読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@ZEPP NAGOYA

「サーチライト! 後期曲(レティクル〜San francisco)を大量に、お座席も入れての2010年大感謝ツアー」

前日の大阪に続き、名古屋へ移動です。同じZEPP系列ですが、会場の広さは若干こちらが小さいです。名古屋駅から歩いて行ける距離なので便利です〜。帰りはちょっと手羽先食べてビール飲んで、最終近い新幹線で帰れました。

オープニングSE時、全員後ろ向いてる時にうっちーがノリノリで可愛い。1曲目がなんと「パリ・恋の都」なのでなんだか珍しくてびっくり(笑)中盤の間奏でうっちーとふーみんが横揺れで並ぶの可愛いし、おいちゃんが弾く時に指をスライドさせてギューンってやるの(うまく表現できぬ)かっこいい。あと橘高さんがヘッドのとこの弦を右手でやるキュイーンというポイント、毎回好きで見てます。続いて「サンフランシスコ」最初のジャンプで自分、バランス崩して椅子にしりもち(苦笑)席ありだとジャンプが思うように出来るんだけど、これ。おいちゃんのジャンプ見ながら飛びたいです。間奏時のエディコーナーで橘高さんが上手で膝着いて両手広げてエディに捧げるの、見ながらマネした(笑)これいつからやってたっけなぁ?エディが入った今の編成になってからも、ウッチーベースソロコーナー続いてるのは個人的に嬉しくて、ここはいつもウッチーに指さしてます。
最初のMC、ツアーのテーマをオーケンが説明(たしかアルバムタイトル順番は間違えなかったはず?)ツアーも中盤になってくるとこなれてくるから、0%か1000%の出来?パワーで?みたいな事を言って(覚えてない)0%?ええー!?という声が観客からあがる。1000%!君は1000%〜♪出たオーケンのモノマネ。こういうMCの流れ昔から変わらないよね。君は1000%〜♪を連発してたが、あとでファン調査したら30代前半でもよくわからない人もいるようでした。私でもだいぶギリギリだったかな。(ところで、最近ポルノグラフィティの君は100%って新曲はわざとなのか 聴いた事ないが)※カルロストシキ&オメガトライブ、80年代のバンドのヒット曲である。
今回は0%か1000%か、をMCテーマ(笑)にしたようです。次のブロックは「ハッピーアイスクリーム」「タチムカウ」「221B戦記」昨日とだいぶ曲順変えてきたのですね。221Bでエディがゴー!のときに腕をビシィィ!って手刀みたいに水平に素早く動かすのがかっこよくて見てしまった。
ここでか忘れたけど、オーケン以外全員はけたからメンバー紹介の代わり?にオーケンが1人1人のエピソード話すのが面白かった。ここでギターの橘高さんを紹介するところですがいないので、宝塚のジプシー男爵のパンフレットの化粧がすごくて、橘高くんはまだまだ80%だ。橘高さんが出てきたときに「高見沢さんがまだ先にいる」てな話も出ていたと思う。
ウッチーの紹介は「内田君がニコニコインシュリンインストラクターの話を楽屋でして面白かったので、みんなにも話を聞いてもらおうとしたがいないので…」ニコニコインシュリンインストラクターって何?気になるけど謎のまま。
おいちゃんの紹介は「大阪の焼きシャーチューの話をしてもらいたいけど、居ないので…」という話だったと思う。
どんな流れかさっぱり忘れたのですが(苦笑)次のブロックでは「さらば桃子」「再殺部隊」からの「モコモコボンボン」私の立ち位置のせいか、会場のPAのせいか分からないけど、左右のバランスかな?音の聴こえ方がだいぶ違って印象が変わってました。「モコモコボンボン」ではウッチーが昨日以上にエキサイトしてた!スタンドマイクのままでひきずって中央前に来て熱唱してくれました。かっこいい〜!おいちゃんはしゃがんで弾いてニコニコしたり、上を見上げながら弾いてニコニコしててキラキラしてたし、前のほうに出て弾く手元を見つつ、お客さんのほうを見てと交互にやって、楽しませてくれてるなぁ〜というのが分かりました。
昨日のようなエディ大爆走はありませんでした(笑)いったん下がって姿が見えなかったので休憩だったのかな?
その後のMC、今回はちょっと懐かしい時期の曲を中心にしましたが、去年は初期8枚限定もやって、来年は復活後の曲を中心にもやってみたいね。という話をしてくれて、おおー!と拍手があがりました。復活後の曲も昔からの曲も好評なバンドって理想的ですよね。復活して4年、2013年にはデビュー25周年になるんだよね。と話が出てきて嬉しかったです。活動が順調な証拠ですよね。デビュー25周年の企画がどんなことになるのか、今から楽しみです。
