筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

パワーステーション「筋少ちゃん祭り マッハ!定番!筋少おなじみ曲ライブ〜まーたあの曲ですか〜」

パワステ筋少ちゃん祭りも今日が最終日。今日は“おなじみ曲ライブ”というタイトルということで…「まーたあの曲ですか」ってサブタイトルには最初笑ってしまった(笑)よくわかっていらっしゃる(笑)おなじみ曲っていうことは、ライブでよくやる曲ってことで、私のようによく筋少のライブに行くファンには、毎回よくやる曲が出ると「まーたあの曲か」と思ってしまうから(笑)今日はライブでよくやる曲ばかりをやろうってわけね。さてどういうメニューで来るかな?と思いつつ開演を待ちます。

はじめは、メンバー全員楽器を持たずに登場してひとりひとり「がんばります」「がんばるぞー!」とあいさつ。退場後、しばらくしたら筋少が出るかな?と思っていたらなんと橘高さん一人で登場。このたび、西条秀樹のトリビュートアルバムという企画で、ローリーさんなど色々なミュージシャンが参加し、それにユーフォリアとして参加したんだとか(6月発売らしい)そこで今日はその曲を演奏するということで、今日は筋少だけかと思っていたら思いがけないプレゼントでとっても嬉しい。橘高さんがメンバー紹介をして、一人一人登場します。キーボードは秦野さん、ベースに庄太郎さん、ドラムは今回からポンプさんです。そしてボーカルには今回から、マリス・ミゼルのボーカルGacktさん(若手ビジュアルバンド。フールズメイトを見よっ!)おお若者!カッコイイぞー。橘高さん、またしてもビジュアル系な若者ボーカルをゲットかーっ(笑)曲は「傷だらけのローラ」ボーカル、なかなか歌もうまいしいいじゃない、って感じ。橘高さんももちろん素敵!あー、またユーフォリアでライブやって欲しいな。退場時ボーカルの彼は「バイバイまた遊ぼうぜ」と言って降りていったが、これで会場がビジュアル系若いバンドのファンだったらキャーという歓声でカッコイイところだったのに、筋少ファンなもんだからなんだか拍子抜けな感じだった。ほらこういうのに慣れていないからねー。(笑)

今日はもうすぐに筋少です。SEで登場、そして1曲目は「サンフランシスコ」!私もこの日は最初からパワステのフロア中央付近に潜入、動く準備OKといったところ。最初のジャンプからもう会場は興奮状態で、前のほう人が押されてうごめいて波うってます。もうすでにこの曲は条件反射筋少ファンっていった感じで。
「トゥルーロマンス」の会場大合唱でひとつになった後は、「くるくる少女」で橘高ソロ炸裂!そして出ました「インド」定番中の定番。定番ばっかりっていうのも、それはそれでもうお客は暴れる心構えができてるし(笑)演奏するメンバーも筋少の心髄見せてやるとばかりに、気合いの入ったパンチをばんばん浴びせてきて、ファンはよーし来い!次!みたいな信頼関係にも似た雰囲気の緊張感のあるせめぎあいが起きているような気がします。通常ライブでの定番曲が出たときみたいないわゆるこの日のタイトルの「まーたあの曲ですか」って感じじゃない。

ひと呼吸入れて、アンケート発表へ。これは初日にもカルト曲であったらしいのですが(初日は私は見れなかった)ファンクラブ会員の「おなじみ曲ライブでやって欲しい曲」アンケートの順位発表というものです。メンバー全員マイクを手にステージ前に出る中、スタッフが順位表を持ってきます。会場、見たとたん「ほほー」と声があがります。オーケンが“パネル差す用のびる棒”(なんていうんでしょこれ?)を出してきて、1位から読み上げていきます。たしか釈迦、サンフランシスコ、イワンのばか、っていう順番だったかな?「『イワンのばか』…これ作った時はこんなに人気出ると思わなかったよ。いい曲作ったよ、橘高」とオーケン。橘高さん作曲の「イワンのばか」現メンバーの曲ではこれが一番ですからね。今の筋少をずっと支えてきた曲でもあるんではないでしょうか。
順位は20位まで発表され、オーケンが読み上げてメンバーひとりづつ感想を聞くといった進行なのだが、でもほほーなるほど、なんていうコメントばかりで (笑)それから、いつの時だったか、オーケンが本城さんに「フラッシュのバイソン木村のヌード見た?」*1と話かけると観客の男性の一人が「バイソーン!!」と叫び、そのタイミングと言葉のおかしさにメンバー大ウケ。「『バイソーン!!』って言ってみて、せーの」と言わせるオーケン(笑)「ロックのライブで『バイソーン!!』なんていうバンドはないよ。バイソン木村さんもこんなとこで名前呼ばれてるなんて思わないだろうね」そして何故かその後「◯位、 ◯◯〜」と読み上げると『バイソーン!!』と返す一部の男性ファン数人(笑)全然関係ないんですが…(笑)
最後に「じーさんはいい塩梅」を歌い、メンバー一度退場。

