読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

水戸華之介&3-10chain「鶴の千年アコースティック'09」@本八幡ルート14

3-10chainのアコースティックライブは2年ぶりなんだそうです。私は初めて行きました!前回は2daysで通常とアコースティックの連続で1日を取ったため。のちほどライブアルバムになって、聴いたらとても良かったので次回はぜひとも行きたい!と思ってやっとかないました。
会場入ったら椅子が並んでてほっとした。しかもステージがだいぶ近くて、後の方に入ったけど空いてたので、内田さんを見やすそうなところを予想して、4列目くらいかな?
この日は、サポートkeyの藤原プロさんがデルジベットのライブのため、ヘルプで澄田啓さん、ギターの澄田さんの弟さんなんだそうです。初めて拝見しました。似てる〜。ダンディです。衣装はジギーみたいだけどって水戸さんが(笑)
とにかく内田さん!この日はいろいろ貴重すぎるものを体験して感無量って感じです。まず登場から、いつものサングラス姿ではなくて眼鏡着用されていました。おしゃれな太ふちの楕円形のでね、似合っています。そして水戸さんもこの日はいつものアイメイクではなくて、これまた眼鏡着用でナチュラルに、素敵です!
内田さんのベースもあまり私の記憶にない黒いベースでした。詳しくなくて申し訳ない。ストラップも2本を首の前で繋げてペンダント状っぽくしていて、高い椅子に腰掛けて、足を組んで指弾きです。横にはテーブルが置いてあり曲のメモが書いてあると思われます。そのむこう隣には稔さんが座って箱状のパーカッションを叩いていました。
水戸さん、MC第一声が「千葉までようこそ」ってな事から、こんなに人が入るとは思わなかった!と驚いて、「みなさんののりぴーショックを少しでも和らげるようにがんばります」って(笑)リーマンショックよりもショックだったね〜とか、その後もちょいちょいとのりぴー話を挟んで笑わせていました。水戸さんは一番前に座って、姿も穏やかな歌声も近くに感じられてじっくり堪能できます。
内田さんはいつものライブではめったにわからない、目の表情がよくわかって、コーラスしながらぱっと目を見開くところなんか、とても魅力的ですね!
曲順は覚えてなくて、ちょっと探したけど見当たらなかったので後日分かったら追記します。
やった曲は内田さんのコーラスが素敵な「(ナミダ)2」千葉だけどって、「東京ガーデン」「生きる」
今年に出た新曲はアコースティックで初披露になるから、とても楽しみだったので嬉しい。「ロケットが飛ぶだろう」「正しいか」水戸さんが、3曲続けると組曲のようになっていいねと言ってたのは「25~生存権」「人間のバラード」「名も無きヒーローのうた」の順だったかな。水戸さんの詩は世相を直接反映したところがあり、人を優しく見つめる視点が好きです。
沖縄民謡調の「ロックンロールスウィンドル」入る前に稔さんがどうしてもテンポが上手くいかず2、3回やり直して「だめだぁ〜」と頭かかえてたんですが、阿波踊りっぽく踊るようなアレンジで楽しかったです。
どの曲か忘れちゃったんだけども、曲が始まったとたんに揺れた感じに気づいて、音で揺れたのかな?って思ったけど、進むにつれあまりにゆれゆれなので違う!地震だ!客席が動揺するんだけど、演奏は続いていて、スタッフが横にきて様子を見ていたのですが、長く揺れたけどおさまってきたので無事に終わりました。古いビルの3階なので、崩れちゃったらどうしよう!って不安でした。内田さんを見なきゃ!ってじっと見てしまった(笑)そして演奏終わり、地震だったねーと澄田さんが言うのだけど、水戸さんだけが気づかなかった!スタッフが駆け寄って耳打ちすると「震度4、ってそれだけ言いにきたのか?」水戸さんは座ってたけど自分で揺れてたから分からなかったとか。でも客席がざわついてるから歌を間違ったのか?と思ったそうで、でも間違えてないからもしかしてすみっこに霊が?それにしては穏やかなので知ってる人か?…現ちゃんだったらいいね〜なんて言って和んでたんだが、その時に内田さんが「ちょっと!」と言い出して小走りにステージから去った〜?!トイレだった(笑)水戸さんがその間MCで、藤原プロからデルジベットのライブで3人続けてさみだれ式にライブ中トイレ行ったって話とか。そして内田さん、自分で拍手しながら戻って来た。そして一言「ライブ中に地震は初めてだけど、トイレは何度もあるよ〜」水戸さんちょっと呆れてた(笑)筋少ファンおなじみエピソード思い出しましたね。*1
