読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

筋肉少女帯「シーズン2」発売記念の特別な筋少ツアー!@赤坂ブリッツ

ツアー最終日です。雨振ったね。さて昨日とほぼ同じ柵前の中央付近にたって、昨日の轍をふまないように注意しました。コツをちょっとつかんだかな?
電気が消えたとたん、ぶわーっと前に押していきなり巻き込まれ、1曲目「ツアーファイナル」でモッシュが始まった。わわわー。これは昨日以上に。どこの若手バンドですか?マキシマムザホルモン?男子パワーがすごい。これはまずいと思って少し後退して助かった。見晴らしよくなり目に入ったのは!なんかもう最初から飛ばしてるメンバーの皆さんが〜。ああファイナルに相応しいと思った。橘高さんと本城さんが1本のマイクスタンドに向かいあって、弾きながらの「ゴーホーム!」のかけ声をしばらく続けてたのが素敵で!ガン見しちゃいました。
続いて「へそ天」でブリブリと唸るベースにノリノリになりましたっ。本城さんのアクションが昨日よりいっそうカッコよくて、胸ギュンギュンつかまれた。
最初のMC。オーケンは「ステージ上だけ元気でそれ以外はボロボロだぜ〜。」そうですね。2日連続はこたえるのかと。でもよく来てくれて良かったわ。疲れてパワーダウンするんじゃないかとも思ったけど、全然そんな事なくて、もう最終日だから全開で思い切りやりきるぞ!という気合いが感じられました。
イエー!とオーケンが言ったときに、ちょうど後ろにおいちゃんが歩いて手をあげながら中央に来て定位置に戻ってたんだけど、そこでオーケンが「今、おいちゃんが耳元でイエー!って言って驚いた」だって。相変わらずマイク通していませんね(笑)

これから音楽性が変わって、ボサノバとかやるようになったらどうする?とか言ってたかな。でも筋少は生まれ変わっても、2日目に筋肉痛がくるような激しいライブが見たいのかぁ!輪廻のように〜と、次に「カーネーション・リインカーネーション!」来たぁ〜。これも東京1日目で無くて久しぶりだったので嬉しい。三柴さんのコーラス好きです。続けて「ノーマンベイツ」「ロシアンルーレット・マイライフ」長谷川さん昨日より多く叩いてませんか?ちょっと激しすぎww橘高さんが見て大喜びしている様子でした。なんかもう皆、すごいんですけど。
オーケンもちょっと驚いたように、「昨日はアットホームだったけど、今日はそれ以上に殺気だって、もう今日で2度と見れないんじゃないかというくらいに」という事を言ってました。そう、ファイナルだからこのツアーでしか聴けない新曲もあるだろうし、次にライブが決まってたとしても、無事にできるかどうかなんて分からない、オーバー40のヘヴィメタルですから(笑)体調も心配ですしね。


昨日のアド街金時山は見た?と皆にふるオーケン。見てないよ〜と内田さん、でもWikipediaで調べたよって(笑)標高千なんメートルで…と話し出すそんな内田さんが可愛い。でもオーケン「そんなウンチクはいいよ」と中断させ、俺はアド街見たよ、金時山をなめるな!って薬丸さんが言ってたよとか、金時山には金時娘がいるんだよとか言ってた。金時娘って妖怪かなにかの冗談?と思ったのだが…*1
それから恒例の「あれ持ってこーい」から始まるオーケンの赤ちゃんプレイの前フリ、いつもより長過ぎなんですがw 何かヘンに乗っちゃって、梶原一騎の男の星座のラストシーンのような〜とか色々続けて、なかなか赤ちゃんにならないからしびれを切らして他メンバーがうろうろし始める。橘高さんと内田さんが後ろ向いて長谷川さんのほうを見て、ほらね〜みたいな顔をしたのだろうか?長谷川さんが笑ってた。
赤ちゃん人間からのお知らせは今日はなく、元のオーケンから「内田が今日はセンターで目立ちたいぜー」というような事を言って、取り出すは一弦ベース!ドジャーン!と轟音を鳴らしてうっちーがセンターに登場。ゴリゴリゴリと音をたてながら、内田さんが派手なアクションをします。バチを持ち音を出して前に突き出して、煽る!客がイエ−!と返す!という内田さんコーナーが珍しくて嬉しかったな。リキッドの時に「無理だよ」なんて言っておきながら、全然出来るじゃないですかー。「ゴーゴー蟲娘」このツアーでまた聴けて良かった。またしばらくは無さそうだし、思い切ってゴーゴーしました!曲終わって、内田さんが一弦ベースを片付ける時に右肩に乗せて持ってった姿が、武士っぽい感じがして素敵でした。
そのままフロント3人がはけていって、三柴さんと長谷川さんが残る。今日はなんだと思ったらオーケンが三柴さんに近づき、弾こうと思って〜あー忘れちゃったよとか呟きながらポンポンと弾きはじめたがヨロヨロ(笑)何の曲かよくわからない。
続いて隣の長谷川さんの所に行く。やはり叩こうと思って〜と長谷川さんがドラムセットから離れる。立ち姿がカッコイイよー長谷川さん。スタイルいいし、衣装の黒いシャツに黒手袋が素敵です。オーケンといえば、叩いてみるのだが、ヘロヘロ(笑)このまま俺のドラムでメンバーを呼ぶぜ〜と、ヘロヘロのままなので、橘高さん早速ドラムセットに近づいて何か言ってた(マイクはないので聞こえず)いい加減にしろってところですかね?橘高さんギター持ってなかったので全身衣装が見れました。黒網タイツがセクシ〜。
オーケンが定位置に戻り、「2人ともすごいね。神プレイだね」とか感心してて、「練習してるの?」と内田さんに普通に聞くしw 「そりゃ毎日してるよ…」ってちょっと呆れ気味な内田さん。

