筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

X.Y.Z.→A@目黒ライブステーション「メンバープロデュースライヴ"ファンキー末吉NIGHT!"」

スペシャルゲスト:江川ほーじん、石井完治、
"X.Y.Z.→Aスペシャルホーンセクション"
TP.寺内茂、TP.ふさはらただひろ、SAX.栗田 洋輔、TB.鈴木〈村長〉洋一郎

筋少あとだと書けなくなりそうなので、さっと感想を。
X.Y.Z.→Aライブでライブステーションはおなじみなのだけど、私は前回のワンマンが別のところだったので、ここでは初めて。ステージは低めだけど見晴らしがいいので見えやすいし、ぎゅうぎゅうにならないので楽です。
最初はX.Y.Z.→Aメンバーが登場。今回はファンキーさんの曲からということで、実は私はX.Y.Z.→Aの曲ではファンキーさんの曲が好きなほうが多い(笑)ツーバスどこどこでヘドバンする曲は筋少よりも多いから、橘高さん側皆さんはヘドバンきれいに揃うわー。より近くで橘高さんのプレイや表情を堪能できました。やっぱすごい!かっこいい!
なんといっても嬉しかったのが、また「Wings〜Fire Bird」やってくれました!橘高さんのアコギから始まって、だんだんと高まっていく、この曲アルバムでは10分くらいある長い曲で、最も好きな曲のひとつです。展開してクライマックスに近づくと、橘高さんのコーラスが入って、それから火の鳥が舞い上がるがごとく、弾きながら舞う姿がとても素敵で見ほれてしまいました。
その次はファンキーさんのドラムソロコーナーがあり、オケにあわせて激しく叩きまくります。ゴーゴーと燃え上がってました。後ろに炎が見えました(笑)
続いてはおまちかね、ゲストコーナーで江川ほーじんさんの登場。前フリにファンキーさんが、ステージで和佐田さんと揃うのはとても珍しいことだと話してから「爆風スランプといえばこの男!」(笑)和佐田さんと見合って、二人で指さしてえええー!とわざとらしいリアクションしてました。江川さんは想像より細くて背もそんなになくて、ベースを高く持っているのでベースが大きく見えました。イメージは爆風時代のそのまんま。職人さん的な感じがしました。昔からの爆風ファンからは、仲が悪いと思われてるイメージらしいですが(笑)そんなことはなく昔は事務所も一緒で、地元も京都で仲良いのだそうです。そこで和佐田さんから最近のエピソードで、江川さんがファンキーさんのライブバーに出るなど交流が増えたので、爆風ファンから「江川さんが再加入して和佐田さん脱退するんですか?」って言われて、そんな訳はないのでわざとボケて「クビかなぁ〜?」と言ったらファンがオリジナルメンバーで復活が嬉しいと言われてしまい、ええーっていう(笑)この話がメンバーに大ウケで橘高さんが「この話膨らまそうよ」とか言って大爆笑。さらに二井原さんと一緒になって、「俺たちもあとから入ったメンバーだけど、そんなこと言われたことないしね…うううぅ」とか泣きまねしてたの可笑しかった。
それで、江川さんが入って爆風の曲はやらなかったんだけども、橘高さんのソロのインスト曲でギターとベースのソロバトルをやってくれました!素晴らしかったです。橘高さんとても嬉しそう。江川さんの超絶プレイすごかったです。貴重なものを見れました。ファンキーさんが見て「よしよし」と満足そうな表情。終わってから「実はほーじんはベースソロが嫌いで」って(ええー)一番好きなのは、ブルースやファンクな曲でずっと弾いていることだそうです。というわけで、次のゲストホーンセクションを呼び、二井原さんはメタルボーカルの前にはR&Bバンドで歌っていたそうで、海外の有名曲(曲名覚えてません)を歌ってくれました。橘高さんはいったんお休みで、ギタリスト石井完治さんがブルースのギターをストラトで弾いておられました。二井原さんはメタル以外の歌も聴きたいとちょうど思ったところなので、じっくりといい声を聴けて嬉しかった。
続いてホーンセクションだけ残り、またX.Y.Z.→Aメンバーが戻ってきてそこで再び和佐田さんと江川さんが見合ってえええー!なコントが(笑)みんな関西人だからなのか、ボケずにいられないのか。それで橘高さんはツッコミ役で素早いわ鋭いわ。和佐田さん脱退かネタをずっと引きずってて、ここで繋げるの気づかないとかポイントを言われても(笑)ニューアルバムが11月に出る話で、アルバムタイトルが「Learn from Yesterday! Live for Today! Hope for Tomorrow!」全部言い切れない二井原さん。もう一度言って「長っ!!」とつっこむ橘高さん。略称で「Yesterday!Today!Tomorrow!」でいいですって。それでもよかったんではみたいな。
X.Y.Z.→A曲にホーンセクションが入って、ゴージャスで楽しかった!「Hey! D.J.」の前に二井原さんが「みんながここだけ置いてけぼりになる」と言ったかけあい、レディーだけにセクハラワードを言わせようとする(笑)「レディ〜…ん〜いいわぁ〜ん、セイ!」とか言われても(苦笑)誰もレスポンスしない(笑)じゃあ男だけで、って「いいわーん!って気持ち悪いんじゃー!!」(爆笑)
曲終わってこの話、昔に全国ツアーでやって客が少ない時にラウドネスファンにだだ引きされたとか。そのあとでWikipediaを見たらセクハラの事が書いてあって驚いたそうだ(笑)どこがHey! D.J.なんだって関係ないじゃんって二井原さんが言ったら、橘高さんが「そのDJって、鶴公の気分なんでしょ」うまいwww 笑いすぎて涙出た。
次回のライブの告知などしたところで橘高さんが、ファンキーさんに「最近毎日会ってるよね」と筋少リハの話を。二井原さん「それ俺見に行っていいの?」に橘高さん「いやSold Outだから、特別に当日券出してあげるよ」って、ええー買うのー?(笑)とリアクションする二井原さん。特別に最前ど真ん中に椅子置いて座って下さいって。それで「いいわぁ〜ん」って言わされたらどーする?って(笑)今はオーケンそれはないけど、昔はあったよなーセクハラMC。おなにーつろーございますとか。でもバンドブームでヤングギャルばっかりだったから、みんな女子は答えてたんだよね(苦笑)今は無いな!
アンコールで最後は「Miracle」で、私が一番大好きな曲で嬉しかった!橘高さんも笑顔で、歯並びいいなーと改めて思ったくらい歯がよく見えた(笑)「(筋少のリハで)もうメモリーカードいっぱいいっぱいでしょ」とファンキーさんに言ってました。いよいよ明日ですね!期待しています。
次回10月の橘高さんプロデュースナイトがちらしで告知されていました!内田さんに秦野さんがゲストで、ユーフォリアがまた聴けますよ〜!楽しみ。

※追記 XYZ→A公式BBSで二井原さんより歌ったソウルナンバーのセットリスト

When a man loves a woman by Bette Midler version
Try a little tenderness by Otis Redding
Cold sweat by JB
I feel good(I got you) by JB

広告を非表示にする