少ししてオーケン一人で登場。メンバー紹介に移るとき、待ち切れず「きつたかーっ!」と呼び続ける向かって右サイドのファン達に、「いーな、それ。俺も一度橘高みたいに呼んで」と言うオーケン。でも「きつたかーっ!」って変わらないという(笑)すねるオーケン。「俺の話をきけー!イエスはな、メンバーの名前を叫ぶことなんてないぞー。」さらに、「筋少はなー、俺に5人入ってるんだ!ファイナルファンタジーは、歩く時は一人だけど、本当は5人入っていて、武器屋に行くと、ひゅーって5人になるんだ!」と、ゲームの例を出して力説(笑)すると、橘高さんと本城さんがさーっと走ってきてオーケンの後ろに隠れ、武器屋についた(として)ひゅーっとオーケンの後ろから出て来て3人横並びになるという登場(笑)「やあマリアー」と本城さんに呼びかけるオーケン筋少ってRPGだったのか…(^_^;(筋少RPGゲーム出して欲しいぞ。昔よく私も筋少メンバーの名前をゲームのキャラクターに付けて遊んでいたよ(笑))
本城・橘高の新婚コンビということで、またしても結婚ネタを出すオーケン。「俺は30のひとりものさー。洗面台ふくぞー。サンポールちゅーなんて。」と掃除するしぐさまでやってる(笑)一人でトイレ掃除してると言いたいわけね。「寝るとき自分でふとんかけて、くまちゃんーって。」結婚すると奥さんがふとんかけてくれると思っているのかなー(笑)しかしぬいぐるみ抱いてるのか?(爆笑)苦笑いする本城&橘高。というわけで(どういうわけだか)本城・橘高のアコースティックバージョンで「生きてあげようかな」すっかりこの曲もアコースティックバージョンが定着してますね。もうオーケンよりおいちゃんと橘高さんのコーラスにうっとりな私(*^.^*)
そして内田さんと太田さんも紹介し登場。本城・橘高が椅子に座ったままで、「香菜、頭をよくしてあげよう」
いよいよライブも後半戦というわけで、もうイントロのところからぞくぞくするよーな定番曲の連続。本城さんがはじける「イタコLOVE」「バトル野郎」は久しぶりに思いっきり踊りましたよー。そして「小さな恋のメロディ」もうこの曲も早くも定番曲になりつつありますね。観客の反応もとってもいい。次の「サーチライト」も、最近の曲の中で一番の盛り上がりですね。先日もやったけれど、今日のほうがばっちり決まってました。橘高ソロ&キーボードソロから曲後半に入りどんどん大きな波になっていくような感じ、込み上げてくるような感動は、ライブならではだと思います。曲が終わるとオーケン、「次のサーチライトでは、MAXが踊るぞー!スピードでもいいぞー(笑)」なんて言ってました(笑)なぜMAX?と思っていたのですが、後でMAXのプロモーションビデオでサーチライトを持って出て来る男がいて、その前でMAXが踊っているものがある。ということが判明(笑)なるほどー。じゃあ次はぜひやって欲しいですね (笑)

本編最後は「戦え!何を?人生を!」「これでいいのだ」の定番曲連続。筋少のライブといったらこれでしょう、そういう2曲です。それにしてもサーチライトの後にこれを続けるなんてもーすごいわ。体力なくなっちゃうんじゃないか?こうなったら私も力の限り気合い入れて拳上げますよ、頭ふりますよ〜。「これでいいのだ」の時は会場みんな、これまでにないくらいに両手上げて飛び跳ねてましたね。まさに祭りはクライマックスといった感じ。

アンコールで出てきたオーケンは「みんな、4日間来て何か印象に残ってることはあるかー?」と聞くと、「トモロヲさんー!」と会場みんな口々にそれしか言わないという(笑)「いや、それもそうだけど、そうじゃなくって(苦笑)4日間筋少のライブに行って、友達が出来ましたとかさー・・・。」そういう子もいるかもね。しかし言うことが思い当たらず静かになってしまう会場(笑)そして、「明日からまた学校とか普通の生活に戻って、くさくさするんじゃないのかー?(ここで「春休みだもん!」という声が)休みでも『あー、筋少ちゃん祭りが終わっちゃってつまんないわー。エヴァンゲリオンでも見にいこうかしら?でも混んでいそうだから101かしらー?』なんて言ってるんじゃないかー?」んーたしかにそうかも(笑)そういう「祭りのあと」のさみしさっていうのは、お客さんも筋少メンバーもきっと同じなんでしょうね。
筋少ちゃん祭りは今回で4回目くらいだったかな?(ほぼ全部行っているので、ここでちゃんと資料を調べれば判るんですけど…そのうちページ上でやります)今まで筋少ちゃん祭りに出た人を覚えているか?とオーケンが観客に問いかけ、「人間椅子」「ジュンスカ」「山崎ハコ」などなど出たあと「筋少は、来年で結成10年目だー。」本当は結成10周年はもう終わっていて、デビューして来年で10年目になるんですね。その事を言いたかったんだと思うのですけど、結成 10周年記念に続いて、デビュー10周年記念イベントもぜひやって欲しいですね!私が筋少ファンになったのはデビュー3年目くらいで、こんなに長く続くとはその時思っていなかったです。その間アンジーとかユニコーンとか、長く続くと思っていたバンドが解散し、有頂天まで10年目を前に解散してしまったので…、筋少も解散の危機はあったと思います、でも現在までずっと続けてこれて、変わらず楽しいライブをやっているということは、本当にすごい事だと思います。その理由はこの筋少ちゃん祭り4日間でよく現われていたな、と思いました。
最後は最新曲「タチムカウ」を、そして「釈迦」やはり「釈迦」でしめくくりましたね。これがデビュー曲であり、“筋少といえば「釈迦」”という昔からの言葉は変わらず王道なんだな、と思いました。私も初めての筋少ライブのラストは「釈迦」でありました。今日は「まーたあの曲ですか」って感じじゃなくて、おなじみ曲ばっかり集めてやった事で、筋少の実力を見せつけ、ライブの楽しさを凝縮したような濃い内容で、想像以上に良いライブでありました。またこういう企画があってもいいですね。

広告を非表示にする