筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

扇愛奈とザ・セクターズ「ハッキン・スカイ・スペシャル」@下北沢CLUB251

金曜に内田さんファン クレヨンロケットさんのブログで情報拝見して、行けそうだ、行けるかも。行こう!って行って来ました。ありがとうございます。内田さん情報は公式サイトにも書いてないから分かりにくくて(笑)
扇愛奈さんライブは初めてです。曲も予習せずに行っちゃいました、すいません。
バンドメンバーは内田さんに、ギターは杉本恭一さん、ドラムは矢野一成さん(筋少アルバム「新人」に参加してくださいました)
オープニングはニューアルバム「ハッキン・チューニン」から「再起動スイッチ」のPVをスクリーンで流して、激しいシャウトと疾走感のあるロックが初聞きでもかなりいい感じ♪期待高まりました。
終わるとメンバーが登場〜。扇さん、細いっ!目が大きいっ。内田さんが筋少の中では小柄だし、水戸さんと並んでも小柄に見えるのだが、やっぱり女性と並ぶと違います。扇さんが一回り以上小さいです。持っているギターが大きく見えます。でも、歌声はすごいパワフル。どこからこのパワーが出るの?って感じ。右に恭一さんがすごい存在感で、私にとってはやっぱり少女時代から知ってるすごい人だから。左に内田さんは言うまでもなく偉大だし。屈強な3人の男に囲まれても、ガンガンと組み手をこなすって感じの扇さん。2曲目ではモニターに足をかけてガっと目を見開き爆音の中でセリフを叫ぶ。MCでは話すと、とても気のいい姉さんって感じ(若いけど)みんな来てくれてうれしいっす!って感じで、すごい親しみ持てます。
中盤は扇さんが1人になって、エレピアノで弾きながら1曲歌いました。この夏は1人でピアノ弾き語りツアーで全国回るそうです。そのままバンドメンバーが戻ってピアノ弾きながらまた1曲。演奏しながら歌えるってすごいわー。水戸さんもオーケンもできないから(笑)
そして内田さんの姿はなんといっても凛々しいし、ベースラインが心地よく響く。恭一さんの鮮やかで全力疾走するようなギターの音とあいまって、体が動かずにいられない。内田さんは、自身でよくベース音を「下品」と称するけれども、私にとっては何より美しいですね。扇さんと並ぶと内田さんの大きさが新鮮で(笑)男らしさが際立ってなんかドキドキしちゃいましたよー。
アンコールでは扇さんが嬉しそうに、この時間がこのまま過ぎなければいいのに…という事を言っていて、その気持ちよく分かるって思いました。内田さんは頭を降ってニット帽を飛ばして髪を振り乱してエキサイトしてました。素敵です!手を上げるアクションのところでは、客のほうをちょっと見て嬉しそうに微笑んでいました。
私の体調がいまいちだったので、終わってすぐに帰りましたが、次回はちゃんと予習してから行きたいと思います。曲は印象ではわりとハードロック寄りで昭和歌謡な感じもある気がするので、3-10chainと犬神サーカス団が好きなら気に入るのではないかな?(ターゲット狭いよ)あとでサイトのプロフィール見直してみたら、橘いずみさんが好きなのだそうで、納得です。
扇愛奈 OFFICIAL WEB SITE

広告を非表示にする