さらに、この日の内田さんは客のハートをつかんで離さない。水戸さんがドラクエを始めた話をして、内田さんに一緒にやろうって(通信で2人で洞窟探検できるそうです)渡したのに、まだ始めてくれない…とぼやき、内田さん「とっかかりがなくてねぇ〜」とのことで。前のバージョンのドラクエも水戸さんに貸しただか借りただかで、プレステで画面に酔って中断したとか。水戸さんそんな遊んでくれない内田さんへのうっぷんをはらすべく?水戸さんが内田さんとデュエット(!!)「トゥルーロマンス」この曲は知らない方に説明すると、筋少のではなくて3-10chainの男女デュエット曲です。原曲は中山加奈子さんが歌ってます。世間からこぼれた男女が都会の中で愛し合う切ない曲なんですね〜。内田さんがあの太い声で「わたし〜♪」とか歌うので胸つかまれまくりでしたっ。地震の後ということもあり、ドキドキ効果が増してもう失神しそうだった(笑)ここは今回のハイライトでしたね。
それで、忘れてはならないのが「君と瓶の中」です!ライブアルバムに入ってるのだが、曲に入る前の水戸さんのセクシーダイナマイトが爆発するMCが今回も炸裂で(笑)ステージから前に出て来て客席の真ん中の通路を歩いてきて、私もすぐ1メートルくらい横に来てくれて、顔を見てもらいました。「皆さん恋人です。男の方もご心配なく。みんなもご存知のように、僕、バイです。(ここ爆笑ポイント)…これ定着しちゃったらどうしよう(笑)」客席から水戸ちゃんギャル達が興奮絶好調で黄色い声あがってました〜。
本編最後に「世界が待っている」大好きな曲なので嬉しい。内田さんのベースの音は、指をスライドするときに伸びるようなところが、ドラム音がないのでよりくっきりと聞こえて良かったです。アンコール2回あり、「100万$よりもっとの夜景」で終わりました。最後は内田さん、椅子から立って水戸さんの隣に来てダイナミックに弾いていました!
アンコール前のMCで水戸さんが、次のライブ予定がいつか忘れて、男性客に9/6日!って言われて、ライブ冒頭にもアコースティックライブが2年ぶりってことを指摘した人なので関心して「俺のiPhoneになってくれ」と言い出すと、そこで内田さんが自分のiPhoneを持ち出してスケジュールチェックして頷いて(笑)また水戸さんそこで出さなくても…と呆れてました。内田さんのiPhoneのスケジュールちゃんと書いてるのかな。筋少も他にもいろいろな仕事があるからびっしり埋まっていそうですね。スケジュールをしっかり管理してないと出来ないことですね。地震で事故もケガもなく、無事にとっても楽しくライブが終わって本当に良かったです!
(おまけ)
水戸さんのドラクエ話。すれ違い通信を知らなくて、最初はプロフィールに「47歳ミュージシャン」と正直に入れてたので、それは怖いだろうクスリやってそうだと思われるだろうって、後から変えて「年齢不詳、詩人」にしたそうだ(笑)水戸さんとすれ違い通信した人いるかな?水戸さんが面白かったのが、発売して数日しか経ってないのにプレイ時間200時間超えててびっくりして、プロフィール見たら「27歳男、家事手伝い」でげんなりしたとか、小学5年の女子で「今日は私の誕生日。みんなお祝いしなさいよ!」と命令口調だったとか(こりゃ一部のマニアにはたまらないだろう…って思った)


追記
水戸さんブログにセットリストが出ました。

1.明日への誓い
MC
2.ナミダ
3.東京ガーデン
4.ロケットが飛ぶだろう
MC
5.25
6.人間のバラード
7.名もなきヒーローのうた
MC
8.生きる
9.天国ホテル
10.これっぽっちの悲しみで
MC
11.トゥルーロマン
12.正しいか?
13.君と瓶の中
14.R&R スウィンドル
15.風になっちゃった

En.1
愛の讃歌
世界が待っている
En.2
100万$よりもっとの夜景

*1:トイレが客席の奥にしかない場所だったので、モーゼのごとく客の波が割れた!って話

広告を非表示にする