筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯@横浜BLITZ

「PV集DVD復刻記念ライブ!…だからって昔の曲ばかりやるとは限らない!09総決算」
と題されたライブシリーズ3デイズの1日目です。先週の初期アルバム限定の大阪ライブからわずか1週間後、今度は初期限定ではないということで、どんなメニューに変わるのか、期待していきました。
残り2日間に行かれる方でネタばれしたくない場合はお気をつけください。でも、曲は横浜と残り2日では変わるとオーケンが言っていましたので、楽しみですね!


そろそろ、後期以降の曲も聴きたい〜!と思ってきたところ、きっと同じファンがたくさんいることでしょう。SEはクリムゾン!(21世紀〜)スタートは全員登場で後ろを向き、オーケンだけ前を向いて、ドラムのかきまわしから、動き出す!やっぱり筋少ライブはこれだよねー。長谷川さんおかえり〜。エディの白い法衣みたいな衣装がまぶしい。
で、何がくるかと思ったらわー!「仲直りのテーマ」!嬉しくて跳ねました。イントロからすぐにオイ!オイ!って拳がいっぱい上がります。待ってたよね。続いて「心の折れたエンジェル」嬉しいー!新曲おかえりーって感じで、なんかもう泣きそうになるくらい。フロアの反応もすごいです。私はおいちゃんとオーケンの間あたりのポジションで見ました。おいちゃんがニコニコで!すっごい笑顔です。右手の指を顔の横に上げて、左に向けてバックしながら指を左右に振って煽る仕草(文章でうまくいえないが)がすっごいカッコイイ。
最初のオーケンMC、たしか先週の初期限定ライブからがらっと変わったので、リハを続けてきて、今日も来て朝から2回やって、ちょっと疲れてるぜー(笑)って。40代なので。オーディエンスがモチベーションを上げてくれ!という感じで盛り上げてたかな?初日は微妙なポジションで、内輪受けになるのか、それとも気合を入れるのか?どっちなんだ!おいちゃん?と聞いたオーケンに、おいちゃんが「気合だーっ!」とオーケンに向けて、マイク通さずにやっぱりー!(笑)もう、お約束なのでマイク使わないの?という突っ込みはなしで。
うっちー?「気合だー」マイク持ってね。ふーみん?「気合だよ」で、オーケンは「俺は、内輪受けだけどね」どかーん。右側からピック投げられます。
内輪受けなら、こないだのCCレモンホールの話をするぜとオーケン、俺が「最後の遠足」で間違えて…(笑)どっとウケます。大きく間違えちゃったというね、でもそうじゃなくって、アカペラで歌った歌があるだろう!知らないのか、納豆に…ということで。今度は筋少の演奏もあるから!って、こういう事言うから活動停止した理由の一端があるよね(苦笑)(右からピック)というグダグダなMCが一通りあって、やるのかやんないのかと思ったらやった!「ひとつぶひとつぶに心を込めて」「十二穀米のつもりで」とか言ってから「日本の米」久々に筋少で聴いたー。(先月のオーケンソロでやってた)たしか、昔からやりすぎて単純な曲だからあまりやりたくないって前に言われてたけど、たまには贅沢でいいよね。
そして続くイントロが!「カーネーション・リインカネーション」オーケンソロでも筋肉小町でも聴いたけど、やっぱり本家本元は一番好きー。中盤の語り部分でメンバー紹介しました。
次に「ドナドナ」もうすっごい嬉しい。ドキドキしてました。おいちゃんのアクションから目が離せないっ。おいちゃんも自分でカッコイイことよく分かっていらっしゃると(笑)初期曲ライブは良かったけど、新曲がまたどれも嬉しくて、こんなにいい曲ばっかりなんだなぁ〜って思います。フロアもすごい盛り上がりで、後半につれてますますヒートアップしていきます。