どこでだったか、この日はデビュー日で21年目に突入したぜ!って話をして、ありがとう〜!おめでとう〜!ってお祝いの声がいっぱいあがってました。私もせいいっぱい言いました。「筋少というバンドが世に出てくれてありがとう〜」とオーケン笑顔で言ってました。21年でどう?と内田さんに振ると「気がつけば21年だねー」内田さんは変わりませんね。おいちゃんは?「まだ俺は21年じゃないけどね、19年半くらいだけど、その前にもいたことがあるから、17歳くらいで参加しているんだよね」デビュー前に一時だけ加入してた時代ですね。本城さんは今のオーケンを見て、今のMCがその当時のように戻って来てると思ったそうで、「いいよ〜。」と笑顔でオーケンを褒めてました。
そして橘高さん。本城さんと同時加入ですね。デビューしてから半年でどんだけメンバーチェンジしてるんだ!って言うとオーケンが「デビューしてからキーボードがやめて〜」と言い出して、それは違うw 三柴さんが自分を指差してきょとんとしてました。


「人間嫌いの歌」では歌の前にオーケンが、「俺に抱かれたい男は手をあげろ!気に入ったやつに指をさすぜ!」と予告して(笑)君以外は〜のところで男子に指をさしてました。これ面白いですね。橘高さんもここで指さすアクションをいつもするので、素敵です!
「蓮華畑」昨日だったかもしれないけど、歌い終わってオーケンが「どうして若い人は先も見えずに走れるの、どうして大人たちは先が見えても止まるの」という歌詞は深くていいでしょ?という事を言って、でも筋少は走り続けるぜという事をオーケンは言おうとしたんだけど、「先が見えてたらまずいよね〜(苦笑)」と困ってた。
橘高さんが、いい話があるよと話してくれたのは、復活して3年ほど経って、最初は新鮮で歓迎してくれたけれど、再結成バンドはどこもだいたい、2年も経てばだんだんとなれ合いでだれてきて、オリジナルアルバムを出すとそんなには売れないものなんだけども、筋少の「シーズン2」はその前に出たベスト盤よりも売れてますと。さらに今回のツアーでは、どこでもSold Outで満員で酸欠でどんどん人が運び出されるくらいの盛り上がりで、まるでバンドブーム時代のようだった。それが嬉しくて、もう少しこのバンドの先が見えて来ました。
そんな話をしたらオーケンが、「昔はバンドブームだったんだけど、今は筋少がブームなんだよ」と言っていい事言うね!とうまくまとまったのだけど。
ブームっていうと一過性のものという意味あいで若い女子が熱を上げて、すぐ終わるみたいな感じだったでしょ、当時のバンドブームは。でも今の筋少はそれとは違ってて、昔からのファンだけでなく、若い女子だけでなく、若い女子も男子も増えて2世代ファンもできて、復活前よりも活気があると思うのね。ブームと言うよりも、なんだろうロックバンドの代表になったっていうか…。テクノポップといえばYMOみたいな例えは悪い?そんな感じがします。それでもスタンダードではなくて、知る人ぞ知るアングラ感もあって、ドームクラスでなくてライブハウスでやっているという、濃さが良いところで好きです。
オーケンの言ってた「先が見えたら…」と橘高さんの言ってた「先が見えた」の意味合いはちょっと違うと思って、オーケンのは先がどれだけまでなのか分かってるのだけど、橘高さんのは先が全く見えないと思ったけど、また続けられる希望が見えたって感じかな。
ここで橘高さんが話し始めるときに、本城さんが定位置の前のほうで座って橘高さんを眺めてたので、オーケンに向かって「君たち、そこに座りなさいっ!」って言ってたので、お父さんだーって思った(笑)


