筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

ON AIR EAST 「『ステーシーの美術』&『キラキラと輝くもの』売り上げ倍増ライブ!本気でしょ」

2daysの2日目は、昨日の台風も過ぎて、一日晴れでした(^ ^)
2daysだったら絶対両日同じメニューだろうと、思いこんでいたら、これがいきなり最初からびっくりさせました。SEがあのライブで聴き馴れた曲のイントロだったのです。「イワンのばか」です!このSEが流れる中でメンバーが登場し、そしてギター、ベース、ドラムの音が入ります。このイントロがぴた、っと止まったのを合図に、会場はマッハの速さで一気に沸き上がります。拳あげーの、首ふりーの、そりゃあもう大変な状態ですよ。昨日やらなかった曲だけに嬉しさも倍増、これはファンはもう筋少に一本とられたわ、という感じでしたね。

昨日の続きで「ごっつあーん!」の声もあがりました(笑)しかし今日のMCは、昨日が相撲だったが今日はいきなりプロレスのネタに。以前もあった「バイソーン!」から始まって、「バンドのライブって、『イエーイ!』だよね。プロレスの試合ではね、客が急にこうやって(口に手をあてて)『ありがとーうっ!!!』とか、『いい試合だーーーっ!!!』とか、『感動をありがとうーーー!!』とかってやるんだよー。」眉間にしわよせて、思いっきり野太く叫ぶらしい(笑)「みんなもやってよ」というわけで、客にやらせるオーケン(笑)曲が「小さな恋のメロディ」「タチムカウ」「銀輪部隊」と続くと、すぐに「ありがとーうっ!!!」「いい試合だーーーっ!!!」と声が(笑)喜ぶメンバー(笑)オーケンはさらに、「じゃあ、こうやって。『おーむっかい、おーむっかい、おーむっかい、』」(と頭の上で腕を直角に振りながら歌う)なんなんだこれは(笑)(大向という女子プロレスラーの応援コールらしい)しかしすぐに始める観客が多いのがなんともおかしい(笑)私も気に入ってやってました。

「イタコLOVE」が終わったあとは、オーケンひとりのMCで10月に発売される新しいアルバム「最後の聖戦」の話など。そしてメンバー紹介では、太田さんを最後に紹介し、「なんで太田を最後に紹介したかというと、明日6月30日は太田の誕生日なので」ということで、一度ステージを下がった橘高さん、本城さんがキャスターに乗っかったバースデーケーキを持ってきました。そしてメンバー一同太田さんをかこんで「ハッピーバースディ!」とお祝いをしました。太田さんをかこみにこにことほのぼのするメンバーのみんな。「え、これをアルバムのジャケットに?(笑)これで、『最後の聖戦』って(笑)」とオーケンが一言。いいなー(笑)やって欲しいわ。
太田さんは今年で32歳なんですね。おめでとうございます(^ ^)「太田も32かー。そこの(ON AIR EASTのすぐそば)道玄坂の渋谷ヤマハでのバンドコンテスト(中高生の)があったのが16年前(高校生)、そこで(現在の筋少メンバー)全員それぞれ別のバンドで会ったんだよ。」という話も出まして、すかさずお客さんの一人から『感動をありがとうーーー!!』って声が上がりました。よかったわー。
それから、いつも以上にほのぼのした雰囲気での「じーさんはいい塩梅」が終わるところのギターソロに合わせて、ステージそでから水戸華之介さんが登場!会場、おおいに湧いたところで、もちろんあの曲「青ヒゲの兄弟の店」でオーケンとのボーカルを聴かせてくれました。先日の「筋少ちゃん祭り」に出て以来、また見れるとは思っていなかったので嬉しかった。昨日の本城さんの歌もとっても良かったので、どちらもまた聴きたいですね。

水戸さんが退場し、会場が暗くなり次に始まったのは、橘高さんのアコースティックギターの音から始まるイントロを聴きびっくり!それはなんと「リテイク」だったのです。昨日演奏しなくて、それに久しぶりにライブで聴けるとあってすごく嬉しかったです。これは筋少を少しでも知っている人は一度ぜひライブで聴いてほしい、たくさんの人に聴いてほしい曲だと思います。オーケンの歌と語り、詩も曲も、メンバー全員でするコーラスも、聴くものを引き込み感動させます。曲の最後の、アコースティックギターの音だけが静かな会場にすーっと響きわたり吸い込まれ、一瞬の余韻の間があり、そして一段と大きな拍手が起こりました。その拍手に混じって、「ありがとーうっ!!!」「いい試合だーーーっ!!!」「感動をありがとうーーー!!」の声が(^_^)まさにいい曲を聴かせてくれた筋少に『感動をありがとう』といった観客の思いが、言葉になってこうして現われたのでしょう。

