筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

「最後の聖戦…その後は養蜂と読書の日々」跡見学園女子大学

最新アルバムが出てから、初めてのライブです。今日の学園祭が、アルバムのツアーの初日ということのようです。今回は埼玉県の新座というところ。去年の熊谷より近くてよかったです(笑)今年は学園祭が1校というのが少し寂しいですが…。しかしやっぱり寒い!学園祭といえば寒いのかー。そして、近いといっても、やっぱり最寄り駅からバスと遠く、今年もオーケンの「遠いぞ!どうやって通っているんだー」が出ました(笑)そして、「ここ最寄り駅はどこ?『志木ー!』志木かー。大学は川越まで行ってたんだよ。遠かったなー。この辺に住もうかと思ったんだけど、やめてよかった(笑)」とのこと。(オーケンはこの志木からさらに30分近く都内より遠い「東京国際大学」というところに通っていたそうです。ただし卒業してません。ちなみにこの志木というところは、橘高さんが卒業した「立教高校」があります。バスで跡見に行く途中に校門が見えて感激(^ ^))
今回面白かったのが、筋少の前にオープニングアクトとして「SEX MACHINEGUNS」というバンド*1が登場しまして、これがなかなか筋少ファンにも好評で、楽しみました。メタル風だけども、みかんみかんと叫ぶ「みかんのうた」とか…日本の米だな(笑)ボーカルの子が関西なまりでおもしろく、「どーですかお客さん!ごっつあーん!…おっと、ちょっとマニアックなネタだったかな?」と、筋少ネタもありました(笑)(EASTのライブを見たそうです)
筋少のセットへの転換の間に「特別ゲスト」として、「男同士」が登場。「ホモ教」というコントで男のお客さんいじりもありで、会場悲鳴と爆笑のうず(笑) 「いやー!」という女の子に向かって、「いやっていうな!オーケンだってホモなんだぞ!」と怒り出す江頭さん(笑)おいおい(^^;

そしてファンには待ちにまった筋少の登場に、会場はよりいっそうすごい興奮した空気に変わります。今回のSEは、いつものではなく、どうやら「カーネーション・リインカネーション」をアレンジしたもののようです。とてもかっこい(^_^)そして、すぐに「カーネーション・リインカネーション」に入ります。新曲ではじめての披露でしたが、ハードな曲ということもあって、いつもの曲のようにお客さんは盛り上がります。曲がおわり、ファンから次々とメンバーの名前があがるなか、そのまま続けて内田さんの掛け声から「トキハナツ」です。拳をあげるオーケンに、お客さん一緒になってあげていて、オーケンの顔も楽しそうに見えました。

2曲連続したところで、MCへ。「学園祭だ。女子大だ!今日俺はここで嫁を見つける!小金ならあるぞ!コンパしないか!」って…オーケン、それはかなりオヤジ入ってますが。さらに「婚期を逃した」と連発して言うオーケンに、女性ファンから今回も非難ごうごうでした。
そして、「今日は何かあったのか?楽屋に入ったら、江頭さんがあいさつするから驚いたよー。(笑)」という…。
さらに、「久しぶりだぜ!ライブがない間、他のバンドに流れていたんじゃないか?シャズナ聞いてたやつー(笑)」はーい!って手がたくさんあがるし(笑) (もちろん私もだ(笑))「うちのシャズナがいまいないが(笑)」とステージ後ろに隠れている橘高さんのことを。うちのシャズナって一体…

その筋少のシャズナ(笑)橘高さんのアコースティックギターとキーボードがからむきれいな音から静かに始まる「境目のない世界」と、新アルバムの曲順通り進みます。橘高さんの激しいソロが久しぶりに見れて嬉しい。これはライブでないと味わえない感動ですね(^^)

曲は続けて新アルバムから「タチムカウ」これはすでにライブでも何度かやってますね。客ののりが一段と激しくなってきました。
「青ヒゲの兄弟の店」では、本城さんもアコースティックギターと、ボーカルを披露。
そして、オーケンが拡声器を持った時からもう待ってました!とばかりの歓声「これでいいのだ」ついに来ました定番曲!よーし来い!という空気が会場にただよってましたね。
ここの会場というのが、学園祭によくありがちな体育館兼講堂というやつで、パイプいすの席のため、学園祭といえば始まるともう客が前になだれこみ、席が席でなくなるというありさま(;_;)であって、前のほうの席であった私は、自分の位置をキープするのに精一杯でありました。(しかも橘高さん寄りは激しい…)