その流れで、ディナーショーもやろうか?という話になったのかな?爆風スランプLOUDNESSもやったらしいので(末吉さんに聞いたのかな?)オーケンがディナーショーってどういうの?行った事ある人?とそれぞれに声をかけたら、エディが「高橋真梨子のディナーショー行った事あるよ!あれはフルコースが出てくるんだけど、食べ終わらないといったん下げられて、歌が終わってからまた最初から運ばれてきて、2回食べられるの、よかったよぉー!」という事を言ってたが本当なのか(笑)私も行った事ないのですが。食べてからやるんでしょ?筋少だったらどうする?と話あって、橘高さんが「お弁当箱みたいにして、座敷でやろうよ」とか?席の下にお弁当置けるとか。オーケンが「おいちゃんは?」と聞くと「(もにょもにょ 聞き取れず)工藤静香のディナーショーなの?」「???なんで質問に質問で返すの?」と噛み合わないやりとり(笑)どっから工藤静香が出てきたw それからおいちゃんが途中で気になったのか「ちょっと言ってもいい?食べてから、丸テーブルの周りにみんな立って、カーネーション・リインカーネーションでヘドバンするの??」ってオーケンに聞いててかわいい(笑)「いや、爆風スランプのときは、みんな前にわーって駆寄ったんだって」だそうで。まあそうですよね〜。食べたあとすぐ運動は具合悪くなるからって「食べたあと2時間くらいお昼寝すればいいんだ」という結論に。それはもはやディナーショーではない。
年末はXYZ-Aの忘年会食事付きライブがあるからね〜♪それを参考にして筋少もやるといいかも。ライブ後に食事のほうがいいですね。(と思ってたらその晩に見たTOSHIさんのディナーショーのニュース。>ToshI、YOSHIKIと共にディナーショー | Toshl | BARKS音楽ニュース)こんなに高いと困っちゃうけど…。個人的にはアコースティック形式がいいなぁ。うふふ。
そこでオーケンが、じゃあ僕の弾き語りでやろう〜という流れでオーケンギター登場!「ギブソンだね」うまい繋ぎです(笑)鳴らしながら調子よく「GURU」のさわりを歌い始めておおおおー!って歓声があがると中断して、やってー!と声援がかかるのを「こんな上手い人たちの前でできないよー」と困ってやらなかった。いつか筋少の演奏でオーケンのギターを聴きたいですね。
「SAN FRANCISCO (be sure wear flowers your hair) 」オーケン一人とエディが残っての「山と渓谷」途中でまた登場する(楽器持たず)メンバーが今度は下手側にふーみんとウッチーが、上手側からおいちゃんが出てきました。それから定位置について、ウッチーがやまびこコーラスとは別に曲中でこそっと「やっほー」って両手を口に添えて言ってたのが会場の笑いを誘ってました。カワイイ。終わったらウッチーだけ手を振って退場。バイバイ〜。
おいちゃんと橘高さんが椅子に座りアコギをセットして、ワン、ツーとカウントして始まったのは「ベティー・ブルーって呼んでよね」きゃぁ〜!ここ変えてくると思わなかったからびっくり。嬉しい!おいちゃんのコーラスにうっとりタイム〜。
「座るか立つか分からないけど、とりあえず座って」とオーケンが言って、椅子に座ったままで次の曲は「星座の名前は言えるかい」でまた感激!この曲もね、リリース当時だったかのアコースティックライブでやった記憶や、ライブの最後の曲になってたこともあって感慨深いのです。じーんときてたんだけども、終わってオーケンが「J-POPみたい〜!居心地悪かったぁ〜(笑)」だって。「後奏が長くって、風船が降ってくるみたいな」ああ〜そんな感じかも〜とあるあるな声が会場からちらほら。風船が降る演出、水戸さんの不死鳥ライブでだよね〜と思いだしたり。でもオーケンが言ってたのはそんな感じとは違うんだろうけど。橘高さんも「後奏を短くしようと思った」って言うし。えー。この長さがいいんじゃないの〜。今度は立ったほうがいいかもですね。前日も「おもちゃやめぐり」でそうだったけど、おいちゃん曲は80年代ポップス感があるので、そこが私はまた好きなんだけど、そういう曲調が思わせるのかなーなんて思ったりした。
ここからいよいよ後半の盛り上がりゾーンへ。「これでいいのだ」「カーネーション・リインカネーション」エディが前に出てきて声出すときに、おいちゃんの横に向かっていったので、おいちゃんも一緒にマイクに顔近づけて歌ってた!
終わると即座に照射!照射!照射!「サーチライト」また聴けると思うと、嬉しいです。目をこらして満遍なくじっと見ようとしました。オーケンの語りも昨日より滑らかで力強くなったなぁと思いました。最後は「トゥルー・ロマンス」でイェー!オーケンが行進のポーズみたいにして腕を前後させながら歌うのと、うっちーとふーみんのキュートな振り付けに注目です(笑)