終わってMC、最近オーケンはシャワーヘッドが壊れてハンズで買ったそうで、「男らしいこと言っていい?」とニヤニヤしながらそのエピソードを。シャワーヘッドの中のほうが壊れて出なくなったので、ヘッドなしで1本でジャーって(浴びる仕草)男らしい〜(笑)と拍手。そこからどんな流れか忘れたが、橘高さんに昔みたいにエロ話をしなよ!とか話しかけて収集付かなくなってきて、じゃあと橘高さんが「シャワーを浴びた後はどんなプレイをするんだ?」→「もちろん、赤ちゃんプレイ!」あれもってこーい。とピンクのよだれかけとガラガラおもちゃを装着。ということはアレですね。「あばばばばぁ〜。おぱーい、おぱーい」なんだかケレン味あるような?溜めがある演技(笑)やりながらオーケンが「どうして俺の赤ちゃんプレイが、ロバートデニーロやジャックニコルソン(だったか忘れた)のように(深いのか、だったかも?)なのか、分かるのか?分かるのかと問うならば!」問うならば!(うっちー首かしげる)「…ガチだからだ」(呟くように)やっぱりー。「踊る赤ちゃん人間!」エディの美しいピアノイントロから激しい橘高さんのギターだー。でオーケンの赤ちゃんプレイ(笑)またいっそう盛り上がりましたねー。このカオスこそ今の筋少ですね。
続いて、内田さんのベースラインが冴えてるこのイントロ!「抜け忍」来たぁぁ〜!!私は、新人ツアーに産休中で行けなかったので初聴きで嬉しかったです。右を見ると橘高さんがいなーい。いないままで演奏。おいちゃんのギターフレーズ(テロテロする感じの音。サーフ風?)が素敵でじっと見ました。エディのオルガンフレーズも古いロックな味ですごく好きです。サビの前のチャッチャッチャ、って手拍子が楽しい!2回あるんだけど久々だから最初はお客さんもあまり沢山やってなくて、2回目でオーケンが手拍子ね、って感じで直前に合図してくれて、沢山揃ってました。原曲でセリフの長い間奏部分で、オーケンが屈みながら橘高さんのアンプ(マーシャル8段)の裏に隠れる。そしたら代わりに橘高さん登場www オーケンが橘高さんに変身?!って感じなのかしら。後からオーケンが出てくると、服が変わっていました。ターバンが真ん中から分けて白黒になっている。変なのー。って思ってたら、その後のMCでオーケンが、フレディマーキュリーのあの衣装だって、最初見たら何?フレディどうしたの?って思っただろうけど、続けていくと馴染むんだよ。と言ってた。
その話をしたら橘高さんが「あれターバンだったんだ」と感心してて、(アンプ裏でターバンだけ)「見た時にわかんなくて、なんだっけ?あれ、あれ、あれ?」と言葉が出ないのをオーケンに「歳取ると名前が出てこなくてねー。」と言われて笑う。ちょんまげカツラだと思ったんだそうです。するとオーケンが「アトポン思いだすね」懐かしい!(笑)昔のマネージャーで野音のビデオにちょんまげカツラで出てくる人です。オーケンが解説して、ステージで「釈迦」の時にちゃぶ台持って来てひっくり返したり、昔から珍妙なことをやるバンドだよね、と言ってました。


たしかこのMCはアコースティックコーナーの時だったかな?その前に「ロシアンルーレット・マイライフ」やって嬉しかったです。聴きたかった!かけ声やりたかったです。エディの楽しい動きはちょっと気がつかなかったんだけど。オーケンがかけ声を出しやすくするために、「いくよー」って直前に小さく言ってたのも、上手く観客を乗せていましたね。きまるとすっごく爽快感があります。アウトロのエディライライオペラ♪からヘイヘイヘイ!と速度を上げて腕を上げます。
終わると全員いったんはけて、オーケンが先に戻って来ます。椅子持って来てーと言って座り、橘高さんとおいちゃんが来て椅子に座ります。後から内田さんが出て来て、てぶらで「新人バンドのテーマ」手を揺らしてコーラス隊な内田さん可愛い!新曲聴きたくない♪って自虐な歌だけど、復活してアルバム2枚出した今は新曲も聴きたい!って歓迎されていますね。中盤で座ってアコースティックコーナーは定番化になりました。
長谷川さんが来てドンパンドッパパン♪と「人間嫌いの歌」夏フェスの思い出が蘇りますねー。そういえばエディ?と思ったらなんか後ろにスポットが出ててエディー!と声が。私の位置からあまり見えなかったんだけど、向って右側後ろのドアから登場してステージの柵前とか行ったり来たりしていたみたい。直前で見た人は驚いたでしょうね!
エディが戻って来て「GURU」美しいピアノの音、聴けて幸せです。歌いあげるオーケンの嬉しそうな顔も。そして後半、コーラスでおいちゃんがすごく気持ちを込めて熱唱していて目が離せなくなりました。この曲大好きだなぁ〜って思って。見渡すと内田さんも、橘高さん、みんなの演奏が一体となって世界が出来ていて、それを全身で感じられて素晴らしかったです。
うっとりタイムのあとは、後半へ向けてどとーの勢いで続くに違いない。オーケンがタオルを出してきて、回すのは3番からだぞーと説明(笑)そう来たら「これでいいのだ」先週の大阪ではやらなかったのですね。
ドラムだけになるところ、オーケンがコール&レスポンスで「なんでもできるなぁー。日本をインドに(しーてしまえ!)銀輪、銀輪、(マッハ、マッハー)」とかやらせて楽しかったです。銀輪部隊はいつか全部聴きたいですね。それから、基本のヘーイヘイヘイヘーイヘイ!でまとめる。
最後がすごかった!オーケンもステージ下に降りて戻って来れずにスタッフに助けられたり(笑)内田さんも降りてたらしいけど見えなかった。タオル回しで視界が悪くて。いつものリフ繰り返しから、終わりかけに内田さんが長谷川さんの所に寄って“もう1回”と合図して、オーケンがもう1回ねと言ってリフをもう1周やったのです。みんなすっごく楽しそうで、いい感じでした!
本編終わっちゃうのかな?と思うくらいだったんだけど、まだ早い。続けて「機械」おいちゃんの弾くイントロのフレーズに、わくわくします。久しぶりにライブで聴けて嬉しい!間奏でオーケンの語りもあり、その後の橘高さんのソロ、ぞくぞくする展開です。出た当時より、復活後の記憶のほうが強いです。それで、曲が終わってすぐにオーケンが「天高く、飛んでくれるかー!サーンフランシスコー!」ドラムが入りエディのシンセのイントロ。おいちゃんのジャンプと合わせて飛びました!橘高さんがエディの横に来てソロの応酬。エディのメガネが取れている!ふと自分の前の客を見たら、メガネを取って上に上げてノッてる人がいた(笑)メガネも取れるくらいの熱さです。観客の前のほうがより一層圧縮されていた。
これでもまだまだ、ラストは「労働者M」橘高さんソロ前にピック撒き、なんと女の子のダイブが出たりしてすごい熱気でした。


