筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

水戸華之介&3-10Chain O-EAST「不死鳥 Round6」

年一回の水戸さんスペシャルライブ「不死鳥」に行きました。私は2年?3年ぶりくらいです。
もう6年目なので、入学した小学生が卒業するくらいだよと水戸さんは学校の担任の名前をあげて、伝わらない?と笑わせる。水戸さんぜんぜん変わりません。
オープニングは楽器陣が出て演奏を始める中、スクリーンに楽屋に居る水戸さんが映し出されて、バラの花束を持ち、黒服の男2人に付き添われてステージに出るという、なんともハードボイルドな演出が。1曲目「D.K.H.」きたぁー。3-10Chain唯一のハードな内田曲、大好きだからテンションあがって嬉しかった。男2人はダンサーで、水戸さんの両脇でガンガンに踊ってた。なんだろう〜?アンコールにも出てきてました。
ゲストには杉本恭一さんとMAGUMIさん。恭一さんのバンドとは以前にツアーが一緒だったこともあるそうで、共同楽屋の居心地がよくて、もう自分のバンドと同じようなものと言ってました。アンジーとレピッシュはお互いにどちらかなしに語れないですよね。曲も20年以上前の、アンジーの「ラクダの君は砂漠のマドンナ」をMAGUMIさんが歌って、そして水戸さんが歌うレピッシュ「リックサック」でもう感激で涙こみあげてきちゃった。私の周りの観客の女性たちもたぶん同じ世代くらいだろう、大喜びして手をあげていました。当時の気持ちが戻ってくる感じです。
3-10Chainの新曲は、これまでに出した水戸さんソロの曲からバンドアレンジしたものがいくつか入っていて、上田現さんの曲が1曲、水戸さんソロでは原曲からだいぶ変えてたそうですが、3-10Chain版ではもっと原曲に近くしたのだそうです。ちょっと聴くだけでも、現ちゃんの曲だって分かります。
それから3-10Chainとアンジーの曲をおりまぜて、まだまだあれもこれも聴きたいと思うけど、またライブ行きたい。3-10Chainめちゃくちゃかっこいいですよ。この日、内田さんの格好は黒長袖Tに、黒い腕章みたいなのを付けていた。何が書いてあるのか見えなかった。サングラスが顔を半分くらい覆う大きいレンズのギャルっぽいやつで、体が華奢なのでなんか見る角度によって可愛らしいです。サングラスのずりおちを直し直し演奏されていました。次の筋少ライブではどんな姿を見せてくれるのか期待です。

広告を非表示にする