読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

大槻ケンヂ&20th BAND@池袋ブラックホール

「シャッフル!・オーケン!」 特撮筋少電車ソロ絶望曲、爆音ライブ!


10月のロフトイベントライブのときに急遽決まったワンマンです。出来たばかりのライブハウスで誰も知らず、調べたらキャパが狭いらしくチケットも争奪だったようです。なんとか取れたので行って来ました。
入ったらかなりぎゅうぎゅうで、限界まで詰めたのでしょうか?たぶん真ん中あたりに私はいたのだが、後ろが詰まってるので前に進んでくださーいとかスタッフに言われて前に動いたんだけど、これで始まったらどうなるんだろうって不安だったが、予想は的中(泣)前は全く見えず超満員電車並みの状態で、押される。前があんまり見えない。オーケンは背が高いから顔が見えるけど、エディは座ってるから見えない!奥にかろうじて竜さんがちらっと…。
曲が始まって「キャラメル」特撮の曲でウオーって盛り上がって、それは嬉しいんだけどもぎゅうぎゅうで息苦しい。リキッドとかだったら少し後ろに下がれば楽なんだけど、ここは逃げ場が無い!まずい!って思った。2曲目「ヤンガリー」ウオー!って盛り上がるけど左のスピーカー(上から大小2つ縦に繋がったスピーカーがぶらさがってる)が客に当たってぐらぐら動いてる。これは何?曲終わってオーケンが驚いて「ゴールドライタンみたいに動いてる」とか言う(笑)「下がってー!押しても何もいいことないから!(笑)」といった感じで落ち着くように言って下がったので、なんとか息を取り留めた。見えないんだけど、「えっ、柵が壊れた?」とかオーケン言ってて、左右のスピーカー前にも応急の柵が取り付けられるのをポカーンと見るという状態に。
オーケンはその間「うがいしていい?」と一時はけたり、それをエディが繋いで新しいアルバムの紹介など。オーケン戻って来て「本当に押してもいいことないから、20何年やってきて学んでるから」とか言って、昔はよく縦に飛べー!行進しろー!とか言ってたよねという。あったね。ヴィジュアル系バンドじゃないんだからってオーケン言ってたけど、昔のパンクバンドはこんなんだったのじゃないのかな。筋少も昔からすごいけど、特撮は元気な男子率が高いから激しいよね。ライブハウスのスタッフさんもよく分かったんじゃなかろうか。ロフトくらいの頑丈さがないとでしたね。
オーケンが10代ー?20代ー?と言って手を上げさせてたけど、私の前の男子が10代だったし20代もいっぱい手上がってた。30代、40代以降は分かってると思うが(笑)無理せずにーとか言ってた。外は寒いから風邪引かないようにー。とかもオーケンらしい。
だいぶ中断してましたけど、そこはオーケンだから飽きる心配はないのが良かった。オーケンが「大丈夫?ほんとに大丈夫?」って不安そうにスタッフに声かけて、そこでみんなの気持ちが一体になったか?なんとかその後もケガなくライブが中断せず進めました。へたしたらライブ中止になりかねない状態だったですね。やっぱり場数踏んで慣れてるオーケンだからこその力量だったかなと思います。
筋少ライブではアカペラだった「日本の米」やりたくないけどやるって一体(笑)修行のようになるとかなんとか。「ピアノ・デス・ピアノ」ではナラサキさんパートを竜さんが歌う。上手い♪(来週はセッションライブで歌う竜さんが見れるぞ)
オーケンが、今回は爆音ライブっていうタイトル付けたんだけど、ただ自分の持ち歌から歌いたい曲を選んだので、選んでみたらバラードが多かったから、こっそり「爆音」の文字をサイトから消したとか(えー)今見たら書いてあるけど、どっから消したのかな?バラードって言ったらどこかの男子が「えー」って言ったのでおーけんちょっとガックリ。ぎゅうぎゅうだと乗ってないとちょっとつらいかもだけどね。「パティ・サワディー」はゆったりした曲だけど掛け声があって楽しいです。そして「企画物AVの女」これもいいですね。ジャズっぽいノリで、ちょうど11月の歌なんですねー。歌ったあとでオーケンが、最近のDVD時代のAVは見なくなったけど、たまにちょっと見てみたら技術の進化?に驚いたとか。自分たちが昔に見てたビデオのAVはロックで言うならプレスリーとかで、今のAVはデスメタル、デスロックだ!とか言ってたの笑った。AVの進化がわからない。池袋ビックでブルーレイを買ったそうで、今度出る筋少のPV集のDVDを見るぞっ!って言った直後、あ、ブルーレイじゃなかった(笑)と。でもこないだのCCレモンのライブはブルーレイでは出ないよねー。特典付きとかで出ちゃったらブルーレイプレイヤー買わないとじゃん。とか思った。高画質で見てみたいけど。
あとはCSで色々なロックフェスを見たそうで、次から次に出てくる若いバンドマンがみんな細くてモヤシみたいだ!ってことに注目してて、ロック誌はそれを記事にするべきだって主張(笑)そうか?若いバンドマンは細い人多いよね。そういえばと筋少の昔のPVを見たらやっぱりみんなモヤシだったとか。内田さんは細いよね。エディもモヤシとまではないけど細いし。みんな眼鏡だったとか(笑)あとエディは最近首のレントゲンを撮ったら骨が飛び散っててゼラチン質がなくて危険なんだそうです。車で追突されたら命にかかわると。昔に骨折った?って医者にいわれたけど折ってないから、きっと昔筋少で無理な動きしたからだ、って。うわー、おだいじになさってください。
それでフェスに若いバンドの後に今の筋少を見たら、大きくてカブトムシみたいだって(笑)プロレスの若手とベテランに例えていた。ほんと、JACKのTV映像見たら筋少はボリュームあるし。ただし同じ40代でも細い人もいるけど(笑)でも、若い頃に細くて40代に貫禄が出るくらいの感じって素敵ですよね。

どこで言ってたか忘れたけど、印象に残ってるのは「シンガーオーケンとしては…」と言って、微妙に笑ってる人がいたので「なんで笑うのー」て言ってたこと(笑)これまでシンガーなオーケンは馴染みがなかったかもだけど、今は歌う事をとても楽しんでいるようです。被ってるハットが二井原さんと似てる(笑)って思ったー。シンガーハット。
本編最後に「ロコ!思うままに」を歌うときのオーケン、すごく嬉しそうで、歌うことが楽しくてしょうがない、幸せそうな顔をしていました。私もこの曲大好きです。
アンコールでは最初にエディが登場して、出したピアノアルバムの「金鶴」のほうから1曲を披露。弾いている間に他のメンバーが来て、「テレパシー」そしてやっぱりこれだと猫猫猫猫!「アベルカイン」そして最後は「オンリーユー」前回ロフトとは逆のセットリストでした。特撮曲がほとんどで、電車からは選ばれなかったけれど、またやりたいそうです。特撮はありまっちゃんがVAMPSで海外とか行ってて、ナッキーはアニメの仕事で忙しいので(笑)(ギャラが良さそうだしね)オーケンと2人でがんばりますってエディが話してました。今度はまたロフトとか、もう少し広めの安全なところで見たいですね。

キャラメル
ヤンガリー
日本の米
ピアノ・デス・ピアノ
人として軸がぶれている
パティ・サワディー
企画物AVの女
13階の女
Sweets
ジェロニモ
カーネーション・リインカーネーション
さよなら!絶望先生
バーバレラ
ロコ!思うままに
(アンコール)
テレパシー
アベルカイン
オンリーユー

広告を非表示にする