アンコール、そんなに待たずにオーケンが登場して、ターバンはハットに換えて。あんまりアンコールで待たされるのが嫌だそうで、お客さんだと10分くらい待たされるバンドが辛いという気持ちをよく分かっていて、楽しませてくれようとするオーケンの思いを感じます。「みんな出てこーい、内田ー」と言うけど、橘高さんとおいちゃんが出てくる。内田さんの登場はまだ後だそうで「内田慌ててたよ」と橘高さん。椅子に3人が座って再びアコースティックコーナーのMCに。オーケンはライブ後に打ち上げか家に帰って食事するまでの、1時間くらいの間が一番体がしんどいと訴え、おいちゃんが深く頷く。だから最近は、お弁当を買っておいて終わったらすぐに食べるといいよーと言うと、橘高さんが思いだしたように、「それって太田みたいだよね」と昔の話を、このエピソードだいぶ前にどっかで聞いたはずなんだけど、太田さんが当時ツアー中に風邪ひいて、車移動中に薬飲まなきゃ、と言って焼き肉屋に車止めさせて食べてからまた戻って来たって話(笑)オーケンが苦笑いして「在籍してるメンバーの話をしようよぉー」と弱ってました。おいちゃんは「前に横浜でやったときは、シュウマイ弁当があったんだけど今日は無かった!」とがっかり。するとオーケンが「俺は食べたもん」なんで?自分で買ったからって(笑)えええー!と観客から非難が(買って来てあげなよーってことか?(笑))シュウマイ弁当差し入れてあげればよかったか(笑)って思いました。