アンコール、オーケンがまず出てきて、ここの話だったかな。昔は追っかけもいっぱいいてキャーオーケン、キャーオーケンだったのが今や、新幹線で待ってるファンが長谷川さんのファンだけだったって(笑)俺なんかやぁ〜やぁ〜って歩いてるだけ(猫背で恐縮そうに)さすが長谷川さん!それから、モコモコボンボンで着た例の昔のキンキラ衣装はファンからお便りが来て「ドンキホーテに売ってるシートみたいです」だって。どこの世界にドンキホーテで買ったシートを巻き付けてるバンドマンがいる?(笑)って話になったのかな。
「愛のためいき」でウッチー登場のフリにまた笑いが飛んでなごやか〜に。いよいよ終盤、まだまだ1000%じゃないんじゃないのか〜?というフリでお客さんを盛り上げさせます。
小さな恋のメロディ」「僕の歌を総て君にやる」「機械」の連続では、機械の最後のほうで胸にぐっときて泣きそうになりました。駆け上がって天に飛んで行くような感じで、楽しくてかっこよくて、感動して、幸せだなぁって思います。こんな素晴らしい曲で、ライブが今存在するんだってことを、たくさんの人に知ってもらいたいです。一時離れてたファンも、復活後からのファンも、両親が好きだった2世代でも、見て喜んで楽しんでくれたらいいな〜って。
オーケンが興奮してすごく良かった〜!おお〜!おー!って格闘家が戦ってる時みたいなステップと構えをして、ラスト「釈迦」!でさらに爆発させました。1000%超えましたね(笑)最後に音が鳴る中でギターを外したおいちゃんが、下に降りてきて最前の柵の前をだーって走って、お客さんに寄っかかったりして興奮しました!私は当然離れてるから手が届かないんだけど、いつか最前で見てみたいなぁ〜。ステージにまた戻って、橘高さんと中央で肩組んで笑顔でした。橘高さんが最後に「おやすみ!」って手を降って貴公子挨拶をしてくれました。


※ライブ直後の自分のtwitter書き込みから。
筋少はすごいなーすごいなーと。毎回思うけど、楽しませよう、みんなで楽しもうって気持ちが伝わります。それに曲が素晴らしいのが感動する。うまく表現できない自分がもどかしい。
ここまで私を生かしてくれた筋少の皆さんと、ファン仲間の皆さん、自分の家族に感謝なのです。

パリ・恋の都
サンフランシスコ
ハッピーアイスクリーム
タチムカウ
221B戦記
さらば桃子
再殺部隊
モコモコボンボン
SAN FRANCISCO (be sure wear flowers your hair)
山と渓谷
ベティー・ブルーって呼んでよね
星座の名前は言えるかい
これでいいのだ
カーネーション・リインカネーション
サーチライト
トゥルー・ロマンス
(アンコール)
愛のためいき
小さな恋のメロディ
僕の歌を総て君にやる
機械
釈迦

広告を非表示にする