この大帳場を迎えた後は、筋少の得意ワザといえる曲をばんばんと続けます。これは昨日と同じく、「バトル野郎」「印度」「再殺部隊」「トゥルー・ロマンス」というメニューでした。

「あの男がまたやってきてくれたぜ!!」と、出てきたのは水戸さんでした!「水戸さん、イエーって言って」というオーケンに、会場に向かって「イエー!イエーイ!!」と水戸さん、そして「俺がー!2回もー!イエーイっていってやったぜー!!!」とはりきる水戸さん(笑)「水戸さん、もう一回」というオーケンに、さっきと同じく続けて「俺がー!3回もー!イエーイっていってやったぜー!!!」とはりきる水戸さん(笑)
それを見てオーケン「…燃えてるロッカーを傍から見ると変ですね〜(笑)」するとすかさず水戸さん「君が言うな〜!」なんてコントみたいなオチだった(^^;
というわけで(?)水戸さんをゲストボーカルに迎えての「サーチライト」水戸さんが歌う後ろでオーケンがサーチライトを上下左右に動かし会場を照らしたりして、パワフルなステージを見せてくれました。
終わると、水戸さんは退場し、すぐに次の曲「戦え!何を!?人生を!」へ。太田さんのカウントから始まり、メンバー全員の「戦え!何を!?人生を!」の叫びに入ります。しかし今回、このイントロから歌に入るタイミングをオーケンは1小節早く入ってしまい、気付かずにしばらく歌ってしまいました。(たしかにこの曲の歌の入りはわかりにくく、以前もこの失敗はあった)観客はどうしてもオーケンの歌が一番聞こえるから、」オーケンの歌と一緒にコールしてしまいます。私も最初気が付かなかったが、すぐに気が付いたのは演奏するメンバーが正しく曲を進めていたからでした。困ったな、というメンバーの表情の中、内田さんが冷静に正しい進行でちゃんとコーラスを入れて、オーケンが間違ったまま詩の1番を終わったところでやっと合うことができました。内田さんえらいっ。

アンコールで出てきたオーケン、なんと白衣に黒ぶちメガネ、くまさんのぬいぐるみを付けたネクタイを首から下げている、という衣装で登場。これはメジャーデビュー時期前後の衣装です(実際はこれに、髪を立てていた)騒然とする会場(笑)これは当時からのファンは嬉しいでしょう〜。「こんなにウケるとは思わなかったー!」とオーケン。うーん、なつかしい。
ちなみに28日でのアンコールの衣装は(28日のレポートに書き忘れた)ぶかぶかした黄色いつなぎに、スカイダイビングのような黒いベルトを全身に付け、胸にはピースマークを付けた、というこれは、「有頂天」のデビュー時のケラさんの衣装。(詳しい説明もなくて、ちょっと違ってるが…たぶんそう)その時、 28日に登場した女性ダンサー2人組の今後の活動などを話し、「そうだよねー、ケラさん〜」とステージそでにいると思われるケラさんを呼んでいたから、きっとケラさんがらみなんだなーと思いました。今回のオーケンの衣装は、ナゴムばんざいが裏テーマか?

で、その筋少デビュー当時(この頃のオーケンは22,3歳だった)の衣装のままで、「僕の歌を総て君にやる」そして最後の曲はまた『やっぱり、あの曲ね』とファンの女の子のまねをして(笑)「デビューアルバム『仏陀L』から、『釈迦』!!」オーケンはネクタイを会場にほおりなげて、白衣も着崩れて暴れます。
このライブでは、一番新しいアルバムが題になっていたけれど、最後はやっぱりいつもの筋少ライブの感じでしめくくられました。最近の人気曲を聴かせて、今年また出るアルバムを紹介し、デビュー当時からの定番曲も忘れずに盛り込むという、新旧どちらの筋少ファンも楽しめるライブでした。また、オーケンのMC で、お客さん全員、メンバーも、そしてスタッフも、みんなで「イエーイ!」と言ってもらう、というところが、やっぱりお客さんだけでなくそこにいるみんなで楽しもう、という気持ちが感じられると思いました。本当に心から筋少に「ありがとう」と言いたいです。次に筋少の(フルでやる)ライブを見れるのはまたしばらく後になってしまうのが少し寂しい気持ちで、家に返りました。でも、この日ここにいた皆がまた楽しいライブをやりたいという気持ちでいたと思います。次のライブにそう思った人たちが集まれば、きっとまた次も楽しくすばらしいライブができることでしょう。

広告を非表示にする