曲が終わると、メンバー全員引っ込む…と思いきや、引っ込むと思ったら内田さんだけUターン。手にはギター(レスポールっぽい?)じゃらーん。と鳴らし、「やあー。いえーい!」とよぶと、会場大もりあがり。うっちーかっこいー!の声多数だー。「…では大槻くんを〜といってもう来てる」と、よぶやいなやオーケン登場。ちょっとしたやりとりのあと、はじまったのはいやにちーぷな打ち込みから始まる「哀愁のこたつみかん」うっちーもコーラスで歌う。らぶりーです (^_^)

さらに続くオーケンMC。筋少はお金がなくてライブができなかった。というとほほな話から「ライブがない間、おまえら何を聞いてたんだ?」と聞くと、会場からいろいろ声があがるが、「…俺にはシャズナとしか聞こえないが(笑)」オーケン、相当シャズナが気になるらしい。その後のメンバー紹介でも、「橘高、シャズナについてどう思う?あのボーカルの子の名前は?(会場から「いざむー」と)いざむ君かー。あれは、オーラの子れっずじゃないのか?(笑) 」うわー懐かしいオーラ(笑)
橘高「でも、身長が違うじゃん」
大槻「大きいんだよね。格闘技やったら強そうだよねー」(しかし、空手やっていたらしい、とどこかで読んだ。まじで強いかも…)
「おいちゃんは?シャズナについてどう思う?」とまだシャズナを引きずるオーケン。そんなこときくなー!と困るおいちゃん(笑)
太田さんには、「ツアー初日で、次どこだっけ、太田?」
太田「きょーと(^_^)」太田さん今日の初しゃべり。なんかかわいー。(^_^)
そして、「みんな年だよ(笑)スタートが遅い。3曲目くらいから『あ、ライブはじまったな』って感じだもん。前だったら始まる前からだったのに、みんな年だよー(^^;」…と、あきれながら笑う太田さん。たしかにそーだなー、年だなーとうなづく全メンバー(笑)
このやりとりにほのぼのする会場に、「最近なれあってないか!?俺たちのことを家族かなんかだと思ってないか?(笑)ロッカー様だぞ!(笑)」とか言い出すオーケン(笑)長いつきあいのファンも多いから、長年の友のような感覚にも似た、妙な関係ですよね。
さらに「しもべよ、神であるわれわれとともに歌おう(笑)」とかなんとか言い出すしまつ(笑)(そのあと、「でも、そこまでいうことないよねー(笑)と言っていたが)というわけで、みんなで歌うは「じーさんはいい塩梅」

ひと呼吸置いたら、またハードな筋少に戻ります。新曲「221B戦記」も初の披露でした。みんなで「GO!」と叫ぶところもばっちり決まってすがすがしいですねー。ちなみにこの曲では、水木一郎さんの歌うところもオーケンが、声優さんのセリフはCDのをそのまま流していました。
今回はお酒いっきのみはどこでやったか忘れてしまいましたが、おかしかったのがなぜか今回、「アブフレックス」が登場(笑)(あのテレビ通販とかでよくやっている腹筋用機械のことですね)マネージャー、まいちクンにもってこさせておなかにおさえつけて「ううーーっ」ってすごい顔(笑)「これきくのかなー」っていってたかな?「まいちもやってみろ」とかやらせるし(笑)
そして、終盤はどんどん「バトル野郎」「サーチライト」「トゥルーロマンス」と、ライブならではの客と一緒にコールのある曲をたてづづけに出して、本編の終了になりました。
会場が興奮さめやらないまま、アンコールで出てきたオーケン。ツアーの宣伝もしてから、最後の曲ということを告げると、新曲中心でちょっと少なめのメニューで、お客さんもちょっと物足りなかったみたいで、「もっとやってー」という声がたくさんあがっていました。「まあ、たまにはこういうのもありかな」とオーケン。最後は「釈迦」でした。
今回の学園祭は、今度の新アルバムのツアーの一貫、というかプレツアー初日といった感じで、機材トラブルも見られましたが、初披露の新曲中心で、こういう緊張感のあってわくわくする感じもいいですね。すごく新鮮でした。アルバムの曲を初めてライブで聞くのってほんとに嬉しいです。これからのツアーがどんなメニューでどんなMCネタになるのかも楽しみですね。(ずっとシャズナだったりして…(^^;)

*1:メジャーデビュー前でまだ知名度が無かったころです。デビュー後、すごい勢いで大きくなりました。

広告を非表示にする