アコースティックバージョンで「香菜、頭をよくしてあげよう」久々ですね♪おいちゃんと橘高さんのそれぞれの音とメロディを楽しみました。通常バージョンとの違うところも思いだしました。
内田さんとサポート2人も戻って来て、「世界中のラブソングが君を」なんだか、クリスマスに似合う曲かも?って思いました。見えないけどキラキラとイルミネーションが輝いて、雪がちらちらと舞うような感じがします。
その後のMCで、オーケンがみんな何か挨拶を言ってよ!とせがんで内田さんにふると、「エー今日はお足もとの悪いなかー」えええー??雨降ってないよ。オーケンが晴れてたじゃん!前の日から来たの?とつっこむと「ラベンダーのかほり…」(時をかけるウッチー!!!)(反応はいまいち)君のMCはそんな感じなの?とオーケンが言って、他にも内田さんが「成人式で、娘さんが着物で綺麗でした」と言い出して???と空中に?が飛びましたが(笑)井上陽水のライブアルバムで言ってたそうで、オーケンが喜んで「子供の頃に聞いたのって忘れないよねー。じゃああれやろうか」とプロレスラーの話の真似をしだしていた。「俺、長州やる」とかまた中学生状態に(笑)乗ろうとして思いだせない内田さん。
次の曲に行く前に、俺煽るのしつこい?と長谷川さんに聞くオーケン、長谷川さん腕を大きくOKで笑顔。でも煽るのやめてみようかな?いい?ふーんって感じに曲に入ってもいい?とか言い出して、客の反応がいいよーと言ってるけど、結局やりたそうにして煽って「そうだよ子猫ちゃん!」って客を見渡して言ってたオーケンの感激した目が良かった(笑)
「バトル野郎」では、内田さんがファイティングポーズでステージを左右に動いてたのが可愛かった!おいちゃんは指を胸にトントン当てる仕草が好きです。そして「暴いておやりよドルバッキー」嬉しい!大阪ライブのセットリストと被りがないかも!すごいです。
そして最後は「ツアーファイナル」なんてみんな満面の笑顔なんだろう。楽しくてしょうがない感じが伝わってくる。おいちゃんと橘高さんが向かい合ってニッコニコしてるのが可愛いです。
終わりの挨拶で、前のほうに出てお客さんの手を叩いたり、おいちゃんがよしよしって顔で見てありがとう!って言ってたり。橘高さんが何かでつまづいたみたいでオーケンに笑われてたけど、その後にわざとずっこけてたのかな。それでおいちゃんにしがみついてゲラゲラ笑い合ってました。
アンコールは1回だけど、これだけやってくれれば満足ですね。赤坂、リキッドではまた曲を変えてくると宣言していましたので、どう変わるのかも楽しみです。赤坂、リキッドはファイナルと打ち上げのつもりでやるとオーケンが言ってました。


(おまけ)
大阪ライブのあと早速ファンレターで、"みなさんは以前からずっと自由席なんですね"という勘違いがあったそうで、橘高さんが指定席もそう変わらないけどなw グリーン目指そう?みたいな流れになって?でもバンドブームの頃はグリーンでなかったもんね、それが良かったんだよね、驕らなくてとか言って、おいちゃんが大きく頷く。グリーン目指して、でもちっちゃいよなー、もっと大きく「自家用新幹線?」橘高さん。自分で「小学生みたい」とつっこむ。じゃあオーケンが自家用ジェット?高須クリニックであったと言ってた。


アンコールのアコースティックコーナーで橘高さんとオーケンが話してるところで、おいちゃんが思い付いたように「これからはグリーン車に乗るのをモチベーションに…」と被せて来て、オーケンが驚いて「おいちゃんがギャグを言うの初めて聞いた」橘高さんが「おいちゃんが話に入ってくるのも初めて聞いた」と言ってたんだが、私はちょっと、やっぱり天然ボケかもと思った(笑)


長谷川さんの紹介のとき、赤坂、リキッドでは長谷川さんだけどカウントダウンジャパンは違うんだよね?と言ってて、ドラマーまだ発表なくて、オーケンが自分で俺が叩くんだよ、ソウルオーケンって言われてたんだよ、知ってた?とか冗談言って叩くマネをしてましたw


三柴さんがオーケンの朗読CDを買ったという話。三柴さんは「おはなしCD」をコレクションしてるのだとか。自分も見本盤を配るのが嫌いで、自分で買ってプレゼントしてるそう。じゃあ俺も橘高の物販買うよ!って話になり(笑)あのライター高いよね?とふると全力で否定してた(笑)俺のでなかったらもっと高いよと。「燃えた火は消えないぜ!」と言ったのをオーケンが喜んでキャッチw 「それ頂きました!!!」とコール&レスポンスにしてました。「燃えた火は!」消えないぜー!
それからオーケンが、どの物販が儲かるの?って話をふったので、ライブでは橘高さんが物販はみんな可愛い子供だと思ってるってw 「みんな持って帰って育ててください、って俺らが育てられてるんだよなぁー。」だそうです(笑)

仲直りのテーマ
心の折れたエンジェル
日本の米
カーネーション・リインカネーション
ドナドナ
踊る赤ちゃん人間
抜け忍
ロシアンルーレット・マイライフ
新人バンドのテーマ
人間嫌いの歌
GURU 最終形
これでいいのだ
機械
サンフランシスコ
労働者M

(アンコール)
香菜、頭をよくしてあげよう
世界中のラブソングが君を
バトル野郎
暴いておやりよドルバッキー
ツアーファイナル

広告を非表示にする