後半にさしかかり、「イワンのばか」出ましたっ!ここからハードな曲の連続で「ドナドナ」「釈迦」が凄かった!私が今まで見た中でも最高と言っていいです。私の体が持つんだろうかって思ったくらいで。20年前から何度も見た釈迦で一番素晴らしかったです!この時間に戻ってもう一度、何度もこの場面を見たいと思った。文章では表せないです。印象に残っているのは本城さんが橘高さんの右隣に来て、もたれかかるような感じで弾いてるところや、橘高さんが内田さんの右肩に頭を乗せて内田さんの弾くところを見てる感じなのが、昨日と違っていました。本城さんが拳でバンと弦を叩いて前に出す仕草がすごく好き。前に出て煽ってくるのも昨日以上に力入っていました。なんと「釈迦」ではダイブ男子が出て驚いた〜。初めてなんじゃない?ごろごろ転がってました。*2これはどこの若手バンド?ディルアングレイですか?
「世界中のラブソングが君を」のイントロでちょっとホッとして、コーラスに聴き入りました。終わって欲しくない!まだ見ていたい!そんな気持ちで。本編終わりかと思ったら、メンバーが残ったままで次の曲があるの分かって嬉しかった。オーケンが×ポーズを取って、これだっ「踊る、ダメ人間!」こう来たかっ!すごい、すごすぎ。カウントダウンの前のメロディ(お前の思い〜のあたり)で、内田さんと橘高さんがくっついて、2人揃って人差し指を出してあちこちにさすっていうアクションをしてたんだけど、これ何?可愛すぎるんだけど〜?


アンコールで最初に内田さん、本城さんが登場。内田さんの告知コーナー。今回はゆるゆるで「なんか9月にやります。いつだったか覚えてないけど…」と言って、客から9/21,22だと声がかかると「あーそれそれ。ここでやりまーす」とかw「練習が、大変だぁ〜」「夏フェスにも出ます。歳なのに…」とか言うので、本城さんが「告知したの?」と気がついてない始末。オーケンが登場して、9月の2daysはアルバム再発記念で1日目はデビューアルバムから前半4枚、2日目は後半4枚をちゃんとアルバム発売順にタイトルを言っていました。「日本の米10連発したりして」と冗談も言って笑わせてました。いやいやそれは困る面白いかもしれないけど。「今までこのメンバーで演奏したことのない曲もやります」とオーケンは嬉しそうに言ってました。ほんとに忙しい皆さんの練習が大変そうだけど、この人達ならやってくれるんですよね。
「じゃあ、これもレアな曲です」と言って、今日はどのアルバムからなのか?と思ったら…!「ゴットアングルpart.2」えええー!!!わわわー!やってくれるんですか!今ツアーで一度も演奏されなかった、昨日やらなかったからもう無いと思ってたので。すごく聴きたかったから余計に嬉しくて。それにこれで聴いたらもう当分は演奏されないんだろう、2度と聴けないかもしれない。そう思って全神経を使って逃さず取りたいような気持ちで聴きました。印象的なベースライン、ピアノの美しいメロディ。橘高さんが途中から参加してギター入れます*3そして、中盤の語り部分、どうなるんだと思ってたらオーケンはいったんはけて、内田さんがセンターに出ます。その手で来たか!今までも「月とテブクロ」などでもあったパターン。オーケンは裏で語りを入れていたようです。これオーケン語りを見たい人にはちょっと残念かもしれないけど、楽器陣が前にでての演奏が聴けるところ私はすっごい好き。素晴らしい。息をのむような、超テクニカルなプログレバンドの一面を魅せてくれました!長谷川さんのドラムも最高で、これ1回限りなのがすごいもったいないですよ〜。まさに神プレイでした。

