筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

ON AIR EAST 「オーケンの紅白歌合戦」

内容はつまりセッション大会です。司会進行にオーケン加藤賢崇さん。一応進行と出演者と昔話ばかりしていました(笑)まだ宝島が小さいサイズの時にはじまって、インディーズ時代の話など。

はじめにケラさんの新バンドが登場(バンド名未定)これがまさに有頂天復活とばかりのサウンドで個人的におお喜びしました。もちろんケラさんのメイクと髪型も復活です!!!衣裳を全員ミリタリー風の制服できめて、楽器メンバーはキーボードとギター、ベース、ドラム、トランペットという構成。
私が知っているところだとギターに三浦さん(元P-modelと有頂天の)それにキーボードに知る人ぞ知る、ケラさんの劇団ナイロン100℃の三宅さん。さすが役者、パフォーマンスが素晴しい(笑)最後にはお得意のバック転までしてくれました。しかしまだキーボードは初心者とのこと(笑)。ケラさん曰く「ライブではまだ2回目。買って練習するように。まず買って練習(笑)」とのことで...。有頂天の曲「マリオネットタウンでそっくりショー」もやってくれて、なんとも懐かしかったです。涙ちょちょぎれましたです。またこのバンドでライブをするそうなので、元ナゴムギャルなら要チェックでございます。懐かしさとともに、新しいケラさんを発見できることまちがいなしです。なんといっても、今は昔より有頂天時代みたいに動くと息切れするそうです(ケラさん談)賢崇さんも「ぼくらのケラが帰ってきたってかんじ」と喜んでいました。

次にケラさんとオーケン、内田さんのユニット、空手バカボンです。オーケン曰く「今だったら小室ファミリーの原形だ」と(笑)いうこのユニットは、もうかれこれ筋少がデビューするより前にできたもので、ずっとなにかイベントあるごとに行われてきました。ここしばらくやっていなかったので、私も見るのはほんとに数年ぶりでした。何をするかというと、自分たちの打ち込んだ曲や既成曲のカラオケに合わせて、歌とコントをするものです。内田さんはギター、シンセその他担当、オーケンとケラさんでボーカルという構成。今回はあまり曲数が少なかったのですが「福耳の子供」「おおもうけバカボン」あとは「ライディーン(来たるべき世界)」ですね。これはYMOの曲そのままを、歌詞をつけて歌ってしまうものなのです。今回のコントは、久しぶりに照れたのかコントになってなかったです(笑)世間話しはじめちゃうし...。次回はちゃんとリハーサルしてやってほしいものですね。決めセリフの「ういあーざわーるど、ういあーざちるどれん、最後のテクノ・バンド、空手バカボンだーだーだーだーだー」(エコーを口で表現)はやってくれました。最後はゴットファーザーの曲にこれまた歌詞をのっけて退場。これもおきまりなので、おかしいんですよね。

次からはずっと最後まで大槻ソロの曲をメンバー入れ替わりでセッションでした。オーケンソロバンドのメンバー、桜井さん、石塚さん、川井さん、ポンプさん、そして内田さんから始まり、途中から橘高さんと、以前人間椅子のサポートドラムをしていた後藤マスヒロさんにかわって、アルバムで橘高さんがひいている曲を初めてライブで披露しました。「モンブランケーキ」と「FOOLISH GO-ER」です。それから、遠藤ミチロウさんが入って歌った「ヘイユーブルース」さらに「天プラ」と「ロマンチスト」ミチロウさん女装してて、「(性転換)手術してきました〜」とかニューハーフしゃべりなの(笑)でもって歌はカッコイイという。さらに本城さんが入って数曲。アンコールには、藤井フミヤの武道館でのサポートドラムを終えて駆けつけた太田さんも入ってのセッションでした。「筋肉少女帯DX」と題して、「大釈迦」を演奏。ギターソロでは全ての参加ギタリストがそれぞれひとまわりします。オーケンがひとりづつ名前を呼ぶのだけど、本城さんだけ呼んでなかったように思ったのですが?

ここでライブは一時中断して、11時30分から第2部と称してカウントダウンが行われたわけなのですが、当日発表されたため、個人的に予定外なので私はここで見ずにかえりました。噂では、すかんちやP.O.Aが参加したり、筋少歴代メンバーが集まり大セッション大会が行われたとか。

一部の終わりに賢崇さんが「筋少って、ほんといいバンドだね。ソロなんてやってないで早く新曲出してライブやんなよ」って言ったのが印象的でした。

広告を非表示にする