筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

オフィシャルサイトの掲示板、オーケン脱退について

オフィシャルサイトの掲示板では、この時期にファンの間で混乱が起こりました。私も参加していました。のちにオーケンは自身のエッセイで、「脱退したのはインターネットの掲示板がきっかけ」と書いているのはこの時期のことにあたります。
当時、関わった誰もが辛い思いをしたと思います。以下は私の記憶で、私の見解であることをご理解いただきたい。当時、私の発言によって、他のファンやメンバーにも辛い思いをさせてしまったかもしれませんが、私もその当時は自分なりに真剣に考えて自分の意見を伝えていましたので、責めるつもりではありませんでした。オーケンが脱退するという選択を取ったことも予想外でした。
新聞で報道があったことについて、オーケンが知人の代筆で掲示板に直接書き込みをして、オーケンと内田さん以外のメンバーを変えて筋少を復活する旨の発言がありました。
それに対してオフィシャルサイトに何もお知らせが無かった為、オーケン以外のメンバーからのコメントはないのでどうなっているかと発言しました。98年の活動休止の発表の時は、太田さんが脱退で4人メンバーで活動休止といった内容だったので、その後の経緯について知りたいと思いました。
当時、橘高さんはXYZ(後のXYZ→A)の参加で海外レコーディング中でした。その後の「筋少の大海賊」イベントでの橘高さんのコメントによると、当時オーケン側から連絡が入って「ギターを変えるけど、どうする?」と説明があり「じゃあ辞めるよ」と答えたそうです。公式発表では5/28付けで脱退となり、6月にオフィシャルサイトとFC会員へのDMでコメントが発表されました。筋少を続けようと思っていたので残念ですという内容でした。
その後、ファンの間でメンバーチェンジについての是非が討論されることになりました。私は当時、反対という事は思わず決定は受け止めようと思っていました。オーケンが新しいバンドで活動して筋少は休止で残すことを想像していたのですが、脱退という形を取ったことには意外な結果でした。
内田さんからは、公式発表ができる段階でない調整中の時期にオーケンからの発言があり、ファンの混乱を招いたことによるおわびのコメントがありました。
7/1付けで、オフィシャルサイトにオーケン脱退の発表(コメントはなし)内田さんと本城さんを残した形で活動再開はせずに凍結ということになりました。

広告を非表示にする