どこでの話か忘れたけど「ツアーの思い出は?」という話題でオーケンが他メンバーに話をふると、おいちゃんは「名古屋で(ステージ暑すぎて)魂が抜けたこと(笑)」橘高さんも同じだけど、体から塩分が抜けるので、打ち上げの席で食べた枝豆の皮についた塩がとてもおいしくて、ずっとなめて「おいちぃ〜おいちぃ〜」って食べたって言ったらオーケンが「その言い方赤ちゃんみたい」と逆に言われちゃって、はっと気がついて横向いて照れてたのが可愛かった。
まだ金時山をひきずるオーケン筋少は、金時山をまだまだ登っていくぜ!」と叫んで、「心の折れたエンジェル」そしてなんと「労働者M」がここで!わー。この曲聴くとね、私がファンになりたての高校生の頃を思い出すのよ。働けー働けーでずっと手を上げて張り切ってるので、後日腕が上がらなくなるの(笑)またその通りになりました。てっきりバッキーかトリフィドかなと予想してたので嬉しい予想外でした。そしてラスト、「サンフラーンシスコ!」これが来たらもう最後の最後の曲、ありったけの力を出すメンバーに、応える私たちオーディエンス。これで終わるのが惜しくて、終わりたくないって思いながら見てました。曲が終わって挨拶でステージを歩き回るメンバー一同、橘高さんが端っこまで来て前の客に手をふれたり、本城さんが超笑顔であちこちに手を振ってくれました。ありがとう〜!ゆっくりとステージをはけていく本城さんに、橘高さんが寄って行くと肩をくんで、じゃれてたのが子犬みたいで可愛いなぁと思って、見えなくなるまで見てました。
ツアーファイナルが見れて良かった!また会いたいです。筋少ライブが見れるなら、他が見れなくなってしまってもいいし、私は容姿が良くないとか収入が増えないとかあるけど、そんな事より大事でライブが見れないほうが辛いもの。自己啓発本とか悩んで読んでた時期もあったけど、そんなのもういらない(笑)そんな単純な事に今頃気がついた。
筋少のドキュメンタリー映像が見たいなぁと前から思ってたんだけども、自分がやるとライブが楽しめなくなるからwやっぱりどこかで実現してもらいたいですね。ライブ楽しむのが一番だから、関係者とかでなくて良かったと思う。書籍作成とかなら私ができることなら手伝いたいですけど。

※おまけ
・アンジェラアキのものまねがどうしてもやりたいオーケン。メガネをスタッフに買わせにいったらしく、どうしても同じのが見つからずに似たメガネをかけたスタッフに借りたそうだ。「アンジェラーアキよ〜」とピアノ弾く振りするんだけど、内田さんが「それって「マリリンモンローよ〜」と同じじゃないか」とつっこむ。それじゃ何の事が分からないよ!とオーケンが解説して、昔イタコさんで、マリリンモンローを呼ぶとそう言ってた事があったとか。アンジェラのメガネの前に、内田さんと同じでかサングラス(借りたのか?)をかけて、内田さんと並ぶと爆笑でした。なんかお笑い芸人のネタみたいで…。
赤坂ブリッツの翌日は元光GENJIの諸星くんだそうです。オーケンが「パラダイス銀河にしたいかー!」とか言って。それに少年隊のデカメロン伝説って曲すごいよね。パリ・恋の都も自分ですごいと思ったけどそれを超えてるよと絶賛し、歌える?とサビを歌ってた(笑)次の曲ふりがなかなか決まらず困って、とうとう「どうやって曲に入ればいい?」と客に向かって聞くしw そしたら「素直に〜」と言った子がいたみたいで、橘高さん大ウケして「素直に、だって(笑)」無理してわざと面白く繋げることもないですしね、たまには素直でもいいですよ。
・「ドナドナ」で、口づさむ〜という歌詞のところで本城さんのアクションが胸きゅん。
・ここで正直言うと、私が胸ときめくのは本城さんと内田さんと橘高さんです
オーケンは?…
・カッコイイし大好きだけど、オーケンには熱心な女子ファンがいっぱいいるし。赤ちゃん人間だし…

*1:売店のおばちゃんらしいです

*2:クラウド・サーフという技?らしいです。

*3:間に合わなかったんじゃなくて演出だと思います

広告を非表示にする