんとニコっとしたら、入れ替わりで橘高さんが前にきて弾く姿が輝いてる。おいちゃんが上手側でキメのギターを叩くときが見たかったけど、両方見られないのがちょっぴり残念(笑)
曲が終わって音が長く鳴り響く中で、オーケンが「脱がせてくださーい!」とスタッフを呼んで金閣寺衣装を脱いで(笑)「もう1曲、もう1曲!」と急ぐように腰を落として言う。おいちゃんが笑って、マイクスタンドをどけてスタッフに渡して引き取ってもらって、前に出る。えっ…て思った。最後の曲、「星座の名前は言えるかい」ああ!そう来ましたか…!ずるいなあ、これ。じーんときちゃうじゃないの。意外に思うかもしれないですが、これまで「釈迦」で終わってバーンと盛り上がるのはいつもの筋少ライブなんだけど、この終わり方は、当時のツアーで何度かありました。だから、この時のことを再現したかったのかな〜って思いました。ステージ以外では、当時は辛いことやすれ違いがあったのだろうけど、今はこうして順調に活動できていて良かったです。幸せです。オーケンの嬉しそうな顔が、楽しんでいるなって思いますし、メンバーとお客さんとが一緒になって、ライブを楽しんで作り上げているって感じました。
※1996.5.30 ステーシーの美術ツアー 赤阪BLITZ
http://ksbest.g.hatena.ne.jp/king-show-chan/19960530
大阪ライブでアコースティックコーナーの終わりにやって座ったままで歌って「J-POPみたいで居心地悪い」ってオーケンが言ってたから(笑)こうやって立ってやろうとしたのかなって。おいちゃんがずっとニコニコして弾いてて、オーケンが手を振って。曲終わって「ありがとう!」ってお客さんから声がたくさんあがっていました。おいちゃんと橘高さんが前のお客さんにハイタッチして手を振って、遠くから近くまで見渡して、おいちゃんがありがとう!って生声で言って、名残惜しそうにしてました。4人中央に並ぶと、ふーみんがなんだかみんな手をつないで挨拶しようか?みたいに言って、オーケンが恥ずかしいからやだって拒否したように感じた(笑)それも筋少らしいですよね。おいちゃんがしゃがんでニコニコすると、後ろからウッチーが寄ってきて肩に手をかけてにっこりして可愛かった。
追加公演も無事にできますように。ありがとうございました。

サンフランシスコ
タチムカウ
ハッピーアイスクリーム
パリ・恋の都
モコモコボンボン
小さな恋のメロディ
僕の歌を総て君にやる
機械
山と渓谷
ベティーブルーって呼んでよね
おもちゃやめぐり
SAN FRANCISCO (be sure wear flowers your hair)
これでいいのだ
カーネーション・リインカネーション
サーチライト
トゥルー・ロマンス
(アンコール)
さらば桃子
再殺部隊
221B戦記
釈迦
星座の名前は言えるかい

広告を非表示にする