筋肉少女帯関連ライブ・過去日記アーカイブ(1989〜)

筋肉少女帯の活動履歴、ライブ感想などを記録したアーカイブです。(非公式)

16歳

—そーなんだよねぇ。大槻さんって狂気っていう魅力があると私もおもうつくづくと
私が筋少のうたにはじめてひかれたのがあの「いくじなし」っていうセリフばっかりのやつでね、ラジオできいてるもんだから内容がはっきりとわかんなかったんだけど、あのBGMとおーつきさんのはなしかたが何だかすごくって、あのときは筆をとめてはっとしてしまった;嵐を感じたような気がしたの(はっくさい;大槻さんのいうところのベンハーギャグだ;)*1
それでいてもたってもいられなくてCDかりてきて、詩をみたときに、あーべつにたいしたことないなーと思ってたんだけどきいてみたらやっぱものすごいわけ。ほかのうたもすごかったけど
だからね、あの大槻さんの歌の表現力にはまいっています;歌だけでもすごいのに映像はもっとすごいなーと。私がはじめて大槻さんみたのがイカ天のゲストにちょっとでできたときでね「あーこの人がおーつきケンヂかあー」と思ってて、みたあとにすぐに絵に描きたくなったという;;◯ちゃんもおーつきさん描いたりしたのはやっぱそれだけの魅力があったからだとおもうな。—それでさあ、描くのがおそいこの私に本まで出させ*2、お金もないのにコンサートにいかせるとはっ;;自分でも私に一体何がおこったのだろーかとびっくりしてる;;
あ、とにかく筋少のうたにはみな精神異常的なもの(?)があるなあと、そこが好きなんだ。ただ変でおもしろいだけのバンドじゃないと(まんが道のボヨヨンはべつだよ;)
しかし大槻さんの魅力はそれだけではない。すなおによろこんだりかなしんだりてれたりあせったりびっくりしたりいろいろとするところの人間らしさというか少年らしさというかそういうところがまた大好き、歌をうたってないときの大槻さんに。ほらほんとーに変な人っているでしょう?ちょっとどっかおかしーんじゃないかとかという人っているでしょう。そーゆーのニガテだから;;

*1:当時おおげさなギャグのことをオーケンは「ベンハーギャグ」といっていた。※補足:映画「ベン・ハー」が大げさだからという由来である。

*2:自主制作の小さいコピー本を作った。

広告を非表示にする